やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
小川投手に対する初回の攻撃は、陽選手がセンター前にヒットを放って出塁すると直後に盗塁を決め、更に大引選手のセカンドへのゴロの間に進塁して一死三塁。
しかしここはアブレイユ選手がショートゴロで二死となってしまうと、中田選手もサードゴロで倒れ、初回のチャンスを得点へと繋げることはできなかった。

【1回裏】
ウルフ投手の立ち上がりは、先頭の山田選手の二遊間への当たりをセカンドへの内野安打とされると、川島選手の送りピッチャー前へのバントはウルフ投手が処理を焦った送球が逸れ、これで無死一二塁。
するとこの場面、ミレッジ選手のショートゴロを二塁フォースアウトとするも、一死一三塁となってしまうと、バレンティン選手には三遊間をレフト前にタイムリーを打たれて0−1。
そして更にこのあと、畠山選手のセンター前ヒットで一死満塁とされると、続く相川選手にも四球を与えてしまい、押し出しで0−2。
この後は次の武内選手をピッチャーゴロで1-2-3のダブルプレーとしたものの、この試合は初回からバレンティン選手のタイムリーと押し出しで、早々に2点の先制点を与えてしまった。

【2回表】
大谷選手が空振り三振で倒れると、小谷野選手、今浪選手は共にセカンドゴロで三者凡退。

【2回裏】
荒木選手をファーストゴロ、小川投手を空振り三振、山田選手をセカンドゴロで三者凡退。

【3回表】
大野選手がセンター前ヒットで出塁すると、ウルフ投手はしっかりと送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、陽選手の三遊間を破るレフト前ヒットで一三塁とすると、ここで大引選手がレフト前にタイムリーを弾き返し、これで1点を返して1−2。
そして更に一死二三塁となったこの場面、アブレイユ選手はファーストファールフライで二死となってしまったものの、続く中田選手がセンター前へヒットを弾き返すと、これで三塁走者の陽選手に続いて二塁から大引選手も生還し、2点を挙げて3−2と逆転。
この後なおも二死一塁からは、中田選手が盗塁で二塁へと進むと大谷選手が一二塁間を破るライト前ヒットで続いて一三塁としたところで、小谷野選手がセンター前にタイムリーを弾き返して4−2。
そして更に二死一二塁から、今度は今浪選手が右中間を破る2点タイムリー二塁打を放って6点目。
この後二死二塁からは大野選手が敬遠されると、ウルフ投手がセカンドフライに倒れて三死となってしまったが、この回は小川投手から一挙6点を奪い、6−2と逆転に成功した。

【3回裏】
川島選手をセカンドゴロ、ミレッジ選手を空振り三振、バレンティン選手をサードゴロで、前の回に続いての三者凡退。

【4回表】
陽選手がサードゴロ、大引選手がファーストファールフライで二死となってしまうと、アブレイユ選手はレフト前にヒットを放って出塁も、中田選手がキャッチャーファールフライで続けず。

【4回裏】
畠山選手、相川選手を共にショートゴロで二死とすると、ここから武内選手にはセンター前にヒットされ、更に続く荒木選手の二遊間への当たりはセカンド今浪選手が追いつきながらも内野安打としてしまったが、続く代打の岩村選手をショートゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【5回表】
東京ヤクルトのピッチャーが2番手の木谷投手へと交代のこの回は、先頭の大谷選手が左中間フェンスに到達する二塁打を放って出塁すると、小谷野選手は四球を選んで無死一二塁。
するとこの場面、今浪選手が送りバントを決めて一死二三塁とチャンスを広げると、次の大野選手がセーフティースクイズを敢行し、これに対して小川投手がグラブトスで本塁へと送球もセーフとなって7−2。
この後一死一三塁からは、ウルフ投手がスリーバント失敗の空振り三振、陽選手が所とーゴロで三死となってしまったが、この回は大野選手のスクイズによって1点を追加し、これで7−2とリードを広げた。

【5回裏】
ここは先頭の山田選手を四球で歩かせてしまうと、川島選手のセカンドゴロの間に進塁され、更に次のミレッジ選手のショートへのゴロはファーストのアブレイユ選手が送球をキャッチできず、これで一死一三塁とピンチが拡大。
しかしこの場面、次のバレンティン選手をセンターフライで二死とすると、畠山選手もサードゴロで切って取ってこの回を無失点で終わらせた。

【6回表】
この回は大引選手がショートへの内野安打で出塁すると、アブレイユ選手は見逃し三振も、中田選手がレフト前ヒットで続いて一死一二塁とし、ここで東京ヤクルトはピッチャーを久古投手へと交代。
するとこの場面、代打で登場の金子選手は空振り三振で二死となってしまったものの、なおも二死一二塁から、小谷野選手がレフト前にタイムリーを放って8−2。
この後は今浪選手がセカンドゴロに倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーによって更に1点を追加し、これで8−2とした。

【6回裏】
相川選手をセカンドゴロ、武内選手をファーストゴロで二死とすると、次の荒木選手には二遊間をセンター前にヒットされるも、続く代打の田中浩選手はライトフライで切って取って三死とした。

【7回表】
東京ヤクルトのピッチャーが4番手の正田投手へと交代のこの回は、大野選手がサードゴロ、代打の飯山選手がライトフライで二死となってしまうと、次の陽選手はライト線へのエンタイトル二塁打で二死二塁とするも、続く大引選手は見逃し三振に倒れて三死となってしまった。

【7回裏】
北海道日本ハムのマウンドに2番手で鍵谷投手が登板のこの回は、山田選手をセンターフライ、川島選手をショートゴロで二死とするも、ここからミレッジ選手のライト前ヒットと、バレンティン選手のレフト前ヒットで二死一三塁とされてしまうと、次の畠山選手にはセンター前にタイムリーを弾き返されて8−3。
しかしこの後は相川選手保見逃し三振に切って取ってこの回を最少失点で終わらせた。

【8回表】
村田選手がショートゴロ、中田選手がサードゴロで二死となってしまうと、次の金子選手はライトフェンス直撃の二塁打を放って出塁も、ここは小谷野選手がピッチャーゴロで続けず。

【8回裏】
この回は北海道日本ハム3番手のモルケン投手が、まず武内選手をセンターフライで一死とすると、荒木選手にはレフト前にヒットされるも、直後に盗塁を刺して二死走者無し。
するとこの後、森岡選手にライト前にヒットされると、更に山田選手にはセンター前にヒットされてしまったが、ここは続く川島選手をセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【9回表】
ここは東京ヤクルト5番手の押本投手に対して、今浪選手、大野選手、飯山選手が3者連続の見逃し三振で三者凡退。

【9回裏】
この回はまずミレッジ選手をライトフライで一死とするも、次のバレンティン選手には左中間スタンドにソロホームランを運ばれて8−4。
しかしこの後は畠山選手を空振り三振で二死とすると、相川選手にはライト前にヒットされるも、最後はここで交代の矢貫投手が武内選手をレフトフライで切って取って試合終了とした。
 

 
 各選手のコメント

大引選手のコメント (3回表、レフト前タイムリー)
打ったのはスライダー。右打ちも考えましたが、早いカウントだったので外野フライでもいいと思い切って振っていきました。その後も打線がつながりましたし、いい形でつなぐことができて良かったです。

中田選手のコメント (3回表、センター前2点タイムリー)
このところチームの足を引っ張っていましたし、1打席目もチャンスを潰していたので、その分を取り返したいという思いでした。

小谷野選手のコメント (3回表、センター前タイムリー)
打ったのはシュートですね。チャンスだったし甘いボールが来たらどんどん行こうと思っていました。自分は大学の先輩なんで打てて良かったです。

今浪選手のコメント (3回表、右中間2点タイムリー二塁打)
みんながいい感じでつないでくれていたので、自分もその流れに乗れて良かったです。真っ直ぐに対してコンパクトなスイングで打ち返すことが出来ました。

ウルフ投手のコメント (6回、球数105、打者27、被安打7、与四死球2、奪三振2、失点2、自責点2)
立ち上がりに失点してしまったけど、2回以降はなんとか自分のペースで投げられた。奨太がしっかりとリードしてくれたし、バックにもいつも通り守ってもらえたから、ゴロを打たせるピッチングができた。

栗山監督のコメント
− ウルフ投手が6回2失点でしたが?
(初回を) 2点で抑えたのが大きい。3点4点といかれると違ってくるから。(2回以降は) 試合の流れに乗れればいいなと思っていた。
− 5勝を挙げている小川投手を打ち崩しましたが?
みんな足を使っていってくれたね。岱鋼がいきなり走ってくれたのは大きい。点は入らなかったけど。それに翔もね。何でもできる4番をこちらは求めているわけだから。
− 大谷選手が2安打を記録しましたが?
打つ方はね、いいものを持っているわけだから。あそこでつながったからね。これで落ち着いてゲームができる状況になってほしい。明後日から2日試合がないから、明日はピッチャーみんないってもらえる。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事