やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
昨日に引き続き、旭川での一戦。
この試合の先発は、北海道日本ハムがケッペル投手、東北楽天が川井投手。7
 
 
【1回表】
ケッペル投手の立ち上がりは、鉄平選手をショートゴロ、松井稼選手をレフトフライ、聖澤選手をセンターフライで、まずは初回を無難に三者凡退で抑えた。
 
【1回裏】
初回の攻撃は、先頭のスケールズ選手がピッチャー強襲の内野安打で出塁すると、更にこれを川井投手が一塁へと悪送球する間にスケールズ選手は一気に二塁へと進塁。
するとこの場面、次の陽選手が送りバントを決めて一死三塁と走者を進めると、続く糸井選手は四球で歩き、更に盗塁で進塁して一死二三塁としたところで、次の中田選手がセンターに犠牲フライを上げ、これでまずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死三塁からは小谷野選手がライトフライに倒れて三死となってしまったが、この試合は初回から早々に中田選手の犠牲フライにより、まずは1−0と北海道日本ハムが先制に成功した。
 
【2回表】
ここはルイーズ選手を空振り三振、草野選手をショートゴロ、高須選手をセカンドゴロで三者凡退。
 
【2回裏】
稲葉選手がレフトフライ、鵜久森選手がサードゴロ、金子選手がショートゴロで三者凡退。
 
【3回表】
この回はまず岩村選手をショートゴロで一死とするも、横川選手にライト前にヒットされると、続く嶋選手にもライト前にヒットを打たれ、これで一死一三塁。
するとこの場面、次の鉄平選手はショートゴロで二塁フォースアウトとするも、この間に三塁走者の横川選手に生還を許し、これで1点を返されて1−1。
この後なおも二死一塁からは松井稼選手にライト前にヒットされながらも、続く聖澤選手をセカンドゴロで切って取って三死としたが、この回は2連打の後の内野ゴロの間に1点を奪われ、これで1−1の同点とされてしまった。
 
【3回裏】
鶴岡選手がキャッチャーゴロで一死となってしまうも、次のスケールズ選手が四球を選んで塁に出ると、陽選手はライト前にヒットを放って一死一二塁。
しかしこの後は、まず糸井選手が空振り三振、中田選手がショートゴロと共に続けず。
 
【4回表】
ルイーズ選手をセカンドライナー、草野選手をショートゴロ、高須選手をピッチャーゴロで三者凡退。
 
【4回裏】
小谷野選手がレフト前ヒットで出塁するも、稲葉選手はファーストゴロで二塁フォースアウト、鵜久森選手はファーストフライで二死一塁。
するとこの後、続く金子選手はセンター前にヒツトを放ち、これで二死ながらも一二塁とチャンスを広げるも、ここは鶴岡選手が空振り三振で続けず。
 
【5回表】
この回はまず岩村選手をセカンドゴロで一死とするも、次の横川選手にはレフトスタンドにソロホームランを運ばれてしまい、これで1−2と東北楽天が勝ち越し。
するとこの後は、まず嶋選手をセカンドゴロで二死とすると、鉄平選手にはレフト前にヒットを打たれてしまうも、ここは続く松井稼選手の打席で鉄平選手の盗塁を刺して三死とした。
しかしこの回は横川選手のホームランにより、1−2と勝ち越しを許してしまった。
 
【5回裏】
先頭のスケールズ選手がレフト前ヒットで出塁すると、陽選手が確実に送りバントを決めて一死二塁。
しかしこの後は糸井選手が空振り三振、中田選手がピッチャーゴロと後続が共に続けず。
 
【6回表】
ここは松井稼選手にライト前にヒットされると、聖澤選手に送りバントを決められて一死二塁。
しかしこの後はルイーズ選手をサードゴロで二死とすると、草野選手の一二塁間への打球はファースト稲葉選手が飛びついて抑えると、素早くベースカバーのケッペル投手へと送球し、好守で三死とした。
 
【6回裏】
この回はまず小谷野選手が二遊間をセンター前へと抜けるヒットで塁に出ると、稲葉選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの後は鵜久森選手はレフトフライで二死となってしまうも、続く金子選手がここで交代の山村投手からセンター前にヒットを放つと、この当たりで二塁から小谷野選手が一気に生還し、これで2−の同点。
この後なおも二死一二塁からは鶴岡選手がセカンドゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は金子選手のタイムリーによって1点を返し、これで2−2の同点へと追いついた。
 
【7回表】
ここは先頭の高須選手のセカンドへのゴロをスケールズ選手がファンブルして走者を残してしまうも、次の岩村選手の送りバントはキャッチャー鶴岡選手が素早く二塁へと送球し、2-6-3のダブルプレー。
この後は横川選手を四球で歩かせながらも、続く嶋選手はピッチャーゴロで切って取って三死とした。
 
【7回裏】
スケールズ選手が四球で歩くも、次の陽選手の送りバントはピッチャー正面へのゴロとなってしまい、二塁フォースアウトで一死二塁となったところで東北楽天はピッチャーを3番手の佐竹投手へと交代。
するとこの場面、続く糸井選手がセンター前にヒットを放つと、一塁走者の陽選手も一気に三塁へと進み、これで一死一三塁とすると、ここでピッチャーが小山投手へと交代も、これに対して次の中田選手の打席でまず糸井選手が盗塁で二塁へと進むも、中田選手は空振り三振で二死二三塁。
するとこの後、続く小谷野選手は四球を選び、これで二死満塁としたものの、ここは稲葉選手がセカンドゴロに倒れて三死となってしまった。
 
【8回表】
ここはまず鉄平選手をレフトフライで一死とするも、次の松井稼選手にライト前にヒットされると、聖澤選手には一死から送りバントを決められて二死二塁。
するとこの後、ルイーズ選手、草野選手を共に四球で歩かせて二死満塁のピンチをマルクも、ここは続く内村選手をショートゴロで切って取ってここを無失点で終わらせた。
 
【8回裏】
ホフパワー選手がセカンドフライ、金子選手がレフトフライ、鶴岡選手がセカンドフライで三者凡退。
 
【9回表】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の宮西投手へと交代のこの回はまず代打のガルシア選手をサードゴロで一死とすると、次の横川選手には右中間に大きな当たりを打たれるも、これはライト陽選手がよく追いかけてのランニングキャッチの好守でさばいて二死走者無し。
するとこの後は続く嶋選手も空振り三振で切って取り、三者凡退で子の回を終わらせた。
 
【9回裏】
東北楽天のピッチャーが青山投手へと交代のこの回は、まずスケールズ選手がライト前ヒットで出塁すると、陽選手が送りバントをしっかり決めて一死二塁。
するとこの場面、糸井選手は敬遠で歩かされて一二塁となると、中田選手がレフト前にヒットを放って一死満塁。
するとこの場面は続く小谷野選手がセンター前にサヨナラタイムリーを弾き返し、これで3−2と北海道日本ハムの劇的勝利となった、
 
 
旭川での2戦目は見事9回裏のサヨナラ劇での勝利となった。
 
先発のケッペル投手は、持ち味の内野ゴロを量産するピッチングで8回を投げて2失点の内容で2番手の宮西投手へとつなぎ、白星こそつかなかったものの、先発としての役割を十分に果たした。
 
打線は初回に中田選手の犠牲フライで先制点を挙げるも、その後は走者こそ出しながらもなかなか低下点を挙げられない状況が続いた。
しかしそんな中でも6回には金子選手のタイムリーで1点を挙げ、これで2−2の同点とし、最終回のサヨナラ劇へとつなげた。
 
個々を見てもサヨナラヒットの小谷野選手の猛打賞を筆頭に、スケールズ選手も来日初の3安打猛打賞。
また、金子選手もタイムリーを含む2安打でマルチ安打を記録すれば、守備の面でも各人に再三再四チームを助けるプレーが飛び出し、まさにチーム一丸で最後の展開へとつなげた試合だった。

 
中田選手のコメント (1回裏、センター犠飛)
最低でも犠牲フライ、と余裕を持って打席に入ることができたので、泳ぎながらでもしっかり外野まで運べたと思います。雨の中、グラウンド整備をしてくれた方々に感謝しています。
 
金子選手のコメント (6回裏、センター前タイムリー)
追いつかないことには先がないんで、いい集中力で臨めました。向こうは (常総学院高の) 後輩の横川が頑張っているので、負けてられないです。
 
ケッペル投手のコメント (8回、打者33、112球、被安打7、与四死球3、奪三振1、失点2、自責点2)
体調も良くて、内容的にも今年ベストだったね。コントロールも良かったし、リズムも良かった。試合中に雨が降らなかったことも大きかった。素晴らしい試合になっていると思います。アサヒカワのファンのミナサン、アリガトウゴザイマス。
 
小谷野選手のコメント (9回裏、センター前サヨナラタイムリー)
冷たいです。水をかけられすぎて、でも気持ちいいです。翔に決めてほしいと思ってたんですけど、犠牲フライでいい状況でつないでくれたので、思い切りいけて良かったです。旭川から調子が上がっていったと言われるように頑張りたいと思います。
 
宮西投手のコメント (!回、打者3、10球、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
勝ちはケッペルに付けてあげてほしい。
 
スケールズ選手のコメント
両打席とも心地よく打席に入れている。まだ3試合。新しい環境に時間をかけて慣れていかないといけない部分はある。
 
梨田監督のコメント
小谷野は試合前から打ってくれる感じがしていました。気持ち的に昨日、(大学の) 後輩 (大塚投手) が初登板しただとか、そんなことがプラスに働くことがあるもの。野球の基本であるセンター返しが出来ていたので、いいきっかけになればいいですね。ケッペルは9回もいけると言ってくれ次回登板もあるので代えましたが、勝ちがつかなくても価値あるピッチングをしてくれました。函館に続いて旭川でも連勝。残る帯広でも頑張ります。
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

旭川ではいいこといっぱいありましたね。

2011/7/11(月) 午後 1:38 [ fightersletsgo ] 返信する

最後までしびれる試合でしたね、

2011/7/12(火) 午前 10:36 たのさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事