ここから本文です

書庫全体表示

東武浅草駅

東武鉄道 浅草駅
イメージ 1

なんとも古くて趣のある、昭和のターミナルって感じがします。
なにせこの建物、昭和6年の10月に完成だそうです。それから幾度かの改装はあるものの建て直しはされていないようです。
イメージ 2

そして、そこには日本最古の地下鉄もあり、この地下鉄駅もさらに昭和の味が、、、なにせ昭和2年の開業「東洋唯一の地下鉄道」としてスタートしたらしい。
イメージ 3

改札こそ自動改札かされているが、横に目をやると、
イメージ 4

もしかして最古の地下街じゃないかと思わせるような地下街がある。

そして階段を上っていくと
イメージ 5

東武鉄道浅草駅の改札があります。

この駅は頭端式ホームの3面4線構造で駅をすぐ出たところから急カーブになっていますが、駅自体もカーブしています。特にホームの先端のほうはすでに急カーブに差し掛かっています。
このため・・・
イメージ 6

電車とホームとの隙間が大きく、乗降口に渡り板を設置しています。
先端にいたっては、、、
イメージ 7

こんな感じ・・・これ以上ホームを延長できないことがよくわかります。
なので、、、6両編成までです。1番線のみ8両編成が停車できますが・・・ドアは開けません。

そんな駅から急カーブを曲がるとすぐそこに墨田川鉄橋。
鉄橋の途中に両渡り分機器が設置されている、こちらも味のある鉄橋です。

そんな浅草駅、、スカイツリーで観光客が増えますが、、、新しくすることなくいつまでもこのままでいてほしいものです。





この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事