やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
今季も大阪での1試合を残すのみで、埼玉西武を札幌ドームに迎えての今日が本拠地での最終戦。
この試合の先発は、北海道日本ハムがケッペル投手。埼玉西武が石井一投手。
 
 
【1回表】
まずケッペル投手の立ち上がりは、いきなり先頭の栗山選手を四球で塁に出してしまうも、阿部選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレー。
するとこの後、続く中島選手にはライト前にヒットされ、これで再び走者を塁に抱えてしまうも、ここは次のフェルナンデス選手をセンターフライで切って取って三死とした。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、田中選手はセカンドゴロで倒れて一死となってしまうも、次の森本選手がサード石井義選手を強襲するヒットで出塁すると、すぐに盗塁を決めて二塁へと進塁。
するとこの場面、次の稲葉選手はピッチャーゴロに倒れてしまうも、この間に森本選手が三塁へと進塁すると、ここで小谷野選手がピッチャー返しの打球をセンター前へと運び、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死一塁からは、糸井選手がフルカウントから四球で歩いて二死一二塁としながらも、陽選手がファーストファールフライで倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーにより、初回から幸先良く先制点を挙げることに成功した。
 
【2回表】
ここは中村選手をピッチャーゴロ、石井義選手をサードゴロで二死とするものの、ここからまず高山選手にライト前にヒットされると、大島選手にはセンター前にヒットを打たれて二死一二塁。
するとこの場面、更に続く細川選手には三遊間をレフト前にヒットされると、この当たりで二塁走者の高山選手が一気に本塁へと突入してくるも、これはレフト森本選手からの好返球で高山選手をタッチアウトとし、これでこの回を何とか無失点のままに終わらせた。
 
【2回裏】
中田選手、大野選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、飯山選手はショートゴロで三者凡退。
 
【3回表】
先頭の栗山選手にショートに内野安打を打たれてしまうと、次の阿部選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、中島選手は空振り三振で二死としたものの、続くフェルナンデス選手にはセンター前にタイムリーとなるヒットを打たれてしまい、これで1−1の同点。
なおこのプレーでセンター糸井選手からの返球をファースト稲葉選手がカットすると、これで打者走者のフェルナンデス選手をタッチアウトとして三死としたが、この回はそのフェルナンデス選手のタイムリーによって1点を奪われ、これで1−1の同点へと追いつかれてしまった。
 
【3回裏】
ここはまず田中選手がサードへの内野安打で出塁するも、次の森本選手は送りバントを打ち上げてしまってのキャッチャーファールフライで一死となってしまうと、稲葉選手もセカンドフライに倒れて二死一塁。
しかしこの後、続く小谷野選手の打席では、まず田中選手が盗塁を成功させて自ら二塁へと進むと、更に小谷野選手は四球を選んで二死ながらも一二塁とするも、ここは糸井選手が見逃し三振で倒れて三死となってしまった。
 
【4回表】
北海道日本ハムが早くもピッチャーをケッペル投手からウルフ投手へと交代したこの回だったが、ここは先頭のフェルナンデス選手にレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで1−2と埼玉西武が逆転。
この後は石井義選手をセカンドゴロ、高山選手をライトフライ、大島選手を空振り三振と共に切って取って三死としたが、この回はウルフ投手がその代わり端を捕らえられ、フェルナンデス選手のソロホームランによって1−2と勝ち越しを許してしまった。
 
【4回裏】
ここはまず陽選手がレフトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、次の中田選手はセンターフライで一死となってしまうも、続く大野選手が四球で歩いて一死一三塁とすると、ここで続く飯山選手がライト前にタイムリーヒットを弾き返し。これで2−2の同点。
そして更になおも一死一二塁から、今度は次の田中選手がセンター前にヒットを放つと、これで二塁から大野選手が生還し、3−2と逆転に成功。
この後は森本選手がレフトフライで二死となってしまうも、稲葉選手がストレートの四球で歩いて二死ながらも満塁とチャンスを広げたが、ここは続く小谷野選手がここで交代の小野寺投手の前にサードゴロで倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は飯山選手、田中選手の連続タイムリーによって2点を挙げ、これで3−2と逆転に成功した。
 
【5回表】
細川選手をサードゴロで一死とするも、次の栗山選手にセンター前にヒットを打たれると、阿部選手には一死から送りバントを決められて二死二塁。
しかしここは続く中島選手をサードゴロで切って取り、これでこの回を終わらせた。
 
【5回裏】
糸井選手、陽選手が共にセカンドゴロで二死となってしまうと、中田選手はショートゴロで三者凡退。
 
【6回表】
この回はまずフェルナンデス選手をセカンドフライで一死としたものの、次の中村選手にはバックスクリーンに2打席連続となるソロホームランを運ばれてしまい、これで3−3とまたも同点。
この後は更に石井義選手にレフト前にヒットされてしまいながらも、高山選手はセンターフライ、大島選手はライトフライで打ち取って三死としたが、この回は中村選手の2打席連続の 「 おかわり 」 によって1点を奪われ、これで3−3の同点とされてしまった。
 
【6回裏】
ここは大野選手、飯山選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、田中選手はセカンドゴロで三者凡退。
 
【7回表】
北海道日本ハムのピッチャーが3番手の榊原投手へと交代のこの回は、まず細川選手を空振り三振で一死としたものの、ここから栗山選手、阿部選手に続けてセンター前にヒットされてしまうと、中島選手はストレートの四球で歩かせてしまって一死満塁。
しかしこの場面、北海道日本ハムはピッチャーをすぐに榊原投手から建山投手へと交代すると、ここはフェルナンデス選手をセカンドフライ、中村選手を空振り三振と後続をしっかりと切って取り、好リリーフでこの大ピンチを無失点で乗り切った。
 
【7回裏】
埼玉西武のピッチャーが3番手の岡本篤投手へと交代のこの回は、森本選手がセカンドゴロ、稲葉選手がファーストゴロで二死となってしまいながらも、ここから小谷野選手、糸井選手がいずれも四球を選んで歩き、これで二死ながらも一二塁とチャンスを作るも、ここは続く陽選手がサードへのゴロで倒れて三死となってしまっちた。
 
【8回表】
ここは北海道日本ハム5番手の林投手が、まず代打の浅村選手をセンターフライで一死とすると、次の高山選手にはレフト前にヒットされるも、この後は代打の佐藤選手をライトフライ、細川選手を空振り三振と後続をしっかりと切って取った。
 
【8回裏】
代打の坪井選手がセカンドゴロ、大野選手がショートゴロで二死となってしまうと、飯山選手はセンター前にヒットを放って出塁も、ここは田中選手がレフトフライで続けず。
 
【9回表】
この回は続投の林投手が、まず栗山選手をショートゴロ、阿部選手をセンターフライで二死とすると、次の中島選手にはここで交代の武田久投手がセンター前にヒットされるも、続くフェルナンデス選手はサードゴロで切って取って三死とした。
 
【9回裏】
ここは埼玉西武4番手のシコースキー投手に対して、まず森本選手がセンター前ヒットを放って出塁すると、次の稲葉選手は右足に死球を受けて無死一二塁。
するとこの場面、続く小谷野選手が送りバントを試みながらも、これがピッチャーゴロで三塁フォースアウトとなってしまったものの、更に次の糸井選手が初球を叩くと、これがレフトフェンスを直撃するタイムリー二塁打となり、これで二塁から稲葉選手が生還してサヨナラ勝利となった。
 
 
手に汗握る接戦も、最後は糸井選手のタイムリーによって、今季の本拠地最終戦を劇的なサヨナラ勝利で飾った。
 
試合が動いたのは1回裏。
二死三塁からまず小谷野選手がタイムリーを放って幸先良く1点を先制して試合の主導権を握るも、北海道日本ハム先発のケッペル投手がこれを守れず、まず3回表にフェルナンデス選手のタイムリーによって1−1の同点とされてしまうと、更に続く4回表には2番手のウルフ投手が登板直後に中村選手にソロホームランを浴びて1−2と埼玉西武が逆転。
しかしその直後の4回裏には飯山選手、田中選手の連続タイムリーで3−2と再逆転したものの、ウルフ投手は3イニング目に入った6回表に中村選手に2打席連続のホーム人を打たれ、これで3−3とまたも同点となってしまうも、この同点から9回裏に糸井選手がサヨナラタイムリーを放ち、これでサヨナラ勝ち。
 
投手陣ではケッペル投手が3回で早々に交代して先発としての役割を十分に果たしきれずに終わってしまうと、2番手のウルフ投手も中村選手に2本のホームランを浴びる結果。
そして更には3番手の榊原投手が一死満塁のピンチを作っての降板と、厳しい展開が続いたものの、ここからはまずこのピンチを建山投手が好リリーフで無失点とすると、この後も林投手、武田久投手が無失点リレーでつないで9回を終わらせた。
 
打線は田中選手、森本選手、飯山選手が揃って2安打でマルチ安打を記録する中で、3回には森本選手、9回には小谷野選手がそれぞれ送りバントを失敗し、昨日の試合と同じような結果を予想させてしまうも、最後はここ数試合いいところが全くなかった糸井選手が劇的なサヨナラタイムリーで試合を決めてくれた。
 
今日はデイゲームで3位の千葉ロッテが敗戦。
これによって北海道日本ハムが再び単独の3位へと浮上した。
また、2井野埼玉西武の敗戦により、リーグ優勝へのマジックを1としていた福岡ソフトバンクの7年ぶりのリーグ制覇が決定した。
 
 
小谷野選手のコメント (1回裏、センター前タイムリー)
打ったのはフォーク。ピッチャー方向に打ち返すことしか考えてませんでした。1回に点が取れたのは久しぶりですよね? 自分にも期するものがありましたから。
 
ケッペル投手のコメント (3回、打者13、46球、被安打6、与四死球1、奪三振1、失点1、自責点1)
クライマックスシリーズが既に始まっているような雰囲気の中、今日持っている全てを出せたと思います。残念ながら思うように打ち取ることが出来ませんでしたが、素晴らしい守備に助けられて1失点で切り抜けられました。
 
飯山選手のコメント (4回裏、ライト前タイムリー)
ああいうチャンスで何とか1点を取らないとダメだという気持ちで打席に立ちました。うまく打てました。
 
田中選手のコメント (4回裏、センター前タイムリー)
前の打者がいいチャンスを作ってくれた。気持ちで打った1本です。
 
建山投手のコメント (2/3回、打者2、6球、被安打を、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
4、5番だったけど、臆することなく投げました。抑えれば称賛を浴びるし、打たれたら批判を浴びるけれど、こういう場面で投げられるのは幸せなことです。
 
糸井選手のコメント (9回裏、レフトオーバー・サヨナラタイムリー二塁打)
昨日は完全に僕のミミスで負けた。ふがいない打席も続いていました。久々に芯に当たったし、勝ってほっとしました。
今一番頼れる小谷野さんが必死で送ろうとしてくれました。僕が絶対に決めてやろうと思いました。
 
梨田監督のコメント
9回の場面はたとえ打点王が打者でもバントしないといけないところ。いいバントだったんだけどね。昨日もそうだけど送りバント失敗があったけどミスはつきもの。切り替えるしか無い。今日の場面では結果的に糸井が打ってくれて良かった。ホーム最終戦で、満員のお客さんの中勝つことができて良かった。出足が悪かったのによくここまでこれたなという感じ。最終戦も全員野球で行きます。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

完全にしびれました。

2010/9/26(日) 午後 8:15 [ fightersletsgo ] 返信する

顔アイコン

ケッペルを早々に代えてウルフ以降につなげていったのは正解でしたね。
特に建山の好リリーフに拍手です。

2010/9/26(日) 午後 8:58 [ - ] 返信する

最後の最後までCSの進出を信じています。
まずはそれを信じて。

2010/9/26(日) 午後 10:21 たか 返信する

顔アイコン

こんタイミングでのサヨナラゲームはチームもファンも元気にさせてくれますね。

2010/9/26(日) 午後 10:30 [ ilo*ene*yor**005010* ] 返信する

あとできることは火曜日の最終戦に勝つことだけですね。

2010/9/26(日) 午後 11:17 ヒロ 返信する

顔アイコン

ホークスゆうしょうおめでとう 削除

2010/9/27(月) 午前 0:17 [ 中洲天神 ] 返信する

あと1試合。息を切らさずに最後まで戦い抜きましょう。

2010/9/27(月) 午前 2:58 たのさん 返信する

顔アイコン

ベンチもがんばりましたね。

2010/9/27(月) 午前 10:33 [ golfer13131313 ] 返信する

顔アイコン

ここ数試合、糸井選手と中田選手の不甲斐なさに落胆していたところ、こんな究極的場面で糸井選手が本領を発揮したのは、ほんとうに感動ものでしたね。
"つなぐ野球"と言われつづけてきた北海道日本ハムが、やっと本領を発揮したということでしょうか。
それにしましても、惜しいところで勝てず、優勝すら逃した埼玉西武の面々には同情を禁じ得ませんでした。
「非情な世界だなぁ」と、しみじみ思ったものです。
ま、ともかくCSの後、セリーグ優勝チームを破り、日本一を勝ち取ってほしいな。去年の捲土重来を……。
そのチームは我がファイターズになってほしいのはもちろんです。
(丑の戯言)

2010/9/27(月) 午前 11:21 [ eiji ] 返信する

顔アイコン

もう少しすっきりと勝ってくださいよ〜!ホントにもう〜!!
とりあえずはホーム最終戦を勝ててよかったです。

2010/9/27(月) 午後 0:22 [ bifocalglasso ] 返信する

ガンバレファイターズ!

2010/9/28(火) 午前 6:51 [ ぺんぎん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(16)


.


みんなの更新記事