全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

火山噴火に思う

今朝の新聞によると、えびの高原近くにある硫黄山が小噴火する恐れがあるとして1km以内の立ち入り禁止規制が敷かれた。昨年12月から火山性地震が続き、その数も増えて、最近では山体も膨張してきているらしい。
   えびの硫黄山は、霧島連山23座の中でも1700年代にできた最も新しい山で、かっては奮起活動が活発だった。昭和37年まで硫黄が採取されたという。県道小林牧園線から高々50m程の小高い丘のような、全山白っぽい山である。
    十年ぐらい前までは一部から少量の噴気が生じており、硫黄の臭いがしていたが、いつの間にがそれも消え、活動も沈静化しており、山頂を縦断する形で遊歩道まで整備されたり、近くにえびの市営温泉露天風呂が廃止されてしまったぐらいである。
 
そういう山がまた、活動しはじめたというのにはびっくりである。この10年ほどの間に高千穂の峰に寄り添うように屹立している御鉢(その外輪山を経由して高千穂の峰にのぼるルートがある)が爆発したり、4年ほど前には新燃岳が噴火するなど霧島連山の噴火活動は健在である。
この数十年を振り返ると、日本だけでも、有珠山噴火、普賢岳噴火、つい最近では9月27日に発生し、57人が犠牲になった御岳山の水蒸気爆発、小笠原諸島の噴火活動。屋久島の口永良部新山等々枚挙にいとまがない。
とりわけ桜島は百年前大爆発した桜島は往時のマグマ量に匹敵する量になっており、いつ爆発してもおかしくない状況にあるという。まさに日本は火山列島である。
 
2002年発刊された小説死都日本(石黒某)によると、霧島連山のマグマはえびの市直下にあり、その大きさは想像を絶するものという。大昔に大爆発を起こしたことがあるという。霧島連山はその大爆発により生じた加久藤カルデラの外輪山であるという。
 
ちなみにその小説の概要を記すと、日向灘沖の地震の影響で、火山性地震等を起こし、大浪の池(標高1300mほどの山)の水蒸気爆発が連鎖反応で次から次へと爆発し、「破局的噴火」を起こす。その火砕流の高さは600mほどで、瞬時にして九州は言うに及ばず、関西、関東まで及び日本全体の農業経済社会が壊滅的打撃を受ける。それだけでなく、灰雲の大気中への拡散による世界的異常気象による農作物の不作、世界経済の混乱を招くなど、大きな衝撃が世界を駆け巡る。時の首相が、この破局的噴火を想定し、日本再生に尽力する。というものである。
 
つい最近、興味深い新聞記事が載った。大規模な火山爆発の発生の可能性は、これから100年の間でみるとお。25%という試算を神戸大学が行ったというものである。(規模は、発生が九州中部。降灰量では大阪50cm、東京20cm、北海道5cmを想定)
 
火山は、素晴らしい景観、温泉等々大きな恵みを与えてくれるが、いったん噴火すると手に負えない。
そういえば、先に挙げた本の中で、古事記に記載されている「黄泉の国」「アマテラス大神の岩屋へのお隠れ」「神武天皇の東征」等の神話が火山にまつわる伝説である旨の記載があるが、成程な〜とうなづける。
 
いずれにせよ、火山列島に住んでいる以上、火山活動には眼が離せない。人の力ではどうしょうもないが、・・・・
イメージ 1
イメージ 2
上記写真は2年前に韓国岳中腹から撮ったものです。下の写真の右下、こんもりと盛り上がったのが硫黄岳。

この記事に

開く コメント(1)

2月11日は,建国記念日。天孫降臨の地とされる高千穂の峯に高千穂河原から登ってきました。昨年の9月以来,6ヶ月振りです。
 
例によって,タイムを競うのではないから,とゆっくりと登ります。馬の背の急登,背門丘から頂上への急登では,息を整えるのに何度立ち止まったか数え切れません。
 特に若者の脚の速さには驚かれます。ずーと後ろから登っていたのに追いつかれ,頂上付近で下りてくる若者に出会って,もう下るの?と思わず問いかけること,数回。
 それで標準時間を若干越した時間で頂上に到着。
 
晴天ではあったものの,ガスが出ていて遠くは霞んでいました。灰色だったので,中国のPM2.5も含まれているのかな。
 
中岳方面は,新燃岳の噴火の影響でうっすらと黒くなっており,いつもは常緑樹で冬でも緑いろの山腹から裾野に掛けては全体が褐色でした。元のようになるのはいつのことになるでしょうか
 
途中の経過は,昨年とほぼ同様ですので,省略します。そういえば,昨年9月には感じなかったのですが,馬の背の途中の登山道が狭くなっていました。また,高千穂河原駐車場の一角に退避壕が出来ていました。
 
頂上に日章旗が掲揚されているかと期待していましたが,掲揚されていませんでした。山守が引退したので掲揚する人がいなくなったのですね。
 数年前,同じ2月11日に登った時に,青空のもと,風にはためく日章旗が印象深かったので,
残念でした。
 
頂上で,東神社のルートを登ってきたグループと会いました。同じような年齢グループでした。
このルートは,健脚コースでもあり,夏場はヤマヒルが出るので,このルートからの登りはしばらく遠ざかっています。またいつか挑戦してみたいものです。それまで体力を付けとかなきゃ〜
 
食事しているときに,桜島のほうから噴煙が上がり,しばらくしてから空振。こんなところまで振動するのだとビックリしましたよ。新燃岳が終息しかかっているのに,桜島も早く治まれば良いのに・・・
 
そういえば,この10年ぐらいを見ると,エビノの賽の河原,硫黄山,そして御鉢から噴気が出なくなっていますね〜。お陰でエビノ市営温泉が廃止。高原ホテルも沸かし湯になっていますね。
どうなるのでしょうか
イメージ 1
 
 

この記事に

開く コメント(1)

秋晴れの中,大浪の池登山口から,韓国岳のピストン登山した。
当日は秋晴れも秋晴れ。大浪の池に登るのは何年ぶりだろう。新燃岳噴火の影響はほとんど無いようである。
大浪の池鞍部からは,秋の穏やかな日差しを浴びての,誠に快適なハイキンングとなった。
韓国岳避難小屋から韓国岳までは,段差のある木階段。あえぎあえぎ登っていく。十数段登る度に,息を整える。仰ぎ見れば秋の雲。そして,ところどころに紅葉が・・・・
頂上にようやく到着。眼下には新燃岳や高千穂の峯。遠くには南に桜島。北に市房山が見える。
 
頂上からの景観は,何回観ても飽きることがない。
昼食後のコーヒーはまた格別の味である。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(1)

一年半ぶりの投稿

このブログに投稿するのは実に1年半振りである。
膝に違和感を覚え,山登りを自重していた。
昨年1月26日に新燃岳が噴火して以来,3kmの登山規制がかかり,韓国岳,高千穂の峯など登れなくなってしまった。去る7月15日から登山規制が3kmから2kmと縮小されたことに伴い,また,登れるようになった。
このため,膝の状況の確認と,韓国岳から見て新燃岳がどう変化したかを見たいがために8月16日に韓国岳に登った。また,事情があり中1日置いて18日にも登っている。
 膝の状況に変化が無かったことから,今度は9月4日に高千穂の峯に登った。
無論,膝をかばっての登山だったために,時間は標準時間は優に越えた。それでも久し振りの登山であった。
 膝の状態もさして変化は見られず,これならゆっくりと登っても支障はないのではないか,と安堵した。これから少しずつ体を馴らしていくように心がけることにした。
 
 ところで,韓国岳は新燃岳の噴火の影響はほとんど見られず,噴火前とほとんど変らなかった。が,高千穂の峯の方は,登山道に火山礫が降り積もって,昔のザレ場の復活であった。
 
下の写真は,韓国岳から見た新燃岳火口の状況及び御鉢馬の背からみた高千穂の峯
 
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

H23.4.29 冠嶽516.4m

春の陽射しというより初夏の趣のある五月晴れの日,思い立って鹿児島県いちき
串木野市にある冠嶽に登ることにした。
標高は,516.4m。複数の登山ルートがあるようであるが,タバコ神社登山口,
材木嶽,経塚山経由ルートをとる。
厳しい登りは材木嶽への20分ぐらいの急登ぐらいだろうか。
木立の中を1時間ちょっと歩いて頂上である。
材木嶽頂上?と冠嶽頂上からの眺望は,遠く桜島,金峰山,野間岳そして弧を
描く吹上浜など薩摩半島の南側が一望に望める。
登山記録は書かないが,居見深かったことを記しておきたい。
冠嶽が西岳と称されていること,材木嶽の頂上に材木のような形をしている岩
石があること,「経塚」が石がお経を積み上げた形だったことから名づけられて
いること,また,雷が鳴ったとき他では「桑原桑原」と唱えるが,この地方では
「経塚経塚」と唱えること。タバコが自生しており,タバコ神社が祭られていること
など,「へ〜」とうなずくことが多かった。
特にタバコ神社は絶壁の途中の洞窟に祭られており,よくぞこういうところに自生
していたものである。敬意を表して一服した。
同じように考えている人が多いと見えて,そこには水の入ったバケツがおいてあった。
 
この冠嶽は,徐福伝説の謂れがある。麓には6m余りの徐福の石像が設置されて
あった。近くには冠嶽神社があり,その周辺は中国風の公園となっている。
また,修験僧の修の山であったらしく,遍路が設けられ,所々に祠が祭られていた。
 
なお,今回,高度計付きの時計を持参したが,頂上では10mほどの誤差が生じて
いた。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事