やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
小杉投手に対する初回の攻撃は、先頭の陽選手はショートゴロで倒れてしまうも、西川選手がフルカウントから四球を選んで塁に出ると、アブレイユ選手の打席で盗塁を決めて一死二塁。
するとこの場面、更にアブレイユ選手も四球で歩いて一死一二塁となると、ここで続く中田選手がレフトスタンド最上段に3ランホームランを運び、これでまずは北海道日本ハムが3点を先制。
そしてこの後も稲葉選手が四球で塁に出ると、小谷野選手はライトフライで二死となってしまうも、次の大引選手の打席では小杉投手が初球を投じたところで肩の違和感を訴えて降板。
するとここは代わってマウンドに緊急登板した井納投手に対して大引選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この試合は初回から中田選手の3ランホームランにより、早々に3−0と試合の主導権を握った。

【1回裏】
早くも援護点をもらった形の鍵谷投手の立ち上がりは、先頭の荒波選手にレフト前にヒットされると、内村選手にも初球をレフト前に運ばれて無死一二塁。
するとこの場面、次の多村選手を四球で歩かせて満塁としてしまうと、続くブランコ選手にはレフト前に2点タイムリーとなるヒットを弾き返され、これで3−2。
この後なおも無死一二塁からは、中村選手をセンターフライ、井手選手をファーストファールフライ、石川選手をショートフライと切って取って三死としたが、この回は無死満塁からのブランコ選手のタイムリーによって2点を返され、これで3−2とアッと言う間にリードがわずかに1点となってしまった。

【2回表】
鶴岡選手がショートゴロ、鍵谷投手がショートゴロで二死となってしまうと、次の陽選手は打球が風にも乗ってライトフェンス直撃となる三塁打を放って出塁も、ここは西川選手がセカンドゴロで続けず。

【2回裏】
鶴岡選手をライトフライで一死とすると、井納投手には三遊間をレフト前にヒットされるも、荒波選手は空振り三振で二死一塁。
するとこの後、続く内村選手に対しては四球を与えてしまったものの、ここは多村選手をショートゴロで打ち取って三死とした。

【3回表】
アブレイユ選手が見逃し三振で倒れてしまうと、次の中田選手はライト前ヒットで出塁も、ここは稲葉選手がファーストゴロで3-6-3のダブルプレー。

【3回裏】
この回はまずブランコ選手を四球で歩かせてしまうと、中村選手は見逃し三振、井手選手はライトフライで二死としたものの、ここから次の石川選手を四球で塁に出すと、更に鶴岡選手に対してもストレートの四球で二死満塁。
しかしこの場面は続く井納投手をシートゴロで切って取り、何とかこのピンチを無失点で切り抜けた。

【4回表】
小谷野選手がセカンドゴロ、大引選手が空振り三振、鶴岡選手がピッチャーライナーで三者凡退。

【4回裏】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で矢貫投手が登板のこの回は、荒波選手をサードライナーで一死とすると、次の内村選手には四球を与えてしまうも、続く多村選手の打席では内村選手の盗塁を刺し、更に多村選手も空振り三振として、結果的にこの回の攻撃を3人で切って取った。

【5回表】
矢貫投手が見逃し三振で倒れるも、次の陽選手がライト前にヒットを放って出塁すると、西川選手はセーフティー気味の送りバントをしっかり決めて二死二塁。
しかしこの場面は続くアブレイユ選手がショートゴロに倒れて三死となってしまった。

【5回裏】
この回はまずブランコ選手にライト前にヒットを打たれると、中村選手には左中間フェンス直撃の二塁打を打たれ、これでいきなりの無死二三塁の大ピンチ。
するとこの場面、次の井手選手のサードへのゴロに対して小谷野選手が本塁へと送球も、これが大暴投となってしまい、この間に三塁走者のブランコ選手に続いて、二塁走者の中村選手にも一気に生還されてしまい、これで3−4と横浜DeNAが逆転。
するとこの後なおも無死二塁からは、石川選手の送りバントがキャッチャーファールフライとなると、更に鶴岡選手のショートゴロで二塁走者をアウトとし、これで二死一塁としたものの、続く代打の後藤選手のレフトへのフライを中田選手が風に乗ってしまったこのボールをキャッチできず、転倒してボールが点々とする間に一塁走者に一気に生還を許して3−5。
この後はここで交代の宮西投手が、荒波選手をファーストゴロで切って取ってようやく三死としたが、この回はバックの痛恨のタイムリーエラー2つで計3点を献上し、これで3−5と逆転を喫してしまった。

【6回表】
この回は横浜DeNA4番手の加賀投手に対して、中田選手、稲葉選手が共にレフト前にヒットを放って無死一二塁も、小谷野選手の送りバントはファーストのブランコ選手に素早く処理されると三塁でアウトとされて一死一二塁。
するとこの後も代打でホフパワー選手が登場したところで、横浜DeNAはピッチャーを大原慎投手へと交代し、ここはホフパワー選手が空振り三振、鶴岡選手がセカンドゴロと共に打ち取られてしまい、結局この回の無死一二塁のチャンスを生かすことはできなかった。

【6回裏】
続投の宮西投手が、内村選手をセカンドゴロで一死とすると、ここでピッチャーが4番手の石井投手へと交代。
するとこの後は、まず多村選手を空振り三振で二死とすると、ブランコ選手の痛烈なショートへの当たりは中島選手が後ろへと逸らしてエラーで走者を出してしまうも、続く中村選手はショートゴロでしっかりと打ち取って三死とした。

【7回表】
ここは横浜DeNA5番手の高崎投手に対して、代打の杉谷選手がセカンドゴロで倒れるも、陽選手はショートへのボテボテの当たりを内野安打として出塁。
するとこの場面、次の西川選手が空振り三振に倒れる間に陽選手が盗塁を決めて二塁へと進んだものの、ここはアブレイユ選手が空振り三振で続けず。

【7回裏】
この回は北海道日本ハム5番手の増井投手が、井手選手を見逃し三振、石川選手をショートゴロ、鶴岡選手を空振り三振で三者凡退。

【8回表】
横浜DeNAのマウンドに6番手でソーサ投手が登板のこの回は、いきなり先頭の中田選手がバックスクリーンにソロホームランを叩き込み、これで1点を返して4−5。
この後は稲葉選手が空振り三振、小谷野選手がショートゴロで二死となってしまうと、ここから中島選手が四球で歩き、更に盗塁で二塁へと進んだものの、ここは代打の二岡選手が空振り三振で三死となってしまった。
しかしこの回は中田選手のこの試合2本目となる一発で1点を返し、これで4−5と1点差に詰め寄った。

【8回裏】
この回は北海道日本ハム6番手で登板の武田久投手が、金城選手をピッチャーゴロ、荒波選手をファーストゴロで二死とするも、ここから次の内村選手をファーストへのゴロをアブレイユ選手が弾いてしまうと、更に続く松本選手のセカンドへのゴロは西川選手が後逸し、これで二死一三塁。
するとこの場面、武田久投手は次のブランコ選手を四球で歩かせ、これで二死満塁としてしまったものの、ここは続く中村選手をライトフライで切って取り、何とかこの回を無失点で切り抜けた。

【9回表】
1点のビハインドで迎えた最終回の攻撃は、横浜DeNA7番手で守護神の山口投手に対して、まず先頭の今浪選手が右中間に二塁打を放って出塁すると、直後に山口投手のワイルドピッチで進塁して無死三塁。
するとこの場面、次の陽選手がレフト前にタイムリーを弾き返し、これで5−5の同点。
そしてこの後も、まず陽選手が盗塁で二塁へと進むと、西川選手の送りバントで一死三塁。
するとここから、次のアブレイユ選手は空振り三振で二死となってしまうも、中田選手が敬遠で歩かされて二死一三塁となると、続く稲葉選手の打席では山口投手のワイルドピッチで三塁から陽選手が生還し、これで6−5とついに逆転。
この後は稲葉選手が空振り三振に倒れて三死ととなってしまったが、この回は陽選手のタイムリーと、山口投手の痛恨のワイルドピットなどで2点を挙げ、これで6−5と逆転に成功した。

【9回裏】
逆に1点のリードとなって迎えた最終回は、前の回から続投の武田久投手が、代打のモーガン選手をセンターフライ、白崎選手を空振り三振で二死とするも、ここから代打のラミレス選手にライト前にヒットされると、更に金城選手にセンター前にヒットを打たれて二死一二塁。
しかしこの場面、最後は次の荒波選手をライトフライで切って取り、何とかリードを守り切って試合終了とすると共に、長く続いたチームの連敗を9でようやくストップさせた。
 

 
 各選手のコメント
 
中田選手のコメント (1回表、レフト・3ランホームラン)
来ると思ったインコースをしっかりとらえることができました。先発が鍵谷なのでね、少しでも楽な気持ちでマウンドに立ってもらえたらと思っていたので、初回から点が取れたことが何よりです。

鍵谷投手のコメント (3回、球数74、打者18、被安打4、与四球4、奪三振2、失点2、自責点2)
(連敗中という状況で) 前回の登板とは違う緊張感はありました。それにしてもフォアボールが多かったので、しっかりと反省しないといけないと思います。早いイニングでブルペン陣のみなさんに任せることになって申し訳なく思います。

陽選手のコメント (9回表、レフト前・同点タイムリー)
おいしいところで回ってきたので良かった。幸せですね。

栗山監督のコメント
苦しみましたが、連敗を止めましたが?
今日はミスが多かったし、こういう試合だからこそ落としたくなかった。144試合あるのだけど、1試合1試合、勝っても負けてもやり尽くしたと思えるくらいやり尽くさなければいけない中、みんなから最後までそういうものが出ていました。連敗が止まったこともあって、久々に感動しました。1つ1つ、こういう思いを持って戦うことが大事だと改めて思いました。
中田選手は失策の後に追撃の一発だったが?
一生懸命やる中でミスがあっても取り返せばいい訳で。何とかしたいという思いが空回りするものだけれど、やり尽くすことの意味を確認してくれたと思います。勝たなければ取り返せないものだし、責任を感じながらやってくれるのが伝わってきました。
救援陣の踏ん張りも大きかったのでは?
負けている展開でも行ってくれて、それが (勝利に) つながりました。勝たないとやっぱり自分達のやることがぼやけてしまう。連敗中も無理をしていってくれた訳ですし、そういうものも間違いなく野手に伝わったのだと思います。
連敗中は苦しみを味わいましたか?
自分より選手の方がよっぽど苦しいはず。監督のせいで迷惑をかけてきたので、早く勝ちたかったのが本音です。1つ言えるのは、一生忘れないということ。現役最後にプレーしたのが横浜スタジアムだったので、もしここから始まるのであればそれも何か意味があることだと思います。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事