訳者あとがき

朝鮮語翻訳家です。最新作は「愛の群像」のシナリオ作家ノ・ヒギョンの初エッセー集『いま愛していない人、全員有罪』です。

全体表示

[ リスト ]

先日、鳩山首相が、高校無償化の対象から朝鮮学校を除外する方向で検討していると述べたことが報道されました。


こんなことがあっていいはずはありません。民族教育は国際人権規約B規約、子どもの権利に関する条約、人種差別撤廃条約でも保障されている大切な人権です。
http://www.ne.jp/asahi/m-kyouiku/net/jouyaku.htm

また、植民地化によって朝鮮人の民族文化を踏みにじり、離散の状況を生み出した日本は、在日朝鮮人の民族教育を尊重する義務があります。ましてや、他のインターナショナルスクールは無償化して、朝鮮学校だけを外すのは、明らかな差別です。

こちらのブログに問題点や、いまできるアクションについて、わかりやすくまとめられています。
「朝鮮学校の高校無償化除外に抗議しよう!」

とりあえず、首相官邸と文科省に意見を届けましょう。

首相官邸 ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

文部科学省に関するメールでの御意見・お問い合わせ窓口案内
http://www.mext.go.jp/mail/
↑このページの下の方に、「高等学校の実質無償化に関すること」という項目がありますのでここから。

※以下は、私が文科省に送ったメールです。

鳩山総理が、高校無償化の対象から朝鮮学校を除外することを検討しているとの記事を読みました。
しかし、民族教育は国際人権規約B規約、子どもの権利に関する条約、人種差別撤廃条約でも保障されている大切な人権です。
川端文科相が、無償化の対象を決める際に「外交上の配慮、教育の中身は判断材料にならない」とおっしゃったのは、当然のことです。
子どもたちが自分の民族の文化・伝統を学ぶ機会を奪うことは、重大な人権侵害であり、国際社会における日本への信頼性を損なうことに他なりません。また、植民地化によって民族離散の状況を生み出したことへの、当然の義務でもあります。
朝鮮人の子どもたちも安心して自民族の教育を受けられるよう、朝鮮学校も無償化の対象に含めるよう、強くお願いいたします。

この記事に

開く コメント(34) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(1) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事