山田光敏の「赤ちゃん整体」 〜ダウン症や脳性麻痺の症状緩和に〜

「ダウン症」や「脳性麻痺」の超早期療育指導や症状緩和のために。保険診療による「赤ちゃん整体」を行なっています。

はじめまして

すべて表示

はじめまして

当ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。


私はもう20年以上、障碍を持った赤ちゃんに接し続けており、
「早期療育」という言葉が日本に定着していないころから、
専門的な療育を行っております。

ダウン症の赤ちゃんであれば、
身体的な発育援助を行い、目標として2歳までに歩行できるようにしたり、
小学校入学前に縄跳びができるようにしていきます。
知的には、小学校入学前にある程度の数概念の確立や、
ひらがなの読み書きなどができるようにしていきたいと考えています。

障碍を持ったお子さんはある程度、積極的な療育が必要となります。
それを、その子の発育状態に合わせて、指導していくようにしています。

人にとって乳幼児期はとても大切な時期です。
その大切な時期を「いつかは発育するから」といった後ろ向きな姿勢でいると、
本来、その子が得るはずだった能力も失われてしまいます。


尚、赤ちゃん専門治療院「べびきゅあ」には無資格者はいません。

整体師やカイロプラクティックのような日本では法制化されていない
実質、無資格な人による施術はありませんのでご安心ください。

また、当治療院は地域医療連携にも所属しております。
そういった面からも安心してお越しいただけるものと思います。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。



※ ご意見・ご感想をお待ちしております。



その他の最新記事

すべて表示

今回は語りかけについて。 ダウン症のお子さんはほんの少し聞こえにくいことがあります。 その原因の一つに耳の穴が細いことが挙げられます。 そして、視力にも少し弱さを感じさせることもあるのですね。 そこで語りかける ...すべて表示すべて表示

ダウン症の療育(基本)

2015/2/25(水) 午後 5:53

ダウン症の療育について書き進めていきたいと思います。 まず、ダウン症の赤ちゃんは非常に筋肉もフニフニしていて、 いわゆる健常のお子さんに比べて体がしっかりしていません。 そういった赤ちゃんに、一般的なベビーマッサージは強刺激にな ...すべて表示すべて表示

ご無沙汰しています。 以前、このブログでダウン症の早期療育記事を書いていましたが、 最近の小学校で要求される内容などが変わってきたという点、 そして、当時以上に、自立した社会人と言う要求度が加わってきました。 そういった ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

東京武蔵野ちいさな旅

東京の朝の空・・(2015.2.1〜)..如月(きさらぎ)

お詫び 勤務の都合により、更新が困難になりました。 当分の間、更新ができません。 長い間ご支援いただいた皆様には、心よりお詫びとともに、感...

派遣さんの☆ワクワク育児日記!

12星座 性格一覧表が当たり過ぎ!〜ダウン症の息子にもピタリ!

出典: http://uranailady.com/08_seizahayami.html朝起きて『はてなブックマーク』で上記の画像が話題になっている...

Yosh Blog-支援教育研究

数式に仕掛けられた認知・知覚・概念操作・誘導に付いての覚え書き

【数式の知覚・認知に付いての覚え書き】 私達の知覚・認知の特性に付いての疑問を数式認知を中心に指摘します。私達の数式認知は或る特定の指導意図で管理さ...


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事