Study to be Quiet

フライフィッシングとお遍路と少しギターを
―2025年はどうなっているのか―
 2025年に自分がどんな仕事や生活をしているだろうか・・・時々、漠然と考えるが、イメージが湧かない・・・ 8年後はすぐだが、2020年には東京オリンピックが開催されてから5年たつと、もう、還暦に近くなってしまう。
 もちろん、体力、知力の衰えは進むだろうが、どの程度なのか実感できない・・・
 そして、自分の働く環境や社会がどうなっているのかを考え、憂いがあれば対策があれば講じる必要があると感じた。
イメージ 3

―リンダ・グラットンのワークシフト・ライフシフト―
 ロンドンビジネススクールの教授であるリンダグラットンが、10年後、20年後の詳細な予測をし、ワークシフトという著述で近未来のビジネスがどのようになっているかを予測している。



イメージ 1

 同様に、個人の生活がどのように変わっていくかについても同じ視点で予測をしている。

イメージ 2

 この二冊の本で、予想している概略は次の内容だ。かなり要約したので、大事な部分も抜けているが、おおよそ次の内容だ。

1.ウェブ環境が劇的にすすむことでさらに急激にグローバルになる。

イメージ 4
★スマホを始め安価なデバイスが普及していく
★翻訳ソフトが進化して言語の壁がなくなる
★クラウドが、安価に、利用出来る。
★ビックデータによる予測技術の進化など、高度でスマートな社会が出来上がる
★無償で知恵を共有化する環境や意識が整い、未知のスピードで知識、知恵のグローバル化が進み、世界中の人が、繋がる。

 ※ google、FB、amazon、APPLEの四天王(四騎士)が最先端の技術プラットフォームは世の中が思うよりもきわめて強力で、成功を収めるようになり世界も根底から変わる。テレビの発明にも似たパラダイムシフトが起きており、生物学的ウィルスのようにその波及のスピードはこのうえなく速い。(google会長エリックシュミット)

2.テクノロジーが、進化して仕事の内容が変わる
イメージ 5
★AIが人に変わる
★ロボットの普及により単純労働がなくなり労働は知的生産性が求められる
★在宅勤務が、基本で、アバターで、仕事が出来る

※ 保険業界でもAI導入による査定業務の効率化などが現実化している。
  事務系ルーティン業務の要件定義を機械学習によりシステム化できることもAIの大きな要素だと考えられる。  
  現行システムに照らし、上流工程の開発コストも低減されるため、急激に進展するように思う。

3.消費社会の価値観が変わる
イメージ 6
★健康寿命が伸びて長寿化
★女性の社会進出が完全化
★その結果、働くことの価値に精神性を求める

―その結果―
イメージ 7
★分単位の仕事が多くなり、ひどく忙しくなる
★在宅でウェブのバーチャル空間で仕事を、するので、人との繋がりが希薄になり核家族化・孤立していく。
★労働市場のグローバル化に伴う競争の激化により、貧富の差が大きくなる。

<対策と心構え、ポイントは3つのシフトに応じた対策>
 抽象的で難解な感じもするが、リンダは3つのシフトを提唱している。
イメージ 8

1.ジェネラリストではなく好きな分野のエキスパートになること。
 ★複数の専門性を、あげる 連続スペシャリスト=Serial Mastery

2.競争に勝つことだけではなく他者との協力やアイディアを融合する能力がこれからは求められること。
 ★知的なネットワークを生かして他人のもつ良いアイディアを協力・引用・融合する
 ★15人以下の友達を大事に(小規模単位での連携(リンダは「ボッセ」という)を仕事で行う)

3.仕事の意味合いが単にお金を稼ぐ場所から、人生や自己の存在意義を見出す場所に変わってくること。
 ★長い人生における仕事は自らの存在意義を示す場として価値感を変える。「長期間にわたり働くことにことから、就業による新たな価値を認め、報酬を一義としない考え方が一般化していく」

―リンダの予想は日本でもそのとうりになるのか―

 リンダの予想は欧米の働き方を中心に書かれている。
 すでに日本のビジネススタイルや、企業の勤務体系が違うため、2025年での予想が当てはまるかどうかはわからない。 実際、いまの欧米と日本の働き方にはずいぶんと乖離があるように感じる。
 また、Web環境の整備、AIの進化、資源枯渇、寿命、価値観の変化など、いろいろな視点で書かれているが、それれぞれの時間軸が異なるため、2025年の一時期に予想されているようには当たらないだろう。
 それでも、リンダの予測には、きわめて強い現実感があり、例えばビットコインも急速に普及するなど世界のグローバル化に伴うビジネスの変化は相当の確度で当たるように感じる。

―日本の2025−
イメージ 9
 日本では、2025年問題として団塊の世代の後期高齢化到達が起こり高齢者の介護制度や医療機関の破綻が予想されている。
 同時に高齢化に伴う若年労働人口の減少のため、外国人労働者の受け入れ、女性の社会進出、企業の定年年齢の引き上げ、年金制度の破綻のような問題が起こることははっきりしている。
 また、女性の社会進出と高齢化に伴って、離婚するのがあたりまえになるくらいの離婚率に上昇するだろう。
生活総研:未来年表引用
―その前にいろいろありそうだ―
イメージ 10
  また、情報のグローバル化(具体的にはSNSの普及)により、アラブの春の騒動が、改めて中東で起こったり、今度はアフリカで起こることも考えられる。中国ジャスミン革命も、再度、新たな形で起こり激化するかもしれない。北朝鮮も崩壊するかも・・・
 いずれにせよ、ウェブによる世界のグローバル化は食い止められず、なんらかの形で情報を抑圧している政府は変化せざるを得ないだろう・・・思っているよりも早いスピードかもしれず2025までに、これらの変化が起こるかもしれない。
 なにかの形で日本も巻き込まれるかもしれない。

―普遍的な価値観―
イメージ 11
 リンダの予想のとおりグローバル化、高齢化、価値観の変化が生じても、私が生きている間は、宗教、平穏なナショナリズム、伝統文化、日本人の慣行、自然環境、世界遺産の価値、ひいては、家族のつながりは、変わらないだろう。

 仲良きことはよきかな・・・

 もちろん、リンダのいう連続スペシャリスト=Serial Masteryへの研鑽はしていかなければならないと思うし、向かえる定年後の起業や働き方、社会貢献を真剣に考えなければならないと感じている。

2017.年頭所感

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

―立喰そばが好きだ・・・―

 立喰そばをよく朝食で食べる・・・
 多いときは、週に3回は食べるのだが、店によってかなり味が違う・・・

 うまい立喰そばが気になって、ネットで見てみると、gori.sh’s「立ち食いそば紀行」というブログがあって、徹底的に立ち喰いそばを喰いまくって調べ、バランスの取れた評価を行っているブログがあった・・・すごい人もいる・・・・

―立喰そばとは―

○ 蕎麦の表示

  そもそも蕎麦と言えるのは、、不当景品類及び不当表示防止法に基づく「生めん類の表示に関する公正競争規約」が定められており、その中で「そば粉30%以上」の製品について「そば」との表示が認められている。
   ただし、食品の表示のようで立喰い蕎麦屋の表示義務がどのような関係にあるのか調べていないので、よくわからない・・・ただ、過去にこの不当表示を理由に深大寺そばの会社が家宅捜索されたこともあるそうだ・・

○ 蕎麦の製法
  麺のうまさは、一般的に次の順序になるようだが、コストの関係からほとんど、駅そばなどは「ゆで麺」のようだ。富士そばや小諸そばは生めんを使っているようだが、詳細はわからない。かなり食感に違いがでるようだ。最近の流行店は明らかに蕎麦の味は良くなっている。

   生めん>冷凍めん>ゆで麺
―個人的(主観のみ)なランキング―

 私が立喰い蕎麦に求めるのは次の要素だ。
 ① 麺には蕎麦の味がして、柔らかすぎないこと
 ② 出汁は店の個性が出ていて味が変わらず安定していること。
 ③ 天ぷらが揚げたてでサクサクしているか、または、蕎麦にマッチしていること
 ④ 総合的な感覚(清潔感、温度、個性のあるサブメニュー、雰囲気など) 
 完全に主観だが、評価してみた・・・・

○ 富士そば Cランク
   残念ながら、私は嫌いだ・・・・店によって出汁の濃さが違ったり、安定しない・・・
   天ぷらもだいだいは冷たくて・・・・・あえていえば、ヒレカツ丼セットがあることくらいだろうか・・・
   あ、缶ビールもおいている。海外旅行から帰って直後に喰うくらいで、ほとんど行かない・・・

イメージ 1

○梅もと Cランク
  
  安くて、他の店が開いていないこともあるので、たまに行く・・・・
  薬膳天ぷらがあるのが変わり種だが・・・・

イメージ 2

○ クコの実が入った薬膳天ぷらがある・・・
イメージ 3

○ えきめんや Cランク
   京急線に出店する立喰そば屋。
   駅構内のそばは、総じてまずい。ただ、この店舗については前は別のチェーンだったが、リニューアルしたようでずいぶんうまくなった。

イメージ 4

○天ぷらも揚げたてを用意するように努めているようだ。

イメージ 5

○天かめ B’ランク
  最近、出店が目立つ立喰いそば。
  細切り蕎麦と揚げたての天ぷらが売りのようだ。
  そばの出汁に魚粉をかける・・・・魚粉の味がするが・・・・割とうまい。

イメージ 6

○ちなみに、大盛をたのむとバカでかい器に盛ってくれる。

イメージ 7

○ 田舎そばかさい Aランク
   中野の名店で、太めの田舎そば風の立喰いそば。いつも混んでいる。
   店員のにいちゃんは無愛想で、よく、「お札飛ぶのでテーブルに置かないでくださーい」と言われる。写真撮影も禁止だが濃いめの出汁がたまに食べたくなる。
   天ぷらもうまいわけではないが、チープでジャンクな味が濃い出汁にマッチしている。人気店

イメージ 8

○ 中野屋 Cランク
   中野南口の立喰いそば、夜は立飲み屋になる・・・・特徴があまりなく、それほどうまくない。

イメージ 9

イメージ 10

○ 嵯峨谷 Aランク
   最近展開している立喰い蕎麦屋・・・池袋他で発見した。
   天ぷらがうまい・・・蕎麦もうまい・・・

イメージ 11

 ○ 春菊天がタワーのように揚げてくれる。

イメージ 12

○ ゆで太郎 半蔵門店 A’ランク
   私のなかでは、ベスト立喰いそば・・・・
   ゆでたての蕎麦にこだわって出してくれる。天ぷらは揚げたて、ちょっとボリュームがあるが、とてもうまい。
   ただし、ゆで太郎は、竹芝桟橋や麹町・・・・他にもたくさん出店しているが、店によって味が違う・・・・・
   店のおっさんとおばはんが丁寧な仕事をしてくれているだけなのかもしれない。二人の距離感も微妙で面白い・・・なお、場違いな洋楽が流れている・・・・
    
イメージ 13

○ 朝だと、納豆ご飯とのセットで360円だ。かき揚げを100円でトッピングするといい・・・
   うまい・・・・私にとってはベストオブ立喰いそば
   ただし、ごはんの硬さは毎日違うので、あたりはずれがあるwwwごはんが柔らかすぎると残念な日になる。

イメージ 14

○ 元祖天玉そば 新宿思い出横丁 Bランク
   元祖天玉そばの地だそうだ。
   思い出横丁で、開店から人が並ぶ・・・・・ずいぶん人が多くて回転が速いのだが、あまりにも人気店で多い数をゆでるのでで、鍋の湯がよどんでいる・・・・確かに天ぷらがうまくて、何度か、喰ったが、鍋の湯をみて最近はあまり行かない・・・・
イメージ 15

○ 品川駅構内 吉利庵 Aランク
  品川駅構内のかき揚げを売りにしている立喰いば屋
  蕎麦の味もうまく、揚げたてのかき揚げも美味しい・・・、人気があっていつも並ぶがすごいスピードで出てくる。椅子席も少しある・・・
  もう、5、6年前以上にできたが、開店当初はとてもきれいで、かき揚げも立派だった。
  少し、かき揚げの味が落ちたように思う・・・

イメージ 17

○ もう、5、6年前以上にできたが、開店当初はとてもきれいで、かき揚げも立派だった。
  少し、かき揚げの味が落ちたように思う・・・が、いまでも、まあ、うまい。

イメージ 18

○ 関東風肉そば Cランク
   飯田橋にある「肉そば」・・・・・自転車で走っているついでに寄ってみた。
   味が甘辛く煮つけた肉がかかった関東風の蕎麦だ・・・・・看板には「是はうまい!」と書いているけど、ふつうかな・・・・夏の昼間はひどくすいている・・・・・・

イメージ 16

―立ち喰いそばの情報―

○ 関東のチェーン店は競争が激しい
  goriさんのブログ評価で記録されているチェーン店の大手は次の店舗数になっている・・・
 関東では4代勢力になるのだろうか・・・・なお、次点は箱根そば47店舗・・・・
  ① 117軒  NRE 、② 97軒 富士そば、 ③ 93軒 小諸そば ④ 93軒 ゆで太郎
  ただし、いま新興勢力の嵯峨谷やそのほかの店の進出は激しく店舗も入れ替わりが多いようだ・・・

○ 書籍もたくさんでている・・・
  書籍もたくさんでていた・・・・極上「東京立ち食いそば」では、なかなかいかない店も含まれるがかなりの軒数の店舗紹介がある・・・ブログでもたくさん確認できるので、わざわざ書籍まで買う必要はなかった・・・
 
イメージ 19

  なんだか、ブログを書いていたら腹が減ってきた・・・これから蕎麦を喰いにいこうと思う。
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

―同僚の「若人」と初づり―

 同僚の「若人」と釣にいった。
 磯釣りは昨年の2月下旬以来となり、私にとっては初釣りになった。

 釣り宿のブログでは状況がいいと書いていたので期待していたが、今週は状況が変わっていた。
 西風が強く水温も低かったようだ・・・大潮がいいとは限らない。


 三宅島行の定期船の変な色をした船に乗り込み、スコッチを飲む。余市は終売になると聞いていたのに、店頭からなくなることはない・・・まあ、うまいからいいか
 飲んで、すぐにいびきをかいて寝てしまった・・・・・

イメージ 1

 気がつけば、もう三池港に到着していたが、降りてみると風が強かった。

―ハシガケ―

 西風で、風裏になる空港下周辺の場所がいいと聞いたので、カガリバあたりにするかと思ったが、すでに誰かが入っていた。3連休だったので釣り人も多く場所取りがあるようだった。

 Oさんの案内もあったので、初めて「ハシガケ」という場所に入った。空港下周辺だが、三池港に近く入りやすい場所だった。少々浅い・・・・午前中はダメだろうが午後がいいのではとの情報だった。

イメージ 2

 日の出とともにハシガケで釣り始める。
 今回は、午前中は普通の中通しのうきと潮受けを使ってみた・・・・なんだか、釣れないと聞いてしまっていたので、テンションが上がらない・・・・

イメージ 3

―日が高いうちは釣れない―

 思ったとおり、全然釣れなかった・・・・うんともスンとも反応がない・・・・・
 弁当を使った。いつもののり弁当だが、途中で飽きるので、タイカレーの缶詰をかけて喰った。毎回のことだ・・・(若人が用意してくれた。)

イメージ 4

 若人は、午前中も小さいメジナやベラを釣っていた・・・・彼はこの一年でフカセ釣りにはまってずいぶん上達いている。私のほうは、釣り方を忘れてしまったのか、どうにも調子がでない・・・・棚を替え、釣り方を替え(ディセターにして)ハリスの長さを変え、錘(ジンタン)をうちと、いろいろやってみるが、なんとも反応がない・・・・

イメージ 5

―5時のチャイムで釣れだす―

 日が落ちて、暗くなってきた。
 うわさでは、夕刻の5時のチャイムが鳴ると釣れだすとのことだったが、その通りだった。
 5時過ぎに、急に強いあたりが出たが、針をとられて取れなかった・・・・6時を過ぎ、真っ暗になった。

 めしの準備の都合があるだろうから宿に帰らなければと思って、若人をせかして家路を急いだが、帰ってみたら他の釣り人たちは誰も帰っていなかった。もっと、遅くまでやってればよかった。(もっと釣りたかっただろう若人に少々申し訳ない。)

 結果、若人は、44センチのメジナ、アカハタ、ブダイを釣って持って帰ってきた。
 私はフグしか釣れなかった。釣りの上手は経験値だと思うが、釣果はガッツに比例する・・・・・

イメージ 6

 宿で、飯を喰って風呂にはいり、明日の夜釣りに向けて準備をした。

―夜中はタイマに入ってはならない―

 翌朝、3時に起きて4時に出発した。まだ、真っ暗だ・・・
 いつもは危険なので桟橋で釣りをするが、宿のみんなに聞くと「タイマがいいよ」というので、タイマという宿の近くの地磯に入ることにした。ただ、よく考えると、みんなは深夜に行くと思っていなかったコメントだったようだ。

 1年ぶりにタイマに入るが、真っ暗ななかヘッドランプの極端に狭い視界のなかで手さぐりで移動して、足場を探す・・・・肩掛けバッカンに2枚のオキアミが入って6Kg以上のバッカンと竿を背負っていくことになる。
 タイマは大きな火山岩をいくつも乗り越えて、ワンドの真ん中まで行くのだが、その間にはいくつも深い穴や崖を超えていく「ロッククライミング」をしていくことになる。ヘッドランプの視界では平衡感覚も危うく、荷物もあって、かなり危険を感じた。

 なんとか、かなりの時間をかけて、這っていき釣り座にたどり着いたが、「若人」がどこにいるのか分らなくなった。真っ暗なので、自分がいる位置と方角も解らず、「若人」の釣座に行こうと思ったが、私は左側の高い釣り座に出てきてしまった。荷物が重すぎて、もう、移動できない・・・
 空荷で移動してなんとか「若人」の釣座の場所を確認したが、ロッククライミングのような姿で行ったり来たりして大汗をかいた。
 
イメージ 7

―タイマもいまひとつ―

 その後、3Bの電気ウキで釣りをしたが、ハリスが沈まずなかなか棚まで届かない。潮がはやいのだ・・・
 付エサも取られない・・・・・

 日が少しでてきたので、ウキをディセターに換えて試してみるが、反応がない・・・・・
 前回、タイマで失敗したのでかなり重い3Bと2Bの錘をかませて沈めてみたのだが、反応がない・・・・

 日が上がってくるとアタリはカラスだらけになった。
 結局、コッパメジナが1匹釣れただけだった。8時半頃に納竿した・・・

イメージ 8

―また、来月にでも―

 釣果は、かなりまずかったが、来月か再来月にでももう一度、三宅島に行ってみたいと思う。
 次回は、玉ウキのバリエーションを用意して普通のウキ釣りにしてみたいと思う。

 もう、夜釣りは桟橋かゴンパチ以外の地磯にはいかない。

<覚え>
■ 釣宿への帰宅は7時半まで粘れる。
■ ウキ S:00 M:B 2B L: 5B 1号
■ 帽子はニット帽を往復で着用

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

 トライアスロンの挑戦記録については、整理のために次のブログに移転しました。


 引き続きよろしくお願いします。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 10月4日に知り合いのトライアスリートが東扇島トライアスロンに出場するので応援に行った。

―スタート―
 10:40分スタート、30歳代の部でも100人を超える選手がスタートする。
 水しぶきが立って、イワシとか魚のナブラを連想する・・・


―やっぱりスイムは厳しい―

 スイムは、防波堤内のコースを二周するようだが、実力差がおおきい。
 二周目に入る前にすでに速い選手に追いつかれている。
 泳いでいる様を、桟橋から眺めることができたが、遅い選手は苦しそうだ・・・
 下半身が沈んでいて、泳げていない選手や、前が見えないので蛇行している選手もいる。ほぼ、ビリだった福島のレースを思い出した・・・

 トライアスロンについては、「生涯スポーツ」「年をとってもできる」という協会やスクールの宣伝を聞くことがあるが、スイムについては、そんなに簡単ではない。
 1.5Kmを海で泳ぐのは、かなり鍛錬しないとできるわけがない・・・


―バイク―
 フラットなコースなので、かなりスピードがでる。
 ただ、周回が多いのでトップ層は、スイムから遅れてくる選手たちの群れがつながってくるので、狭いコース取りになる・・・・早い人たちは走りにくそうだ。


―RUNでゴール―
 知り合いは、随分早い成績でゴールした。
 たいしたものだと思う・・・・

 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事