やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
巨人との連戦の初戦を制し、迎える今日の試合。
この試合の先発は、北海道日本ハムが増井投手。読売がゴンザレス投手。
 

【1回表】
増井投手の立ち上がりは、まず坂本選手をセカンドフライで一死とすると、次の脇谷選手にはセンター前にヒットを打たれるも、この後は小笠原選手をサードファールフライ、ラミレス選手をレフトフライと、後続をしっかりと断って、まず初回を無難に無失点とした。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、田中選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、次の森本選手はセンター前ヒットで出塁も、稲葉選手は空振り三振で二死一塁。
するとこの場面は、続く二岡選手の打席で森本選手が盗塁に失敗し、これでこの回を終えてしまった。

【2回表】
阿部選手をショートフライで一死とすると、次の高橋選手にはセンター前にヒットを打たれるも、ここは続く谷選手をショートゴロで6-4-3のダプルプレーとした。

【2回裏】
打ち直しとなった二岡選手がショートゴロで倒れてしまうと、糸井選手は空振り三振、小谷野選手はセンターフライで三者凡退。

【3回表】
ここはまずエドガー選手をセンターフライで一死とすると、次の長野選手にはセンター前にヒットを打たれるも、ここからは続く坂本選手をレフトフライで二死とすると、更に脇谷選手の打席では増井投手の投球前に一塁走者の長野選手が飛び出し、一二塁間で挟んでタッチアウトで三死とした。

【3回裏】
この回は先頭の高橋選手がレフト線に二塁打を放って出塁も、次の鶴岡選手は2回送りバントをファールとしてしまい、最後はピッチャーゴロで倒れてしまうと、更に金子選手はセカンドフライで二死二塁。
するとこの場面、次の田中選手がライト前にヒットを放って一三塁とすると、更に続く森本選手の打席で盗塁を決め、これで二死ながらも二三塁とチャンスを広げるも、ここは打席の森本選手がサードゴロで倒れてこの回を終えてしまった。

【4回表】
先頭の脇谷選手にはライト前にヒットを打たれるも、この後は小笠原選手をセンターフライ、ラミレス選手をライトフライ、阿部選手をセカンドゴロと、後続をしっかりと切って取ってこの回を終わらせた。

【4回裏】
稲葉選手が空振り三振、二岡選手がセンターフライ、糸井選手がファーストゴロで三者凡退。

【5回表】
高橋選手をセカンドゴロ、谷選手をセンターフライ、エドガー選手をショートゴロで三者凡退。

【5回裏】
小谷野選手がサードゴロ、高橋選手がセンターフライ、鶴岡選手がショートフライで三者凡退。

【6回表】
この回はまず長野選手をセカンドゴロで一死としたものの、次の坂本選手にはレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで0−1とまずは読売が1点を先制。
しかしこの後は脇谷選手、小笠原選手を共にレフトへのフライで打ち取り、更なる追加点だけは与えなかった。

【6回裏】
ここはまず金子選手がセカンドゴロで倒れてしまうも、次の田中選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、すぐに盗塁を決めて二塁へと進塁。
するとこの場面、打席の森本選手は空振り三振で倒れて二死となってしまったものの、ここで続く稲葉選手がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、これで1−1の同点とすると、更になおも二死二塁から今度は次の二岡選手がレフトスタンドに2ランホームランヲ叩き込み、これで3−1と北海道日本ハムが勝ち越し。
この後二死走者無しとなってからは、糸井選手がサードへのライナーで倒れて三死となってしまったが、この回は稲葉選手の同点タイムリーと二岡選手の2ランホームランで計3点を挙げ、これで3−1と先制点を奪われた直後にすぐに逆転することに成功した。

【7回表】
この回はまず先頭のラミレス選手をセカンドゴロで一死とすると、ここで北海道日本ハムはここまで好投の増井投手に代えて、2番手で林投手が登板。
するとこの場面、林投手はまず阿部選手をファーストファールフライで切って取って二死とすると、次の高橋選手は四球で歩かせてマウンドを降りるも、ここは続く谷選手を3番手で登板の武田久投手がセカンドゴロで切って取って三死とした。

【7回裏】
読売2番手の久保投手に対して、小谷野選手がセカンドライナー、高橋選手がセカンドゴロ、鶴岡選手がライトフライで三者凡退。

【8回表】
ここは続投の武田久投手が、まずエドガー選手をライトフライで一死とすると、長野選手、坂本選手は共にショートゴロで三者凡退とした。

【8回裏】
先頭の金子選手がセンターフライで倒れてしまうと、この後もここで交代の山口投手に対して、田中選手がショートライナー、森本選手がセカンドゴロといずれも続けずに三者凡退。

【9回表】
2点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム4番手の宮西投手が、まず代打の矢野選手をライトフライで打ち取ると、小笠原選手は見逃し三振で二死走者無し。
するとこの後、次のラミレス選手は死球で歩かせてしまい、これで二死一塁としてしまったが、最後は阿部選手をファーストゴロで切って取り、これで逃げ切って試合終了とした。
 
強力巨人打線を2試合連続で封じ込め、これでチームは3連勝。
交流戦に入って5勝1敗と首位を守ると共に、ついにパ・リーグの単独最下位からも脱出。
東北楽天と同率ながらもひとまずは5位へと順位を上げた。

先発の増井投手は、序盤から打たせて取るピッチングを見せ、6回1/3を投げて、奪三振こそ0だったものの、与四死球0、被安打5で1失点と、先発としてしっかりとその役割を果たして自身2勝目。
6回にこそ坂本選手に一発を浴びて1点こそ失ってしまったものの、1イニングに複数の走者を許すこともなく、危なげのない安心して見ていられる内容にまとまってくれた。
 
打撃陣はまず3回裏に無死二塁、二死二三塁のチャンスを無得点で終わってしまうと、その後もなかなか得点を挙げられずにいたが、増井投手が先制点を場割れた直後の6回裏にはまず稲葉選手がレフトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放てば、直後に二岡選手がレフトスタンドに勝ち越しの2ランホームランを叩き込み、これで試合を決めてくれた。
 
稲葉選手のコメント (6回裏、レフトオーバー・タイムリー二塁打)
打ったのはスライダー。二死だけど得点圏に走者がいたし、増井も頑張っていたので何とかしたかった。何とかしてあげたかった。それだけです。

二岡選手のコメント (6回裏、レフト・2ランホームラン)
打ったのはスライダー。少し抜かれたけど、バットの先に引っかかってくれた感じです。入るとは思いませんでした。
古巣から12球団ホームラン? う〜ん、コメントしづらくはないけど、何て答えていいのかわからない。マスコミのみなさんはあおりますけど、もう (移籍して) 2年目ですし、そんなに意識はしていないですよ。

増井投手のコメント (6回1/3、打者22、65球、被安打5、与四死球0、奪三振0、失点1、自責点1)
相手打線は強力でしたけど、恐れずにまっすぐを投げられたのが良かったんだと思います。開き直れました。高さだけ注意して思い切って腕を振ろうと思って投げました。

宮西投手のコメント (1回、打者4、17球、被安打0、与四死球1、奪三振1、失点0、自責点0。プロ初セーブ)
いつも通り7、8回を行くつもりで準備していた。いい経験ができた。

梨田監督のコメント
ゴンザレスも良い投球をしていたし、6回表にとられた1点は重いかなと思っていたけど、選手たちが良い集中力を持ってすぐに3点を返してくれました。価値のある1勝だと思います。今日の増井はジャイアンツの早打ちに助けられた面もあるけど、四球を出さなかったのが良かった。前回は60球ぐらいで3イニングだっけ? 今日は65球で6回1/3かな? 替え時が難しかったのは確かだね。二岡は足の状態もあるから無理はさせられないんだけど、どの打順で試合にだしても結果を出してくれています。
 
 

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

いい形で連勝出来ましたね。

2010/5/20(木) 午前 0:06 [ - ] 返信する

増井の好投が光りました。

2010/5/20(木) 午前 0:44 かおしかく 返信する

いよいよ上り調子ですよ。このままどんどん勝ち進んでほしいですね。

2010/5/20(木) 午前 1:15 kachu 返信する

顔アイコン

2日続けてえらく早く試合も終わりましたね。

2010/5/20(木) 午前 9:03 [ sapooro_love_story_2005 ] 返信する

顔アイコン

「やっさん」の体調も戻られたようだし、それに伴いわがファイターズも上向きになってきましたね。
先発増井投手は役目を果たしたし、抑えの久投手も宮西投手も頼り甲斐が出てきました。
この調子、この調子。 (丑の戯言)

2010/5/20(木) 午前 11:40 [ eiji ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


みんなの更新記事