やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
能見投手に対する初回の攻撃は、陽選手がセカンドゴロ、西川選手が空振り三振、アブレイユ選手がセカンドゴロで三者凡退。

【1回裏】
谷元投手の立ち上がりは、西岡選手をセカンドゴロ、大和選手をファーストファールフライで二死とするも、次の鳥谷選手に左中間に二塁打を打たれると、マートン選手は四球で歩かせてしまって二死一二塁。
するとこの場面、続く新井貴選手の打席ではキャッチャー大野選手のパスボールによって走者にそれぞれ進塁を許してしまうも、ここは打席の新井貴選手を見逃し三振に切って取り、初回のピンチは何とか無失点で切り抜けた。

【2回表】
中田選手がライトフライ、大引選手が空振り三振、金子選手がライトフライで三者凡退。

【2回裏】
新井良選手をサードゴロ、柴田選手を空振り三振、藤井彰選手をセカンドライナーで三者凡退。

【3回表】
大野選手がライトフライ、杉谷選手がショートゴロ、谷元投手が見逃し三振で三者凡退。

【3回裏】
能見投手をセンターフライ、西岡選手をピッチャーゴロ、大和選手をファーストゴロで三者凡退。

【4回表】
この回は先頭の陽選手が二遊間を破るセンター前ヒットで出塁するも、西川選手の送りバントは能見投手に素早くさばかれて二塁フォースアウトで一死一塁。
するとこの場面、次のアブレイユ選手は三遊間をレフト前にヒットし、これで一死一二塁としたものの、ここは中田選手がピッチャーゴロで1-4-3のダブルプレーに倒れてしまった。

【4回裏】
鳥谷選手をサードファールフライ、マートン選手を空振り三振で二死とするも、ここから新井貴選手、新井良選手を共に四球で歩かせてしまって二死一二塁。
しかしここは続く柴田選手をセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【5回表】
先頭の大引選手がレフト線に二塁打を放って出塁すると、金子選手がしっかりと送りバントを決めて一死三塁。
するとこの場面、続く大野選手は初球から一塁方向にしっかりとスクイズを成功させ、これで北海道日本ハムが1点を先制。
この後二死走者無しとなってからは、杉谷選手がレフト前ヒットで塁に出るも、次の谷元投手が見逃し三振で三死となってしまったが、この回は大野選手のスクイズによって、まずは北海道日本ハムが先制に成功した。

【5回裏】
藤井彰選手をレフトフライ、能見投手を見逃し三振で二死とすると、次の西岡選手にはセンター前にヒットされるも、続く大和選手はセカンドゴロで切って取って三死とした。

【6回表】
この回は陽選手が見逃し三振で倒れてしまうも、西川選手が一二塁間への当たりをセカンドへの内野安打とすると、直後に盗塁を決めて一死二塁。
するとこの場面、アブレイユ選手が四球で歩いて一死一二塁となると、続く中田選手がサードゴロに倒れる間に走者がそれぞれ進塁し、更に大引選手も四球で歩いて二死満塁。
しかしここは次の金子選手が空振り三振に倒れてしまい、この回のチャンスを得点へと繋げることはできなかった、

【6回裏】
鳥谷選手をセカンドゴロ、マートン選手をセンターフライで二死とするも、ここからまず新井貴選手にセンター前にヒットされると、次の新井良選手にはライト前にヒットされ、これで二死ながらも一三塁。
そしてこの後、、阪神が代打で今成選手を起用してくると、これに対して北海道日本ハムはピッチャーを宮西投手へと交代。
するとここで阪神は代打の代打で浅井選手を起用すると、これに対して宮西投手がフルカウントから四球を与えて二死満塁としてしまったものの、続く藤井彰選手はセンターフライで切って取り、この回も何とか無失点で乗り切った。

【7回表】
大野選手が見逃し三振手に倒れてしまうも、杉谷選手がセンターオーバーでフェンス直撃の二塁打を放って一死二塁。
しかしこの場面、代打で登場の二岡選手がセカンドフライで二死なってしまうと、次の陽選手は敬遠で歩かされて二死一二塁も、続いて代打で起用された小谷野選手はライトフライで続けず。

【7回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが3番手の矢貫投手へと交代のこの回は、代打野坂選手をセンターフライ、西岡選手をセカンドゴロ、大和選手をショートゴロで三者凡退。

【8回表】
阪神のピッチャーが2番手の福原投手へとこの回のこの回は、アブレイユ選手が見逃し三振、中田選手が被り三振で二死となってしまうと、次の大引選手はライト前ヒットで出塁も、ここは代打の稲葉選手がサードファールフライで倒れて三死となってしまった。

【8回裏】
北海道日本ハムのマウンドに4番手で増井投手が登板のこの回は、鳥谷選手をライトフライ、マートン選手をセカンドゴロで二死とすると、次の新井貴選手にはライト線に二塁打を打たれてしまうも、続く新井良選手をショートゴロで切って取って三死とした。

【9回表】
この回は阪神3番手の筒井投手に対して、今浪選手がショートゴロで倒れてしまうと、杉谷選手、中島選手は共に空振り三振で三者凡退。

【9回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが5番手の武田久投手へと交代のこの回は、先頭の浅井選手に対して投じた初球が手元に当たった死球と判定されるも、これに対して主審に抗議をした栗山監督が退場処分となってしまう、
するとこの後は、次の藤井彰選手に送りバントを決められると、代打の桧山選手にはライト前にヒットを打たれて一死一三塁。
そしてここから次の西岡選手の打席では武田久投手がワイルドピッチを犯してしまい、これで三塁走者に生還されて1−1の同点。
そして更に一死二塁から、まず西岡選手は敬遠で歩かせて一二塁とするも、続く大和選手にはショートに内野安打されて一死満塁。
するとこの場面、次の鳥谷選手はレフトへの浅いフライで二死としたものの、続くマートン選手には右中間にタイムリーを弾き返されてしまい、これでサヨナラゲームで試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
大野選手のコメント (5回表、スクイズ)
いい形で回って来たので、とにかく流れを切らないように決めることができて良かったです。

谷元投手のコメント (5回2/3、球数104、打者24、被安打4、与四死球3、奪三振4、失点0、自責点0)
今日はいい状態で投げられました。先頭打者を出さないことに気をつけていったんですが、その通りにいけたことが良かった。その上で球数を少なくしていくことが課題ですね。最後にランナーを出して交代しましたけど、リードした状態だったので最低限の仕事はできたかなと思います。」

栗山監督のコメント
9回は死球の判定を巡り激しく抗議し、退場となりましたが?

自分はそう (ファール) と思ったから伝えただけ。痛がらない死球は見たことがないし、納得いかないものはいかない。でも、結果的に (逆転サヨナラ負けを喫し) やられたのは俺の行動 (が原因)。思ったことを伝えたけれど、チームが負けて選手達に申し訳ないです。
先制点は初球スクイズで挙げましたが?
相手が考えもつかないところじゃないと、決まらないと思ったから勝負をかけました。
矢貫投手を勝ちパターンの7回に起用?
元々信頼をしてきたし、ずっとああいう場面でもいけると思ってきました。精神的にも前に進んでくれていると思います。
明日は大谷選手と藤浪投手のルーキー対決が注目されますが?
本当にいい対決。多くの野球ファンの方たちに楽しんでいただけるのなら、それでいいと思います。

黒木投手コーチのコメント
勝利の女神がわれわれにほほ笑まなかった。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事