あたくし小説

アマオケ活動、ピアノ、仕事、B’z、その他もろもろ。日々ネタまみれ。

全体表示

[ リスト ]

また参加してきました。増田隆宣氏の音楽セミナー(MTMS)。

行ってきたのは先週の日曜なので、1週間前ということになりますが、この1週間の間に色々考えるところもあり、書きだすまでに時間がかかってしまいました。

前回のオータムセミナーは、いきなり知って飛び込みの参加でした。
しかし今回のウィンターセミナーはあらかじめ分かっていたのでそれなりに準備をしっかり……の予定だったのですが、あまりそうもいかなかったのは何故だろうか(=_=;)
まあともあれ、今回の「宿題」は、B'zの「Dawn Runner」のピアノアレンジに決めました。課題曲に限らず、自由曲でもアリとされていましたので。
 
この「Dawn Runner」はあたくしの中では自己啓発ソングで、やたら歌詞に自分を投影しがちなのですよね。「もうちょい新しい人生を!パッとほとばしる人生を!」って。
 
これをピアノで表現したらどんなかんじになるか、自分の力で試してみたいという思いもあったので、今回もCD聴きながらピアノの鍵盤や五線紙と格闘。

かくして、初めて書いた「命名」に比べると、けっこう「効率よく書けたような気がする」とかほくそ笑みながら完成。

ただ、弾き出しの左手に、テクニック的にかーなーり無理のある部分があり、これを攻略するのにひと苦労。指使い等工夫しながら練習に一生懸命になり、なんとか攻略したか?というところでセミナーへ。

どきどきしながら増田氏の前で演奏した後、アレンジの仕方にご指導頂きました。
 
やはり、あたくしが苦戦した弾き出しの左手部分は、もともとギターで演奏されていた音型だったため、「ピアノ的にはかなり無理がある。別な音型に変えた方が良い。これは楽器の構造上どうしようもないこと。演奏した時の美しさを求めるなら、そうすべき」とのご指導を頂きました。
 
B'zアレンジを初めてまだ2曲目という超初心者のあたくし、どうしても「聴いたCDをどれだけ正確に再現できるか」ばかりを追求しようとしていた部分が濃厚であって、ピアノではちょっと弾けそうにないようなものを書いてしまっても「これは気合で乗り切る問題」とか考えていたのですよねえ。
 
しかし、それはアレンジではなかった。
ピアノアレンジするからには、ピアノで演奏した際に美しく聴こえるものでなければならない。ピアノに限ったことではないですが、そのためには元ネタの正確さから若干ズレても、それはやぶさかではない。
 
今回はそれを学びました。
あたくしは、コードとかに関してもまだまだ初心者で、コード演奏など全然できず、楽譜に書かれたものしか弾けない。だからこそ、唯一自慢できる耳の正確さや絶対音感を頼りに、「聴いたまま」を再現することに一生懸命になっていた。
 
しかしそこから脱却しなければならない。
自分にないものが露呈してしまったようなところもありました。
 
えらく色々考えましたよ。
 
いやもう、あたくしはピアノもろくに弾けないし(弾けていたらとっくにピアニストになってます)、編曲や作曲の技術もないし、かといって教員として優れ、やる気に満ち溢れてているかと言われたらそうでもなく(むしろグラついていることの方が多い)、何のために音楽をやっているのか。あたくしがピアノ弾かなくてもだーれも困りはしない。
 
何故ピアノを弾いているのか?別に弾かなくても仕事や生活は成り立つというのに。
それに対する答えは出ないまま、今の仕事はノンストップで待ってはくれず、気持ちがついて行かず、また憂鬱になり………。
 
一週間近く、鬱スパイラルになりましたが、脱却しようというだけのエネルギーは残っていたらしく、どうにか元に戻りました。
 
これから先の人生の見通しをもう一度持ちなおして、そこから自分と音楽の関係性を考え直すことができた、って感じでしょうか。新生活が近くに迫ってきたので、そのことを考えなきゃいけないったってものあります。
 
それにね、
この鬱期の1週間の間も、結局あたくしはピアノ弾き続けてたんですよ。ソロコンの伴奏を頼まれていて、弾かざるをえなかったからなのですが。
4歳のころから続けているクラシックにせよ、まだ惚れ込んで日の浅いB'zやその他の様々な音楽にせよ、自分から音楽というものを取ることができないのは、ある意味必然的というか、運命的なのかもしれない。それはそれで幸せなことなんでしょうね、きっと。
 
それなら、誰よりもまず自分のために音楽をしていていいんじゃないか。
 
そのうち、増田氏のアドヴァイスを受けて書き直した「Dawn Runner」をyoutubeにアップしてみようかな、と考えてます。今までは全くそんなつもりはなかったのですが、意欲が出てきたのです。あと、前に書いた「命名」も。
 
次のB'zアレンジは「野生のエナジー」を考えてます。あれは歌は勿論のこと、PVが大好きな一曲。そしてこれまた自己啓発ソングでもありますので。誰のためでもなく、自分のために楽しく書きたいです。
 
 
 
 
増田さん、今回もありがとうございました!勉強させて頂きました。
屋敷さん、鈴木さんはじめ、スタッフの皆様方もありがとうございました!また宜しくお願いいたします。
 
 
あ、ちゃんとFaceBook、開設します!
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

セミナーでは、伴奏をありがとうございました。まずはこの御礼。
人と一緒に演奏するのはやっぱりいいなあとつくづく思いました。

セミナーの後はだいぶ落ち込んでいたけれど、絶対きっとまた上昇してくるだろうなと思っていましたよ。
素晴らしい才能に恵まれているのですから、前にどんどん突き進んでいってほしいなという思いでいっぱいです。
一生懸命な人と会うのは刺激になりますし、私もがんばろうという気持ちになります。ありがたいことにセミナーでの失敗はすっかり抜け落ち、楽しかったことだけが頭に残っています。

またお会いしましょうね。そしてまた伴奏お願いしちゃうかも。 削除

2012/2/8(水) 午前 11:12 [ etsu ] 返信する

顔アイコン

お返事遅くなってしまってすみません。セミナーではこちらこそありがとうございました!

いえ、あたくしは才能なぞなく、ただこれまで「続けてきた」ということだけです。そして今も細々と続けているというだけですよ。
しかし、社会人として働きながら、まだ音楽も捨てられずに活動し続ける・勉強し続ける、というのは相当なエネルギーを要するんですよね。きついことです。鬱期に入ることもあります。そもそもあたくしは、今の自分の現状に常に疑問を投げかけながらの日々ですから、余計エネルギー使って、ハイな時と鬱な時とを周期的に繰り返しているのです(病気?)。

でも、それでも音楽を辞めることはないんだと思います。どういうわけか自分から音楽はとれないのですよ。
セミナーの後は色々考えましたけれど、自分と音楽の関係性を見つめ直す良い機会でした。「ちっちゃくプルプル震えるくらいなら暴れろよ!」って(笑)またピアノとB'zを愛して、アレンジします!職業的にも、次のステージに行けるよう、手ぐすね引いて努力続けます!

あたくしなぞでよろしければ、また伴奏でお手伝いさせてくださいませ。またよろしくお願いいたし

2012/2/13(月) 午前 0:05 [ ym_**mb0421 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事