やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
5月4日以来の登板となるウルフ投手立ち上がりは、大島選手、井端選手を共にショートゴロで二死とすると、森野選手は空振り三振で三者凡退とした。

【1回裏】
初回の攻撃は、先頭の陽選手はセンターフライで倒れるも、西川選手が右中間を破る二塁打を放って一死二塁。
するとこの場面、次のアブレイユ選手は空振り三振で二死も、続く中田選手がレフト前にヒットを放つと、これで二塁から西川選手が生還し、まずは北海道日本ハムが1点を先制。
そして更にこの後、稲葉選手はライトオーバーの二塁打を放って二死ながらも二三塁としたものの、ここは小谷野選手がショートゴロに倒れて三死となってしまったが、この試合は初回から中田選手のタイムリーにより、1−0と先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
ルナ選手をサードゴロで一死とするも、和田選手にライト前にヒットを打たれると谷繁選手のボテボテの当たりはサードへの内野安打となってしまって一死一二塁。
するとこの場面、次の藤井選手に二遊間をセンター前にヒットされると、これで二塁走者の和田選手に生還されてしまい、1点を返されて1−1。
そして更になおも一死一二塁から、堂上直選手のセンター前ヒットで満塁とされてしまうと、次の松井雅選手をショートゴロで打ち取る間に三塁走者に生還され、これで1−2。
この後なおも二死二三塁からは大島選手をサードフライで切って取って三死としたが、この回は藤井選手のタイムリーで同点とされた後、内野ゴロの間に更に追加点を許し、これで1−2と先制直後にすぐに逆転を喫してしまった。

【2回裏】
ホフパワー選手がキャッチャーファールフライで倒れてしまうも、次の大引選手の三遊間への当たりはサードのルナ選手に追いつかれたものの、送球が逸れてエラーで出塁。
するとこの場面、続く大野選手が三遊間をレフト前にヒットを放って一二塁とすると、ここで陽選手がレフト線にタイムリーとなる二塁打を放地、これで2−2の同点。
そして更になおも一死二三塁から、次の西川選手がライト線に2点タイムリーとなる二塁打を放ち、これで4−2。
この後一死二塁からは、アブレイユ選手がセカンドフライ、中田選手がライトフライと共に倒れて三死となってしまったが、この回はまず陽選手のタイムリーで同点へと追いつき、更に続く西川選手の2点イタイムリーで勝ち越し、4−2と再びリードを奪った。

【3回表】
この回は井端選手をショートゴロ、森野選手をファーストゴロで二死としたものの、次のルナ選手に左中間フェンス直撃の二塁打を打たれると、続く和田選手には左中間スタンドに2ランホームランを運ばれてしまい、これで2点を返されて4−4の同点。
この後二死走者無しからは谷繁選手をライトフライで打ち取って三死としたが、この回は和田選手の一発によって2点を奪われ、これで4−4と一気に同点とされてしまった。

【3回裏】
ここは稲葉選手がセンター前ヒット、小谷野選手がレフト前にヒットを放って無死一二塁とするも、次のホフパワー選手がフルカウントからサードへのファールフライで倒れてしまうと、この後は大引選手、大野選手が共にセンターフライで倒れてしまい、無死一二塁の勝ち越しのチャンスを生かすことはできなかった。

【4回表】
先頭の藤井選手にライト前にヒットされると、堂上直選手には送りバントを決められて一死二塁。
するとこの場面、次の松井雅選手は空振り三振で二死としながらも、大島選手にはライト前にヒットを打たれ、これで二死一三塁とされてしまったが、ここは続く井端選手をフルカウントから空振り三振に切って取ってこの回を終わらせた。

【4回裏】
中日のピッチャーが2番手の鈴木投手へと交代のこの回は、陽選手がショートライナーで倒れてしまうも、西川選手がこの試合自身3本目となる二塁打を右中間に放って出塁すると、アブレイユ選手はフルカウントから四球を選んで一死一二塁。
しかしこの場面は、次の中田選手がサードゴロで5-5-3のダブルプレーに倒れて三死となってしまった。

【5回表】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で鍵谷投手が登板のこの回は、森野選手をライトフライ、ルナ選手をレフトフライで二死とすると、次の和田選手に対してはフルカウントから四球を与えてしまったものの、続く谷繁選手はセカンドゴロで切って取って三死とした。

【5回裏】
稲葉選手がセンターフライ、小谷野選手がライトフライ、ホフパワー選手がセンターフライで三者凡退。

【6回表】
ここは続投の鍵谷投手が、藤井選手をセンターフライ、堂上直選手をライトフライ、松井雅選手をセカンドゴロで三者凡退。

【6回裏】
ここは中日3番手の武藤投手に対して、大引選手がファーストファールフライ、大野選手がライトフライ、陽選手が空振り三振で三者凡退。

【7回表】
この回は北海道日本ハム3番手の矢貫投手が、いきなり先頭の大島選手にレフト線に二塁打を打たれてしまうと、井端選手の送りバントはファーストのホフパワー選手が三塁へと送球も、これがフィルダースチョイスとなってしまって無死一三塁。
するとこの場面、次の森野選手を四球で歩かせて満塁となってしまうと、ここでルナ選手にはレフト前にタイムリーを弾き返されてしまい、これで4−5と中日が勝ち越し。
しかしこの後なおも無死満塁からは、まず和田選手をピッチャーゴロで本塁フォースアウトとすると、更に次の谷繁選手にはレフトの定位置あたりにフライを上げられてしまうも、これをまず中田選手がこれをキャッチして二死とすると、タッチアップで本塁へと突入した森野選手も好返球で本塁タッチアウトとし、キャッチャー大野選手の好ブロックもあって三死とした。

【7回裏】
西川選手が空振り三振で倒れてしまうと、次のアブレイユ選手は四球を選んで出塁も、続く中田選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレー。

【8回表】
この回は北海道日本ハム4番手の宮西投手が、先頭の藤井選手にレフト前にヒットされると、堂上直選手の送りバントで一死二塁。
そしてこの後、更に次の松井雅選手を四球で歩かせて一死一二塁としてしまったものの、続く大島選手の右中間へのフライをセンター陽選手がランニングキャッチで好捕すると、井端選手もキャッチャーファールフライで打ち取ってこの回を終わらせた。

【8回裏】
ここは中日3番手の中田賢投手に対して、佐藤選手がファーストフライ、小谷野選手が空振り三振で二死となってしまうと、ここからホフパワー選手、大引選手が共にレフト前にヒットを放って一三塁としたものの、続いて代打で登場の今浪選手がセカンドゴロで倒れてこの回を終えてしまった。

【9回表】
ここは北海道日本ハム5番手の増井投手が、先頭の森野選手を四球で塁に出してしまうと、ルナ選手は空振り三振で一死も、続く和田選手にレフト前にヒットを打たれると、更に谷繁選手に対して死球をぶつけて一死満塁。
しかしこの場面は、まず藤井選手をファーストゴロで本塁フォースアウトとすると、堂上直選手もライトフライで打ち取り、ピンチを作りながらも何とか無失点で切り抜けた。

【9回裏】
1点のビハインドで迎えた最終回の攻撃は、中日の守護神岩瀬投手に対し、陽選手が空振り三振で倒れるも、西川選手はセンター前にヒットを放って一死一塁。
しかしこの後は次のアブレイユ選手が空振り三振に倒れて二死となってしまうと、最後は中田選手がショートゴロに切って取られて試合終了となってしまった。
 

 
 各選手のコメント

中田選手のコメント (1回裏、レフト前タイムリー)
先制のチャンスでしたし、ランナーを返すことに集中して行きました。とは言っても、その後の守りで本塁へいい送球ができず、同点にしてしまった悔しさの方が大きいです。

陽選手のコメント (2回裏、レフト線タイムリー二塁打)
打ったのはスライダーです。カウントを取りに来る甘い球を見逃さず、積極的に打っていきました。

西川選手のコメント (2回裏、ライト線2点タイムリー二塁打)
打ったのはまっすぐかシュート。3ボールでしたけど、待てのサインが出なかったので、甘いボールが来たら積極的に行こうと思っていました。しっかりと振り抜けたと思います。

ウルフ投手のコメント (4回、球数61、打者20、被安打8、与四死球0、奪三振3、失点4、自責点4)
久しぶりの登板だったけど違和感なく投げられたので、次はもっと長いイニングいけると思う。甘いボールが多かったのを次の登板までに修正していきたい。ブルペン陣には申し訳ないことをした。

栗山監督のコメント
先制したものの勝ちきれませんでしたが?
本当に何が何でもという試合だった。申し訳ない、それだけです。勝たせてあげられなくて申し訳ないと。誰がどうの、というのではない。
ウルフ投手は立ち上がりこそよかったですが?
球はそんなに悪く見えなかった。組み合わせとか、試合間隔が空いていたこともあったかもしれない。(次回は) しっかりと投げてくれるでしょう。
明日は大谷投手が先発しますが?
こういう形で翔平がマウンドに上がるのはプレッシャーかもしれないけど自分らしく投げてくれればいいと思います。
稲葉選手の途中交代については?
怪我をさせちゃいけないので。明日は状態を見てですね。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事