やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
藤浪投手に対する初回の攻撃は、陽選手がショートゴロ、西川選手がレフトフライ、アブレイユ選手がサードゴロで三者凡退。

【1回裏】
武田勝投手の立ち上がりは、まず先頭の西岡選手をセンターフライで一死とするも、大和選手をフルカウントから四球で歩かせてしまうと、鳥谷選手にはセンター前にヒットされて一死一二塁。
するとこの場面、次のマートン選手の打席では武田勝投手から二塁への牽制球をセカンド西川選手が弾いてしまい、この間に走者にそれぞれ進塁されてしまうと、マートン選手にはライト前にタイムリーを弾き返され、これでまずは阪神が1点を先制。
そして更にこの後、新井貴選手、新井良選手、浅井選手にいずれもライト前にタイムリーとなるヒットを弾き返されて0−4とされてしまうと、続く藤井彰選手にもレフトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を打たれてしまい、これで0−6。
この後は藤浪投手をファーストゴロで切って取ってようやく三死としたが、この試合は初回から武田勝投手が阪神打線につかまり、いきなり6点の先制を許してしまった。

【2回表】
ここは先頭の中田選手が左中間に二塁打を放って出塁すると、大谷選手はレフトフライ、大引選手はピッチャーゴロで二死も、次の今浪選手がライト前にタイムリーとなるヒットを弾き返し、これで中田選手が二塁から生還して1−6。
しかしこの後は鶴岡選手がライトフライで三死と、一気に更なる反撃とはならなかった、

【2回裏】
西岡選手をショートゴロ、大和選手をセンターフライで二死とすると、ここから鳥谷選手、マートン選手に共にレフト前にヒットを打たれ、これで二死ながらも一二塁とされるも、続く新井貴選手はライトフライで切って取ってこの回を無失点で終わらせた。

【3回表】
武田勝投手がピッチャーゴロで倒れると、次の陽選手はレフト前ヒットで出塁も、西川選手はセカンドゴロ、アブレイユ選手はサードゴロと共に続けず。

【3回裏】
新井良選手をセカンドフライ、浅井選手をファーストフライで二死とすると、次の藤井彰選手にはセンター前にヒツトされるも、続く藤浪投手をサードゴロで打ち取って三死とした。

【4回表】
中田選手がサードゴロで倒れてしまうと、次の大谷選手は左中間に二塁打を放って出塁も、この後は大引選手が空振り三振、今浪選手がセカンドゴロで三死となってしまった。

【4回裏】
先頭の西岡選手にセンター前にヒットを打たれると、大和選手の送りバントで走者を二塁へと進まれ、更に直後に西岡選手に盗塁を決められて一死三塁。
するとこの場面、次の鳥谷選手にはセンター前にタイムリーを弾き返されてしまい、これで1点を追加されて1−7。
この後はマートン選手をショートゴロで二死とすると、新井貴選手にはレフト前にヒットを打たれて二死一二塁とされるも、続く新井良選手を空振り三振で三死ととしたが、この回は鳥谷選手のタイムリーによって1点を追加され、これで1−7と再びリードを広げられてしまった。

【5回表】
ここはまず鶴岡選手がライト前ヒットで出塁も、代打のホフパワー選手はショートファールフライ、陽選手はライトフライで二死一塁。
するとこの後、次の西川選手の打席では藤浪投手のワイルドピッチによって走者が二塁へとすすけも、打席の西川選手がセンターフライに倒れてしまった。

【5回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の鍵谷投手へと交代のこの回は、浅井選手をショートフライ、藤井彰選手をショートゴロ、藤波投手を見逃し三振で三者凡退。

【6回表】
アブレイユ選手がセンターフライ、中田選手がサードゴロで二死となってしまうと、次の大谷選手は右中間に二塁打を放って出塁も、ここは大引選手がライトフライで続けず。

【6回裏】
ここは続投の鍵谷投手が、西岡選手をファーストゴロ、大和選手をレフトフライ、鳥谷選手をショートゴロで、前の回に続いての三者凡退とした。

【7回表】
先頭の今浪選手のセカンドへのゴロを西岡選手が弾いて塁に出るも、次の鶴岡選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレーで二死となってしまうと、代打の稲葉選手も空振り三振に倒れて三死となってしまった。

【7回裏】
ここは北海道日本ハム3番手の根本投手が、マートン選手を空振り三振、新井貴選手をレフトフライ、新井良選手をセカンドフライで三者凡退。

【8回表】
阪神のピッチャーが2番手の安藤投手へと交代のこの回は、陽選手がサードゴロで倒れてしまうと、次の西川選手はレフト前ヒットで出塁も、この後はアブレイユ選手が空振り三振、中田選手がピッチャーゴロと共に続けず。

【8回裏】
この回は続投の根本投手が、まず浅井選手をセカンドゴロで一死とすると、ここから藤井彰選手にライト前にヒットされ、更に代打のコンラッド選手に対して死球をぶつけて一死一二塁としてしまうも、この後は西岡選手をセンターフライ、大和選手をピッチャーゴロで切って取って三死とした。

【9回表】
阪神のマウンドに3番手で加藤投手が登板の最終回は、大谷選手、大引選手が共に空振り三振で二死となってしまうと、ここで代打の小谷野選手はレフト前ヒットで塁に出るも、最後は同じく代打の金子選手がショートゴロに倒れて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント
 
今浪選手のコメント (2回表、ライト前タイムリー)
まだ序盤なので、1点1点返していけば分からない展開。得点圏のランナーを残して終わるわけにいかないと、集中して行きました。相手は速い真っ直ぐに合わせていかないといけない投手。狙い通りに打てました。

武田勝投手のコメント (4回、球数84、打者24、被安打12、与四死球1、奪三振1、失点7、自責点5)
立ち上がり探り探りの投球をタイガース打線が見逃してくれませんでした。初回で大きなビハインドを背負う展開にしてしまい、チームに申し訳なく思います。次回、同じような過ちを犯さないよう、しっかり修正して臨みます。

大谷選手のコメント
(1打席目の初球をファールしたのは) 直球が速いし、絞っていかないと厳しいと思った。直球だと思っていたので、打ち損じた時はショックだった。そこで打てるようにしたい。(2打席目は) 捉えたと思ったが、シュート回転してきたのでバットの先っぽに当たった。点差もあいていたので二塁を狙った。(次回対戦があれば) 今日は直球に対応できたが、変化球から入ってくることもある。しっかり打てるようにやっていきたい。

栗山監督のコメント
大谷選手が2本の二塁打を放ちましたが?
もうちょっと緊張した形の中で勝負させてあげたかったなと思います。
武田勝投手が誤算でしたか?
この前もこういうことがあった。3回くらいから落ち着いてきたけどね。どこに原因があるのかは勝本人が一番分かっているはず。ミスも重なっているし、最初にリズムを作ってあげないとね。
タイガース打線の対策が奏功した?
緩い球への考え方がしっかりとあって一丸になってというのがあったけどね、勝も投げたいところに行かないというのがあった。エースなんで任せながらやっていったということ。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事