やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
大谷投手の今日の立ち上がりは、まず先頭の大島選手を空振り三振で一死とすると、堂上直選手はセカンドフライ、森野選手はセンターフライと打ち取り、初回を無難に三者凡退とした。

【1回裏】
山内投手に対する初回の攻撃は、陽選手がレフトフライ、大引選手がショートライナーで二死となってしまうも、次の西川選手は一二塁間を破るライト前ヒットで出塁すると、中田選手は鋭い当たりがレフトフェンスを直撃するヒットで二死一三塁。
しかしここは続くアブレイユ選手がショート正面へのゴロに倒れて三死となってしまった。

【2回表】
ここは先頭のルナ選手にレフト前にポトリと落ちるヒットを打たれると、和田選手の当たりはライト前に落ちる当たりで無死一三塁のピンチ。
するとこの場面、次のクラーク選手はピッチャーゴロで一死としたものの、山選手に対して死球をぶつけて満塁としてしまうと、続く藤井選手にはレフトに犠牲フライを上げられ、これで中日が1点を先制。
更にこの後二死一二塁からは、二塁走者の和田選手に三盗を決められながらも、松井雅選手は空振り三振で切って取って三死とし、この回は先制点こそ奪われながらも、何とか最少失点のみで乗り切った。

【2回裏】
先頭のホフパワー選手が右中間フェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、小谷野選手が送りバントを決めて一死三塁。
するとこの場面、次の佐藤選手はセカンドゴロで走者も動けずに二死となってしまうも、続く鶴岡選手が左中間スタンドに今季1号となる2ランホームランを運び、これで2−1と逆転。
この後は陽選手がファーストへのファールフライに倒れて三死となってしまったが、この回は鶴岡選手の2ランホームランで2−1と逆転に成功した。

【3回表】
この回は大島選手にライト線に二塁打を打たれてしまうと、堂上直選手の送りバントで一死三塁とされ、次の森野選手のライトへの犠牲フライで2−2の同点。
この後はルナ選手を空振り三振として三死としたが、この回は森野選手の犠牲フライによって1点を奪われ、これで2−2の同点とされてしまった。

【3回裏】
ここはまず大引選手がストレートの四球を選んで塁に出るも、西川選手のセーフティー気味のバントはキャッチャーへのファールフライで倒れるも、中田選手がレフト前にヒットを放って一死一二塁。
するとこの場面、続くアブレイユ選手は5月18日以来となる今季13号のホームランを左中間スタンドにライナーで叩き込み、これで一挙3点追加で5−2。
この後はホフパワー選手がセンターフライで二死となってしまうと、小谷野選手はピッチャー返しの打球をセンター前へとヒットするも、佐藤選手はピッチャーゴロで三死となってしまったが、この回はアブレイユ選手の起死回生の3ランホームランで再び勝ち越し、5−2とリードを3点とした。

【4回表】
再び味方打線に勝ち越してもらった大谷投手のこの回は、先頭の和田選手を四球で歩かせてしまうと、クラーク選手はレフトフライで一死も、山選手にはレフト線に二塁打を打たれて一死二三塁。
するとこの場面、藤井選手をセカンドゴロとする間に三塁から和田選手に生還されて5−3。
そして更になおも二死三塁から、松井雅選手を四球で塁に出してしまいながらも、続く大島選手の一塁線への痛烈な当たりをファーストのホフパワー選手が好守でさばいて三死としたが、この回も先頭打者を出塁させてしまうと、その後の内野ゴロの間に1点を奪われ、これで5−3と得点差を縮められてしまった。

【4回裏】
鶴岡選手、陽選手が共にショートゴロで二死となってしまうと、大引選手はセンター前にヒットを放って出塁も、ここは西川選手が空振り三振に倒れてこの回を終えてしまった。

【5回表】
ここは堂上直選手を空振り三振、森野選手をファーストゴロで二死とすると、ルナ選手はセンターフライで三者凡退。

【5回裏】
中田選手がセンターフライ、アブレイユ選手がショートゴロ、ホフパワー選手がセカンドゴロで三者凡退。

【6回表】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で鍵谷投手が登板のこの回は、和田選手を空振り三振、荒木選手をライトフライ、山選手をサードゴロで三者凡退とした。

【6回裏】
小谷野選手がレフトフライ、佐藤選手がファーストゴロで二死となってしまうも、次の鶴岡選手は二遊間をセンター前へとヒットを放って出塁すると、続く陽選手がレフトスタンドに2ランホームランを運び、これで2点を追加して7−3。
そして更にこの後は、大引選手がレフト前にヒットを放つと、西川選手はショートへのボテボテの当たりを内野安打として続くと、ここで中日はピッチャーを山内投手から田島投手へと交代。
するとなおも二死一二塁のこの場面は、続く中田選手が四球を選んで満塁としながらも、続くアブレイユ選手が空振り三振で三死となってしまったが、この回は陽選手の2ランホームランによって2点を追加し、これで7−3とリードを広げた。

【7回表】
この回は北海道日本ハム3番手の宮西投手が、藤井選手をショートゴロ、代打の平田選手をライトフライ、大島選手をセカンドゴロで、これで宮西投手は今季17試合目の登板で初の三者凡退に抑えた。

【7回裏】
ここは中日3番手の辻投手に対して、ホフパワー選手がレフトフライで倒れるも、次の小谷野選手のサードへのゴロはルナ選手が弾いて一死一塁。
するとこの場面、続く村田選手の打席では辻投手のワイルドピッチで小谷野選手が二塁へと進むも、村田選手は見逃し三振、鶴岡選手はライトフライで三死となってしまった。

【8回表】
ここは北海道日本ハム4番手の矢貫投手が、堂上直選手をサードゴロ、森野選手をサードファールフライ、ルナ選手をショートゴロで三者凡退。

【8回裏】
陽選手が空振り三振、大引選手がライトフライ、中島選手がレフトフライで三者凡退。

【9回表】
4点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム5番手の増井投手が、先頭の和田選手にセンターオーバーの二塁打を打たれてしまうと、荒木選手にはセンター前にヒットされて無死一三塁。
しかしこの場面、次の山選手は見逃し三振で一死とすると、続く藤井選手はセカンドゴロで4-6-3のダブルプレーとして試合終了。
大谷投手にプロ初白星がつく記念すべき試合となった。
 

 
 各選手のコメント

鶴岡選手のコメント (2回裏、左中間2ランホームラン)
三塁にランナーを置いていたので、どんな形でも早めに追いつきたいと思っていました。打ったのは真っ直ぐかシュート。思い切りいくことだけ考えて振りましたが、自分でも入るとは思いませんでした。(2年ぶりのホームランに) 感触を忘れていました。

アブレイユ選手のコメント (3回裏、左中間3ランホームラン)
打ったのはスライダーだね。ライナー性の当たりだったけど、手応えは良かった。今日は打撃練習からいい感じで振れていたんだ。ルーキーのピッチャーが頑張っているし、いい場面でいい1本が出て嬉しいよ。

大谷投手のコメント (5回、球数87、打者22、被安打4、与四死球3、奪三振4、失点3、自責点3)
緊張することなく1回のマウンドに立てましたが、リズムが良くなく、今日は攻撃に助けられました。逆転していただいた後、きっちりいけばもっとリズムに乗れたと思います。

陽選手のコメント (6回裏、レフト・ソロホームラン)
(大谷投手が) いい投球をしていたので、何とか勝たせてあげたかった。チームに貢献できて良かった。

鍵谷投手のコメント (1回、球数16、打者3、被安打0、与四死球0、奪三振1、失点0、自責点0)
変化球も前より腕が振れるようになった。(大谷投手を) 勝たせてあげたくて、ちょっとでも力になれて良かった。

栗山監督のコメント
− 大谷投手が嬉しいプロ初勝利を飾りましたが?

今日くらいは笑ってもいいですよね。状態は悪かったけれども、いい時に勝つより踏ん張れたことに意味がある。課題をはっきりさせて、いい形で前に進んでくれたらと思います。
− 大谷投手の状態はいかがでしたか?
今まで投げたファームの試合を含めて、悪かった時と同等の内容でした。4回は代えるかどうか迷ったし、なかなかあそこから立ち直るのは難しいけれど、5回は三者凡退に抑えて彼の資質を示してくれたと思います。
変化球を投げたり、間をあけたりと工夫はしていた。あれだけ状態が悪い中で、よく5回まで我慢できた。
体の状態を見ると、もうちょっと登板間隔をあけた方がいいのかな? もしくは、野手としての出場機会を減らすのか。これまでの調整法を変えるつもりはないけど、もう一度、丁寧に探ってみないといけない。
− チーム自体、勝ちたい思いが表れていましたが?
中継ぎは連投になっていますが、よく投げてくれました。栄一も2回のバントはサインじゃないし、心がつながっていると感じられたことにも意味を感じます。アブレイユの一発も大きかった。以前から5月だけ悪いというデータがあって、月が替わって早速打ってくれました。
− 明日からは旭川でナイター2連戦ですが?
言ってきた通り、1つ1つ目一杯やるしかないので。連投になる人もいるでしょうが、やり尽くすしかない。交流戦のうちにきっかけをつかむため、全員で戦います。

黒木投手コーチのコメント
(大谷投手は) 調子が良くなくても、抑えられる力を持っている選手と再認識させられた。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事