ここから本文です

よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ

書庫全体表示

【ピーチキャッスル】

イメージ 1



YOEC お笑いコースの1期生(2012年卒)で、舞台・テレビほか多方面で活躍中の【ピーチキャッスル】真栄城将(まえしろ しょう)さんと桃原優樹(とうばる ゆうき)さん。在学中の思い出から近況まで、たっぷり語っていただきました。


Q:入学のきっかけを教えてください。

桃原:実はよしもとの東京養成所「NSC(ニュー・スター・クリエイション)」に、入学を希望していました。でも電話で問い合わせたら、「沖縄に養成所ができます」と言われて…それなら地元で通ってみよう! という気持ちになったんです。その時は別の相方がいましたが(笑)、彼は事情があり入学を断念。幼なじみの真栄城が入学すると知って、結局はコンビを組みました。幼稚園から同じ学校に通っていた仲なんです。

真栄城:僕にも別の相方がいて(笑)、一緒に入ろうと誘っていましたが叶いませんでした。それならよく知っている同級生の桃原でいいと思い、コンビになったんです。入学後に同期生の中から相方を見つける人は多いです。だから1人で入っても大丈夫なんですよ。

桃原:憧れの吉本興業が沖縄に養成所を開校、という事だけでワクワクでした。それも1期生になれるなんて、迷わず入学ですよ! 芸人だけで100人近くいて大人数でした。

真栄城:お笑い養成所は、沖縄初だったのではないでしょうか。みんなの前で自己紹介して、授業がスタートしましたね。

イメージ 4





Q:年齢層が幅広く、個性的な方もいて楽しい学校というイメージです。

桃原:最初はドキドキしました。楽しいというより「殺し合い」の雰囲気でしたよ(笑)。同期はライバルという空気が流れ、「おちゃらけているヤツがいたら、絶対笑わない!」と決めてました(笑)。

真栄城:今は仲良しなので、雰囲気が大分変わりましたね。授業は充実したカリキュラムに沿って、進められます。印象に残っている授業は「発想力」。テーマを決めて関連する10個のワードで風船を作り、発想力を広げていくんです。

桃原:懐かしい授業! 例えばテーマが「沖縄」だったら、「海」とか「暑い」とか関連するワードを風船にして、沖縄のイメージをまとめていきます。これが発想につながり、漫才やネタ作りに通じると教わりました。県外のテレビディレクターさん達が、指導してくれるんですよ。明石屋さんまさんの番組担当者は、テレビ番組の作り方を教えてくれました。「なんだろう!?」って戸惑う時もありましたが(笑)、今役立っていると実感できます。

真栄城:イメージを広げる訓練になりました。アナウンサー講師からは発声練習を学びましたし、ダンスはラッキィ池田さんから習いました。有名講師、本土から来る講師に直接教わり、学べることがたくさんありました。

桃原:沖縄という土地は、本当にいろいろなチャンスがあると感じます。なんと在学中、YOECのテレビ番組ができたんですよ! 僕たち学生が出演できる番組だったんです。





Q:学生でありながら即実践! さすがよしもとの学校ですね。

真栄城:そうなんです。基礎をしっかり学んだ後は、「ネタ見せ」中心になっていきました。ネタを作って見せてアドバイスをもらって、それを直してまた見せる…。

桃原:芸人にとって大事なのは、なんといってもネタ。だから芸人コースは、とにかく「ネタ見せ」なんです。ひたすら繰り返すんですよ。ツライと感じることも正直ありましたが、今は仕事が楽しいです。

真栄城:でも苦しさもありますよ。この世界はきらびやかで楽しいとイメージしていると、ギャップに驚きます(笑)。

桃原:基礎をマスターするために、さまざまな事を勉強する必要性にも気付きました。最初はネタの作り方もわかりませんが、流れを教わり制限時間内で漫才やコントを実際にやりながら成長を感じるんです。人気のある先輩芸人、テレビのディレクターさんに在学中にネタを見てもらえるのは、貴重な経験! かなりの本数のお笑いライブにも出演できますよ。

真栄城:初期のネタは、起承転結の組み立てすらできませんでした。基礎を学んでいく内に、自分たちで努力しながら鍛えられる面もありますね。生徒の頃からステージでネタ披露できるのは、強みです。反応がイマイチでへこんだ日もありますけどね(笑)。絶対面白い! と自信を持ってやっても、裏目に出るパターンもあったりします(笑)。





Q:先輩芸人から教わる機会はありますか?

真栄城:あります。僕たちの頃は月1で行うライブ「お笑いガチマヤー」の後、先輩芸人による質問授業がありました。特に印象に残っているのがスリムクラブさん。「いろいろなお笑いの形があるけれど、自分が思っていることをやるのが一番!」という言葉が忘れられません。

桃原:僕はNON STYLE石田さんが印象的でした。石田さんが「漫才はツッコミのモノ」と話し、「ツッコミが上手くなればなるほど漫才は面白くなる」という説明を聞いて、なるほどなと納得したんです。


イメージ 5




Q:ネタを褒められる事はあったんですか?

真栄城:すっごく面白いね〜って言われる事はない、と思っていた方がいいかもしれません。でも好感触かなと感じる時はありますよ(笑)。元銀次・政二で今は放送作家としてご活躍の前田政二さんには、「ネタ見せで60点以上取れるコンビは将来光る物がある」って言われて、「はい、12点!」と採点されました(笑)。それ位厳しい場合もありますが、東京や大阪の作家さんのバロメーターを知る機会になりますよね。

桃原:厳しさを感じる事が多いですが、新ネタを披露して「前にどこかでやった?」的な雰囲気が出せると、好感触を得たと実感します。ネタは数をたくさん作って頑張るしかないんです!

真栄城:アイディアが全然浮かばなくて、叫びたくなる日もありますけどね(笑)。芸人はネタが命ですから、時間があると2人で話し合っています。毎日のように一緒に「よしもと沖縄花月」の舞台に立っていますし、プライベートタイムも会っているので常に相談しています。


イメージ 2




Q:ネタ作りが中心のようですが、お笑いコースは他にどんな授業がありますか?

桃原:演技にダンス、発声方法はしっかり教わりました。どれもお笑いに必要な授業なんですよね。コントは動きがありますし。

真栄城:スケジュールがしっかり組まれて、いろいろと学びました。





Q:ちなみに、今日のスケジュールはどんな感じですか?

真栄城:朝起きて出勤するのと同じように劇場に来て、「よしもと沖縄花月」昼夜公演に出演。

桃原:合い間にネタ合わせやトークライブの打ち合わせをして、この取材の後は懇親会のMC役をやって終了。今日は楽な方ですね。最近一番キツかったのは、朝8時30分から深夜12時までかかったテレビ収録で、なんと9本撮り! 背骨が折れそうでした(笑)。

真栄城:新記録達成かもしれません(笑)!? 顔面の筋肉がブチ壊れているんじゃないかと不安でしたよ(笑)。

桃原:数日前は東京にいました。毎月2回「よしもとUchinah Live」というランキングライブがあって、月間1位になると翌月に東京ライブの出演権をもらえるんです!




Q:最後に、YOEC入学を考えている方たちにメッセージをお願いします。

真栄城:テレビに出たい、舞台に立ちたい…できるといいなと夢見ていることが、数多く実現できる場所です。自分の力だけで突然実現するのは無理なので、近道として学校に入った方がいいと思います。芸人になりたい人はYOECに入ると早い。すぐに芸人になれるんです! 在学生が出演できるお笑いライブがありますから、ぜひ入学してください!

桃原:面白い先輩たちと触れ合えるし、自分自身のスキルアップにもなるし。すぐライブにも出れる! きっかけがあればテレビ出演の可能性もあります。お笑い芸人を目指している方は、1歩踏み出してYOECに入学を。たくさんのチャンスが広がりますよ!

イメージ 3

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事