やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
西投手に対する初回の攻撃は、先頭の陽選手がレフト前ヒットで出塁すると、西川選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の小谷野選手がショートゴロに倒れる間に陽選手が三塁へと進んだものの、ここは中田選手もショートへのゴロに倒れて三死となってしまった。

【1回裏】
武田勝投手の立ち上がりは、先頭の阪口選手にレフト前にヒットされると、平野恵選手はレフトフライで一死も、バルディリス選手にもレフト前にヒットを打たれて一死一三塁とされてしまうと、続く李大浩選手にはセンター前にタイムリーを弾き返され、これでまずはオリックスが1点を先制。
そしてこの後、一死一二塁からは糸井選手はショートフライで二死としたものの、次のロッティーノ選手には左中間を破るタイムリー二塁打を打たれると、更に後藤選手にもセンター前にタイムリーを弾き返され、これで0−3。
この後なおも二死一三塁からは、続く伊藤選手の打席で走者が一気に飛び出したころで三塁走者を三本間で挟んでアウトとし、これでようやく三死としたが、この試合は初回から武田勝投手がいきなり5本のヒットを集中され、早々に3点の先制点を奪われてしまう展開となってしまった。

【2回表】
稲葉選手がレフトフライ、アブレイユ選手がライトフライ、大谷選手がサードゴロで三者凡退。

【2回裏】
先頭の伊藤選手を四球で歩かせてしまうと、安達選手の送りバントで一死二塁。
するとこの後、次の坂口選手をセカンドゴロに打ち取る間に走者に三塁へと進まれてしまうも、ここは続く平野恵選手をレフトフライで切って取って三死とした。

【3回表】
ここは鶴岡選手がライトフライで一死となってしまうと、大語気選手はライトにヒットを放って出塁も、陽選手はファーストフライで二死一塁。
しかしこの後、次の西川選手が四球を選んで二死一二塁とすると、ここで小谷野選手がセンター前にタイムリーとなるヒットを弾き返し、これで1点を返して1−3。
しかしこの後なおも一死一二塁からは、中田選手がサードゴロと、更なる反撃とはならなかった。

【3回裏】
バルディリス選手にショートに内野安打されると、李大浩選手は空振り三振で一死も、糸井選手は四球で歩かせて一死一二塁。
しかしこの後は次のロッティーノ選手をセカンドフライで二死とすると、後藤選手はセンターフライと、後続を切って取ってこの回を終わらせた。

【4回表】
ここはまず稲葉選手がセンター前ヒットで出塁すると、アブレイユ選手は死球を受けて無死一二塁。
しかしこの場面、次の大谷選手がピッチャーライナーで倒れてしまうと、二塁走者の稲葉選手も戻れずにダブルプレーとなってしまい、更に続く鶴岡選手もライトファールフライと、この回のチャンスを稲葉選手の走塁ミスもあり、得点へとつなぐことはできなかった。

【4回裏】
伊藤選手をレフトフライ、安達選手を空振り三振、坂口選手をサードファールフライで三者凡退。

【5回表】
先頭の大引選手がセンター前ヒットで出塁すると、陽選手はサードゴロで二塁フォースアウトも、次の西川選手の打席で一塁走者の陽選手が盗塁を決めて一死二塁。
するとこの場面、西川選手がセカンドゴロに倒れる間に二塁走者の陽選手が三塁へと進塁も、ここは小谷野選手が空振り三振で続けず。

【5回裏】
平野恵選手をショートフライ、バルディリス選手をショートゴロ、山本選手をサードゴロで三者凡退。

【6回表】
この回は中田選手が空振り三振、稲葉選手がレフトフライで二死となってしまうも、次のアブレイユ選手はレフトスタンドにソロホームランを運び、これで1点を返して2−3。
この後は大谷選手がサードへの内野安打で出塁しながらも、代打のホフパワー選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この回はアブレイユ選手の一発で1点を返し、これで2−3と1点差に詰め寄った。

【6回裏】
ここはまず糸井選手をセカンドゴロで一死も、ロッティーノ選手にレフト前にヒットを打たれると、次の後藤選手を空振り三振とする間に代走の駿太選手に盗塁を決められて二死二塁。
するとこの場面、続く伊藤選手に対して四球を与えてしまい、これで二死ながらも一二塁としてしまったが、ここは代打の高橋信選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。

【7回表】
先頭の大引選手はレフトフライに倒れるも、陽選手がセンター前にヒットを放って出塁すると、直後に盗塁を決めて一死二塁。
しかしこの場面、次の西川選手が空振り三振に倒れて二死となってしまうと、続く小谷野選手もここで交代の比嘉投手の前に空振り三振に倒れてしまい、これでこの回を無得点のままに終えてしまった。

【7回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の石井投手へと交代のこの回は、坂口選手をショートゴロ、平野恵選手をセカンドゴロ、バルディリス選手をセンターフライで三者凡退の好リリーフ。

【8回表】
この回はオリックス3番手の佐藤達投手に対して、中田選手が空振り三振、稲葉選手がセカンドゴロ、アブレイユ選手が空振り三振で三者凡退。

【8回裏】
ここは北海道日本ハム3番手として登板の武田久投手が、いきなり先頭の山本選手に四球を与えてしまうと、糸井選手にはレフト前にヒットを打たれて無死一二塁。
するとこの場面、次の駿太選手の送りバントは武田久投手が打球を素早く三塁へと送球して一死としたものの、続く後藤選手にはレフト前にヒットされ、これで一死満塁。
しかしこの大ピンチは、次の伊藤選手をピッチャーゴロとすると、1-2-3のホームゲッツーでしのぎ、何とかこの回を無失点のままに終わらせた。

【9回表】
わずかに1点のビハインドで迎えた最終回の攻撃は、オリックスの守護神平野佳投手に対して、大谷選手は空振り三振で一死も、大野選手が右中間フェンス直撃の二塁打を放って一死二塁と一打同点のチャンス。
しかしこの場面、代打の二岡選手が空振り三振に倒れて二死となってしまうと、次の陽選手はセカンド後方に落ちようかという当たりを放ったものの、これはセカンド後藤選手のダイビングキャッチの好捕に阻まれ、結局あと1本が出ないままに試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

小谷野選手のコメント (3回表、センター前タイムリー)
打ったのはスライダーです。昨日もそうですし、今日の1打席目までやられっぱなしだったので、何とかやり返そうと思っていました。

アブレイユ選手のコメント (6回表、レフト・ソロホームラン)
前の打席で死球を受けていたこともあって、打ちたい気持ちが強かった。チェンジアップを力強く叩けました。

稲葉選手のコメント
どんな打球でも戻らないと。あそこ (4回裏、無死一二塁の場面) が鍵を握るところだった。流れを変えないと。ただのばかみたいな連敗にしたくない。

武田勝投手のコメント (6回、球数117、打者27、被安打7、与四死球3、奪三振3、失点3、自責点3)
初回に尽きると思います。リズムに乗っていきたかったところでつまずいたし、チームに勢いをつけることができませんでしたから。そのあたりをしっかりと修正して、次に臨みたいと思います。

栗山監督のコメント
最後まで粘りは見せましたが?
粘りとかではなく、負けてはいけない試合だった。 
.武田勝投手は立ち上がりが誤算でしたが?
流れが悪いところを勝が何とかしようとしていた。申し訳なさしかないよね。
次から交流戦ですが?
この1週間だよね。交流戦まで我慢できればと思っていたけどね。交流戦で流れを変えなきゃいけない。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事