山川紘矢・亜希子の自由気ままに

すこやかに生きる. 自分を信じ、人を愛し、平和を守る。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

沖縄での講演会

3月13日、沖縄へ講演に行きます。
どうぞよろしく。
 
ハートフルオフィス 
 
タイトル:全世界で大ベストセラーの「ザ・シークレット」「ザ・シークレット TO TEENS」の翻訳者が語る
     「夢を現実のものにする引き寄せの法則の秘密」 山川紘矢・亜希子ご夫妻沖縄講演会
日時:平成23年3月13日 13:00開場 13:30開演
会場:浦添市てだこホール市民交流室
料金:全席自由 前売り¥3,500 当日¥4,000
主催:ハートフルオフィス
問い合わせ先:ハートフルオフィス 担当 神村  098−866−3966 メール info@heartfuloffice.com   
 
 

この記事に

開く コメント(24)

ありがとうございます。悟るとは普通のことが普通にできること。本当ですね。
 
もう時代はだいぶ変わりました。

スピリチュアルが少しずつ抵抗なく受け入れられる時代に入ってきたと思います。

少し頭で考えてしまう方、まずこの本を読んでみてください。

胸にすーっと入ってきます。




スピリチュアルに 偽物と本物があるとするならば

山川ご夫妻は私自身、本物の方だなと感じています。




書いてある全てが、異次元の出来事のようでも

何も違和感なく 納得して読んでしまいます。


またこの本は、
タイトル以上のものを得られる気がします。


死ぬのが怖い方以外にも
生きるのが辛くなった方にも良いかもしれません。



すごく当たり前のことを教えてくれます。


きっと山川さんは悟られてるんだと思いますが、
悟るって 当たり前のことをできるかどうかだな
ということを痛感しました。

自分を愛すること
好きなことをすること
などなど

しかし人生色んな障害が前に立ちはだかり、
いつからか私たちは 
基本ができなくなってゆく。
そして 自分を制限した誰かを責めたりする。


例えば一文に、私たちはどこかで被害者意識を捨てなければいけません。


親のせい、夫のせい、友達のせい。



この被害者意識の章が私として自分に重ね合わせ胸に入ってきました。


本当に辛い被害者だとしても
わたし達それぞれが 自分自身の価値に気付くことがいかに大切か教えてくれます。


それができた時、
人のせいなんかにして人生を制限してることがいかにもったいないことかにも
気がつかされました。

自分の為に生きよう

という気持ちにさせてくれる本です。

今すごくハッピーな人はもっとハッピーに
今落ちてる人は、勇気をもらえる。

そんな大勢の方の胸にすーっと 愛をくれる本だと思います。

この記事に

開く コメント(1)

易しい文章です。さらさら読めます。

優しい文章です。心がふっと軽くなります。

<大丈夫>
何度も、この言葉が出てきます。
悩んでいても大丈夫。変われなくとも大丈夫。
その状態でいる事が、今の貴方にとっては必要な学び。

でも、甘やかしてはくれません。
「被害者を演じていませんか?」
「いつも、自分以外の、誰か、何かのせいにしていませんか?」
厳しい問いも、繰り返し。

東大卒、大蔵省、順風満帆のエリートコース。
とあるセミナーで小さな気づきを得た事から精神世界の本の翻訳へ
と導かれ、目覚めの過程か、大病を患い、働き盛りで職を辞し。
壮絶とも言える“浄化”を経たからこその、スピリチュアルの導き手
としての現在。
<説得力>があるのは、かつての自分を客観的に語られているから。

ありがとうが言えない人間だった事。
他人の賞賛に得意になる気持ちがあった事。
良い事が起こると、それは全て自分の手柄と思い込んでいた事。

最終章。とあるセミナーで、延々唱えさせられたというワーク。
「お父さん、ありがとう。お母さん、ありがとう」
内心では、つまらない、幼稚だと思いつつ。
ところが。
帰宅後、眠りの中で、ふと口からこぼれた「ありがとう」
父に、母に、兄弟、友人。
次々と、溢れて止まらないありがとうの言葉。

──不覚にも? 泣くかと思いました。

易しくて優しい、切ない本。

唯。1点だけ、タイトルに関して。
編集の方がつけられたようですが、内容に、あまり合っているとは言い難く。
星を1つ減らそうか、かなり迷いました・・・

この記事に

開く コメント(0)

「死ぬのが怖いあなたに』を読んで感想文を書いてくださったので、紹介します。
今読み終わりました。
本当に素晴らしい本。
全てはこれでいいのだ!
勇気のでる本でした。
読んでいてとても元気になります。
私は屋久島の森からよくメッセージを頂いているのですが、
まったく同じことを森も言っていたので、とてもうれしかったです。
結局も森も神様、宇宙、大いなる力であるし、
全ては神様。
神様は山川紘矢 さんを通して、こうやって私たちに今必要なメッセージを書いて下さいました。

「全てはだいじょうぶ〜なんも心配ありません!」

今とても元気が欲しい人、
今迷っている人、
今病気の人、
今悩んでいる人、
今苦しんでいる人、
今都会にいて一緒懸命働きすぎて現実逃避したい人、
自分何故ここにいるかわからないひと、

日本中のみんな!
世界中のみんな!是非この本を読んでみてください。

人生はあなたが思っているほど難しいものではありません。

そのエネルギーを感じ、
受け取り、とても元気になります。

この本の出会いに感謝しています。

山川紘矢 さん素晴らしい本を書いていただいてありがとうございます。
日本中、世界中が変わりますね!
地球も宇宙も喜んでいます。

ありがとうございます!

今意識を変わりたい人へ、
是非読んでみてくださいね!
たくさんの希望、勇気がわきます!

この記事に

開く コメント(0)

『輪廻転生を信じると人生が変わる』ダイヤモンド社刊
 
初めて山川紘矢さん・亜希子さんご夫妻の謦咳に触れました。
無理無理感のない自然なお話しぶりが素敵でした。

東大から大蔵省へ、順調なコースに乗って
ごく普通の高級官僚としての人生を楽しんでいた氏が、
ひょんなことからシャーリー・マクレーンの
アウト・オン・ア・リムを翻訳することになり、
いつの間にかたくさんの精神世界の著作をご夫婦で
翻訳され、若い頃には思っても見なかった地点に
立っている不思議。

そんなお二人のこれまでの軌跡を、
山川紘矢さんの視点から記されたのが本書です。

いろいろと不思議なことがいくつもあったこと、
スピリチュアルな真実への目醒めが淡々と綴られて行きます。

タイトルにある輪廻転生のことにもふれられていますが、
むしろ一人の誠実な方の誠実な人生の記録としての魅力を
強く感じました。

「無理をしないでください」
「時期が来れば自然に変わります」
「頑張らなければ変われないのなら今はまだその時期ではないのです」

「人には目覚めるのに一番いい時期というものがあり、
 すべての人は現在のこの状態で完璧なのだ」
という意味の言葉をはさみながらさりげなく語られる真理には、
押し付けがましさは全くありません。

「あなたは自分のすべきことを今この瞬間も、しているのです」
「人はみんな、いつの時点でも、そのときにしなければならないことをしています」

焦ったり力んだりしなくても、全ては完璧で一分の狂いも無いのだ、
という宇宙への信頼感を思い出させてくれます。

一頁一頁から優しいそよ風が吹いてくるような、
読んでいてほっとする本でした。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全86ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事