夕暮れの筆箱

全日本プロレスの五強時代をこよなく愛します。

全体表示

[ リスト ]

 2月いっぱいで芸能界を引退した女優の堀北真希。2015年に俳優の山本耕史と結婚し、昨年12月には第1子を出産。子育てをする中で「家庭を守りたい」という意識が強くなっての決断とみられている。しかし、夫の山本が報道陣に直撃された際、堀北の引退について「本人が長年望んでいたこと」とコメントした。「長年」ということは、結婚や出産以前から、堀北の中に「引退」の気持ちがあったということなのか。

 この件を取り上げた2日放送の芸能ニュース番組『芸能マル秘チャンネル』では、芸能リポーターの菊池真由子氏が「引退の一因となったのが、事務所との確執ではないか」とする『日刊スポーツ』の記事を紹介した。記事によると、「結婚から1年半というタイミングで引退を発表したが、結婚以前に引退する可能性もあった」という。その理由は「事務所側と待遇などをめぐる考え方に徐々に温度差が生じ始めた」こと。「事務所に『辞めたい』と相談したこともあった」という。

 さらに堀北は、山本との交際について事務所に結婚直前まで言わず、押し切る形で結婚したという。第1子出産時の発表も事務所からではなく、山本の友人である香取慎吾がテレビ番組で発表するという異例のもの。これにも、堀北と事務所のコミュニケーション不足が指摘されている。

 菊池氏によると、堀北は「家庭と仕事の両立はできない」と事務所に申し入れたが、事務所側からは「辞めるのではなく、事務所に籍を置いたまま休業するのではどうか」と提案があったという。しかし、堀北はきっぱり「とにかく一区切り置いて辞めたいという決意は固かった」という。突然の引退劇のようだが、堀北にとっては、この引退にたどり着くまで長い道のりだったのかもしれない。

 また1日放送の同番組で、復帰の可能性について言及したが、堀北の事務所は「復帰は絶対ありません」ときっぱり否定しているという。また、山本の個人事務所の社長である、山本の母親も「まったくの事実無根。将来的にもまるで考えていない」と、堀北の復帰を否定した。

 菊池氏は「(堀北は)器用なタイプじゃないから、子育て、奥さんというのをがっつりやりたいんでしょうね。たくさんの人がしがみついていたいでしょ、芸能界って」と話し、「南海キャンディーズの山里さんが『これだけ楽しい世界にいて、それを捨ててまで守りたいものがある、愛したい人がいるというのは羨ましい』と言っていた。なるほど、そういう見方もあるか、と」と、華やかな芸能界をあっさり捨てて家庭を選んだ堀北の決断を讃えた。


(AbemaTV/『芸能マル秘チャンネル』より)


……AbemaTIMESより。

そうか、復帰はなしか……。

非常に残念。

まあ芸能界、すぐ代わりは出てくるんだろうなあ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事