れんげ草の咲くさんぽ径〜舟木一夫の世界

お元気な舟木さんもインフルエンザに罹ってしまわれたほどの寒さと乾燥に見舞われた冬も去って春本番!舟旅にも春の風が!

全体表示

[ リスト ]

久々に映画つれづれ・・・今さらですが「友を送る歌」をとりあげてみます。
場面を追って、クリップ形式で、アップしました。舟木さんのいろんな表情が魅力的ですね。
 
 
 
イメージ 49友を送る歌  
劇場公開日 1966年6月2日 上映時間 77分
 
〜舟木一夫の日活青春アクション篇〜

青春アクション映画。舟木一夫デビュー3周年を記念して製作された人気大作。横浜を舞台にして中華街や山下公園や外人墓地などでロケーションされ、赤木圭一郎作品などでお馴染みの「日活アクション」テイストの物語の主人公を、舟木一夫が新鮮に演じている。
 
監督:西河克己
 
キャスト
舟木一夫:大津良夫
山内賢:中川玄一
和泉雅子:三崎みどり
 
主題歌:「友を送る歌」
挿入歌:「今日かぎりのワルツ」/「太陽にヤァ!」
 
 
 
 
「友を送る歌」も、私は、リアルタイムでは、観ていないのですが、あらたに再発売されているDVDのキャッチコピーでは「青春アクション」という風に紹介されています。当時から、こういった言葉でジャンル分けされていたのでしょうか?日活と言えば、石原裕次郎さん、小林旭さん、夭折された赤木圭一郎さんなどに代表されるアクションものが昭和三十年代には大ヒットして、多くの作品が上映されていたことは、私の記憶にもあります。その日活の「お家芸」とも言えるアクション映画のフィールドに、舟木一夫という清潔で甘さのある個性を生かして、引っ張っていったことで、おそらく予想以上のいい作品になったのではないかと思います。
 
舟木さんにとっては、「友を送る歌」は、日活映画としては、9本目の作品です。「高原のお嬢さん」「哀愁の夜」というヒット曲作品で既に主役を務め、映画の現場の経験も重ねてこられた頃なので、この作品では、もうすっかり「映画俳優」になっていらっしゃるように思います。
 
イメージ 50「高校三年生」や「北国の街」にも、ちょっとした殴り合いのケンカのシーンはありますが、「友を送る歌」では、見ていてかなりハラハラしてしまうハードなタッチの「アクションシーン」〜主に二谷英明さん扮するあさひ丸船長の田山の腕っぷしの強さをメインで見せる場面〜で、舟木さんもパンチにスピード感があって、なかなかシャープなアクションを見せていらっしゃって、「ウ〜ン、カッコいい」と思ってしまいます。
多分、ホントにケンカをしたら強いんだろうなぁ・・・と思わせる鋭く強い目力が、素晴らしくGOOD!です
 
私が、最初に観た舟木さんの映画は「北国の街」でしたが、そこでも、和泉雅子さん扮する雪子との切ない恋と、同じくらいのウエイトを占めていたのが、ストーリーの展開とともに、山内賢さん扮する藤田との間に育っていく友情でした。
 
この「友を送る歌」では、「恋」と「友情」の占めるウエイトが、「北国の街」とは、逆転した感じで、さらに、男同士の強い絆や互いの夢を実現させるために、心を砕き合い、どんな時にも共に歩いて行こうとする情愛の深さがメインテーマになっています。
 
さらに、船長の田山のやんちゃなひとり息子のマン坊に、実の弟のように接する良夫の温かさや優しさが描かれているのですから、若き日の舟木さんの多彩な魅力が、十二分に詰め込まれた作品になっているんですね。ラブロマンスものではない作品ですが、公開当時もきっと多くの女性ファンの心を掴んだことだろうと想像できます。
 
 
    イメージ 1
 
あらすじ (キネマ旬報データベースより)
 
イメージ 2

船乗り志望の大津良夫は、父の病気で、親友中川玄一より二年遅れて北海道の開拓村から横浜港へやって来た。そして玄一の消息を尋ね歩いたが不明で途方にくれていた。
 
イメージ 4
 
そんな時、彼は快活な少女みどりを知った。彼女は父の経営する食堂「みなと亭」に以前出入りしていた玄一を知っていたが、その彼も店に払う金を持ち逃げしたきり音沙汰がなかった。
 
イメージ 3
 
良夫は、またハシケの親切な逞しい船長の田山と子供のマン坊とも親しくなった。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
翌日、良夫はみどりと横浜の街を逍遥中、遇然玄一に出会った。その夜、玄一はバー「ハーバーライト」で飲みながら、外国航海談を得意げに語った。良夫は嬉しく聞いていたが、みどりにはすっかり変った玄一が何故か信じられなかった。
 
イメージ 8
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
イメージ 11
 
 
玄一が、やくざ風の男黒沼と奥に消えた時、酔った良夫は気を利かして彼のスーツケースを持ち帰った。だが、スーツケースの中身を見て、玄一が密輸に関わっていると知った良夫の驚きと悲しみは大きかった。
 
イメージ 12
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二日後、良夫は再婚した母に会いたいというみどりにつきあって筑波山へ行く時、玄一を誘った。
 
イメージ 16
イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
 
展望台で良夫は、あくまでしらをきってスーツケースを要求する玄一を殴りつけた。
 
イメージ 21
イメージ 22
 
 
みどりはホテルの女主人におさまっている元気な母をみると急に父が恋しくなって帰ると言った。三人が表に出た一瞬、スーツケースの行方を知ろうと、追ってきた黒沼らはみどりを誘拐した。しかし彼女は突差の機転で逃げ出した。
 
イメージ 23
 
 
黒沼と手を切ることを約束し、密輸品を持って彼等の待つ「ハーバーライト」へ向かう玄一は、一緒についてきた良夫の身を心配して、彼に当て身を食らわし、ひとりで乗り込んだ。
 
イメージ 24
イメージ 25
 
 「行かないで!あなたにもしものことがあったら・・・」と、取り乱し、恋心を思わず告げて、とりすがるみどりを振り切って・・・・
 
イメージ 26
 
イメージ 27
 
イメージ 28
 
後からかけつけた田山と、玄一との友情に命をかけた良夫とが、絶体絶命の玄一を救ったのだった。
 
 
 
イメージ 46
          
イメージ 29
 
 
マン坊のために、時間をかけて作った船を、置き土産にして・・・・
 
イメージ 30
イメージ 31
 
 翌日、良夫は更生を誓う玄一と堅い握手を交すと・・・
 
イメージ 32
イメージ 33
  
 
イメージ 34
 
イメージ 35
 
イメージ 36
イメージ 37
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 38
 
 
イメージ 39
イメージ 40
 
 
マン坊やみどりに、別れを告げて、田山の尽力で採用が決った貨物船の人となるのだった。
 
イメージ 41
 
 
イメージ 42
イメージ 43
 
 みどりは哀しさをこらえて夢に向かって歩きはじめた良夫を見送るのだった。
 
イメージ 44

 
イメージ 45

 
友を送る歌  作詩:植田悌子 作曲:戸塚三博 
http://www.youtube.com/watch?v=m5aDmRh4gTM(舟木さんライブ盤映像付動画)

イメージ 47きみは別れてゆく 風の中
きみは別れてゆく 遠い道
うしろすがたに ただ祈る
夢をそだてた 青春の日を
忘れてくれるな いつまでも

きみの愛した人 いまはなく
きみの愛した街 あかねいろ
うしろすがたに 思い出す
若い涙を 流したきみと
ふたりでささげた 白い花
 
きみは歩いていく 眉上げて
ぼくも歩いてゆく はるばると
うしろすがたの さびさしも
ひとり旅立つ 男の心
幸せ祈るよ いつまでも……

2011年9月24日 
山内賢さん永眠

「撮影所のルールは、すべて賢ちゃんに教わった」(舟木さん)
 
主な共演作品
学園広場(1963年)
あゝ青春の胸の血は(1964年)
花咲く乙女たち(1965年)
北国の街(1965年)
高原のお嬢さん(1965年)
哀愁の夜(1966年)
友を送る歌(1966年)
北国の旅情(1967年)
 
舟木さんが最も多忙を極めていらした頃の作品だと思いますが、77分という映画としては短い時間の中で、青春と友情と恋とアクション・・・昭和の日活映画らしいエッセンスがぎっしり詰まっています。
 
ラストシーン近くに、田山から「良夫くんを見送りに行かないのか?」と言われたみどりの言葉・・・
 〜あのふたりの間には私なんかの入るすきなんてないわ〜  
そして、映像としては、良夫と玄一との握手、良夫とみどりとの握手・・・ふたつの握手のアップが印象に残りました。
 
    
イメージ 48

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

「賢ちゃん」は舟木さんの一番の友人。葬送時の舟木さんの様子はTVで見ましたが、サングラス姿で必死に悲しみをこらえておられたものと思われました。話は変わりますが、昨年ある人が、今までの出演作品の中で一番の思い出のものは「舟木さんとの共演作の・・」と語られました。それを舟木さんが見たのか聞いたのかは知るよしもありませんが、そこら辺より舟木さんがより意欲的になられたように思います。これは私の思い過ごしでしょうか?とにかくあと5年は舟木さんに会え、歌を聞くことがでるのは嬉しい限りです。舟木さんはいつまでも純情で、どこまでも少年ですね。PS.舟木さんの「初恋」の話は終わりにします。皆様が少し引かれている気がしました。舟木さんも自ら語られるのはここら辺で終わりした方が身のためかもしれません(笑)。

2014/10/14(火) 午前 11:01 [ 糸車 ] 返信する

顔アイコン

春日局さん、私も大好きな映画です。本当に本格的な俳優さんになられていますね。舟木さんは客観的な目を持った方だから出演映画について語った時この映画のアクションシーンを「似合わねえなあ」「やっぱりかないませんね(二谷さん達に)」とおっしゃっていました。春日局さんが言われるように私も舟木さんはきっと強いと思います。筋肉質で絞まっていますもの。でもどうしても日活アクションの皆様に比べると体の厚みやお顔の逞しさが・・映画の写真を見てもつい白絣の着物を着せたくなってしまいます(笑)舟木さんは俳優としての自分をプロデュースした時(絶唱のような作品が自分には絶対向いている)と踏んだのでしたね。適格な目です「北国の街」を初めて見た時(日活だけあって純愛物語にもちゃあんとアクションを入れているなあ)(でも舟木さん似あわない、なぐられて可哀そう)と息子を見る母の目でハラハラしてしまいました。「高校三年生」にもけんかのシーンがありますね。舟木さん「今日はけんかのシーンを撮った。リハーサルの時まちがえて○○クンをほんとになぐってしまった。ごめんなさい、いたかったでしょう」と書いています。初々しいですね。

2014/10/14(火) 午後 3:56 [ 復活舟木組 ] 返信する

顔アイコン

koi*on*mu*ihimeさん、ご自分でもおっしゃっているように当初は「人寄せパンダ」的な位置付けで、観客動員数アップのカードとして映画出演されていたようですが「北国の街」で初主演されて以降は演技者としての意欲も力量も一足飛びにアップされたと感じます。そして「絶唱」の映画化の企画をご自身で日活に持ち込まれるまでになられたんでしょう。「初恋」への想いは男性は年を重ねるほどに大きくなっていくようですね。「初恋の人」への想いというのと同時に自分自身の青春を愛おしく想う気持ちはやはり女性とは雲泥の差があるように感じます。ですから私は「いい年をした男性」が、初恋ばなしをなさるのは、結構好きなんです。ですからコンサートのトークなどで今の舟木さんが、ちょっとそんなお話をして下さるととっても嬉しくなります。お互いに身に覚えのある胸がキュンとなる痛みをともなう恋の想い出をわかりあえる年齢になったんだなぁとそれぞれの長い旅路を讃え合いたい気持ちといったらいいのでしょうか?「誤字脱字」は、お互い様ですので、お気遣い御無用ですよ

2014/10/14(火) 午後 4:32 春日局 返信する

顔アイコン

復活舟木組さん、舟木さんとアクションのミスマッチ?がまた、たまりません(笑)「永訣(わかれ)」他の映画などでも男同士の想いを「殴り合いや取っ組み合い」という形でぶつけ合うシーンがありますが、それもまた男の子ならではのコミュニケーションでそんな演出もありか・・と復活舟木組さんとはちょっと違って申し訳ないですが「北国の街」の海彦さんが殴られるシーンでも「踏ん張れ!海彦さん!」という感じで、むしろ興味深く客観的に楽しんでしまうタイプの私です。ゴメンナサイ・・殴られても自分の力だけでなんとかしようとするカッコ好さは舟木さんの生き方のカッコ好さと重なって「いいぞ、いいぞ」と思ってしまいます。骨っぽい芯のある強さが表面的には「やさ男」のイメージの舟木さんの魅力と個性をアップさせているように思うんですよね。

2014/10/14(火) 午後 5:07 春日局 返信する

顔アイコン

春日さん こんばんは
舟木さんにしては珍しい青春アクション映画でしたね。
日活としても裕次郎さんや、宍戸ジョーさん、小林明さん、赤木圭一郎さんなど有名なアクションスターがいる中でのこの企画はちょっと
異色な感じがしました。
しかし舟木さんは今までの路線とはかなり変わった作風の中でも
舟木さんらしい男同士の友情や爽やかな恋心などを感じさせてくれたと思います。

2014/10/14(火) 午後 6:07 [ いつでも青春♪ ] 返信する

顔アイコン

いつでも夢を♪さん、DVDでは「青春アクション」というコンセプトになっていました。日活アクション映画で定番の「港町」が舞台で密輸というキイワードも盛り込まれているのですが舟木さんはあくまで清潔で誠実な心優しい若者を演じていますからイメージは変わらずで安心です(笑)二谷英明さん演じる子持ちやもめの船長さんもステキで後にナイスミドルの代表のような好感度バツグンだったことも懐かしく思い出されました。山内賢さんとの友情はお仕事を離れても確かなものだったとお聞きしていますので、今になってあらためて観直すと余計に心に沁みますね。

2014/10/14(火) 午後 9:25 春日局 返信する

顔アイコン

春日局さんこんばんは。
〔友を送る歌〕の映画はビデオで見ました。
日活らしい映画と思いました。
♪友を送る歌は大好きです。

2014/10/15(水) 午後 11:49 [ kaoruko ] 返信する

顔アイコン

kaorukoさん、コンサートでもお馴染みの「友を送る歌」を舟木さんは「さっぱりとした歌」と表現なさっていますね。女性への想いを詠った曲が多い中で男同士の友情や絆がテーマになった曲という意味でそう表現なさっているのでしょうね。繊細で憂いを帯びた舟木さんのイメージから女性ファンが圧倒的に多いのですが、実像の舟木さんはとっても骨っぽく男気のある方のようにお見受けしますからこの歌は気持ち良く歌っていらっしゃるんだろうなと思います。山内賢さんとの絶妙なコンビネーションの作品は舟木さんの青春時代のお仕事の中でも大きな財産だったんだと今さらながら思いますね。

2014/10/16(木) 午後 2:31 春日局 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事