やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
大谷投手の注目の初回のピッチングは、先頭のミレッジ選手にサードへのバウンドの高いゴロを内野安打とされてしまうと、次の上田選手の打席ですぐに盗塁を決められ、更に上田選手の送りバントで一死三塁。
しかしこの場面、続く岩村選手をセカンドゴロで二死とすると、この隙をついて三塁から本塁へと突入したミレッジ選手もファーストのアブレイユ選手の素早い送球でタッチアウトし、結局ここをダブルプレーとしてまずは立ち上がりを無失点で終わらせた。

【1回裏】
石川投手に対する初回の攻撃は、陽選手がライトフライ、杉谷選手がセカンドゴロ、アブレイユ選手がセンターフライで三者凡退。

【2回表】
ここはまずバレンティン選手を空振り三振、畠山選手をセンターフライで二死とするも、次の宮本選手にショートに内野安打されると、森岡選手はストレートの四球で歩かせてしまって二死一二塁。
するとこの場面、次の中村選手には左中間を深々と破られるタイムリー三塁打を打たれてしまい、これで2者に生還されて0−2。
この後なおも二死三塁からは川島選手をセンターフライで打ち取って三死としたが、この回は中村選手のタイムリーによって2点の先制点を奪われてしまった。

【2回裏】
中田選手がレフトフライ、小谷野選手が空振り三振で早々に二死となってしまうも、ここからまず大引選手がライトフェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、二岡選手はフルカウントから四球を選んで二死一二塁。
するとこの場面、続く鶴岡選手が三遊間を破ってレフト前にヒットを放つと、これで二塁から大引選手が生還し、1点を返して1−2。
この後なおも二死一二塁からは金子選手がセンターフライに倒れて三死となってしまったが、この回は鶴岡選手のタイムリーによって1点を返し、これで1−2とした。

【3回表】
この回はミレッジ選手をセカンドフライ、上田選手をセカンドゴロで二死とすると、次の岩村選手には右中間に二塁打を打たれるも、続くバレンティン選手は空振り三振に切って取って三死とした。

【3回裏】
陽選手が見逃し三振、杉谷選手がサードゴロで二死となってしまうと、次のアブレイユ選手は四球を選んで出塁も、ここは中田選手が見逃し三振に倒れてこの回を終えてしまった。

【4回表】
ここは畠山選手をセカンドフライ、宮本選手をショートゴロで二死としたものの、次の森岡選手に一二塁間をライト前にヒットされると、中村選手には四球を与えて二死一二塁。
しかしこの場面は続く川島選手をファーストファールフライで切って取ってこの回を無失点とした。

【4回裏】
小谷野選手がセカンドゴロ、大引選手が見逃し三振、二岡選手がレフトフライで三者凡退。

【5回表】
この回は先頭のミレッジ選手にレフト前にヒットされると、上田選手はライトフライで一死とするも、次の岩村選手の打席ではミレッジ選手に盗塁を決められて一死二塁。
するとこの場面、続く岩村選手はフルカウントから四球で歩かせ、これで一死一二塁としてしまうも、次のバレンティン選手はショートライナーで、更に二塁走者も戻れずにダブルプレー。

【5回裏】
先頭の鶴岡選手が二遊間への当たりをショートへの内野安打として塁に出ると、金子選手が送りバントを決めて一死二塁。
しかしここは次の陽選手が所とーフライで二死となってしまうと、杉谷選手もセンターフライで続けず。

【6回表】
北海道日本ハムのピッチャーが大谷投手から2番手の矢貫投手へと交代のこの回は、畠山選手をサードゴロ、宮本選手を見逃し三振、森岡選手を空振り三振で三者凡退。

【6回裏】
アブレイユ選手が空振り三振、中田選手がレフトフライ、小谷野選手がショートゴロで三者凡退。

【7回表】
この回は北海道日本ハム3番手の宮西投手が、先頭の中村選手にレフト前にヒットされると、川島選手の送りバントで一死二塁。
するとこの場面、次のミレッジ選手に対してはボールカウントが悪くなったところで敬遠気味の四球で歩かせて一死一二塁となるも、この後は代打の新田選手を空振り三振、岩村選手をキャッチャーファールフライと共に切って取ってこの回を無失点で終わらせた。

【7回裏】
先頭の大引選手が三遊間を破ってレフト前ヒットで出塁すると、二岡選手がセカンドゴロで倒れる間に進塁して一死二塁。
するとこの後、鶴岡選手がライトフライに倒れる間に二塁走者の大引選手は三塁へと進んだものの、次の金子選手はセンターフライに倒れて三死となってしまった。

【8回表】
北海道日本ハムのピッチャーが4番手の石井投手へと交代のこの回は、いきなり先頭のバレンティン選手をストレートの四球で歩かせてしまうも、畠山選手の送りバントは石井投手が素早く二塁へと送球し、フォースアウトで一死一塁。
しかしこの後、次の宮本選手も四球で歩かせて一死一二塁としてしまうと、ここで森岡選手にはセンター前にタイムリーとなるヒットを弾き返され、これで1点を追加されて1−3。
更にこの後、中村選手に対しても四球を与えて一死満塁としてしまったものの、ここでピッチャーが鍵谷投手へと交代すると、川島選手はセンターフライ、ミレッジ選手は空振り三振と後続をしっかりと切って取ってこの回を終わらせた。
しかしこの回は森岡選手のタイムリーによって1点を追加され、これで1−3とリードを広げられてしまった。

【8回裏】
ここは陽選手、杉谷選手が共にショートゴロに倒れて二死となってしまったものの、次のアブレイユ選手がレフト前にヒットを放って出塁すると、ここで続く中田選手がライトスタンドへと2ランホームランを運び、これで3−3の同点。
この後走者がいなくなってからは小谷野選手がセカンドゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は中田選手の起死回生の一発によって2点を返し、これで3−3の同点へと追いついた。

【9回表】
同点となって迎えたこの回は、北海道日本ハム6番手の増井投手が、武内選手、岩村選手を共に空振り三振で二死とすると、次のバレンティン選手にはライト前にヒットされるも、続く比屋根選手はライトフライで切って取って三死とした。

【9回裏】
東京ヤクルトのピッチャーが2番手の石山投手へと交代のこの回は、大引選手が空振り三振に倒れてしまうと、ここで代打の稲葉選手は四球を選んで塁に出るも、この後は鶴岡選手がピッチャーフライ、代打のホフパワー選手が空振り三振と共に続けず、これで試合は3−3の同点のまま延長戦へと突入することとなった。

【10回表】
ここは続投の増井投手が、宮本選手をセカンドゴロで一死とすると、次の森岡選手にはセンター前にヒットされるも、この後は中村選手をセンターフライ、川島選手をセカンドゴロと切って取ってこの回を終わらせた。

【10回裏】
先頭の陽選手がセンター前ヒットで出塁も、次の杉谷選手はスリーバント失敗で倒れてしまうと、この後もアブレイユ選手が見逃し三振、中田選手が空振り三振といずれも続けず。

【11回表】
この回は北海道日本ハム7番手の武田久投手が、ミレッジ選手をレフトフライ、武内選手をショートゴロで二死とすると、次の岩村選手の三遊間への強い当たりは、サード小谷野選手が横っ飛びですばやくさばいて三者凡退とした。

【11回裏】
ここは東京ヤクルト3番手の山本哲投手に対して、矢野選手がサードゴロ、大引選手がショートゴロ、稲葉選手がライトフライで三者凡退。

【12回表】
この回は続投の武田久投手が、先頭のバレンティン選手にセンター前にヒットされると、比屋根選手の送りバントで代走の田中浩選手が二塁へと進塁。
するとこの場面、次の宮本選手はボテボテのピッチャーゴロで走者も動けずに二死としたものの、ここから森岡選手は敬遠で歩かせると、更に続く中村選手の三遊間への当たりはサード小谷野選手がボールが手につかずに、エラーで二死満塁としてしまった。
しかしこの場面、武田久投手は次のミレッジ選手に対して持ち味の外角低めへのストレートをコントロールよく決め、見逃し三振でこの大ピンチを無失点で切り抜けた。

【12回裏】
最終12回の攻撃は、代打の西川選手がレフトフライ、同じく代打の今浪選手はセカンドゴロで倒れてしまうと、次の陽選手もサードゴロで凡退し、最後も決定打の出ないままに、引き分けのままで試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
鶴岡選手のコメント (2回裏、レフト前タイムリー)
先制された直後でしたし、翔平のためにも早い回に返していきたかったので、打てて良かったです。初球から積極的に打ちにいったことがいい結果につながりました。

中田選手のコメント (8回裏、ライト・2ランホームラン)
打ったのはシュートだと思います。大谷君が投げている間に援護できなかったですが、負けを消すことが出来て良かったです。

大谷投手のコメント (5回、球数86、打者22、被安打6、与四死球3、奪三振2、失点2、自責点2)
3人で終わる回がほとんどなく、いい形で攻撃につなげられなかったのは反省点です。行っていた球もあればカウントを整えるところでシュートしてしまったりで、もう少し丁寧に投げられるようにしたいですね。スワローズ打線はスイングが速く、危ないと思った球もありました。
 
挑戦が本格的に始まるが?
ここがスタート。野手として出場することもあると思うので、しっかり打てるようにしたい。
立ち上がりは?
野手の方に助けられた。ゼロでいけたのは良かった。
2回に二死から失点したが?
ボールもすごく甘かったし、一球一球丁寧に投げられれば良かった。
バレンティン選手から2三振を奪ったが?
特に低めをしっかり意識した。危ない球も何球もあった。
これからの課題は?
カウント球だったり、セットポジションに入ってから課題が見つかったので、1つ1つ直していきたい。
投手として出場しても打席に立ちたいか?
どっちでもいけるように準備したい。

武田久投手のコメント (2回、球数32、打者9、被安打1、与四死球1、奪三振1、失点0、自責点0)
負ける展開からよく追い付いて粘った。前向きに考えればいい。
 
鶴岡選手のコメント
(大谷投手は) 1軍で十分に通用するなと思った。ストレートが速いのが一番の武器。次の登板ではチームに勝ちをつけてほしい。

栗山監督のコメント
延長12回の長い一戦も引き分けでしたが?
負けないのであれば、どんなに長くてもいいです。
大谷投手の初先発については?
うん、みなさんが見ていただいた通りですね。
最速は157キロでしたが?
もっと出るかなと思ったけどね。でも、印象に残ったのは顔が違うということ。バッターボックスとマウンドでは全然違っていましたね。
本人も『緊張した』と話していましたが?
緊張してましたよね。ああ、翔平も緊張するんだなと思いました。でも、本当に楽しみですね。
マウンドでの姿を見て感慨深いものがあるのでは?
個人的にはありました。これでいいのかと思ったこともあったし、ファイターズに来てくれたという経緯とかですね。個人的にはそういう気持ちはありました。
劣勢を跳ね返したのは中田選手のひと振りでしたが?
ベンチから見ていると詰まっているようにも見えたけど『何とかしてあげたい』という当たりでしたね。本当ならサヨナラ勝ちしないといけないけど、(ブルペンや守備も含めて) 我慢しきった試合だった。これが原点だという試合だったと思います。
 
黒木投手コーチのコメント
(大谷投手は) 初登板にしては十分。1回のピンチでギアを入れた時の表情は、いい投手の資質を持っている。まだ課題はいっぱいあるが、1軍で投げるすごみはイメージできた。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

満塁をしのいだ!やったね。

2013/5/23(木) 午後 11:26 [ ☆どんぐり ] 返信する

顔アイコン

初回からの150キロオーバー連発にはさすがだと感じました。
でもまだ1軍レベルではない気もするのですが。

2013/5/24(金) 午前 10:43 [ fightersletsgo ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事