”Nob!!”ブログ:トップ

すべて表示

オオグソクムシ属Bathynomus 【甲殻類備忘録】

Lowry & Dempsey (2006)という論文にで、オオグソクムシ類の総説が書かれています。
 
知人のMM女史(ミニー・マウス嬢ではありません)から、「オオグソクムシとダイオウグソクムシの違いを教えて」という問い合わせがあったので、急遽調べました。
 
論文自体は入手していましたが、よく読んでいなくて、、、 しかも自宅だし。
Netって便利ですね。Pdfが入手できましたよ!
 
この論文の検索表を和訳しておきます。ちなみに2016年に2新種が発表されているようですが、その知見は含まれていません。あしからず。

B.maxeyorum Shipley, Brooks & Bruce, 2016B. kominatoensis Kato & Tokita, 2016 †:化石種)

 
オオグソクムシ属の検索表(Lowry & Dempsey, 2006
1. 腹尾節後縁棘数 7 ・・・・・・・ 2
腹尾節後縁棘数 9  ・・・・・・・ 5
腹尾節後縁棘数 11 or 13 ・・・・ 13
2. 腹尾節後縁中央棘はシンプル ・・・ 3
腹尾節後縁中央棘は二叉 ・・・・・ 4
3. 尾肢外肢の刺毛列(フリンジ)は中くらいの長さ〜連続 (7584%) ・ B. doederleiniオオグソクムシ
尾肢外肢の刺毛列は短い(6265%) ・・・・・・・・・ B. immanis
4. 尾肢外肢の刺毛列は中くらいの長さ (7778%) ・・・ B. decemspinosus
尾肢外肢の刺毛列は連続 (8594%) ・・・・・・・・ B. kapala
5. 腹尾節後縁中央棘は二叉 ・・・・・・ 6
腹尾節後縁中央棘はシンプル ・・・・・ 8
6. 眼の上の陵(Ridge)は連続 ・・・・・ B. bruscai
眼の上の陵は不連続 ・・・・・・・・・ 7
7. 尾肢内肢側縁はわずかに湾曲する ・・・  B. kapala
尾肢内肢側縁は直線的 ・・・・・・・・ B. pelor
8. 腹尾節は幅広 ・・・・・・・・・・・・ 9
腹尾節長は幅と等長かわずかに長い ・・・ 12
9. 尾肢外肢の刺毛列は中くらいか連続(>65%) ・・・ 10
尾肢外肢の刺毛列は短い (5456%) ・・・ B. brucei
10. 腹尾節後縁棘は上向きに湾曲する ・・・ B. lowryi
腹尾節後縁棘は直線的 ・・・・・・・・・ 11
11. Clypeus の側縁は凸状で、先端は幅広く丸い ・・・・・ B. obtusus
Clypeus の側縁は凹状で、先端は狭まり丸い ・・・・・ B. miyarei
12. 尾肢は腹尾節末端を越える;尾肢内肢側縁先端は二叉 ・・・ B. affinis
尾肢は腹尾節末端に達しない;尾肢内肢側縁先端は尖る ・・・ B. doederleiniオオグソクムシ
13. 腹尾節後縁棘は上向きに湾曲する ・・・・・・・ B. kensleyi
腹尾節後縁棘は直線的 ・・・・・・・・・・・・・ 14
14. 尾肢内肢側縁先端は強く突出する ・・・・・・・ B. richeri
尾肢内肢側縁先端は強く突出しない ・・・・・・・ 15
15. 尾肢外肢側縁先端はわずかに突出する ・・・・・ 16
尾肢外肢側縁先端は突出しない ・・・・・・・・・ 17
16. Clypeusの側縁は凹状 ・・・・・・・・・・・・ B. keablei
Clypeus の側縁は直線的 ・・・・・・・・・・・・ B. giganteusダイオウグソクムシ
17. 腹尾節後縁棘数は 13 ・・・・・・・・・・・・ Bathynomus sp.
腹尾節後縁棘数は 11 ・・・・・・・・・・・・・ B. crosnieri
 
この論文で6新種が記載されていますが、その学名がすべて研究者のお名前に献名されているのは、ちょっと興味深いかも。
 

平成18年に千葉県立中央博物館の企画展で、Bathynomus propinquusRichardson, 1910に「コウテイグソクムシ」という和名が提唱されましたが、どうやらこの学名は無効名(っていうのかな? “nomen dubium”)のようです。

 
 
< 文 献 >

Lowry, J.K. & Dempsey, K. 2006. Thegiant deep-sea scavenger genus Bathynomus(Crustacea, Isopoda, Cirolanidae) in the Indo-West Pacific.  In Richer De Forges, B. & Justine, J.-L.(eds). Tropical Deep-Sea Benthos, volume 24. Mémoires du Muséum nationald’Histoire naturelle, 193, 163–192.

 

その他の最新記事

すべて表示

トリカジカエラモグリ Elthusa moritakii Saito & Yamauchi, 2016 といいます。 最近新種として報告された、トリカジカの鰓腔に寄生するウオノエ類です。 ...すべて表示すべて表示

棘皮動物研究集会

2016/12/3(土) 午後 10:46

本日、『棘皮動物研究集会』に参加してきました。 東京海洋大学、今年3回目です。 シダムシの発表もありましたよ。 大変勉強になりました。 名前の言えない”M”様@陽気なヴォルテモート ...すべて表示すべて表示

今年もあと 2 か月! そしてカレンダーも最後の 1 ページ!! あ〜あだょ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事