二十四考

二十四節気に思うこと

春分

<春分>
太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さが等しい春の折り返し点(立春と立夏の中間点)である。この春分の日を彼岸の中日というのは、彼岸はその前後の三日間を含めた七日間をいうから。「毎年よ彼岸の入に寒いのは」という子規の有名な句があるが、彼岸の入り(今年でいえば17日)に子規の母親が何気なく呟いた言葉が五七五になっていてそれをそのままそっくりいただいた句である。彼岸は秋にもあるが、季語の世界では彼岸は春の季語、秋のそれは秋彼岸ということになっている。


彼岸という言葉は仏教用語であることは秋分のところで記した通りであるが、あの世という意味合いもあり祖先のいるところにも通じる。ではなぜこの時期に祖先を供養することになったのか、というのはよく分からないが、西方浄土には太陽が真西に沈む春分のときがもっとも近づけるという思想でもあったのかもしれない。それにお墓参りには申し分のない季節だ。


 イメージ 3
奈良と京都の境、南山城に佇む浄瑠璃寺というお寺に行ったことがある。石仏が点在する里にあって近くにはあじさい寺ともいわれる岩船寺がある。このお寺には池を挟んで東側に薬師如来を祀る三重塔、西側に本堂の九体阿弥陀堂が配置され(写真参照)、彼岸の中日には太陽が三重塔から昇り九体阿弥陀堂の裏に沈むのだという。薬師如来は現世仏、阿弥陀如来は来世仏だから、東の岸(此岸)から西の岸(彼岸)へ池を小舟で渡り、九体の阿弥陀仏を拝めば極楽浄土の気分が味わえるかもしれない。
イメージ 2イメージ 1


 






彼岸を詠んだ子規の句には「梨腹もぼたもち腹も彼岸かな」というのもある。この句の季語は梨であり、したがって秋の彼岸の句ということになる。ちなみにぼたもちは牡丹餅とも書き春の彼岸のもの、秋の彼岸に食べるのは同じものでもお萩というがそれぞれ季語にはなっていない。あくまでも牡丹や萩は餅としてではなく花として詠んで初めて季語になるということだろう。子規は果物や甘いものが大好きだった。


この記事に

開く コメント(0)

啓蟄

<啓蟄>
この頃暖かくなって冬眠していた地虫や蛇などが穴を出てくるとされる。「地虫穴を出づ」「蛇穴を出づ」というのもこの時期の季語となっている。
 
地虫が穴から出てくるように、自分も小平から這い出て、先週伊豆の修善寺まで行ってきた。修善寺は小京都といわれるように桂川、嵐山、渡月橋と馴染みの地名が冠せられたこじんまりとした温泉町である。その中心の修禅寺の修禅寺寒桜の前の方丈で、ちょうど「女将のもちより雛と修禅寺庭園鑑賞」展が催されていた。雛壇に居並ぶ雛人形も豪華ではあったが、眼を引いたのは雛のつるし飾り。修善寺から天城越えした先に稲取温泉があるが、ここの「雛のつるし飾り」は、東北は酒田の「傘福」、九州は柳川の「さげもん」とならび、日本三大つるし飾りの一つとして有名だそうだ。もともとは江戸時代、雛人形など揃えられない庶民がお雛様の代わりにつるし飾りを手作りし女の子の成長を祈ったことから始まったようだ。だからつるし飾りには、桃、這い子人形、お手玉、七宝まり、ほおずき、羽子板、など女の子にちなんだ縁起物がいろいろ飾られる。
イメージ 1
修禅寺方丈の展示品

華やかな印象とは別に、修禅寺には陰惨な歴史も潜んでいる。岡本綺堂の戯曲「修善寺物語」の源頼家やその叔父の源範頼の暗殺の舞台でもあったからである。頼家の母北条政子が菩提を弔うべく建立した指月殿が桂川を挟んで修善寺の向かい側の山麓にある。(指月殿の本尊の釈迦如来座像が右手に蓮の花を持っているのは珍しいとされる。)紅梅白梅がほころぶその境内には頼家のお墓とその頼家の13人の忠臣のお墓があった。
イメージ 2
イメージ 3
上は指月殿釈迦如来像、下は桂川にかかる桂橋と楓橋。(ちなみにかつらとかえでは「修善寺物語」の主人公夜叉王の二人の娘の名前である。)


この記事に

開く コメント(0)

雨水

<雨水>

雪が雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味。春一番が吹くのもこの頃だと言われているが、案の定昨日東京に春一番が吹き荒れた。三寒四温を繰り返しながら季節は本格的な春へと進んでいく。と言いたくなるが、三寒四温というのは歳時記では冬の季語、厳寒の頃三日寒い日が続くと四日暖かくなるという現象を指す言葉であり、春へと季節が一進一退を繰り返すという意味ではない、とあった。「三寒と四温の間に雨一日」(林一九楼)
 
お雛様を飾るのはこの時期がいい、と言われるのは水が命の源だから。人間の体の2/3は水でできている。もっとも老化とともにその割合も減ってゆき、高齢者は1/2くらいらしい。肌が潤いを失い干からびてゆくのはまさにこの水の作用であろう。1日の体内の水の放出量は約2.3リットル、内訳は尿で1.3リットルのほかに吐く息で0.4リットル、皮膚からの蒸発で0.6リットルというのは知らなかった。これに見合うだけの水を摂取しなければいけないが、食事と代謝で0.8リットルは確保できるとして残りの1.5リットルはみずから水を摂らなければならない。(老化によりこの能力が衰えてくるから、たとえば渇きを感じる能力とか、年を取ると枯れてゆくのだろう。)ただ毎日プラマイゼロになっているわけではなく、そこらへんの収支のバランスを考えてくれているのが腎臓の働きである。水は喉の渇きを癒すときだけではなく、意識して水を摂るべきで、いくら摂っても摂りすぎることはない、と今頃気づいてもどうしようもないが。
 
さてその摂取する水には軟水と硬水があるのはよく知られている。ミネラル(カルシウムやマグネシウム)が多いのが硬水だが、日本は軟水系である。というのは地質や地形の影響があるらしい。地形というのは日本は山が多くしたがって川は急流となり、ヨーロッパと比べミネラルを含む岩盤を通過する時間が少ないので軟水となりがちだというのだ。日本ではこの軟水に合うような食べ物や飲み物が発達した。お茶にも軟水が合う。室町時代のお茶人の言葉に「一に山水、二に秋の雨水、三に川水、四に井水」というのがあるが、お茶に適した水のことだ。井水は岩盤を通過しているので硬水に近いのだろう。ただお酒造りには硬水がいいようだ。伏見や灘はその伏流水をもって酒のメッカになった。ちなみに雨水(あまみず)は無論軟水である。
 

この記事に

開く コメント(0)

立春


<立春>
立春、暦のうえではこの日から春。暦の上では、と断るのは気象庁の定義では春は3月からとなっているから。専ら気温が基準になっているのだろう。古人は「雪間の草の春」に春の訪れを感じることができた。(「花をのみ待つらむ人に山里の雪間の草の春を見せばや」家隆)寒風はなお続くが、春は名のみと嘯かず誰も気づかない自分だけの春を見つけるようにしたらどうだろう。 


旧暦では立春といえばお正月。その前日の節分は今でいえば大晦日、新年を迎えるにあたって厄払いをしたそうな。歌舞伎や落語にその名残をとどめている。


歌舞伎はお馴染み「三人吉三巴白波」。大川端の場は節分の夜が舞台、お嬢吉三の有名な連ね「月は朧に白魚の」の途中で厄払いの声がかかる。これを受けて「ほんに今夜は節分か、西の海より川の中、落ちた夜鷹は厄落とし、豆沢山に一文の銭と違って金包み、こいつあ春から演技がいいわえ」と見栄を切る。 


そこに出てくる厄払いの口上を覚えて銭と豆を稼いで来いと叔父さんからけしかけられる与太郎が登場するのが、落語の「厄払い」である。その口上の一部を紹介すると「今晩今夜のご祝儀にめでたき事に払おうなら、まず一夜明ければ元朝の、門に門松注連飾り、床に橙鏡餅、蓬莱山に舞い遊ぶ、鶴は千年亀は万年・・・」これも黙阿弥ばりの七五調で調子がいいが与太郎がこれを覚えるのは大変だった。 


現代でも厄払いの行事として残っているのが鬼やらい(豆撒き)とやいかがし(柊挿し)。鬼は豆や鰯、柊に弱いらしい。最近は恵方巻といってその年の恵方(今年は北北西)を向いて太巻きを無言で食べるという習慣ができつつあるが、これは伝統行事でも何でもない。恵方といえば昔から恵方詣でに決まっていた。



この記事に

開く コメント(0)

大寒

<大寒>
東京の今日の最高気温は5度だったとのこと、大寒に恥じない冷え込みとなった。最近は気象のニュースがトップになることが多い。やれ寒いとか、やれ雪が降るとか。冬だから寒いのも雪が降るのもあたりまえといえばあたりまえだ。これが20度を超えたとか桜が咲いたとかいえばニュースになってもおかしくないが、ただでさえ寒いのにニュースでさらに囃したてることもあるまいに、と思うこの頃である。

ただ今年の大寒のトップニュースはトランプ大統領の就任だった。就任演説が選挙のときの演説と変わらないと落胆した向きもあるようだが、当選したら手のひらを返すかのように選挙公約を棚に上げる政治家が多いなかで、言行一致、有言実行を貫く姿勢は評価できる。中身はいろいろ論議があるようだが、グローバリズムの見直しというテーマは日本の江戸時代の文化や平和と比べながら考えてみるのも面白いと思う。

寒いと体が硬くなるが、このところの硬さは寒さばかりではない。齢のせいでもあるからだ。老化でいちばん怖れるのは体が動かなくなることだ。その先にある死ぬことよりむしろそのことのほうが怖い。「春の枝に花あり、夏の枝に葉あり、秋の枝に果あり、冬の枝に慰(なぐさめ)あり」と内村鑑三は詠んだが、春夏秋に十分活動したのだから冬はゆっくり休んで下さい、人生も同じですよ、という意味なのか。人生の冬はもう無理して体を動かさなくてもいいですよと高齢者を慰めているのだろうか。

支持率は最も低い代わりに年齢が最も高いのがトランプ大統領だが、高齢者を65歳以上と定義したのは今から60年も前のことだったらしい。その頃の65歳以上の人口は数%だったのがいまや30%に近づこうとしている。これも最近のニュースだが高齢者の定義を見直そうという論議があるようだ。医療費をはじめとする高齢者に関わるコストの増大にどう対処するかとも絡む論議と思われるが、個人的には高齢者としてのまっとうな心構えを考えさせるタイミングとして65歳というのはふさわしいのではないかと思う。まっとうな心構えとはシンプルに生きるということ、換言すれば足るを知ること、あるがままを受け入れること、慎み深くおごらないこと、ひとりでいる時間と空間を愉しむこと、などなど。「シンプルライフ ファースト」とでも言おうか。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事