谷津矢車観察日記

〜存在そのものに意味はない、意味を決めるのはこれを読んだあなただ〜

全体表示

[ リスト ]

いつもお世話になっております。谷津矢車です。

この度、皆様にお詫びしなければならないことがございます。


詳しくはこちらのリンクをご覧いただければと存じますが、KADOKAWAから発売予定であった『からくり同心景 黒い好敵手』に関しては発売中止、そして、八月に刊行されていた一作目についても回収の上絶版という運びになりました。

端的に言えば、担当編集者がわたしに無断でわたしの小説を書き直していました。
わたしたち小説家は決して一人で小説を書いているわけではありません。常にその横には編集者さんがいて、「ここはこうしたほうがおもしろい」といったアドバイスや、「ここはこう直したほうが意味が通りやすくなるよ」というご提案を頂いて文章を組み上げていきます。しかし、今回の件はまるで違います。わたしが書き上げた原稿を受け取った編集者が、わたしの承諾を得ずに文章を改ざんしたのです。しかも、その改ざんは単語の入れ替えレベルのものではなく、文章の大幅加筆やキャラクターの肝である台詞の変更にまで及んでいました。

これはもはやわたしの小説とは言えない――。
それがわたしの結論でした。

そのため、わたしは著作権者の名を以て、既に校了して印刷所にデータが入っていた『からくり同心景 黒い好敵手』について発売中止とし、また、やはり同様の改ざんが認められた第一部についても回収・絶版とさせていただきました。

担当編集者がなぜこんなことをしたのか、今のわたしにも分かりません。理由を聞く気にもなれません。というより、聞きたくもありません。
でも、もし、こんなことに手を染めてしまったあなたがこれを見ていることがあったら。想像してみてください。あまりに他人の手が入り過ぎて手直し不能になっている自作を前にした小説家が、一体何を思ったのかを。そして、あなたなら知っていたはずです。わたしがどれだけ入れ込んでこの小説を書いていたのかを。

でも、そんなわたしの感傷など些事にすぎません。
この件であまりに多くの方にご迷惑をかけてしまいました。そのお詫びを申し上げねばなりません。

装画を描いてくださったTHORES柴本先生。
デザイナーの西村弘美様。
各取次様。
各書店様。
また、本件と何の関係のない、わたしと仕事をしてくださっている各出版社の皆様。
この度は本当に申し訳ございません。年の瀬のお忙しい中、ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

そして何より、読者の皆様。
今回の刊行中止ならびに絶版という決定は、「読者不在だ」と指弾されても仕方ないものです。「景」の続きを楽しみにしておられた方々、いつもわたしの小説を読んでくださっている皆様。わたしは、皆様を裏切るような決定を下すことしかできませんでした。そして、皆様の手に届くはずだった本をあなたの手から取り上げてしまいました。
さらには、第一作目を手に取ってくださった読者の皆様。わたしは、結果的に著作者のわたしにさえ責任の取れない本をあなたに届けてしまいました。
どう謝っていいのか分かりません。ただ、今のわたしは「すみません」とキーボードを叩くことしかできません。本当に申し訳ございませんでした。


2015.12.24  谷津矢車


追記

「からくり同心景」は、書評誌『この時代小説がすごい!2016』(宝島社)の文庫部門13位を頂いておりました。
しかし、このような不正が判明した以上(時代小説家の皆様に対しても申し訳が立たないということもあり)このままには出来ず、カドカワを通じ、宝島社様に順位返上を願い出ました。その結果、現行出回っている『この時代小説がすごい! 2016』については改訂はできず、来年度の同誌にて何らかのご対応を取って頂く形となりました。
宝島社様、ご迷惑をおかけいたします。
そして何より、独力で素晴らしい作品を世に問うていらっしゃるすべての時代小説家の皆様。本当に申し訳ございませんでした。

2015.12.26 谷津矢車

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

> pから始まるお方
コメントありがとうございます。いつか、「景」を世に問うことが出来るよう、わたしもここで折れてはならぬと思っております。
頑張ります。

2015/12/31(木) 午前 10:01 [ 戯独堂 ] 返信する

顔アイコン

> sから始まるお方
コメントありがとうございます。はい、今後も自分の納得いくものを書いて行こうと考えております。必ずやいつか名作と呼ばれるようなものを世に問いたいと思います。

2015/12/31(木) 午前 10:02 [ 戯独堂 ] 返信する

顔アイコン

> seから始まるお方
ああ、そうなのですか……。さぞ苦しい思いをなさったことでしょう……。そのくやしさ、察するに余りあります…。今回の件、結局こんな形になってしまいましたが、わたしもまたこの業界で生きていかねばならないわけですから、結局は風化するのでしょう。しかしながら、この思いを忘れずに書いていきたいと思っております。

2015/12/31(木) 午前 10:08 [ 戯独堂 ] 返信する

顔アイコン

> haから始まるお方
モノカキは自分の書いたものに責任を持たねばなりません。だからこそ、ここで折れてはならないと思います。これからわたしはずっと「谷津矢車の本」を模索し続けるのでしょう。頑張るしかありませんね。
コメント、ありがとうございます。

2015/12/31(木) 午前 10:10 [ 戯独堂 ] 返信する

顔アイコン

> 0で始まるお方
左様でございましたか……この度はOさんの楽しみを奪う形になってしまい、誠に申し訳ございません。
いつになるか、お約束はできません。けれど。いつか必ず。

2016/1/8(金) 午後 5:12 [ 戯独堂 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事