ここから本文です
ふるさとの空、都会の空
ひろーい宇宙にちっぽけな私たち ふるさとの空を守れるのも都会の人達の協力あってこそです。 ナイス!いつもありがと!

書庫お天気jiさん・防災減災

ペーパー予報士とならないように活動したいのですが、実際は・・・。
記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 今日(H29.3.11)は、渋川市が主催した「地震災害セミナー」に参加してきました。

 参加者のうち、希望者は第1部基調講演の前に13時から群馬県の地震体験車で大地震を体験しました。
イメージ 1

 会場は渋川市役所第二庁舎内、渋川公民館。1階ロビーでは、各参加団体の展示がありました。

 群馬県のパネル展示コーナーでは、防災と地域力、群馬県内で予想される大地震の宣言分布図などの展示がありました。また、減災のための家具転倒防止などの啓発活動を行っていました。
イメージ 2

イメージ 3

 渋川広域消防署の展示コーナーでは、東日本大地震の時の活動写真の展示、消防専門誌の展示などが行われていました。
イメージ 4

イメージ 5

 付箋の付いている箇所は、渋川消防の紹介記事が掲載されていました。
イメージ 6

イメージ 7

 防災グッズの展示
イメージ 8

 月別の非常食の例展示
イメージ 9

 他にもどれも災害時に必要なプライベートテントやポータブルトイレなどの展示がありました。

第1部 基調講演
 基調講演では、「続・防災力革命」と題して、中越防災安全推進機構から講師をお招きし講演していただきました。
イメージ 10

 休憩時間の後、第2部開始前に、東日本大震災で亡くなられた方々へ、謹んで哀悼の意を表し、1分間の黙とうを捧げました。



第2部 パネルディスカッション テーマ「現場からの声を聞こう」
イメージ 11

 第2部は、東日本大震災の時に、実際に災害現場にて活動した5業種の方々をお招きして、現場に一歩踏み入れた時にまず思ったこと、行動、直面した課題などをそれぞれの立場からお話頂けました。
イメージ 12

 コーディネーターは、渋川市防災専門員。パネラーは、渋川広域消防署、渋川警察署、陸上自衛隊、中越防災安全推進機構、渋川市社会福祉協議会の方々でした。


 最後にぐんまちゃんも登場して、
イメージ 13

 阪神・淡路大震災で生まれた希望の歌「しあわせ運べるように」を参加者全員で歌える人は歌ってお開きとなりました。
イメージ 14

 この模様をユーチューブに掲載しようと思いましたが、川島あいさんの歌がユーチューブにありましたのでこちらをリンクしました。
◆川島あい『しあわせ運べるように』←クリック

この記事に

開くトラックバック(0)

 先日、群馬県で実施した『ぐんま地域防災アドバイザー防災士養成講座』を受講し、資格取得試験の結果、合格通知を頂きました。これでやっと念願の防災士の資格が取得することができます。
 
 民間資格ですが、防災士になるためには、防災士研修講座を受講し、資格取得試験に合格したうえで、全国の自治体、地域消防署、日本赤十字社等の公的機関、またはそれに準ずる団体が主催する「救急救命講習」を受け、その修了証を取得し、この写しを申請書類に添付し防災士認証登録申請を行います。

 私は渋川消防署の救急救命講習を平成22年に受講していましたが、添付する修了証は概ね3年以内に取得したものという縛りもあり、丁度タイミング良く、本日、渋川消防署でこの救急救命講習が実施されましたので受講してきました。

 最初に基礎講座を受講し
イメージ 1

 胸骨圧迫の実習
イメージ 3

イメージ 2

 この胸骨圧迫、1分間に100回〜120回とのことで、このタイミングのリズムをとるのに説明も苦労されていたようです。
 私なりに、私たちの年代(60歳前後)に説明するときは、あの曲です。そう、水前寺清子さんが歌っていた『365歩のマーチ』、『しあわせは〜歩いてこない、だ〜から歩いて行くんだよ、一日一歩、三日で三歩、三歩進んで二歩下がるぅ〜』って歌です。
 これに限らず、行進曲、マーチのリズムで行えば一分間に100回前後となると思います。良いホームページがありました。『うさぎとかめ』歌い終わると丁度30回。頭の中でリズムが湧いてきます。
↓ 以下ホームページでご覧下さい。
◆命を救う!BPM100の曲まとめ【心臓マッサージ】←クリック

 その後、AEDの取り扱い実習などを行い、3時間の研修過程を修了しました。

 受講修了と同時に修了証が交付されました。
イメージ 4

 昨日、顔写真を三分間写真で撮影してきました。昔と違って今は三分間写真もハイテクになっていました。
 これで、防災士認証登録申請の書類がすべて揃いました。今回は群馬県の防災アドバイザーとしての登録も併せて行うようなので、渋川市役所防災課が窓口となっているので申請書類を近日中に提出しようと思っています。

 渋川消防署でも年間1〜2回、渋川消防署内で救急救命講習を実施しています。詳細、実施時期などは予定が決まると渋川広域消防組合のホームページでお知らせがありますのでご確認ください。

(一週間前に急性腰痛症(ぎっくり腰)で身動きが取れない状況でしたが、本日はだいぶ回復し、実技研修にも参加させて頂きました。昨年、11月頃、滝沢自治会で地域の防災講座ということで、渋川消防署東分署の消防隊員により本日の実技と同内容の研修を受けておいたので復習ができました。)


◎参考事項
◆渋川広域消防本部のホームページ←クリック

◆救命処置(PDFファイル)← 救命処置の手順


(撮影及びブログ報告許可を頂いてきました。ご配慮頂きありがとうございます。)

この記事に

開くトラックバック(0)

◆防災士の修了試験問題は、持ち帰りができません。そのため、インターネットで調べてもなかなか過去問題の内容が見つかりません。
 試験問題は、防災士教本の中から殆ど出題されていますが、その範囲は、隅々まで見ておかないと解答することができません。
 修了試験に出題された問題をすべて覚えて帰ることはかなり無理がありますが、一つくらいは覚えている問題はあります。ただ、公開していないということはそれなりに理由があると思います。
 合格率は高いと言われていますが、しっかりとテキストを読んでおかないと解答できない問題が結構ありました。

 出題は30問、過去問の傾向を掲載しているブログなどを基にして、私が受験してきた内容を合わせて掲載してみました。

 新問題も何題か出題されていますが、過去問を中心に勉強しておけば
 今のところ、30問中21問は正解すると思います。

しっかりと防災士教本を見直して修了試験に挑むことが合格の早道です。



◆防災士修了試験の出題参考事項
  右にあるカッコ内の文字や数字は出題範囲のページを記載しています。
  必ずしも問題内容とページ数は一致しませんが、参考にしてください。

 ○すべて三択で正しいものを選びます。

 1 「防災士」の資格及び役割の説明で正しいもの(まえがき)

 2 危機管理の説明で正しいもの(指揮命令系統、情報収集の方法)

 3 緊急地震速報の仕組みの説明で正しいもの(P242)

 4 台風の風向の説明で正しいもの(回転方向)(P188)

 5 火砕流の説明で正しいもの(P180)

 6 避難所の一人当たりのスペースで正しいもの A:2屐P108)

 7 内水氾濫の説明で正しいもの(P297)

 8 長周期地震動の説明で正しいもの(P169/P296)

 9 地下街で地震遭遇時の対応方法の説明で正しいもの(P38)

10 地震直後のガス器具の取り扱いの説明で正しいもの(P58)

11 災害発生時の自動車運転の対処方法の説明で正しいもの(P38/94)

12 長期評価で内陸型の発生周期の説明で正しいもの(P254)

13 阪神・淡路大地震で野死亡原因の説明で正しいもの(P4)

14 広域避難所のマークで正しいもの(P276)→記号マーク3択

15 1981年の新耐震基準の説明で正しいもの(P46/167)

16 災害用伝言板の説明で正しいもの(P68/218)

17 通電火災の説明で正しいもの(P56)

18 水道の復旧期間の説明で正しいもの(P62)

19 トリアージの説明で正しいもの(81)

20 火災保険で補償される事項の説明で正しいもの(P319)

21 土石流の説明で正しいもの(P202)

22 帰宅困難者の行動の説明で正しいもの(P77)

23 地区防災計画の説明で正しいもの(P92)

24 クラッシュシンドロームの対応の説明で正しいもの(P146)

25 タイムラインの説明で正しいもの(P197)

26 南海トラフの説明で正しいもの(P260)

27 首都直下型地震の説明で正しいもの(P261)

28 BCPの説明で正しいもの(P310)

29 津波注意報・警報が出された時の対応方法の説明で正しいもの

30 海洋型の地震の仕組みの説明で正しいもの

 過去問の話題を取り上げているホームページやブログでは、過去問を繰り返し出題している等の書き込みがありますが、随時、新問題が追加されて出題されているようです。
 レポートを早く出してしまうと、講習会まで期間があるため、内容を忘れてしまうことがありますので、お時間のある時にテキストを繰り返し読まれることをお勧めします。

 では、皆様。朗報をお待ちしております。ナイスが増えたら役に立ったということで。

この記事に

開くトラックバック(0)

 群馬県で実施した『平成28年度第2回ぐんま地域防災アドバイザー防災士養成講座』を受講させていただきましたが、修了試験の結果が予定よりも2日早く自宅に届きました。

 結果は、
イメージ 1
 でした。

 これで、「救急救命講習」の受講を終えれば資格申請できます。

 これからは、群馬県及び県内市町村とで共有する名簿に「ぐんま地域防災アドバイザー」として登録されることにより、群馬県および市町村が実施する自主防災組織活性化・地域防災力の向上に向けた取り組み、防災啓発活動等へ積極的に参加・協力する使命が待っています。
 ペーパー化とした気象予報士の資格と共に地元で防災啓発活動に取り組めるよう、小金澤渋川市防災専門員の指導下に早く登録を済ませて頑張りたいと思います。

 その前に腰痛を治さないといけないですね!

この記事に

開くトラックバック(0)

 現在、私は渋川市の自主防災リーダー養成講座の初級・中級・上級を終了し、赤城地区の自主防災リーダーとして渋川市に登録しています。

 かねてから民間資格ではありますが『防災士』の資格取得を考えていました。平成17年の3月に気象予報士の資格を取得しましたが、当時、予報士の方は防災士の資格も取得されている方が多く、私も取得したいと思っていました。
 その頃、群馬県の前橋市で防災士の養成講座が開かれるということで受講を考えましたが、受講料等合わせて7万円前後の費用がかかるということで、仕事と全く関係ないため、趣味の範囲では受講は無理ということで、その時は断念しました。
 次に群馬県で養成講座が開催されるようでしたら受講しようと思っていましたが、その後10年経っても群馬県では開催されることがありませんでした。

 その間、東日本大震災や全国各地で発生した気象災害など、大規模災害が多く発生し、防災士の資格が次第に世の中で認められ、大地震の発生確率が高い自治体などで、養成講座を実施して、くるべき災害に備える自治体が多くなっています。現在(H29.1.31現在)では全国で12万人の資格取得者がいるということでかなり浸透してきた資格となりました。ちなみに群馬県の資格取得者は現在約800人ほどいらっしゃるということです。

 このような経過の中で、タイミング良く群馬県でも平成28年度に、群馬の地域力応援事業の一環として、地域防災力の事業強化(ぐんま地域防災アドバイザーを養成するための事業)が予算化され、今年度は『ぐんま地域防災アドバイザー防災士養成講座』が2回開催されることになり、第2回目の養成講座に渋川市より推薦していただきました。

 第1回目は昨年終了しており、第2回目は昨年12月初旬に募集を締め切り、先日2日間に亘って開催され受講してきました。
◆ぐんま地域防災アドバイザー防災士養成講座 目的
 県民の防災に対する意識の啓発、知識・技能の習得や向上を図るため、地域での防災活動の中核となる人材として防災士を養成し、地域防災力向上を目指すため、防災士養成講座を開催します。

◆ぐんま地域防災アドバイザーとして活動すること。
 当講座を受講して防災士資格を取得した方は、県及び県内市町村とで共有する名簿に「ぐんま地域防災アドバイザー」として登録いただきます。県および市町村が実施する自主防災組織活性化・地域防災力の向上に向けた取り組み、防災啓発活動等へ積極的に参加・協力していただきます。
※受講申込時にアドバイザーとして活動することを誓約していただきます。

 ということで、東京開催の養成講座を個人で受講、受験すると60,920円+交通宿泊料は最低でも必要とのことです。

 今回の群馬県で実施する養成講座は、防災士教本代:3,000円、防災士資格取得試験受験料:3,000円を前納、修了試験合格後は、防災士資格認証登録料:5,000円と合格した場合でも11,000円の自己負担で防災士の資格取得ができるということでした。
◆防災士とは
「自助・共助・協働」を原則として、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのため十分な意識・知識・技能を有するものとして、日本防災士機構が認証した人。

・地域の防災意識の啓発、防災力の向上に努め災害発生時には避難誘導・救助に当たる人。
・日本防災士機構の認定する民間資格
・平成15年(2003年)認定開始

 とても前置きが長くなりましたが、受講申し込みから終了試験までの経過です。

<本講座受講・資格認証登録までの流れ>
◆所定の様式で受講希望を書いて渋川市の防災課に提出。
〕楡講座の受講が決定される。
※決定通知書とともに、防災士教本代・受験料の事前払込用紙を受け取る。指定期日までに郵便局で教本代+受験料の6,000円を振り込む。

∨漂匯了餝兵萋聖邯海亮験申込
・申込先の渋川市へ事前振込み領収証を持参し、受験申請書を提出する。
・後日、自学学習の履修確認レポート用紙・防災士教本が送られてきた。


K漂匯龍桔椶亮学学習による履修確認レポートを1月中旬に提出
※2月3日(金)までに市町村防災担当課へご提出することになっていた。

そ弦膰修(計2日間)の履修(H29.2.18〜19)

ニ漂匯了餝兵萋聖邯海亮験(H29.2.19)
※集合研修最終日に特定非営利活動法人日本防災士機構が実施

H29.2.22現在、試験結果待ち。結果は本部より2月28日に郵送する予定

ι當無潴森崕の受講が資格取得必要条件なので、3月4日に渋川消防署で行う「普通救命講習」を受講予定(前回平成22年受講、有効期間は概ね3年間、3年過ぎたら再受講が必要のようです。

 受講中の様子 2日目一時限は、前橋赤十字病院高度救急センター長の中村先生の講義
イメージ 1

イメージ 2

 受講生の中に、まえばしCITYエフエムのスタッフの方がいらっしゃいました。昼の休憩時間に受講者に受講動機などをインタビュー取材していました。
イメージ 3

 この取材の放送は、平成29年3月11日(土)の『まえばしAction』(14:30〜15:29)の中で行われるそうです。この日は東日本大震災から6年ということで前橋市民の危機管理能力向上をテーマに市民のコミュニケーションを促進する目的の番組とのことです。
 是非、聴いてみたいです。皆様もインターネットで聴けるので聴いてみてください。

 群馬県前橋市周辺の方は、FMラジオ 周波数84.5MHzで聴くことができます。

 棒差し教本は厚さ約2cm、ページ数は300ページを越えています。第1講から第31講までありこの中から終了試験に30問出題されます。 
イメージ 4


 試験問題は持ち帰り禁止。インターネットで検索してもあまりヒットしません。ただ、根気よく検索してみると、今回出題された問題のうち、25問位のヒントが隠されていました。

 出題は、少しずつ変わっているようで、全く新しい問題もあり、教本の中にどこかに書いてあるんでしょうけれど、どうしても見つからない項目ありました。

 試験は30問中21問以上の正解で合格とのことです。合格率95%とも言われていますが、普段、防災にあまり関心の無かった方は。教本の隅々まで見ておかないと、試験で苦戦するかも知れません。私はと言えば微妙です!

 問題のヒントはこの後、追記で対応したいと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事