やっさん日記

しばらくの間、都合により更新休止とさせていただいております。。

全体表示

[ リスト ]

 
 
【1回表】
ラルー投手に対する初回の攻撃は、陽選手が見逃し三振で倒れるも、大引選手がレフト前ヒットで出塁すると、すぐに盗塁を決めて一死二塁。
するとこの場面、次のアブレイユ選手はフルカウントから空振り三振で二死となってしまうも、続く中田選手のショートへのフライを山田選手が落下点に入りながらも捕球できず、この間に二塁走者の大引選手が生還して、まずは北海道日本ハムが1点を先制。
この後なおも二死一塁からは、中田選手が盗塁に失敗して三死となってしまったが、この回は相手の守備の痛いミスによって、まずは1−0と先制に成功した。

【1回裏】
武田勝投手の立ち上がりは、山田選手、比屋根選手を共にセカンドゴロで二死とすると、ミレッジ選手はピッチャーゴロで三者ボタン位と、まずは上々の立ち上がり。

【2回表】
この回はまず大谷選手が左中間フェンス直撃の二塁打を放って出塁すると、小谷野選手のセカンドゴロの間に三塁へと進塁。
するとこの場面、次の今浪選手が一二塁間を破るライト前タイムリーを放って2−0

更にこの後は、まず大野選手が死球を受けて塁に出ると、武田勝投手はスリーバント失敗で二死となってしまったものの、続く陽選手がフルカウントから四球を選んで二死満塁。
しかしこの場面は大引選手がレフトフライに倒れて三死となってしまったが、この回は今浪選手のタイムリーによって1点を追加し、これで2−0とした。

【2回裏】
この回は先頭のバレンティン選手に左中間スタンドにソロホームランを運ばれ、これで1点を返されて2−1とされるも、この後はまず畠山選手をセンターフライで一死とすると、相川選手は四球で塁に出してしまったものの、続く田中浩選手はショートゴロで6-6-3のダブルプレーとした。

【3回表】
アブレイユ選手がサード荒木選手の悪送球で塁に出るも、ここは次の中田選手がサードゴロで二塁フォースアウトとなってしまうと、更に続く大谷選手はセカンドゴロで4-4-3のダブルプレー。

【3回裏】
荒木選手をサードゴロ、ラルー投手をファーストゴロ、山田選手をショートゴロで三者凡退。

【4回表】
ここはまず小谷野選手がライト前ヒットで塁に出ると、今浪選手が四球で歩き、更に大野選手がセンター前ヒットで続いて無死満塁。
するとこの場面、武田勝投手のセカンドゴロの間に1点を追加すると、らに一死二三塁から、陽選手のサードへのゴロを荒木選手が弾き、更に一塁への送球も逸れて、この間に2者が生還して5−1。
そしてなおも一死一塁から、大引選手はレフトフライで二死も、次のアブレイユ選手の打席で一塁走者の陽選手が盗塁で二塁へと進むと、次のアブレイユ選手のショートへのゴロを山田選手が一塁へと悪送球し、この間に陽選手が二塁から生還して6−1。
そして更にこれに中田選手がレフト前ヒットで続いて二死一二塁とすると、今度はここで大谷選手が左中間にタイムリー二塁打を弾き返し、これで7−1。
この後は小谷野選手がショートゴロに倒れて三死とにってしまったが、この回は相手守備の度重なるエラーに大谷選手のタイムリーもあり、一挙を追加して7−1とリードを大きく広げた。

【4回裏】
この回はまず比屋根選手をショートゴロで一死とするも、ミレッジ選手のセンター前ヒットと、バレンティン選手への四球で一死一二塁。
するとこの場面、次の畠山選手はサードゴロで二塁フォースアウトとするも、なおも二死一三塁から、次の相川選手にはセンターフェンス直撃のタイムリー二塁打を打たれ、これで7−2とされるも、続く田中浩選手はセカンドゴロで切って取ってこの回を終わらせた。

【5回表】
東京ヤクルトのピッチャーが2番手の押本投手へと交代のこの回は、先頭の今浪選手がセカンド山田選手のエラーで塁に出ると、大野選手が送りバントを決めて一死二塁。
するとこの場面、武田勝投手は見逃し三振で二死となってしまったものの、続く陽選手がライトオーバーのタイムリー二塁打を放って8−2。
そして更に次の大引選手がフルカウントから四球で歩いて二死一二塁とすると、今度はここでアブレイユ選手がレフト線にタイムリーを放って9−2。
しかしこのプレーで一気に二塁を狙ったアブレイユ選手がタッチアウトで三死となってしまったが、この回は陽選手、アブレイユ選手のタイムリーで更に2点を追加し、これで9−2とした。

【5回裏】
荒木選手をライトフライ、川島選手をサードゴロで二死とすると、ここから次の山田選手を四球で歩かせ、更に比屋根選手にはライト前にヒットを打たれてしまったものの、続くミレッジ選手は空振り三振に切って取って三死とした。

【6回表】
先頭の中田選手がセンター前ヒットで出塁すると、大谷選手のサードゴロの間に二塁へと進塁したところで、次の小谷野選手が右中間にタイムリー二塁打を放ち、これで1点を追加して10−2。
この後は今浪選手がライトフライ、大野選手がセンターフイと倒れて三死となってしまったが、この回は小谷野選手のタイムリーによって更に1点を追加し、これで10−2とした。

【6回裏】
この回は先頭のバレンティン選手にレフトスタンドにこの試合2本目となるホームランを運ばれて1点を返されるも、この後は畠山選手をセンターフライ、相川選手をサードゴロ、代打の飯原選手をレフトフライと後続をいずれもしっかり取って取った。

【7回表】
ここは東京ヤクルト3番手の木谷投手に対し、まず代打の佐藤選手が四球で歩くと、陽選手はショートゴロで二塁フォースアウトも、大引選手も四球で歩いて一死一二塁。
しかしこの後は代打のホフパワー選手がライトフライで二死となってしまうと、中田選手もファーストファールフライで続けず。

【7回裏】
北海道日本ハムのピッチャーが2番手の谷元投手へと交代のこの回は、まず荒木選手にセンター前にヒットされると、川島選手は四球で歩かせて無死一二塁。
するとこの場面、山田選手のセカンドへのフライはインフィールドフライとなるも、今浪選手が落球し、バッターはアウトとするも、今浪選手にエラーが記録されると共に、二塁走者に進塁されて一死一三塁。
するとこの場面、続く比屋根選手はサードゴロとしたものの、この間に三塁走者に生還されて10−4。
そして更にここから、ミレッジ選手、バレンティン選手を共に四球で歩かせて二死満塁としたものの、ここは次の畠山選手をセンターフライで切って取って三死とした。

【8回表】
大谷選手がショートゴロ、飯山選手がセンターフライ、代打の金子選手がショートゴロで三者凡退。

【8回裏】
中侮選手を空振り三振で一死とすると、代打の森岡選手には左中間に二塁打を打たれるも、この後は荒木選手をセカンドゴロ、川島選手をライトフライでこの回を終わらせた。

【9回表】
ここは東京ヤクルト4番手の山本哲投手に対して、大野選手がライトフライ、中島選手がセカンドゴロ、陽選手がレフトフライで三者凡退。

【9回裏】
山田選手をライトフライ、比屋根選手を空振り三振、ミレッジ選手をライトフライで三者凡退として試合終了。
 

 
 各選手のコメント
 
今浪選手コメント (2回表、ライト前タイムリー)
打ったのは真っ直ぐ。栄一さんが進塁打を打ってくれたお陰です。自分が楽に打てる状況を作ってくれて感謝しています。

大谷選手のコメント (4回表、左中間タイムリー二塁打)
ストライクを取りにくると思って、積極的に行きました。打ったのはほとんど真ん中のストレート。(左方向へ2本の二塁打に) センター返しを心掛けているのですが、タイミングは合っていますし、得点につながって良かったです。

武田勝投手のコメント (6回、球数93、打者25、被安打5、与四死球3、奪三振1、失点3、自責点3)
とりあえず6回まで投げることが出来、最低限の仕事を果たせたかと思います。今日は本当にバックに助けてもらいました。1つずつ、自分の中の課題や壁を乗り越えていきたいと思います。この後は全力でチームを応援します。

栗山監督のコメント
− 武田勝投手が久しぶりの勝利ですが?

勝がちゃんと投げてくれるという安心感がみんなにあって、そういうところからつながっていくんでね。
− 大谷選手がフェンス直撃を含む2安打でしたが?
入らないねえ (笑)。見ていて疲れてはいるけど、バッターというのはそういう時に丁寧にコンタクトするから。
− 小谷野選手が途中交代したが?
大丈夫。試合中に本人と話したけど。張りは (下半身の) 左側全体的にかな。
− 連勝でホームへ戻りますが?
今日はミスもあったけど、きちっとした野球をやりながらでも次につながらないというのがある。こういう試合を活かして、いけるんだというところまで持っていかないと。残り5試合最後だと思ってやるしかない。
 

 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事