ねこ 預かってます。

ちばわんおよび個人保護にて猫の一時預かりをしている、現在長野県民のブログでございますw

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

長らくお世話になったヤフーブログでしたが、このたび、FC2ブログへお引越しすることになりました。

新しいブログはこちらになります

『ねこ 預かってます』 


何かとここ一週間忙しく、
なかなか更新が出来ずにいますが

是非またチェックして頂けましたら幸いです…


今後ともどうぞよろしくお願いします★


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

経過報告

先週末の、呪文トリオお届けレポートも書かなくては…と思っているのですが、そちらはまた後日可愛い写真付きで、きちんもご報告することにしまして…
(ねこ親Yさん、もう少しお待ちくださいね)


取り急ぎ携帯から、パルボ子猫達のその後のことをご報告します。


先に2日入院させていた病院が、パルボ発覚後にわかったのですが、実はかなりのヤブ医者だったようで…>_<

衰弱した子猫の治療に、素人の私でもわかるような、「???」な簡単な処置しかしておらず…
おまけに、よくよく聞けば、パルボ発症したのは1匹だけ、あとの2匹はその段階では感染してなかったと!!

なのに、感染してなかった2匹をすぐに隔離もせず、引き取りの際は、全頭一緒に、まるでゴミでも出すかのように渡してきたようで>_<
(保護主Mさんも、そんな病院だと露知らず、あんなところに連れて行かなければ…と、ご自身を責めてました…)

そして、残念ながらその時点で、1匹は既に息絶えてたそうです…

Mさんが、隔離可能な病院を長野全域から片っぱしに電話で探し出し、残った2匹の体力を考え、
彼女がお住まいの松本市の病院へ転院させてくれ、すぐにインターフェロン投与開始。

が、土曜日の明け方、残念ながらまた1匹力尽きました…。


その後残ったのは、1番体が大きかった茶トラの女の子とのこと。
茶トラちゃん、今も頑張ってくれています。

昨日はミルクを飲み、自力で僅かながら離乳食を食べている姿も見られたそうで…
今ところもまだパルボの症状は出てないそうなので、運良く感染を免れたのでしょうか。

パルボの潜伏期間2週間を経過して、体力が戻れば退院も可能かと思ってますが、
現段階では、依然として予断は許さない状況とのこと。

今度の週末、Mさんのご都合が良ければ、一度私は松本に出向き、先に亡くなった子猫のお墓に手を合わせたいのと、今頑張ってる茶トラちゃんの入院先の病院に、皆様から頂戴したミルク等々お届けし、Mさんにもご負担の軽減になればと、いただいた物資の中で、彼女の先住猫達にも使えそうな物をピックアップして、お届けしたいと思っています。

うちの方からもサプリ類、あとバイオチャレンジなどの消毒液等見繕って、お分け出来ればと思っています★

茶トラちゃんが退院出来れば、当初の予定通りに我が家でお預かりしたいと考えてますが…
当初の予定と大幅に事態が変わったゆえ、Mさんのご意向等も確認しつつ、今後のことを決められたらと思っています。

取り急ぎご報告まで★

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

物質の件ですが、既にお送り下さいました方々、いくつか到着確認しています。
ありがとうございます。

これからお送り下さろうとしてる方については、ここで一旦ストップさせて頂き、ご厚意のみ、しっかり受け止めたいと思います。
ありがとうございます!

すぐにあちこちの方からメール頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです>_<!!

保護猫達ですが、先程保護主コスモ里親Mさんが、病院から電話を受けたところ、パルボ発症してるとの連絡を受けたそうです…>_<

パルボは、ワクチンを打ってないねこには致死率が大変高い恐ろしいウィルスです。
入院中の病院が、感染を恐れてすぐ引き取るか、助かる確率の低さから、安楽死まで提案してきたそうで…

Mさんには、隔離可能な設備がある病院を当たって頂き、無事3匹は転院させられることになりました。
パルボは、早急な対応と3日間のインターフェロン投与で、もし助かればその子は抗体ができ、強い身体になりますが…助かる確率は…>_<

先走ってご支援お願いしましたが、今は3日間の集中治療で、一匹でも生き残ってくれることを願うばかりです。

取り急ぎ、状況報告まで>_

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

次の預かりっ子は…

お話は、つい先日突然舞い込んできました。


卒にゃんコスモのねこ親様Mさんは

最近お住まいのある松本市の某保護団体さんのお手伝いを始めたそうで、

野良猫の多い地域に出向き、エサやりなどをしているそうなのですが…


そんな中、とある喫茶店の店主が餌(だけ)をあげている野良仔猫が4匹いたそうで…


仔猫達は皆風邪をひいて、目やにで目がぐちゃぐちゃ


でも店主は勿論通院などするわけもなく…



見かねて保護に乗り切ろうと思うも、
彼女の所属団体さんも、この時期は預かりさんが皆手一杯

ご友人をあたっても、飼ってくれる方は見つからず…


『なにか良い案はないでしょうか』


と、greenのところに相談が入りました。


丁度我が家も呪文トリオ(ホイホイはまだなんとも言えませんが)が
明後日我が家を巣立つことになるので、

うちで預かれるかも…とお返事しました。



Mさんはすぐに捕獲機を仕掛け、今日無事に仔猫達を保護出来たそうなのですが…



思っていた以上に、状態は悪かったのでしょう。

衰弱した子猫たちの1匹は、残念ながら捕獲前に亡くなってしまったとのこと…



Mさんはすぐに保護できた3匹を連れて
動物病院に直行

やはり保護された3匹も相当衰弱しているようで、

我が家にバトンタッチする今週土曜日まで、
3匹は入院となりました。


『何かお届け前にする医療処置はありますか?』

と、おっしゃって頂けたので、

ノミダニ駆除と、検便をお願いしたいと伝えましたが
医師の見解では、これだけ衰弱しているので、
ノミダニ駆除薬も使えないと…



どうも、相当容体はよろしくないようで…

(先ほどMさんが病院に電話したところ、先生が
『生きてますよ』とおっしゃったくらい、危険な状況のようです)


果たして我が家でお預りして、
3匹全頭元気にしてあげられるのか

無事里親様を見つけてあげられるのか


まだ詳しい状況がわからないため
(茶トラ2匹とサバシロブチ1匹、生後2か月弱ではないかとのこと
目の状態などはわかりません)


なんとも言えないのですが…




そんなこんなで、今回は個人保護として
この3匹をお引き受けすることになると思います。

おそらく、当面は医療費もかかると思われますため、


大変厚かましいお願いにはなりますが…


仔猫用ミルク(ゴールデンキャットミルク、ヤギミルク等の粉ミルク)
離乳食
仔猫用フード
トイレ砂
a/d缶や退院サポート等のペースト状療法食
ペットシーツ等

なんでもかまいません。
使いかけでも大歓迎です。


ご支援 給われましたら幸いです…



ご連絡先はこちらまで

ymkw_g★yahoo.co.jp
(★を@に変えてください)

もしくは、こちらのブログへ鍵コメ(ご氏名ご連絡先)をお願いいたします・・・



何卒よろしくお願いします…



この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

みなさん こんばんは

イメージ 1

昨日御年4?歳の誕生日を迎えたgreenですよ、こんばんは

最近肩こりは酷いわ、疲れやすいわ、年には勝てませんでございます〜(笑)





さておき、今日も久々に最近試したナチュラルフードのご紹介をば。



ザナベレシニア+

ザナベレヘア&スキン+

嗜好性が高いと思って試してみるも…
両方食べたのは味見屋ジミ、そしてなぜかシニアはぽよが食べましたが

翌日には皆スルー


ドイツ製は我が家では割と人気が出るはずが、見事コケました




go!(ゴー) グレインフリー

とても小さな丸いギブル(粒)のフードです。
グレインフリー(穀物不使用)で、原材料も良さげ

嗜好性はというと…


ジミさんは割と良く食べてました。レグも味見はしたかな?

あとは仔猫達がミルクをかけてあげたら喜んで
食べてくれたかな…^^;って感じで(笑)。

227gの小袋からあるので、試してみたい方は是非



Now!(ナウ)Catキトン

前述のゴー!と粒の大きさとかソックリ〜っと思ったら、同じカナダ産でした。

呪文トリオのために購入しましたが、そのままではスルー…

嗜好性でいうと、ゴー!のが高いかなぁ…とうちの場合は思いました。
でもこちらは以前から安全安心フードということで、人気のフードですよね★

ミルクをかけてふやかしてあげると、ルーラは特にいつもより食が進んでいました



ロータス キャット アダルト チキンレシピ

ギブルがとにかく可愛いですそして小さ目。
色が薄くてサクサクっとした柔らかい感じ。味も少し後味に癖はありますが美味しい〜!
口内炎もちのねこさんが気に入ってくれたら、とっても食べやすいフードだと思います。

・・と感じたのは飼い主だけで、ジミさんが味見をし、その他またもスルー


とある方のブログのコメントに、なにやら数名の人が絶賛してたので、つい買ってしまいましたが…
どうしてうちの面々は、こういった良質なナチュラルフードに対する食いつきが
イマイチなんでしょねぇぇぇ…



ワイソン ユーレテック

これは膀胱炎のクムちゃんにどうかな…と試してみたフードです。

ギブルもさほど大きくなく、やはりサクサクした感じ。
コクがあります

当の本人クムさんには残念ながらイマイチのリアクションを受けましたが…

最初はあまり関心を示さなかった我が家の面々、

最近になってレグ、ジミ、ハツの男子達が食べているのを見かけます
泌尿器系の疾患は男の子に多いので、男子3匹が予防のために食べてくれるのは
ありがたいことです





ちなみに、今我が家で仔猫達が意外と喜んで食べてくれているのは
我が家の面々がことごとくスルーした

バイネイチャー

けど、さすがにこのフードはお値段高い…高すぎる(涙)
ってことで、おそらくリピはありません(笑)。





今日の仔猫達

イメージ 2
(写真:ルーラ)

ルーちゃんは、最近とにかくあっちこっち高いところに登ってはイタズラしています^^;


キッチンシンクに入り込んだり、

イメージ 3

細い飾り棚の上を闊歩したり…

なんともまぁ登って欲しくないところをすべて歩いてイタズラしていきます

ま、仔猫は大半こうでしたけどね



イメージ 4
(写真:スカラ)

スカちょんは、とにかくうるさい(笑)

夜中我々夫婦の顔の上を踏んづけて走り回り、
クムちゃんと闘っては絶叫し(笑)


とにかく元気元気…ああうるさい(笑)

お陰で最近寝不足な我が家夫婦です



イメージ 5
(写真:クム)

意外にも一番最近落ち着いているのがクムちゃん


イメージ 6

一人でくつろぐ時間も見られるようになりましたし、

相性がイマイチかと思われていたルーラとも仲良くやれるように


イメージ 7

こうして、気付くと3匹で上手に遊んでいる姿をちょくちょく見かけるように
なりました

膀胱炎の方も、見た目にはほぼ正常なオシッコをしているようにも
思えますが…でも少しだけ他の子より濃い気もするし…うーん、どうだろか。

今週末検尿をして頂き、経過観察をしようと思います。


そんなとき、『あのお方は』というと…


イメージ 8
(写真:ホイミ)

イメージ 9

ホイホイは、相変わらずマイペースにひとりで黙々とよくわからない遊びを
楽しんでおられます…(笑)

ホイホイ、噛む力が結構強いので、スカラとホイホイが遊んでいると、
これまたスカが大げさに叫ぶ叫ぶ(笑)

仔猫同士遊んでいると、噛み癖って治ると言いますが…


一向に改善されないのはなぜだろう(笑)。



そうそう、ホイホイ、たまにくしゃみをしたり、咳をすることがあるのがちょっと心配です…
気管支が弱いのかもしれませんね

もし今週末お迎え頂けるようでしたら、ホイちゃんについては
一度近いうちに通院をお願い出来ればと思います…


まぁ食欲は他の誰にも勝るすさまじさがありますので(笑)、
元気であることには変わりないのですが。



ホントに、ホイホイが食べている姿を観ると、
サメ…いやいや、ピラニアみたいですよ


ではでは

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全138ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事