ここから本文です
ふるさとの空、都会の空
ひろーい宇宙にちっぽけな私たち ふるさとの空を守れるのも都会の人達の協力あってこそです。 ナイス!いつもありがと!

書庫ホタル

赤城町宮田地区のホタル保護活動を中心の話題です。
記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

今宵もほたる狩り

 今宵もほたる
イメージ 1

 夕闇が迫ると
イメージ 2

 ほたるも飛び立ちます。
イメージ 3


 群馬県渋川市赤城町宮田地内 あと一週間ほどは楽しめそうです。

この記事に

開くトラックバック(0)

 群馬県渋川市赤城町宮田地内にあるホタルの生息場所では現在ヘイケボタルが数百匹見られます。ゲンジボタルも数匹飛んでいました。(H28.7.10現在の情報)

 今日は保護活動を行っている宮田ほたるの里を守る会の当番日でしたので19時頃行きました。空はまだ明るく夕焼けが綺麗な時間帯がありました。
イメージ 1

イメージ 2

 今は20時少し前まで明るさが残っているので、ホタルが見られるようになる時間帯は19時50分頃からとなりそうです。

 現在はゲンジボタルがピークを過ぎて、ヘイケボタルに主役を譲っており、ヘイケボタルは光が弱いため写真もあまり良く写りません。少しボケていますが星空を背景に撮影してみましたが、やはり、光度の差がハッキリとしています。
イメージ 3

 ホタルの光跡 弱い光であまり飛ばないので光跡はあまり良く写らないですね。
イメージ 4

 今夜の月です。まもなく半月になります。
イメージ 5


 今日は気温も高く、ホタルにとっては条件の良い夜だったようです。明日の夜も当番なので19時過ぎには会場にいる予定です。
 ヘイケボタルですが、沢山飛んでいるので綺麗です。夜ですが、お天気が良ければ是非ともお出かけください。
 今夜あたりがヘイケボタルのピークかもしれません。これから少しずつ数が減っていきますがあと一週間程度は楽しめそうです。

この記事に

 平成28年(2016年)6月18日(土)に、群馬県渋川市赤城町宮田地内にあるほたる生息地で、第16回宮田ほたるまつりが開催されました。

 この日は朝から晴れて、ここ数年続いた雨模様のほたるまつりを払拭するかのように来場者も相当多かったようです。

 夕方、子持の眠り姫の胸として密かに知られている小野子山系の雨乞山(931m)近くに沈む夕日を見ながら会場に着きました。
イメージ 1

 会場にはほたるに関する展示ブースも用意されていました。
イメージ 2

 群馬県立尾瀬高等学校自然環境科の生徒の活動状況も展示してありました。
イメージ 23

 ほたる見学コースを一回り
イメージ 3

 アナベルも満開
イメージ 4

 青空には巻雲
イメージ 5

 間もなく午後7時になるところですが、既に来場者が多くなっています。
イメージ 6

 午後7時、ほたるまつり開式です。
イメージ 7

 宮田ほたるの里を守る会の会長さんの挨拶
イメージ 8

 阿久津渋川市長さんもご来場下さり、ご挨拶をいただきました。
イメージ 9

 ほたる生息地の上を走る上越線の普通列車
イメージ 10

 月も出てきました。
イメージ 12

 すごい人になってきちゃいました。
イメージ 11


 ほたるまつりでは近くにある温泉施設「ユートピア赤城」、「ヘルシーパル赤城」、田舎まんじゅうの荒井商店などの協賛企業もまつりを盛り上げています。

 ユートピア赤城は飲み物やフランクフルト、お菓子などの販売
イメージ 13

 荒井商店は、予約限定販売のほたるまんじゅう
イメージ 14

 売り切れました。
イメージ 15

 無料サービスの味噌おでん
イメージ 16

 何といっても人気の綿菓子です。
イメージ 17

 薄暗くなってきたところで会場は満杯です!
イメージ 24

 子供たちも楽しそうです。
イメージ 18

 ホタルの幼虫やカワニナの展示
イメージ 19

 暗くなりました・
イメージ 20

 見学者は遊歩道もいっぱいです。
イメージ 21

 肝心のホタルは20匹近く見られました。明るい光は携帯電話で写真を撮影している方の携帯電話の光です。
イメージ 22

 今宵お祭りの来場者は2000人以上来られたと思われました。駐車場がいっぱいでご迷惑をおかけしたかもしれませんね。

 ホタルはほたるまつり以外の夜の方がゆっくりと見られます。現在はゲンジボタルが中心ですが、これからヘイケボタルが見られるようになります。

 関係者の皆様には、早朝より夜遅くまで活動していただき、また、翌日は後片付けなど本当にお疲れさまでした。

この記事に

開くトラックバック(0)

 各地でホタルの話題が報じられていますが、ホタルのシーズン突入です。群馬県渋川市赤城町宮田地内にある大島地区にホタルの生息地があり、地元では『宮田ほたるの里を守る会』が保護活動を行っています。

 今年(平成28年)もゲンジボタルが飛び始めたとの情報があり、6月4日(土)の夜様子を見てきました。
 天気は曇り、気温は21℃前後でした。ゲンジボタルは10匹程度飛んでいるのが確認できました。宮田地区では毎年ほたるまつりを開催しています。今年は第16回の開催となります。

 『みやだほたるまつり』

開催日:平成28年6月18日(土)
時 間:午後7時〜午後10時(一般の方は9時頃までにお越しください。)

◆ほたるの見ごろは午後8時〜9時頃です。

場 所:群馬県渋川市赤城町宮田大島地区 ほたる生息地

駐車場:健康公園、ユートピア赤城の駐車場をご利用ください。
イメージ 1

この記事に

 ほたる祭りから早一月あまり、群馬県渋川市赤城町宮田地内のほたるの生息地は、現在は、光の濃い「ゲンジボタル」から、細かく点滅する『ヘイケボタル』に主役をすっかり変えていました。
 
 いまは、ヘイケボタルが300匹位いるようです。一斉に飛び立つ時間もあると思いますので今週末までは十分楽しめそうです。見頃は20時頃です。ユートピア赤城を目安にお出かけください。

この記事に

開くトラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事