ここから本文です
安物ラジコンヘリで遊ぶ
2010年4月よりハマっているラジコンヘリの覚書のために始めました。

書庫V120D02S

2011年12月11日着弾。
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

一昨日組み立てたV120D02 3mmマストバージョン。マストの取り付けにシムが必要でした。

 旧とNewフレームが変わっているのかな?。・・・と言うわけで、確認して見た。左がNew.

イメージ 1
イメージ 2













 フレームは同じでした。ベアリングの高さが違っていました。

 普通こういう部分先に確認しているものですが、現物合わせで適当にやっているので、こういうことが起こります。

 確かFBL100のベアリングを使ったと思いましたが・・・。まあ、今回はシムで上手くいったのでこのままで良いでしょう。機会が有ったらサイズを指定してべリング商から買います。

 ちなみに、Solo pro 180とV120D02のヘッドのリンケージの角度がずいぶんと違っています。

イメージ 3イメージ 4























 これだけ違っているのに操作感はあまり変わりません・・・?。

 プロポは別なので単純な比較できませんが、不思議です。

開くコメント(2)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

以前ご好意でM120D01のガラ機体を譲っていただき、そちらを飛ぶようにするための部品取りとなった、V120D02S。

 そのままにして置くのももったいないと思っていた。

 また、Solo Pro 180のヘッド・スワッシュを使って、メインシャフトを3mmのカーボンロッド。メインギァをNew V120D02Sの歯の大きな物にしたら、かなりデュラブルな機体が出来るのでは?、と考えていた。

 180のヘッド、スワッシュ等はすでに購入し、3mmカーボンロッドでメインシャフトを作成していた。

 この辺のところの詳しくは、http://blogs.yahoo.co.jp/yamacb750/10639704.html

イメージ 1

 rabajiさんお待たせしました。やっと部品が揃ったので、本日作業しました。

 まずは、スカリエルボール部をどうするかです。

イメージ 2イメージ 3













 現物を比べると大きさが違っていました。左が180、右がV120D02S(New)。

 ベアリングのサイズが同じなら、スカリエルボールの入っている部分を指し替えればOKと思っていましたが、そうは簡単には行きませんでした。

イメージ 4イメージ 5













 だったら、スカリエルボールを入れ替えられないかと思いましたが、サイズが違っていてこれもダメ。(スカリエルボールの精度、かなり差が有ります。Walkeraの方が滑らかです。

 さて、どうしよう。

イメージ 6
 回転止めを移植しました。













イメージ 7
 こんな感じで付けることが出来ました。

 アンチローテーションブラケットとの距離が足りず、動きが悪かったので、当たっている部分をヤスリで修正して、スムーズに動くようにしました。









イメージ 8
 気を付けるのは、回転止めの高さです。

 これがずれると、エルロンを切った時に変に抵抗になります。(瞬接で適当に付けたら、たまたま上手い位置でした。)









イメージ 9
 今回購入したサーボ等を順繰り付けて行きます。













イメージ 10
 メインギァの回り止め、金属ピンを使わずに、カーボンロッド(キャノピマウントのロッド)にしています。

 クラッシュ時にここがヒューズになればとの思いからですが、強すぎる気もします。(楊枝を削って使っていましたが、それだと弱すぎたので・・・。)

 







 現物合わせでリンケージをします。

イメージ 11
イメージ 12

 180のリンケージロッドセットでは、一本短いロッドが足りなかったので、他の機体から借りています。

 リンクエンドの作りは、180の方が良い感じです。表裏無く、どちら向きでも使えます。1/2回転で調整できるので、優れモノです。

 メインシャフトの取り付けは、シムを入れて調整しています。
 フレームが旧V120でそこに New V120のメインギァを付けたため、そのままだとアポロチョコ(前側テールドライブ傘ギァ)と当たりがきつく、回転に抵抗が有りました。

 新旧メインギァの比較です。

イメージ 13イメージ 14














 組み立ては完了しましたが、後は設定です。

 旧V120の受信機を使っているので、WK2801プロポになります。

 いつも通り目分量でピッチの設定などをして、とうとう完成。工作作業が面倒で、結構時間が掛かりました。

 では、初浮上。前半はホントの初浮上です。後半は、チョッと流れるので、ロッド長を調整して、ほぼ一点で止まる状態にしたところです。


 うちの家族は全く興味なし。少しは反応して・・・(泣)。これ飛んでるのって結構感動モノなんですけど・・・。

 思ったよりも安定してホバリングしました。

 後は広いところで飛ばして、味付けの調整です。・・・・・そんな機体が他に何機も・・・・。

記念の機体アップ写真。

イメージ 15
イメージ 16イメージ 17














イメージ 18
イメージ 19イメージ 20














 大分増殖したワルケラの120サイズバーレス機たち。こんなに増えちゃいました。

イメージ 21

 あと、V120D05(ベルトドライブ)が有ると・・・・。

 バカです。

開くコメント(9)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

 ホビキンにV120D02Sの部品が大分入ってきたので、ガラで残っていた機体を再生しようかと、値段を見ると、他のショップと比べて安いな〜・・・っと。昨晩のことです。

イメージ 1 まずはガラ機体を出してきて、必要パーツの確認。

 そのうち直そうと思って何点か購入してあった部品が有るので、それを付けてみます。







イメージ 2
 ヘッド周とスワッシュはナインイーグルのSOLO PRO 180の部品です。
 メインギァはV120の物、メインシャフトは3mmのカーボンロッドを切っての作りかけ。

 スワッシュはV120の下側と合体で使う予定。




イメージ 3


 ロッドはこんな風に加工しています。

 メインギァにはまる様に、2.5mmの太さに削っています。ドリルに咥えてやすりで削れば簡単です。(初めはメインギァ側の穴の拡大と思っていたが、こちらのやり方の方が芯が出易いと思う。)

 スワッシュサーボ等を付けて長さを現物合わせで作る予定。

イメージ 4


 ベアリングはFBL100の物を使用。同サイズでナインイーグルのものより安いので選んだ。











 何故このような部品構成にしたかと言うと、V120のノーマルのメインシャフトは金属の2.5mm、墜落すると割とすぐに曲がってしまう。墜落した時のデュラブル性アップのために3.0mmのカーボンロッドをシャフトが使えないかと考えた。

 その他の必要部品をホビキンサイトでカーゴに放り込んでみると、8000円を超える、折角なので6軸の受信機もと思ったら、13,000円超。なんだもう少しでBNFの値段じゃん。3軸の受信機は一個持っているし、そっちを使うか〜。受信機の値段他のショップでは7,000〜9,000円くらいしてるんでかなり安いと思いますが・・・。

 そうです、皆様のご想像通りに、BNFもポチッちゃいました。夕食時にチョッと飲んでました・・・。

 今回の注文品はこんな感じ、30,000円超えました。今回はEP8用のリポと9XRプロポのリポが有ったので、EMSとなった。EMSでもホビキンの場合結構時間が掛かる。ましてや今の時期は余計に・・・。

イメージ 5

 ご覧の皆様、酔った状態で通販サイトを覗くのはやめましょう・・・。こんな馬鹿自分くらいか・・・。

開くコメント(5)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

本日の着弾日品の二つ目。

 V120D02S用バッテリー 950mah 1S 25〜50C LIPO

イメージ 1 純正バッテリーと比べるとかなり大きい。

 重量差 6.7g。











イメージ 2イメージ 3























イメージ 4
 ホルダーに取り付けるとこんな感じ。

 バランスは大分後ろとなるが・・・。






















 充電して早速テスト。


 パワーが上がってと言うわけではないと思うが、テール側のギァのDカットの穴が舐めてしまった。

 以前のシャフトドライブ用ギァセットがまだあったので交換しようとしたら、歯の数が違い無理だった。

 結構細かい部分まで変わっている。

 4G-6Sを改造して、V120D02化した機体があったので、Sの部品で強化できればと思っていたが、少し大変かもしれない。

 バッテリーの搭載位置だが、ビデオのときより、もっと前に出したほうが良い結果だった。キャノピーぎりぎりでバランスがとれる。

 バッテリーを完全放電するまでは試していないが、フライト時間も延びると思う。

 このバッテリーは使える。

開くコメント(0)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

最近全然河川敷にも行かず、お部屋で簡単な4chのFP機ばかり飛ばしていたが、久しぶりにⅤ120D02Sが飛ばしたくなった。

電池が一個しかないので、充電しては飛ばしなので、効率は悪いが、調整をし直し、かなり普通に飛ぶようになった。



 このサイズのCP機は飛ばすのが難しく、室内や狭い駐車場では、ケツホバするのがやっと。

 今回しばらくぶりなので、設定の確認もしたが、以前の設定ではピッチの上下幅が大き過ぎたので、少し絞った。

イメージ 1
 Walkera Devo6プロポ、トラベルアジャスト画面、一番下のPitchの数値を60.0%から50.0%に変更。

 Walkeraの3G機はプロポのサーボ設定が1サーボのため、通常の120°スワッシュモード設定でのスワッシュMIXが使えない。ピッチの上下幅はトラベルアジャストになるが、サーボストロークがもったいない気がしてしまう(スワッシュMIXでピッチを50.0%にするのと変わらない?)。 

これに伴い、ピッチの位置も微妙に変わるので確認。

 

 設定方法ををビデオでとっておきます。



イメージ 2
 後は回転部分の給脂。

 ベアリング等のグリス分が必要なところに、グリススプレーで給脂しておく。

 した後は、回転が軽くなるのがハッキリわかります。


イメージ 3
















イメージ 4
 私はずいぶん前から使っている。ニチモリのモリブデンスプレーがお気に入り。

 上の写真の黄色矢印部分に少量吹きつかる。


 以上はすべて自分なりの設定方法。参考にされて不具合で手も責任持てませんのであしからず。


 久々のWALKERAネタでした。











 記念写真。

イメージ 5


























開くコメント(2)

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

Yahoo! Choctle

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事