やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

10/26、日本一!!

日本シリーズ第5戦。
今日の試合で勝利すればついに44年ぶりの日本一に輝くという試合。
両チームの先発は第1戦と同様、日本ハムがダルビッシュ投手、中日が川上投手。


1回表、ダルビッシュ投手の立ち上がりは、まず先頭の荒木選手をバットを折らせてのピッチャーゴロで打ち取ると、次の井端選手にはセンター前にヒットを打たれるも、福留選手をショートゴロで6-4-3のダブルプレー。

1回裏、初回の攻撃は、先頭の森本選手は空振りの三振で倒れてしまうも、田中賢介選手がレフト前にヒットを放つと、これに小笠原選手もライト前へのヒットで続いて一死一二塁。
するとここからセギノール選手のセンターフライで田中賢選手がタッチアップして二死一三塁となると、更に次の稲葉選手が四球で出塁して満塁でSHINJO選手に打席が回るも、ここはSHINJO選手が空振り三振で期待に応えることはできなかった。

2回表、先頭のT・ウッズ選手にライト前にヒットを打たれてしまうと、次の立浪選手は3球で空振りの三振とするも、森野選手にはレフト前にヒットされて一死一二塁とこの回もピンチを招いてしまったが、ここはまず続く井上選手をセカンドゴロで二塁フォースアウトとすると、次の谷繁選手のボテボテのサードへのゴロをサード稲田選手が好守でさばいて三死とした。

2回裏、この回は稲田選手がサードファールフライ、鶴岡選手が空振り三振、金子選手がセンターフライで三者凡退。

3回表、ここはまず英智選手をライト前ヒットで出塁させてしまうと、荒木選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとここから次の井端選手のセカンドゴロが進塁打となって二死三塁と場面が変わると、ここから続く福留選手には四球を与えてしまうも、次のT・ウッズ選手の三遊間深くへのゴロをショート金子選手が好守でさばいてこの回も守備のしっかりとしたバックもあって何とか無失点で切り抜けた。

3回裏、森本選手がライトフライで倒れてしまうと、田中賢選手がファーストライナー、小笠原選手がレフトフライで三者凡退。

4回表、先頭の立浪選手にライト前ヒットを打たれると、森野選手の送りバントで一死二塁。
するとここから次の井上選手は空振りの三振としたものの、ここからダルビッシュ投手が突然コントロールを乱し、谷繁選手、英智選手をいずれもストレートの四球で歩かせてしまって二死満塁とピンチが拡大。
ここで荒木選手に一二塁間にヒット性の当たりを打たれると、これをファースト小笠原選手が横っ飛びで止めるも、どこにも送球できずにこの間二三塁から立浪選手が生還して0-1と中日が先制。
このあとなおも二死満塁からは続く井端選手をライトフライで打ち取ってこの回を終わらせたものの、この回は荒木選手のタイムリーで1点の先制点を許してしまった。

4回裏、この回は小笠原選手がレフトフライ、セギノール選手がセンターフライ、稲葉選手がサードゴロで、これで川上投手に対して3イニング連続の三者凡退となってしまった。

5回表、この回のダルビッシュ投手は、まず福留選手をショートフライで打ち取ると、T・ウッズ選手を空振り三振、立浪選手をサードゴロで打ち取り、この試合初めての三者凡退とした。

5回裏、ここは先頭の稲田選手がセンターオーバーの二塁打を放って出塁すると、鶴岡選手が確実に送って一死三塁。
すると続く金子選手の打席の3球目、ボールカウント1-1からの川上投手の外角へのボール球を金子選手がスクイズ決行。
打球がピッチャー前に転がると川上投手も必死にグラブトスを見せるも、これは三塁走者の稲田選手の足が上回り、これで1-1の同点とした。
このあとは二死走者無しとなると、次の森本選手が空振り三振でこの回を終えるも、この回は金子選手の素晴らしいスクイズで1点をもぎ取り、1-1の同点と試合を振り出しに戻した。

6回表、先頭の森野選手にレフト前にヒットを打たれてしまうと、ここで代打の川相選手に送りバントを決められて一死二いるとされてしまったが、ここは続く谷繁選手、英智選手を2者連続で空振りの三死とし、ダルビッシュ投手は雄叫びを上げながらマウンドを降りた。

6回裏、この回はまず田中賢選手がセンター前ヒットで出塁すると、直後に盗塁を決め、更に小笠原選手のファーストゴロの間に進塁して一死三塁。
するとここでセギノール選手が川上投手の内角高目へのカットボールを弾き返すと、打球が高々と上がってライトスタンドに飛び込み、これが勝ち越しの2ランHRとなって3-1とついに日本ハムがこの試合初めてリード。
このあとは稲葉選手がレフトフライで二死となってしまうと、ここからSHINJO選手のセカンドへの内野安打と、稲田選手の選んだ四球で二死ながらも一二塁となったものの、ここは次の鶴岡選手がセカンドフライで倒れてしまった。

7回表、荒木選手、井端選手を続けてサードゴロで打ち取ると、福留選手を空振りの三振で切って取り、ここもまたダルビッシュ投手が2回大きな雄叫びを上げてマウンドを降りた。

7回裏、この回から中日のピッチャーが平井投手に交代すると、金子選手がセカンドゴロ、森本選手がライトフライで二死となってしまってから、田中賢選手がライト前に今日3本目のヒットを放って出塁。
ここでピッチャーが3番手の久本投手に代わると、直後に久本投手の暴投で田中賢選手が一気に三塁に進むも、次の小笠原選手が見逃しの三振で倒れてしまってこの回を終わった。

8回表、まず先頭のT・ウッズ選手をライトフライで打ち取ると、ここで日本ハムのピッチャーが2番手の岡島投手に交代。
するとその岡島投手は次の森野選手をファーストゴロとし、3-3-6のダブルプレーでこの回を一気に終わらせた。

8回裏、この回は先頭のセギノール選手は空振りの三振で倒れてしまうも、稲葉選手が右中間スタンドにソロHRを叩き込んで4-1と貴重な1点を追加。
するとここで中日のピッチャーが4番手の中里投手に交代。
打席には、もしこのまま試合が終了することになればこれが現役最後の打席となるSHINJO選手が入ったが、すでにSHINJO選手の目からは涙が溢れていた。
このSHINJO選手に対し、中里投手は渾身のストレートで挑み、これにSHINJO選手もフルスイングで答えたが、最後は空振りの三振。
しかしこの瞬間、札幌ドームはスタンディングオベーションでSHINJO選手に惜しみない拍手を送った。
この後は飯山選手がセンターフライでこの回を終わった。

9回表、センターの守備につくSHINJO選手はもう涙が止まらない。
日本一に向けて最後の1イニングのマウンドには守護神MICHEAL投手が登板し、キャッチャーも中嶋選手に交代。
するとこの回は、上田選手をライトフライ、谷繁選手をショートゴロで二死とすると、最後は代打のアレックス選手をレフトフライで打ち取り、最後も全く危なげなく試合終了とした。


ついに日本一の栄冠を手にした。
ウイニングボールをキャッチした森本選手はすぐにSHINJO選手に駆け寄り、2人でガッチリと抱き締め合って喜びを味わった。
他の選手は監督、コーチ、裏方さん・・・全ての人がベンチを飛び出してマウンドで喜びを爆発させ、ここに歓喜の輪ができた。
SHINJO選手は涙が止まらずにマウンドまで歩くことができず、逆に全員がSHINJO選手のいる外野に歩み寄った。
今度はセカンドベースの後ろ当たりで歓喜の輪ができ、1人1人がしっかりと抱き締め合って喜びを分かち合った。
そしてまず最初にSHINJO選手の胴上げが始まり、それに続いて小笠原選手、田中幸雄選手、初代オーナーの遺影を手にした大社オーナーと胴上げされ、最後にヒルマン監督が胴上げされた。

この後優勝監督インタビューが行われ、そして日本シリーズMVP二決定した稲葉選手のインタビューがあった。(インタビュー内容については「ビールかけ、優勝記者会見」記事に付随してアップします)

表彰式では日本チャンピオンのペナントが授与され、そして選手1人1人に記念の楯が贈られるなどした。

そして表彰式後にはそのペナントを持っての記念撮影が行われ、そしてペナントを広げて全員でグラウンドを一周した。

スタンドからは日本一を喜ぶ歓喜と涙。そしてSHINJO選手の最後のユニフォーム姿を目に焼きつける人のカメラのフラッシュ、そして涙が溢れていた。


北海道日本ハム−中日(札幌ドーム)
D  000 100 000   1
F  000 012 01×  4
勝 ダルビッシュ 1勝1敗
S  MICHEAL   3S
敗 川上        1勝1敗

本 セギノール2号(川上)、稲葉2号(久本)

この記事に

閉じる コメント(174)

顔アイコン

次は44年ぶりなんていわずに、2年連続、3年連続っていきましょう!!

2006/10/27(金) 午後 11:24 [ hhh**he_ga*e_*we ] 返信する

やりましたね! ここまで強くなってくれてありがとう! 新庄もいいけど「やっぱりイナバ!」です! トラバもさせていただきました♪

2006/10/28(土) 午前 0:53 [ - ] 返信する

顔アイコン

ランキングから来ました。世の中は日本ハムと新庄の話題で持ちっきりですね。 削除

2006/10/28(土) 午前 1:07 [ beens ] 返信する

優勝ばんさーい!日本一おめでとう!

2006/10/28(土) 午前 1:58 アロハ 返信する

顔アイコン

優勝バンザーイ♪新庄バンザーイ!!

2006/10/28(土) 午前 3:42 [ かれん兄 ] 返信する

顔アイコン

僕が生まれてから15年、日本ハムの優勝は初めて見ました。 削除

2006/10/28(土) 午前 9:25 [ kaz ] 返信する

日ハム日本一になってよかったじゃないですかw

2006/10/28(土) 午前 9:37 fox*v*xen0d*rk*asa2* 返信する

顔アイコン

今テレビで、応援の時に選手が名前を呼ばれることによって脳の運動中枢が活性化するって言ってましたよ。やっぱりファンの応援ってすごく大事というか、いいものなんですね。

2006/10/28(土) 午前 10:26 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

そしてこの試合のレフトスタンドでの音量レベルは、日本一決定の瞬間で123デシベル(ジェット機並み)だったそうです。

2006/10/28(土) 午前 10:28 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

ロッテファンとしては非常に無念の年となりましたが、ひとまずパリーグの代表が日本一になってくれて嬉しいです。来年はまたこの栄冠に輝けるようにお互い頑張りましょう! 削除

2006/10/28(土) 午前 11:53 [ 鴎さん ] 返信する

顔アイコン

優勝おめでとうございます。

2006/10/28(土) 午後 2:56 [ fwh*26 ] 返信する

最高!!でした☆ 今回は喜びの方が大きかったんですが・・涙を流している選手が目に入ってくると、もらい泣きしちゃいました。。札幌ドームで決めてくれたことに感謝です☆

2006/10/28(土) 午後 3:12 みのりー 返信する

顔アイコン

夜勤前で仮眠していました。起きた瞬間に優勝が決まりました!次はアジアシリーズです!

2006/10/28(土) 午後 4:29 ファイティ 返信する

顔アイコン

ランキングから訪問してます。すごいコメントとトラックバックの数ですね。 削除

2006/10/29(日) 午前 1:01 [ チームB ] 返信する

顔アイコン

日本一おめでとうございます。野球はあまり詳しくないですけれど、新庄選手の引退はすごく残念だと思います。 削除

2006/10/29(日) 午前 3:22 [ runner ] 返信する

さすがにビッグニュースですから、コメントもトラックバックも傑作もすんごいことになっちゃってますね。こんなのはじめてみましたよ。

2006/10/29(日) 午前 3:30 みき 返信する

顔アイコン

稲葉ウアーくんがHRを打ったのは中里くんからではなく私からです。 削除

2006/10/29(日) 午後 9:14 [ 久本祐一 ] 返信する

記事の最後に記載してありますスコアの部分で記述にミスがあるとの指摘がございましたので、訂正させていただきました。失礼しました。

2006/10/29(日) 午後 10:18 やっさん 返信する

最高でっす!こんなに早く優勝しちゃうなんて、想定外でしたけど。嬉しいです!

2006/10/30(月) 午前 8:26 りゅう 返信する

顔アイコン

検索からここに辿り着きました。
記事自体もそうですし、コメント、トラックバックの多さにも皆さんの感動が表れてますね。
すごいです。 削除

2008/6/12(木) 午前 11:55 [ チロリン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(146)


.


みんなの更新記事