ここから本文です
Self-off-sense
奪わずに分け合うこころ繭篭り 時が滲む寂しさは同じ ⇒ その日まで 待つを分かつ 友なれど 繭篭りして 嘆げかせたまう

書庫全体表示

イワン 今日 7月12日現役入隊
 
 
 
 
  女優キム・テヒの実弟で 俳優のイ・ワン (26) = 本名キム・ヒョンス = が
  12日 午後1時 陸軍訓練所 (忠清南道論山) への入所を前に 力強く敬礼している
  イ・ワンは 5週間の基礎軍事訓練を受けた後 約20カ月現役服務する
 
  朝鮮日報日本語版
 
 
 

『赤と黒』 キム・ナムギル 7月15日入隊で 17話に短縮へ

 
 
 
  SBSの水木ドラマ 『赤と黒』 (原題: 『悪い男』) は 主演のキム・ナムギルが撮影中に
  入隊令状を受け取る事態を迎え 短縮が避けられなくなりそうだ
 
  『赤と黒』 関係者は 12日 スターニュースの取材に
  キム・ナムギルの入隊で 『赤と黒』 の撮影が困難になった
  このため 当初全20話の予定だったが 17話で完結するということで合意した と語った
 
  『赤と黒』 の出演者らは 17話完結に合意 現在撮影に専念している
  15日に予定されている入隊前に キム・ナムギルの登場シーンは すべて撮影しなければならないため
  連日強行スケジュールが続いているという
 
  SBSドラマ局の関係者も 『赤と黒』 の放送回数が減るのは事実
  これについては 今日午後 最終的に確定するだろう と話している
 
  STARNEWS/朝鮮日報日本語版
 
 
 
入隊するスターが続きます
これに対して 若い人たちが頑張っているようですね
 
 
  イ・スンギ              キム・ヒョンジュン         ユチョン
  
  同い年のトップスターたちが お茶の間で正面対決を繰り広げる
 
  歌手のイ・スンギ SS501のキム・ヒョンジュン (リーダー) 東方神起のユチョンが
    8・9月にスタートするドラマに出演する
 
  イ・スンギは 1987年の早生まれで 実質的に 86年生まれのヒョンジュン ユチョンと同い年だ
  ステージでトップに立った彼らが 演技力を競う
 
  まずは イ・スンギ
  彼は 8月11日にスタート予定のSBS新水木ドラマ 『僕の彼女は九尾狐 (クミホ)』 で帰ってくる
  演じるのは 500年の封印から解放された九尾狐 (シン・ミナ) と楽しく同居する男性の役だ
  これまで イ・スンギは ドラマ 『噂のチル姫』 『華麗なる遺産』 で演技力とスター性を認められた
  『僕の彼女は九尾狐』 でも結果を残せば  俳優としての地位を確立するだろう
 
  続いて 『花より男子〜Boys Over Flowers』 でF4のユン・ジフ (花沢類) 役として
    俳優デビューを果たしたヒョンジュン
  MBC新水木ドラマ 『イタズラなKiss』 で 再び女心を揺さぶる
  同ドラマも 『花より男子』 と同様に 日本の人気漫画を原作にしている
  漫画の中から飛び出したような ヒョンジュンのキャラクターが輝きを放つのか 期待される
  『イタズラなKiss』 は 『宮〜Love in Palace』 のファン・インレ監督が 演出を手掛け
  8月に 『ロードナンバーワン』 の後枠として放送される予定だ
 
  最後に ユチョンは 9月放送予定のKBS新月火ドラマ 『成均館スキャンダル』
  本格的に俳優活動を開始
  イ・スンギ、ヒョンジュンのように 同時間帯ドラマで正面対決を繰り広げるわけではないが
  デビュー作という点でプレッシャーは大きい
  共演者のパク・ミニョン ソン・ジュンギ ユ・アインがユ チョンとともに儒生役を演じ
  “ 朝鮮時代版F4 ” を構成 ユチョンの負担を減らす
  特に 『成均館スキャンダル』 は 制作前から日本に先行販売され 国内外の高い関心を受けている
 
  また イ・スンギ ヒョンジュン ユチョンが出演したドラマが終わるころ
  SUPER JUNIOR (スーパージュニア) のチェ・シウォン 東方神起のチャンミンが続く
    チェ・シウォンは SBSの 『アテナ:戦争の女神』 チャンミンは 『パラダイス牧場』 に出演する
 
   edaily/朝鮮日報日本語版
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事