やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
谷元投手の立ち上がりは、先頭の金城選手にライト前にヒットされると、山崎選手の送りバントで一死二塁とされるも、この後は多村選手をライトフライで二死とすると、続くブランコ選手のライト線への打球も佐藤選手がスライディングキャッチの好捕で抑えて、まずは初回を無失点で終わらせた。

【1回裏】
初回の攻撃は、陽選手がセカンドゴロ、西川選手がサードゴロで二死となってしまうも、次のアブレイユ選手は左中間スタンドにソロホームランを叩き込み、これで北海道日本ハムが1点を先制。
この後は中田選手がサードゴロに倒れて三死となってしまったが、この回はアブレイユ選手の今季14号となるソロホームランで、初回から早々に先制点を挙げることに成功した。

【2回表】
ラミレス選手をファーストゴロ、荒波選手をセカンドゴロで二死とすると、次の宮崎選手にはライト前にヒットされるも、続く黒羽根選手を空振り三振に切って取って三死とした。

【2回裏】
ここは小谷野選手がピッチャーゴロで一死も、ホフパワー選手、大引選手が共に四球で歩いて一死一二塁とすると、次の佐藤選手が一二塁間を破ってライト前にヒットを放つと、この当たりで二塁からホフパワー選手が生還して2−0。
そしてなおも一死一三塁から、大野選手は見逃し三振で二死となってしまうも、続く陽選手がレフト線にタイムリーとなる二塁打を放って3−0。
この後なおも二死二三塁からは、西川選手が四球を選んで満塁としながらも、アブレイユ選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は佐藤選手、陽選手の2本のタイムリーで2点を追加し、これで3−0とリードを広げた。

【3回表】
この回は内村選手、金城選手を共にセカンドゴロで二死とすると、山崎選手はショートゴロで三者凡退。

【3回裏】
先頭の中田選手が一二塁間を破るライト前ヒットで出塁すると、小谷野選手がレフト前ヒットで続いて無死一二塁としたものの、この後はホフパワー選手が空振り三振、大引選手がキャッチャーファールフライ、佐藤選手が空振り三振と後続がいずれも続けず。

【4回表】
まず多村選手をライトフライで一死とすると、次のブランコ選手は四球で塁に出してしまったものの、ここは続くラミレス選手をサードゴロで5-4-3のダブルプレーとした。

【4回裏】
この回は大野選手がセカンドゴロで一死も、陽選手がレフト前ヒットで塁に出ると、直後に盗塁を決めるも、更に試みた三盗に失敗。
しかしこの後、打席の西川選手が四球を選んで塁に出ると、続くアブレイユ選手がレフト場外へと消える特大の2ランホームランを放ち、これで2点を追加して5−0。
この後二死走者無しからは中田選手がセカンドゴロに倒れて三死となってしまったが、この回はアブレイユ選手のこの試合2本目となる一発で2点を追加し、これで5−0とリードを広げた。

【5回表】
荒波選手をレフトフライ、宮崎選手をセカンドゴロ、黒羽根選手を空振り三振で三者凡退。

【5回裏】
横浜DeNAのピッチャーが2番手の高崎投手へと交代の回は、小谷野選手がライトフライで倒れてしまうと、次のホフパワー選手場ライト前ヒットで出塁も、この後は大引選手がセンターフライ、佐藤選手が空振り三振と共に続けず。

【6回表】
この回は内村選手にレフト前ヒット、金城選手にライト前ヒットと連打されると、代打の梶谷選手のショートへのゴロは、ショート大引選手が二塁へとトスするも、これをセカンド西川選手が落球して無死満塁とピンチ拡大。
するとこの場面、次の多村選手にはセンター前にタイムリーを打たれて1点を返され、更になおも満塁の場面だったが、ここは続くブランコ選手をライトフライで一死とすると、三塁走者がタッチアップしなかったにも関わらずスタートを切った二塁走者に押し出されてスタートした三塁走者を三本間でアウトとして二死二三塁。
そして更に次のラミレス選手のサードへの痛烈な当たりは小谷野選手が素晴らしい反応を見せて打ち取り、この回の無死満塁のピンチは、相手のミスもあって最少失点で乗り切った。

【6回裏】
ここはまず大野選手が見逃し三振で一死となってしまうも、次の陽選手が左中間スタンドにソロホームランを運び、これで1点を追加して6−1。
そして更にこのあと、まず西川選手がショートへの内野安打で塁に出ると、アブレイユ選手が四球を選んで一死一二塁としたところで、続く中田選手がセンター前にヒットを放つと、この当たりで二塁走者の西川選手が一気に生還。
しかしこのプレーで西川選手はキャッチャー黒羽根選手と交錯してしまい、足を負傷してベンチへと戻った。
そして試合の方はこの後なおも一死一二塁から、小谷野選手が空振り三振、ホフパワー選手がセンターフライと共に倒れ三死となってしまったが、この回は陽選手のホームランと中田選手のタイムリーによって2点を追加し、これで7−1と更にリードを広げた。

【7回表】
荒波選手を見逃し三振で一死とすると、宮崎選手と代打の後藤選手は共に空振り三振で三者凡退。

【7回裏】
大引選手がサードゴロで倒れてしまうも、佐藤選手はストレートの四球を選んで出塁すると、代走の村田選手が盗塁を決めて一死二塁。
しかしこの後は次の大野選手が空振り三振で二死となってしまうと、陽選手もキャッチャーファールフライに倒れて三死となってしまった。

【8回表】
内村選手をレフトフライ、金城選手をピッチャーゴロ、梶谷選手をレフトフライで三者凡退。

【8回裏】
この回は横浜DeNA3番手の林投手に対して、中島選手が四球を選んで出塁も、次のアブレイユ選手がライトフライで一死となってしまうと、続く中田選手はショートゴロで6-4-3のダブルプレー。

【9回表】
6点のリードで迎えた最終回は、北海道日本ハム2番手の矢貫投手が、多村選手、ブランコ選手を共に空振り三振で二死とすると、次のラミレス選手はバットをへし折ってのピッチャーゴロで切って取り、三者凡退で締めて試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント

アブレイユ選手のコメント
(1回裏、左中間ソロホームラン)
打ったのはチェンジアップ。バットの先だったけれど、スイング自体は悪くなかったと思う。昨日旭川のファンの前でいいところを見せられなかったので、これがチームに流れを呼び込めたらいいね。
(4回裏、レフト・2ランホームラン)
前の打席も内側の直球が多かったので意識していました。少しでも投手に楽に投げてもらいたいし、飛距離も出て気分は悪くないよ。

佐藤選手のコメント (2回裏、ライト前タイムリー)
打ったのはスライダー。初球の甘いボールを見逃していたので、何とかしたいと思っていました。うまく引っかかってくれたという感じです。(昨日の初ホームランに続く打点にも) まり欲を出さないで、一打席一打席しっかりと打席に入りたいと思います。

陽選手のコメント
(2回裏、レフト線タイムリー二塁打)
得点圏に走者を置いていたので、追い込まれながらも簡単に終わらないぞと強い気持ちで行きました。打球が跳ねてラッキーでしたが、土のグラウンドは打ち上げないことが大事だと改めて思いました。
(6回裏、左中間ソロホームラン)
自分有利のカウントに持っていけましたし、1点返された直後だったので1本打ちたかったです。(高崎投手に対しては) 昨日スライダーで三振していたから狙っていました。この時期で昨年の7本塁打を上回ることができて嬉しいです。
 
小谷野選手のコメント (8回表、サードへの当たりを好守)
谷元が良いピッチングをしていたので打球の方向が予測しやすかった。みんなで取ったアウトです。

栗山監督のコメント
− まず試合を振り返っていかがでしょうか?
内容よりも一つでも多く勝って行くしかないので。どうしても点を取るところが目立ちますが、今日は谷元が頑張って守りからリズムが出来ました。毎試合、こういうファイターズらしさが出せるようにしていきたいです。
− 谷元投手が8回1失点と好投しましたが?
困っても逃げなくなったというか、カウントが悪くても勝負して向かっていく姿勢が見えました。苦しい中、よく投げてくれて確実に前に進んでいます。6回のようなピンチで踏ん張ることができ、自信につながってくれたらいいですよね。
− 旭川2連戦を振り返って
今日しか見に来ることが出来ない人もいるでしょうし、やっぱりファイターズを見に来て良かったなと思ってもらうことが一番なので。昨日のような試合は申し訳なかったですし、この先も一生懸命頑張る姿を見せていきます。
− 明後日からはジャイアンツ戦ですが?
まだまだ我々はパ・リーグで一番下。相手どうこうではなく、全て勝ちに行くしかないと思っています。

黒木投手コーチのコメント
(谷元投手は) 悔しい思いをして2軍にも落ちた。練習の成果が出た。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事