やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
吉川投手の立ち上がりは、田中浩選手、上田選手を共にサードゴロで二死とすると、ミレッジ選手はピッチャーゴロで三者凡退と、まずは上々の立ち上がり。

【1回裏】
徳山投手に対する初回の攻撃は、陽選手が空振り三振、西川選手がピッチャーゴロで二死となってしまうと、次のアブレイユ選手は四球を選んで出塁も、ここは中田選手が見逃し三振で続けず。

【2回表】
バレンティン選手を見逃し三振、畠山選手をショートゴロ、宮本選手を空振り三振で三者凡退。

【2回裏】
稲葉選手がレフトフライで一死となってしまうと、小谷野選手は四球を選んで塁に出るも、次のホフパワー選手の打席で、まず小谷野選手が盗塁を刺されて二死となってしまうと、ホフパワー選手もレフトフライに倒れて三死となってしまった。

【3回表】
新田選手をピッチャーゴロ、中村選手を空振り三振、川島選手をショートゴロで、これで吉川投手は初回から3イニング連続での三者凡退とした。

【3回裏】
先頭の大引選手が四球を選んで塁に出ると、鶴岡選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、次の陽選手も四球で歩き、これで一死一二塁としたものの、この後は西川選手、アブレイユ選手が共にショートフライで打ち取られて三死となってしまった。

【4回表】
田中浩選手をショートゴロ、上田選手をサードファールフライですると、次のミレッジ選手は四球で塁に出してしまったものの、直後に牽制で誘い出し、一二塁間で挟んでタッチアウトとした。

【4回裏】
中田選手がレフトフライで倒れると、次の稲葉選手は四球を選んで出塁も、この後は小谷野選手がキャッチャーファールフライ、ホフパワー選手がライトフライと後続が共に続けず。

【5回表】
バレンティン選手をレフトフライ、畠山選手をライトフライ、宮本選手をライトフライで三者凡退。

【5回裏】
東京ヤクルトのピッチャーが2番手の押本投手へと交代のこの回は、大引選手がサードライナー、鶴岡選手がショートゴロ、陽選手がピッチャーゴロで三者凡退。

【6回表】
ここは新田選手を空振り三振、中村選手をショートフライ、川島選手をセカンドフライで、これで吉川投手は6イニングを投げて今だノーヒットピッチング。

【6回裏】
この回は先頭の西川選手がレフト前ヒットで出塁すると、アブレイユ選手、中田選手は共に四球で歩いて無死満塁。
するとこの場面、東京ヤクルトはピッチャーを3番手のロマン投手へと交代も、次の稲葉選手が右中間スタンドにホームランを叩き込み、これで一気に4点を先制。
この後は小谷野選手がサードゴロ、ホフパワー選手がレフトフライで二死となってしまうと、ここから大引選手が四球で出塁し、更に鶴岡選手もショートへの内野安打で続いたが、続く陽選手がサードゴロで倒れて三死となってしまった。
しかしこの回は稲葉選手のバットから満塁ホームランが飛び出し、これで北海道日本ハムが一挙4点の先制に成功した。

【7回表】
田中浩選手をサードゴロで一死とすると、次の上田選手には二遊間をセンター前にこの試合初めてのヒットを打たれてしまうも、この後はミレッジ選手、バレンティン選手を共に空振り三振に切って取ってこの回を終わらせた。

【7回裏】
ここは東京ヤクルト4番手の松岡投手に対して、西川選手はショートゴロで一死も、アブレイユ選手が四球を選んで塁に出ると、中田選手のライト前ヒットで一死一三塁とチャンス拡大。
するとこの場面、続く稲葉選手は右中間フェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち、これで1点を追加して5−0。
そしてなおも一死二三塁から、次の小谷野選手がライトに犠牲フライを上げて6−0。
このあと二死三塁からはホフパワー選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は稲葉選手のタイムリーと小谷野選手の犠牲フライで2点を追加し、これで6−0とリードを広げた。

【8回表】
ここは先頭の畠山選手にレフト前にヒットされるも、この後は宮本選手をセンターフライ、新田選手を空振り三振、中村選手をショートゴロと、後続をしっかりと切って取った。

【8回裏】
この回は東京ヤクルト5番手の江村投手に対し、大引選手がファーストフライ、鶴岡選手がサードゴロ、陽選手が空振り三振で三者凡退。

【9回表】
6点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム2番手の鍵谷投手が、先頭の川島選手にレフト前にヒットを打たれると、田中浩選手に対しては四球を与えてしまって無死一二塁。
するとこの場面、上田選手のセンターフライで二塁走者の川島選手にタッチアップされて一死一三塁となってしまうと、ここでミレッジ選手にはライトに犠牲フライを上げられ、これで1点を返されて6−1。
しかしこの後なおも二死一塁からは、続くバレンティン選手を空振り三振に切って取り、リードを守り切って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント

稲葉選手のコメント (6回裏、右中間・満塁ホームラン)
吉川がいい投球をしていましたし、何とか僕で点を取って後ろにつなげたいと思っていました。1点あればいいくらいのピッチングを吉川がしているので、最低でも1点と思って立ちましたが、打った瞬間いい手応えはありました。

吉川投手のコメント (8回、球数115、打者26、被安打2、与四死球1、奪三振8、失点0、自責点0)
打者1人1人に集中して投げられました。(6回終了時点で無安打無失点に) できるかどうかは半々だと思っていたので、7回一死からヒットを打たれても気持ちが変わることはありませんでした。明日の大谷にいい形でつなぐことができたかなと思います。

栗山監督のコメント
快勝と言える内容だったのではないでしょうか?
終わってみればそういう形でしたけれど。もう少しうまい攻め手をして早く点を取らなければならなかったですね。うちが吉川でやられると相当なダメージが残りますし、(中盤まで0−0でも) 全く五分五分ではないので。(両チーム初ヒットとなった6回の) 西川がよくフルカウントから打ってくれて、その後 (連続四球) のアブと翔も甘い球がないのであればチームのことを第一に考えながらやってくれたことを嬉しく思います。
吉川投手が今季最高の投球内容でしたが?
吉川らしさというか、後先を考えず1球1球打者をやっつける姿が見られたと思います。
稲葉選手が復調を告げる5打点の活躍だったが?
感動しました。(1軍に) 戻ってきて調子が上がっていましたが、本人はまだスッキリはしていなかったと思います。ヒットではなくホームランを打つのが稲葉らしいところ。これで落ち着いて野球ができると思います。
明日はいよいよ大谷投手が初登板ですが?
最初の登板は思い切ってやらせたいと思ってきましたし、だいぶ (チーム状態が) ファイターズらしくなってきたところで行ってもらえる。とにかく自分の持っているボールを信じて投げてほしいですね。(投手と野手の) 2つをやりながらここまで順調に来て、プロに入って良かったなと思える試合になることを期待しています。
 

 
 ヒーローインタビュー (吉川投手、稲葉選手)
 
まずは吉川さん、ナイスピッチングでした。
(吉川) ありがとうございま〜す。
 
今日は8回まで投げてわずか2安打でした。勿論調子良かったんですよね?
(吉川) そうですね。本当に調子良くて、なんとか完投、8回まで長いイニング投げたいなと思っていたので、本当に良かったです。
 
今シーズンの中では一番の手応えですか?
(吉川) 今日が一番良かったと思います。
 
ずーっとゼロゼロできていて、6回に大きな点が入りました。その時の気持ちは?
(吉川) その時まだノーヒットだったんで、稲葉さんからノーヒットノーランやれよと言われたんですけども、出来なかったです。
 
結構プレッシャーかかってたんですね。(稲葉選手は) 言ってない言ってないって言ってますけど、本当のところはどうだったんですか?
(吉川) 今さっき、ノーヒットやるわと思って1点あれば十分って言われたんですけど。ノーヒットノーランとは言われてないですけど、1点あれば十分って言われました。
 
7回1アウトまでそのノーヒットノーランのピッチングが続いていました。これもしかして出来るかなっていう思いはいかがでした?
(吉川) あの満塁ホームランがあったんで、みなさんも期待していたと思うんですけど、やっぱりだめだったですね・・・
 
次、期待してます。
(吉川) そうですね。次、出来るように頑張ります。
 
そして、稲葉選手です。ナイスバッティングでした。
(稲葉) ありがとうございます。

この大歓声を聞いて、どんなお気持ちですか?
(稲葉) あのぉ、嬉しいですね、はい。悪い時もね、本当に応援していただいたんでね。本当に打てて良かったなと思います、はい。
 
西川選手が粘ってヒット打って、フォアボール、フォアボールで満塁のチャンスになりました。どんな気持ちでしたか?
(稲葉) あのぉ、前のバッターの方達がね、なんとかしようという気持ちが伝わったんで。で、今日の吉川君はね、僕の中で、1点取れば抑えてくれるんじゃないかなというね。何とか1点取ろうというそんな気持ちで打席に入りましたけどもね、はい。

物凄い打球が飛んでいきましたね。
(稲葉) まだパワーありましたね、はい。良かったです。

そして次の回にもいい当たりが飛んでいきました。
(稲葉) そうですね。えー、まぁあそこは、飛んでいけと、そういう感じでした、はい。

それにしても今シーズン本当に辛い時期があったと思います。
(稲葉) そうですね。まぁ、神様がね、まだまだ稲葉頑張りなさいと、そう告げてるのかなと思って練習してました、はい。

今も温かい拍手ありますけれども、たとえ打てない試合があってもファンの声援は変わらなかったですよね。
(稲葉) そうですね。本当にファンの方たくさんの方が応援していただいてね、なんとかしなきゃっていう気持ちでいっぱいでね。もうこうやって出れて、皆さんと一緒に喜び合えて良かったと思いますし、またこれからも頑張りたいと思います、はい。

稲葉篤紀のバッティングを探しに行くというファーム調整がありました。今日で見つかったんじゃないですか?
(稲葉) いや、そう簡単に見つかるもんじゃないですよ。えぇ。バッティングってそういうものなので、えぇ。また明日から謙虚にね、やっていきたいと思います。

これでチームは3連勝。乗ってきました。明日以降に向けて一言ずつお願いします。
(稲葉) 僕は本当にチームに迷惑かけましたので、明日からも、少しずつチームに貢献できるようにね、取り返していけるように頑張っていきますので、また応援よろしくお願いします。
 
(吉川) また明日も試合があるんで、ぜひ札幌ドームに応援に来てください。ありがとうございました〜。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

稲葉選手の、あの一発には、観ていて涙が溢れそうでしたね。
あんな低打率でも、必死にプレーしている姿を続けていただけに、まさかのグランドスラムには感動させられました。
吉川投手も、さすが「大黒柱」に成長しただけあって感動的な投球を続けてくれましたね。
現行の順位なんぞは気にせず、上を向いて快進撃を続けてほしいものです。

2013/5/23(木) 午前 11:20 [ eiji ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事