やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

ここまで巨人には3連敗。
しかし日本ハムとしては今季、ここまで木曜日は8戦全勝。そして多田野投手が先発の試合は5戦全勝というジンクスがある。
そしてそんなジンクスに対する巨人の先発はバーンサイド投手。

http://www.geocities.jp/yasu08262008/0612.jpg

【1回表】
まず多田野投手の立ち上がりは、先頭の坂本選手をセンターフライで一死とすると、次の木村拓選手には左中間に二塁打を打たれてしまうも、ここは小笠原選手を空振り三振、ラミレス選手をショートゴロと後続を断って無失点とした。

【1回裏】
バーンサイド投手に対する初回の攻撃は、糸井選手、高口選手が共にライトフライで二死となってしまうも、次の田中賢選手が右中間スタンドにソロホームランを叩き込み、まずは日本ハムが1点を先制。
この後は稲葉選手がセカンドゴロで三死となってしまうも、今日は初回から田中賢選手のホームランで幸先良く先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
まず谷選手をショートライナーで一死とすると、次の阿部選手にはライトフェンス直撃の二塁打を打たれ、これで初回と同様に一死二塁の場面を迎えてしまうも、ここは古城選手、加治前選手をいずれもピッチャーゴロで切って取った。

【2回裏】
スレッジ選手は空振り三振で倒れてしまうも、次の小谷野選手がレフト前ヒットで塁に出ると、直後にバーンサイド投手のボークで二塁に進塁。
これで一死二塁と一打で追加点のチャンスを迎えると、次の三木選手のショートゴロの間に小谷野選手が三塁へと進塁したが、ここは鶴岡選手がセカンドフライで無得点のまま三死となってしまった。

【3回表】
鈴木尚選手をセカンドライナーで一死とするも、次の坂本選手のサードへのゴロはサード小谷野選手が一塁へ悪送球してしまうと、この間に坂本選手は二塁へと進塁。
するとこの後、更に次の木村拓選手のライトフライで坂本選手はタッチアップで三塁へと進んだが、ここは続く小笠原選手をセカンドゴロで三死とした。

【3回裏】
先頭の紺田選手がレフト前ヒットで出塁すると、次の糸井選手の打席では盗塁に成功して無死二塁。
更に紺田選手は糸井選手のファーストゴロの間に三塁へと進んで更にチャンスを広げたが、ここは高口選手、田中賢選手が共に空振り三振で続けず。

【4回表】
ここはラミレス選手をサードゴロ、谷選手をピッチャーゴロ、阿部選手をショートゴロで、この試合初めての三者凡退。

【4回裏】
稲葉選手が空振り三振、スレッジ選手がセンターフライ、小谷野選手が空振り三振で、この回はこちらも三者凡退。

【5回表】
この回はまず先頭の古城選手のショートゴロを高口選手の悪送球で無死一塁としてしまうと、次の加治前選手にはしっかりと送りバントを決められ、これで一死二塁。
更にこの後、続く鈴木尚選手にはライト前にヒットされて、これで一死一三塁とピンチを広げてしまったが、ここは坂本選手をセカンドファールフライ、木村拓選手をレフトフライと後続をしっかりと封じた。

【5回裏】
三木選手がファーストファールフライで倒れてしまうと、次の鶴岡選手は四球を選んで塁に出るも、続く紺田選手は送りバントを試みるも、これがサードファールフライとなってしまって二死一塁。
しかしここから次の糸井選手がレフト線に二塁打を放つと、この当たりで鶴岡選手が一塁から長駆生還し、これでバーンサイド投手をノックアウト。
続いて巨人のマウンドに2番手で越智投手が上がると、直後に次の高口選手は死球を受けて二死一二塁となったが、ここは田中賢選手が空振り三振で倒れてしまった。
しかしこの回は糸井選手のタイムリーで1点を追加し、2−0とリードを広げた。

【6回表】
ここはまず小笠原選手にライト前にヒットを打たれてしまうと、次のラミレス選手の打席では多田野投手がボークを犯し、これで小笠原選手を二塁へと進めてしまった。
するとこの後、ラミレス選手にピッチャーゴロの間に小笠原選手には更に三塁へと進まれてしまうと、続く谷選手のショートゴロの間に生還を許し、これで1点を返されて2−1。
この後は阿部選手をセカンドゴロで三死としたが、先頭打者のヒット1本のみに抑えながらも1点を失い、2−1と得点差を1点とされてしまった。

【6回裏】
続投の越智投手に対し、先頭の稲葉選手がレフト線に二塁打を放って出塁すると、スレッジ選手のセカンドゴロの間に三塁へと進塁。
するとここで次の小谷野選手はライト前にタイムリーを弾き返し、これで1点を追加して3−1。
この後は三木選手が空振り三振、鶴岡選手がサードゴロと続くことはできなかったが、この回は1点を返された直後に貴重な追加点を挙げ、3−1と再び得点差を2点へと広げた。

【7回表】
ここは古城選手をセンターフライ、加治前選手を見逃し三振、鈴木尚選手をセンターフライで三者凡退。

【7回裏】
この回は巨人3番手の西村健投手に対し、先頭の紺田選手がライト前ヒットで出塁も、直後に盗塁に失敗してしまうと、この後は糸井選手がサードライナー、高口選手がショートフライで倒れてしまった。

【8回表】
日本ハムのマウンドに2番手として武田久投手が登板すると、ここはまず代打の清水選手をショートゴロで打ち取ると、次の木村拓選手にはライト前にヒットされてしまうも、小笠原選手を空振り三振、ラミレス選手をショートライナーと後続をしっかりと抑えた。

【8回裏】
ここは巨人4番手の豊田投手に対して、田中賢選手がピッチャーゴロ、稲葉選手が空振り三振で二死となってしまうと、次の稲田選手はセンター前ヒットで塁に出るも、小谷野選手がファーストゴロで続けず。

【9回表】
2点のリードで迎えた最終回のマウンドには守護神MICHEAL投手が登板。
しかしこの回はまず先頭の谷選手にレフト前にヒットされると、阿部選手にはセンターオーバーの二塁打を打たれ、これでいきなり無死二三塁の大ピンチ。
するとここで次の古城選手にはセンターに犠牲フライを打ち上げられ、これで1点を返され、なおも一死二塁とピンチが続いたが、ここからは次の加治前選手を空振り三振で二死とすると、最後は鈴木尚選手からも空振りの三振を奪い、冷や冷やさせられながらも何とかリードを保ったままに試合終了とした。



木曜日の全勝のジンクスを8から9へ。そして多田野投手の先発の試合の全勝記録を5から6へと伸ばした。

多田野投手は立ち上がりから毎回のように得点圏に走者を抱える内容ながらも要所を押さえ、7回を投げて打者27人に対して89球、被安打4、与四球0、奪三振2、失点1と、終わってみれば数字的にも素晴らしい結果を残して今季3勝目。

この後はまず武田久投手が8回を無失点で終わらせると、最終回はMICHEAL投手が1点を失い、なおも一打同点のピンチを抱えながらも最後は2者連続三振で今季11セーブ目。

打撃陣は、初回から田中賢選手のホームランで1点を先制すると、5回、6回にもそれぞれ1点を追加して多田野投手を援護。
しかし5回には一死一塁の場面で紺田選手が送りバントを失敗するなど、作戦としては失敗の部分も見られた。

また昨日の試合から9番で復帰した糸井選手を1番に。そしてここのところ1番を打っていた紺田選手を9番に起用したが、今日のところはその入れ替えがうまく機能。
共に勝利にしっかりと貢献してくれた。


田中賢選手のコメント (1回裏、右中間ソロホームラン)
スライダーでした。うまく体が反応してくれました。

糸井選手のコメント (5回裏、レフト線タイムリー二塁打)
打ったのは外の真っ直ぐ。つなぐことだけ考えて打席に入りました。相手投手が左のサイドハンドだったので体を開かず打つことを意識しました。

小谷野選手のコメント (6回裏、ライト前タイムリー)
打ったのはたぶんフォーク。1点返された直後だったので、もう一度流れを引き戻したい気持ちで打席に入りました。多田野がテンポよく投げているので、何とか応えたい一心でした。

多田野投手のコメント
今日の調子は、良くもなく悪くもなくと言えます。長打のあるバッターが多いので、不用意な四球などを出し走者をためたりしないように心がけました。相手に的を絞らせない鶴岡捕手のリードのおかげです。

MICHEAL投手のコメント (1イニング、打者5、19球、被安打2、与四球0、奪三振2、失点1)
最初の2人は、ただ投げていただけだった。打たれて初めて気持ちが入った。

梨田監督のコメント
何とかジャイアンツに一矢を報いることが出来て、正直ホッとしました。多田野が本当に良く投げてくれましたね。持ち前の制球力を駆使して、ジャイアンツ打線を翻弄する投球内容は安定感抜群ですね。攻撃陣も田中賢の初回先制ホームランで流れを掴み、糸井の中押し、これは糸井の打撃は勿論、鶴岡の走塁も光りました。また最後の1点は、小谷野の執念が見事に乗り移った気迫の適時打でした。次のヤクルト戦は前GM高田さんが監督のチームですので、満員のここ札幌ドームで、ファイターズファンの皆さんと共に、是非快勝したいですね。

http://www.geocities.jp/yasu08262008/0612b.jpg


北海道日本ハム−読売 (札幌ドーム)
G  000 001 001   2
F  100 011 00×  3

勝 多田野   3勝
S  MICHEAL 2勝11S
敗 バーンサイド 2勝1敗

【G】 バーンサイド、越智、西村健、豊田 − 阿部
【F】 多田野、武田久、MICHEAL − 鶴岡

《本》 田中賢8号(ソロ・バーンサイド)

この記事に

閉じる コメント(26)

顔アイコン

MICHEALはちょっと危なっかしかったですが、まぁ勝ったので、はい。

2008/6/13(金) 午前 0:17 [ - ] 返信する

顔アイコン

多田野は素晴らしいですね。
ここから新人王目指してどんどん勝っていってほしいです。

2008/6/13(金) 午前 0:32 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

札幌ドームで見て来ましたよ〜!
昔だったら巨人戦はチケットが取れなかったですけど、今は簡単に取れていいですよね。
見に行った試合で勝ててうれしいです!

2008/6/13(金) 午前 0:42 みく 返信する

いいジンクスが続いて良かったです。
次は「おやじナイト」ですね。

2008/6/13(金) 午前 0:57 mogu 返信する

先制、中押しはよかったです。
多田野は1て失点も内野ゴロの間ですし、素晴らしい出来だったといっていいのではないでしょうか。

2008/6/13(金) 午前 1:32 [ 徳川くん ] 返信する

やっはり勝利の後は気持ちいいですね。
しかし賢介が1シーズンですでにホームラン8本ってビックリです。

2008/6/13(金) 午前 1:42 こーじ 返信する

顔アイコン

5回は一死から送りバントを失敗して、よくその後で1点取りましたよね。
そういう意味では糸井の一打は非常に大きかったです。
怪我も癒えてこれから更なる活躍を期待したいです。

2008/6/13(金) 午前 1:55 [ golfer13131313 ] 返信する

顔アイコン

糸井、紺田が外野手レギュラー争いをリードですかね。
でも他にも村田がいたり、工藤がいたり、坪井、佐藤・・・
他にも小谷野、スレッジなんかも守りますし、金子洋平もいますね。
すごい!

2008/6/13(金) 午前 2:15 [ fightersletsgo ] 返信する

巨人のスタメンにも、小笠原、古城、木村拓って元日本ハムが3人もいましたね。

2008/6/13(金) 午前 2:28 kachu 返信する

最後はぱっと終わりたかったですね。
多田野はまた与四球もなく、本当にコントロールがいいですね。

2008/6/13(金) 午前 6:08 たのさん 返信する

勝てて良かったです。
多田野はすごく信頼できますね。

2008/6/13(金) 午前 8:20 りっこ 返信する

最近ずっとそうなんですが、こうやって自分の応援するチームの勝利や、野球を見れること自体で喜んでいる自分がする中で、一方では秋葉原の事件を受けて悲しくもあり、むなしくもあり、怒りを感じている自分もいて、すごく複雑な毎日です。

2008/6/13(金) 午前 8:31 [ nakano_2_dora ] 返信する

はらはらしましたけど勝てましたね。

2008/6/13(金) 午前 9:26 あい 返信する

こんなジンクスがあったなんて知りませんでした。
いいことならずっと続けてほしいですね。

2008/6/13(金) 午前 10:16 工場長 返信する

顔アイコン

TVHのヒーローインタビューのアナウンサー、やっぱりローカルっぽくてしょぼかったです。

2008/6/13(金) 午前 10:40 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

巨人にだけは負けたくない!
そう思ってましたが、何とか1勝3敗でも1つ勝てて良かったです。

2008/6/13(金) 午前 11:00 [ loo*o*ooo*pfa*mow*er ] 返信する

顔アイコン

ランキングから来ました。
日本ハムと言えばダルビッシュですね。 削除

2008/6/13(金) 午前 11:23 [ ブルちゃん ] 返信する

顔アイコン

とても 良い

ブログを、拝見しました!

ありがとうございました 削除

2008/6/13(金) 午後 11:39 [ セイちゃん ] 返信する

これは・・・野球を知らない私には難しい内容です(:_; )゛

2008/6/13(金) 午後 11:46 [ - ] 返信する

糸井の2ベースは効きましたね〜。
でも、今年のファイターズはバントミスとかエラーとか盗塁死がちょっと多いのが気がかりです。Fらしくない。

2008/6/14(土) 午前 8:38 パイレーツ2番 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(19)


.


みんなの更新記事