やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
武田勝投手の立ち上がりは、長野選手をライトフライ、中井選手をショートゴロで二死としたものの、次の坂本選手にレフトに二塁打を打たれると、続く阿部選手のライト前ヒットで坂本選手に生還され、これで巨人が1点を先制。
そしてこの後なおも二死一塁からは、続くロペス選手にレフト前にヒットされながらも、矢野選手はライトフライで三死としたが、この試合は初回から阿部選手のタイムリーにより、早々に先制点を奪われてしまった。

【1回裏】
内海投手に対する初回の攻撃は、陽選手が空振り三振で一死となってしまうと、次の西川選手はショートへの内野安打で出塁も、ここはアブレイユ選手が空振り三振、中田選手が見逃し三振と共に続けず。

【2回表】
村田選手をファーストファールフライ、亀井選手をピッチャーゴロ、實松選手をレフトフライで三者凡退。

【2回裏】
小谷野選手がセカンドゴロ、、稲葉選手がショートゴロ、二岡選手がファーストゴロで三者凡退。

【3回表】
長野選手をサードゴロ、中井選手をセンターフライで二死とすると、次の坂本選手にはレフト前にヒットされるも、ここは続く阿部選手をセカンドゴロで切って取って三死とした。

【3回裏】
この回はまず大引選手がセンター前ヒットで出塁すると、鶴岡選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の陽選手がセンターバックスクリーンに2ランホームランを運び、これで2−1と逆転に成功。
この後は西川選手がレフト前ヒットで出塁も、直後に牽制で刺されて二死となってしまうと、アブレイユ選手はフルカウントから四球を選んで塁に出ながらも、中田選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は陽選手の逆転2ランホームランより、2−1と試合をひっくり返した。

【4回表】
ロペス選手を空振り三振、矢野選手をセンターフライ、村田選手を空振り三振で三者凡退。

【4回裏】
小谷野選手はサードゴロで倒れるも、稲葉選手がセンター前にヒットを放って一死一塁。
するとこの場面、二岡選手は見逃し三死に倒れるも、大引選手が一二塁間を破ってライト前にヒットを放って二死ながらも一二塁とすると、続く鶴岡選手のレフトへの強い打球を矢野選手が目測を大きく誤り、この間に二塁走者の稲葉選手に続い、一塁化に大引選手も長駆生還し、2点を追加して4−1。
この後二死二塁からは陽選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は鶴岡選手のレフトオーバーのタイムリー二塁打によって2点を追加し、これで4−1とリードを広げた。

【5回表】
亀井選手をレフトフライ、實松選手をライトフライ、長野選手をセカンドフライで三者凡退。

【5回裏】
先頭の西川選手が死球を受けて塁に出ると、アブレイユ選手がショートゴロに倒れる間に進塁して一死二塁。
するとこの場面、次の中田選手の三塁線への痛烈な当たりが内野安打となって一死一三塁とチャンスが広がると、続く小谷野選手のセカンドへの当たりが本塁へのフィルダースチョイスを誘い、これで1点追加で5−1。
この後は稲葉選手がレフトフライ、二岡選手がショートゴロと共に倒れて三死となってしまったが、この回は一三塁からのフィルダースチョイスで1点を追加し、これで5−1とリードを広げた。

【6回表】
中井選手をサードゴロで一死とすると、次の坂本選手のショートへのゴロは大引選手が弾いて走者を塁に残してしまうも、ここは阿部選手をショートフライ、ロペス選手をセンターフライと、後続をしっかりと切って取った。

【6回裏】
この回は先頭の大引選手がライト前ヒットで出塁すると、ここも鶴岡選手が確実に送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、陽選手が三遊間を破るレフト前ヒットで9試合連続のマルチ安打を記録すると、ここで西川選手が初球からスクイズを見事に決め、これで1点追加で6−1。
そして更にアブレイユ選手がライト前にヒットを放つと、ライトの亀井選手が打球の処理をもたつく間に二塁から陽選手が生還して7点目を挙げると共に内海投手をノックアウト。
この後なおも二死一塁からは巨人2番手の笠原投手に対して中田選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は西川選手のスクイズとアブレイユ選手のタイムリーによって2点を追加し、これで7−1とリードを6点へと広げた。

【7回表】
ここは先頭の矢野選手の右中間への二塁打に続いて、村田選手には左中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれ、1点を返されて7−2。
そしてなおも無死二塁から、亀井選手には武田勝投手のグラブを強襲するショートへの内野安打で出塁を許すと、代打の小笠原選手をファーストゴロといる間に走者にそれぞれ進塁されて一死二三塁。
この後なおも一死二三塁からは、長野選手のピッチャーゴロの間に1点は取られてしまったものの、続く高口選手は空振り三振で切って取り、これでこの回を終わらせた。

【7回裏】
小谷野選手が見逃し三振、稲葉選手が空振り三振、二岡選手がショートゴロで三者凡退。

【8回表】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で増井投手が登板のこの回は、坂本選手をレフトフライで一死とするも、阿部選手にはレフトフェンス直撃の二塁打を打たれて一死二塁。
しかしこの後はロペス選手を空振り三振、矢野選手はファーストゴロと共に切って取り、この回を無失点で終わらせた。

【8回裏】
巨人のマウンドに3番手で青木投手が登板のこの回は、大引選手、鶴岡選手、陽選手がいずれもショートゴロで三者凡退。

【9回表】
4点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム3番手の武田久投手が、先頭の村田線しっゅにセンターオーバーの二塁打を打たれてしまうと、亀井選手のセカンドゴロの間に走者に進まれて一死三塁。
しかしこの場面、続く代打の石井選手をレフトへのライナーで二死とすると、最後は長野選手をファーストへのファールフライで切って取って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント

陽選手のコメント (3回裏、センター・2ランホームラン)
打ったのはチェンジアップですね。甘い球は積極的に狙っていくつもりでした。感触は良かったですけれど、まさか入るとは思わなかったです。
 
鶴岡選手のコメント (4回裏、レフトオーバー・2点タイムリー二塁打)
最近チャンスで、というよりチャンスに限らず打てていなかったので、外野の頭を越えてくれてとにかく良かったです。(内海選手から)何回もチャンスは来ないですし、集中していきました。
 
アブレイユ選手のコメント (6回裏、ライト前タイムリー)
打ったのはまっすぐ。下位打線からつながって、さらにもう1点取りたい場面だったから、いいヒットになったね。

武田勝投手のコメント (7回、球数108、打者29、被安打7、与四死球0、奪三振3、失点3、自責点3)
立ち上がりで1点を取られましたけど、中盤以降は自分なりに粘って投げられたと思います。ただ、7回は先頭打者から畳み掛けられて残念でした。打線が打線なのでヒット1本の重みが違う。投げ終わった後の疲れも違いますね。

栗山監督のコメント
ジャイアンツ相手にいい戦いができたのではないでしょうか?
強いチームにはがむしゃらに裸になってぶつからなければいけなかったですし、全てを断ち切る空気を作りたいと思っていました。選手たちも日本シリーズを戦った相手に自分達が何をすべきか感じてほしかったし、こういう試合を繰り返していきたいですね。
武田勝投手が2回以降しっかり立て直しましたが?
(前日までの) 練習でしっかり走れていたので、(故障したふくらはぎの) 心配はなかったですし、内容も勝らしく良かったと思います。
大引、鶴岡選手がいい形で上位につなげましたが?
元々点が入る、入らないは上位打線の調子だけではないですよね。下位が打てば上につながっていくもの。2人はいつもチーム状態を考えてくれていますし、大きな意味を持つんじゃないでしょうか。
明日の戦いに向けては?
もうどうのこうの言っている状況ではないので。1試合1試合これが最後のつもりでやっていく以外にない。今日の1勝を大きな流れにしないといけないですね。
 
黒木投手コーチのコメント
(武田勝投手は) 先発投手が何をすべきかを示してくれた。打線にもリズムができた。
 

 
 ヒーローインタビュー (武田勝投手、陽選手)
 
まずは勝さん、ナイスピッチングでした。
(武田勝) ありがとうございます。
 
ジャイアンツ打線に対して、粘って7回を3点に抑えました。
(武田勝) 昨日負けて、嫌な流れにならないように、なんとか自分のピッチングで、チームの流れをこっちに持ってきたかったので、粘って投げることができました。
 
勝さんのピッチングで、札幌ドーム大歓声です。この歓声聞いていかがですか?
(武田勝) ありがとうございます。
 
今日は初回いきなり1点取られましたけれども、その後どこが良くなったんでしょうか?
(武田勝) やっぱり気持ちで逃げないように、ツルのリードを信じて、しっかりミットめがけて投げることができたと思います。

非常に強力な打線が相手でしたけれども、疲れました?
(武田勝) 恐怖感で、身も心もボロボロです。
 
おそらくは1週間くらい間隔が開くと思いますので、ボロボロな心、治してくださいね?
(武田勝) はい、またしっかり調整して頑張ります。

打のヒーローは陽岱鋼選手です。まずは一言お願いします。
(陽) サンキュ〜でぇ〜す。
 
ナイスバッティングでした。
(陽) ありがとうございます。
 
ホームランのシーン、チェンジアップは狙っていったんでしょうか?
(陽) いゃぁ、そうですね狙いました。すみません。

配球をよんでということですか?
(陽) 全くよんでないですね、はい。
 
じゃ来た球を打ったってとですね?
(陽) その通りです、はい。
 
序盤非常に苦しみましたけれども、これで14試合連続ヒット、複数安打も9試合続いています。絶好調だと思っていいですか?
(陽) いやいやいや、まだまだですね、はい。頑張ります。
 
少なくとも好調だと思うんですけれども、好調の要因は?
(陽) やっぱ、幸せです、はい。
 
惚気られちゃいましたけれども、そんな一言聞いて、勝さんいかがですか?
(武田勝) 僕も幸せです、はい。
 
明日もジャイアンツ戦控えています。ファンの皆さんに一言お願いします。
(陽) 明日も来てください。待ってま〜す。

(武田勝) カードの頭を取れたということは非常に大きいことなので、明日もチーム全員力を合わせて、そしてファンの皆さんも力を貸してください。よろしくお願いします。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事