やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
カブレラ投手に対する初回の攻撃は、いきなり先頭の陽選手がレフトスタンドにソロホームランを放ち、早々に1点を先制。
この後は西川選手、小谷野選手が共にショートゴロで二死となってしまうと、中田選手もセカンドフライに倒れて三死となってしまったが、この試合は陽選手の先頭打者ホームランにより、まずは1−0と北海道日本ハムが先制に成功した。

【1回裏】
木佐貫投手の立ち上がりは、先頭の大島選手を四球で塁に出してしまうと、荒木選手のサードゴロの間に進塁を許して一死二塁。
するとこの場面、次の平田選手は空振り三振で二死としたものの、続くルナ選手にはレフト前にタイムリーを弾き返されてしまい、これで1−1の同点。
この後なおも二死一塁からは、ルナ選手に盗塁をされながらも、次の和田選手を空振り三振に切って取って三死としたが、この回は陽選手の先頭打者ホームランで先制点を挙げながらも、すぐに1点を返され、これで1−1の同点とされてしまった。

【2回表】
稲葉選手がセカンドゴロで倒れてしまうと、次の大谷選手はレフトオーバーの二塁打を放って出塁も、この後は大引選手がライトフライ、大野選手がショートゴロと共に続けず。

【2回裏】
この回はまずクラーク選手にライト前にヒットを打たれると、井端選手はセカンドゴロで二塁フォースアウトも、ここから谷繁選手にセンター前にヒットされると、カブレラ投手に対しては四球を与えてしまって一死満塁。
しかしこの場面、次の大島選手をサードゴロで本塁フォースアウトとすると、続く荒木選手もサードゴロで切って取り、何とかこの大ピンチを無失点で切り抜けた。

【3回表】
木佐貫投手が空振り三振で倒れるも、陽選手が死球を受けて出塁すると、次の西川選手が空振り三振に倒れる間に盗塁を決めて二死ながらも二塁。
するとこの場面、続く小谷野選手がセンター前にヒットを放つと、これで二塁から陽選手が生還し、2−1と再び北海道日本ハムが勝ち越し。
この後二死一塁からは中田選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーによって1点を挙げ、これで2−1と再びリードを奪った。

【3回裏】
この回は先頭の平田選手のレフト線への二塁打と、ルナ選手のレフト前ヒットでいきなり無死一三塁のピンチを迎えてしまうと、次の和田選手は見逃し三振で一死としたものの、クラーク選手にはライトに犠牲フライを上げられ、これで2−2の同点。
この後なおも二死一塁からは井端選手のライトへのファールフライを大谷選手がフェンス際で好捕で抑えて三死としたが、この回はクラーク選手の犠牲フライによって1点を奪われ、これで2−2と、勝ち越し直後に再びすぐに同点とされてしまった。

【4回表】
稲葉選手がセンターフライで倒れるも、大谷選手のピッチャーゴロはカブレラ投手のエラーで塁に出ると、大引選手は死球で歩いて一死一二塁。
しかしここは続く大野選手がサードゴロで5-4-3のダブルプレーで三死となってしまった。

【4回裏】
先頭の谷繁選手にライト前にヒットを打たれるも、この後はカブレラ投手をから臥せり三振、大島選手をセカンドゴロ、荒木選手をサードゴロと後続をしっかりと切って取った。

【5回表】
この回は代打の今浪選手が四球を選んで塁に出ると、陽選手の打席でエンドランが決まり、ライト前ヒットで今浪選手が三塁まで進んで無死一三塁。
するとこの場面、次の西川選手のセカンドゴロの間に三塁走者の今浪選手が三本間で挟まれてしまうも、挟殺プレーが乱れる間に今浪選手が生還し、更にこの間に走者がそれぞれ進んで無死二三塁。
しかしこの後は小谷野選手がショートゴロで倒れてしまうと、次の中田選手のサードゴロでは三塁走者の陽選手がタッチアウトとなってしまい、更に続く稲葉選手もセンターフライと、1点を挙げて勝ち越しはしたものの、その後の更なるチャンスを生かしきれずにこの回を終えてしまった。

【5回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の矢貫投手へと交代のこの回は、平田選手、ルナ選手を共に空振り三振で二死とすると、和田選手はサードゴロで三者凡退。

【6回表】
先頭の大谷選手がセンター前ヒットで出塁すると、次の大引選手はここで交代の武藤投手から送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、大野選手のセカンドゴロの間に二塁走者の大谷選手が三塁へと進むと、代打のホフパワー選手は四球で歩いて二死一三塁も、ここは次の陽選手が空振り三振に倒れて三死となってしまった。

【6回裏】
宮西投手が北海道日本ハム3番手として登板のこの回は、まずクラーク選手をファーストゴロで一死とすると、井端選手にはライト前にヒットを打たれるも、谷繁選手は空振り三振で二死一塁。
しかしこの場面、続く代打の山選手にライトフェンス直撃の当たりを打たれると、これがタイムリー三塁打となってしまい、一塁走者の井端選手の生還を許して3−3とまたも同点。
そして更になおも二死三塁から、次の大島選手にショートに内野安打されると、これもタイムリーとなってしまい、これで3−4と中日が勝ち越し。
この後なおも二死一塁からは荒木選手をセカンドフライで切って取って三死としたが、この回は代打山選手と大島選手の2本ののタイムリーによって2点を奪われ、これで3−4と、この試合初めてのリードを許してしまった。

【7回表】
中日のピッチャーが3番手の中田賢投手へと交代のこの回は、まず西川選手が四球を選んで塁に出ると、小谷野選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の中田選手は空振り三振で二死となってしまうも、続く稲葉選手がセンター前にタイムリーヒットを弾き返し、これで1点を挙げて4−4の同点。
この後は大谷選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は稲葉選手のタイムリーにより、逆転直後にすぐに同点へと追いついた。

【7回裏】
この回は北海道日本ハム4番手の石井投手が、まず平田選手を見逃し三振で一死としたものの、ルナ選手と和田選手に共にレフト前にヒットを打たれて一死一三塁とされると、次のクラーク選手にセンターに犠牲フライを上げられ、これで4−5と中日が再び勝ち越し。
この後なおも二死一塁からは、井端選手の打席で代走の岩崎恭選手の盗塁を刺して三死としたが、この回はクラーク選手のこの試合2本目の犠牲フライで1点を奪われ、これで4−5とまたも中日に勝ち越しを許してしまった。

【8回表】
代打の近藤選手が空振り三振に倒れると、大野選手はライトフライ、同じく代打のアブレイユ選手もピッチャーゴロで三者凡退。

【8回裏】
この回は北海道日本ハム5番手の増井投手が、まず井端選手をセカンドゴロで一死とすると、谷繁選手にはライト前にヒットを打たれるも、こは代打の高橋周選手をショートゴロ、大島選手を空振り三振と後続をしっかりと抑えた。

【9回表】
わずかに1点を追う形で迎えた最終回の攻撃は、中日4番手の岩瀬投手に対して、まず陽選手がセンター前ヒットで出塁すると、西川選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、小谷野選手は空振り三振で二死となってしまうと、続く中田選手は敬遠で歩いて二死一二塁となるも、最後は代打の二岡選手が見逃し三死に倒れて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

陽選手のコメント (1回表、レフト・ソロホームラン)
真っ直ぐに絞って、初球から思い切って行こうと決めていきました。打球が低かったですし、いい感触ではありましたが、思いのほか伸びてくれた感じです。

小谷野選手のコメント (3回表、センター前タイムリー)
シュートですかね。岱鋼がよく走ってくれました。次が翔なので勝負してくると思い、甘い球は思い切りよく行こうと決めていました。しっかり集中して打てたと思います。

木佐貫投手のコメント (4回、球数81、打者20、被安打6、与四死球2、奪三振4、失点2、自責点2)
早い回で降板し、ブルペンに負担をかける形になって申し訳なく思います。

栗山監督のコメント
交流戦初戦は接戦を落とす形になりましたが?
手を尽くせるところは尽くしたはずだし、勝負しているつもり。こういう流れの時、中々選手を喜ばせてあげられず、申し訳なく思います。
好投していた2番手の矢貫投手に打順が廻り、代打を送らざるをえませんでしたが?
攻め続けるべきだし、ある程度は後ろの4人を信じて行った結果なので。
得点した後にさらに畳み掛けられたら違う結果になったのでは?
信じて一番いいもので勝負しに行っている。タイムリーや外野フライが出ていたらどうだったかは別として、監督は点を取る状況を作るしかない。ここを間違えたというのは無かったけれど、それで駄目なら (選手ではなく) 監督が悪いだけ。
明日で連敗を止めたいところですが?
悔しい思いをした分、ここからのシーズンでいい思いをしてくれると信じています。選手は一生懸命やってくれているので、何とか一つ、みんなで取りにいきます。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事