ここから本文です
ふるさとの空、都会の空
ひろーい宇宙にちっぽけな私たち ふるさとの空を守れるのも都会の人達の協力あってこそです。 ナイス!いつもありがと!

書庫お天気jiさん・防災減災

ペーパー予報士とならないように活動したいのですが、実際は・・・。
記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 現在、私は渋川市の自主防災リーダー養成講座の初級・中級・上級を終了し、赤城地区の自主防災リーダーとして渋川市に登録しています。

 かねてから民間資格ではありますが『防災士』の資格取得を考えていました。平成17年の3月に気象予報士の資格を取得しましたが、当時、予報士の方は防災士の資格も取得されている方が多く、私も取得したいと思っていました。
 その頃、群馬県の前橋市で防災士の養成講座が開かれるということで受講を考えましたが、受講料等合わせて7万円前後の費用がかかるということで、仕事と全く関係ないため、趣味の範囲では受講は無理ということで、その時は断念しました。
 次に群馬県で養成講座が開催されるようでしたら受講しようと思っていましたが、その後10年経っても群馬県では開催されることがありませんでした。

 その間、東日本大震災や全国各地で発生した気象災害など、大規模災害が多く発生し、防災士の資格が次第に世の中で認められ、大地震の発生確率が高い自治体などで、養成講座を実施して、くるべき災害に備える自治体が多くなっています。現在(H29.1.31現在)では全国で12万人の資格取得者がいるということでかなり浸透してきた資格となりました。ちなみに群馬県の資格取得者は現在約800人ほどいらっしゃるということです。

 このような経過の中で、タイミング良く群馬県でも平成28年度に、群馬の地域力応援事業の一環として、地域防災力の事業強化(ぐんま地域防災アドバイザーを養成するための事業)が予算化され、今年度は『ぐんま地域防災アドバイザー防災士養成講座』が2回開催されることになり、第2回目の養成講座に渋川市より推薦していただきました。

 第1回目は昨年終了しており、第2回目は昨年12月初旬に募集を締め切り、先日2日間に亘って開催され受講してきました。
◆ぐんま地域防災アドバイザー防災士養成講座 目的
 県民の防災に対する意識の啓発、知識・技能の習得や向上を図るため、地域での防災活動の中核となる人材として防災士を養成し、地域防災力向上を目指すため、防災士養成講座を開催します。

◆ぐんま地域防災アドバイザーとして活動すること。
 当講座を受講して防災士資格を取得した方は、県及び県内市町村とで共有する名簿に「ぐんま地域防災アドバイザー」として登録いただきます。県および市町村が実施する自主防災組織活性化・地域防災力の向上に向けた取り組み、防災啓発活動等へ積極的に参加・協力していただきます。
※受講申込時にアドバイザーとして活動することを誓約していただきます。

 ということで、東京開催の養成講座を個人で受講、受験すると60,920円+交通宿泊料は最低でも必要とのことです。

 今回の群馬県で実施する養成講座は、防災士教本代:3,000円、防災士資格取得試験受験料:3,000円を前納、修了試験合格後は、防災士資格認証登録料:5,000円と合格した場合でも11,000円の自己負担で防災士の資格取得ができるということでした。
◆防災士とは
「自助・共助・協働」を原則として、社会の様々な場で減災と社会の防災力向上のための活動が期待され、かつ、そのため十分な意識・知識・技能を有するものとして、日本防災士機構が認証した人。

・地域の防災意識の啓発、防災力の向上に努め災害発生時には避難誘導・救助に当たる人。
・日本防災士機構の認定する民間資格
・平成15年(2003年)認定開始

 とても前置きが長くなりましたが、受講申し込みから終了試験までの経過です。

<本講座受講・資格認証登録までの流れ>
◆所定の様式で受講希望を書いて渋川市の防災課に提出。
〕楡講座の受講が決定される。
※決定通知書とともに、防災士教本代・受験料の事前払込用紙を受け取る。指定期日までに郵便局で教本代+受験料の6,000円を振り込む。

∨漂匯了餝兵萋聖邯海亮験申込
・申込先の渋川市へ事前振込み領収証を持参し、受験申請書を提出する。
・後日、自学学習の履修確認レポート用紙・防災士教本が送られてきた。


K漂匯龍桔椶亮学学習による履修確認レポートを1月中旬に提出
※2月3日(金)までに市町村防災担当課へご提出することになっていた。

そ弦膰修(計2日間)の履修(H29.2.18〜19)

ニ漂匯了餝兵萋聖邯海亮験(H29.2.19)
※集合研修最終日に特定非営利活動法人日本防災士機構が実施

H29.2.22現在、試験結果待ち。結果は本部より2月28日に郵送する予定

ι當無潴森崕の受講が資格取得必要条件なので、3月4日に渋川消防署で行う「普通救命講習」を受講予定(前回平成22年受講、有効期間は概ね3年間、3年過ぎたら再受講が必要のようです。

 受講中の様子 2日目一時限は、前橋赤十字病院高度救急センター長の中村先生の講義
イメージ 1

イメージ 2

 受講生の中に、まえばしCITYエフエムのスタッフの方がいらっしゃいました。昼の休憩時間に受講者に受講動機などをインタビュー取材していました。
イメージ 3

 この取材の放送は、平成29年3月11日(土)の『まえばしAction』(14:30〜15:29)の中で行われるそうです。この日は東日本大震災から6年ということで前橋市民の危機管理能力向上をテーマに市民のコミュニケーションを促進する目的の番組とのことです。
 是非、聴いてみたいです。皆様もインターネットで聴けるので聴いてみてください。

 群馬県前橋市周辺の方は、FMラジオ 周波数84.5MHzで聴くことができます。

 棒差し教本は厚さ約2cm、ページ数は300ページを越えています。第1講から第31講までありこの中から終了試験に30問出題されます。 
イメージ 4


 試験問題は持ち帰り禁止。インターネットで検索してもあまりヒットしません。ただ、根気よく検索してみると、今回出題された問題のうち、25問位のヒントが隠されていました。

 出題は、少しずつ変わっているようで、全く新しい問題もあり、教本の中にどこかに書いてあるんでしょうけれど、どうしても見つからない項目ありました。

 試験は30問中21問以上の正解で合格とのことです。合格率95%とも言われていますが、普段、防災にあまり関心の無かった方は。教本の隅々まで見ておかないと、試験で苦戦するかも知れません。私はと言えば微妙です!

 問題のヒントはこの後、追記で対応したいと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

 館林からの帰り道、伊勢崎市付近から西の空に傾いた太陽の付近にあった巻雲に現実や日暈ができていました。車を運転中のため、なかなか写真を撮影できませんでしたが、発光のピークを過ぎてしまいましたが適当な場所で駐車して撮影しました。

 日暈
イメージ 1

 薄いタンジェントアーク
イメージ 2

 幻日
イメージ 3

 浅間山の煙
イメージ 4

 妙義山系方面
イメージ 5

 関水の貯水池に着いた時には榛名山系上空にできた幻日は消えていました。
イメージ 6

 そこはカワウの営巣地となっていました。
イメージ 7

 夕焼けの水面
イメージ 8

 今夕の月です。
イメージ 9

 地震の発生に関係があるかわかりませんが引き続き、地震・火山活動などに注意して過ごします。

この記事に

開くトラックバック(0)

渋川市総合防災訓練

 本日(H28.11.13)、群馬県渋川市で渋川市総合防災訓練が行われました。今回は、渋川市が行っている防災リーダーの研修を修了した防災リーダーとして参加しましたので、用務の合間にしか写真を撮影できませんでした。

 群馬県防災ヘリコプターはるなが飛来し、要救助者を釣り上げて機内に収容する訓練
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 今回も渋川指揮支援119さんに記録は任せました。(00:00現在、まだブログには上がっていないようです。)
イメージ 4

◆渋川指揮支援119さんの報告ブログへ(03:17公開)←詳細は119さんのブログをご覧ください!。

 地域住民のバケツリレーによる消火訓練
イメージ 5

 こちらは渋川市女性防火クラブの消火器による消火訓練
イメージ 6

 ちびっこも楽しめるイベントは小型消防車乗車体験
イメージ 7

 ショベルカーによる風船すくいなど
イメージ 8

 開会式
イメージ 9

 各団体真剣に訓練に取り組みました。
イメージ 10

 今年は天気が良かったので、災害が起きた時の手順を十分に学ぶことができたと思います。来年は渋川市が群馬県総合防災訓練の会場になります。来年に向けた訓練の準備として今回の訓練の結果が出れば良いと思っています。

この記事に

開くトラックバック(0)

 群馬県渋川市では毎年、11月に総合防災訓練を市内北橘町の北橘総合グランドで開催しております。今年(H28年)は11月13日(日) 午前9時から午後0時40分までの予定で開催されます。

 昨年の総合防災訓練から
イメージ 1

イメージ 2

◆渋川市に大地震が発生し、被害が生じたことを想定して、情報収集、応急対策を迅速かつ的確に行えるよう、行政・防災・医療関係機関・住民等が一体となった実践的な訓練が行われます。

 昨年の総合防災訓練から
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

◆大人から子供まで防災を学びながら楽しめるコーナーもあります。ミニショベルカー操作体験や、「あなたにしか救えない命」のためのAEDの操作、非常食の試食・無料配布、ドローンの展示などもあります。
 訓練を通じて、防災を楽しく学び、体験できる内容となっているそうなので、ぜひお出かけください。

◆渋川市のホームページ←詳細は渋川市のホームページで


 昨年は雨の日の実施となり、各イベントも十分楽しめませんでしたが、今年はお天気も良さそうです。
イメージ 8


 渋川市防災リーダーもお手伝いしますのでよろしくお願い申し上げます。

この記事に

 今日は冬型の気圧配置が強まり、群馬県内でも北部を中心に初雪となったところが多かったようです。

 自宅からも赤城山系のかつ冠雪が見られました。

 鈴ヶ岳
イメージ 1

 地蔵岳
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事