世界遺産の吉水神社から「ニコニコ顔で、命がけ!」

「一燈を提げて、暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。ただ一燈を頼め」言志晩録

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※ こちらも“プチッ”とお願いします→
↓   ↓   ↓
[http://history.blogmura.com/his_shiseki/ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ(文字をクリック)]



冬至の伊勢神宮宇治橋の朝日は美しい

宇治橋渡始式に御奉仕させて戴き、橋の両方にある鳥居に朝日が射しかかると美しい

冬至の日は朝から多くのカメラマンが、朝日が重なり鳥居の中に入る自然現象を撮影

宇治橋の鳥居の中に朝日が入る・・・その刹那願い事をするのです、感謝も添えて


伊勢神宮・新しい宇治橋の真正面に朝日が重なり鳥居の中に入る自然現象 /三重

宇治橋の鳥居の中に朝日が入ることから日の出前には多くのカメラマンが宇治橋前に陣取る景色は伊勢の冬の風物詩に。

 伊勢神宮内宮を流れる五十鈴川にかかる宇治橋の12月1日は、11月3日に新しく架け替えられて最初の朔日参り(ついたちまいり)の参拝客を渡す日になった。(伊勢志摩経済新聞)

【関連画像】 本居宣長も宇治橋前に?自前の「マゲ」に朝日が輝く。伝承文化研究所・小林隆所長の衣装は一際目立っていた。

 伊勢には毎月1日を朔日参りとして、先月を無事に過ごせたことに感謝するおかげ参りの風習があり、早朝から多くの参拝客が伊勢神宮を訪れる。

 赤福(伊勢市宇治中之切町)では毎月1日だけ販売する「朔日餅」を買い求める行列、おかげ横丁(同)の各飲食店ではこの日だけ提供する「朔日朝粥」、そのほか「朔日朝市」など早朝から多くの人が伊勢神宮周辺に集まっている。

 冬至の日(12月22日)をはさむ2カ月間、宇治橋の鳥居の中に朝日が入ることから日の出前には多くのカメラマンが宇治橋前に陣取る景色も冬の風物詩となった。

 この日は、朔日参りに訪れる参拝客と新しい宇治橋と日の出を鳥居の中に収めようとするカメラマンら約100人以上が宇治橋前に集まった。7時23分、志摩路山から一筋の光が宇治橋を渡り、鳥居をくぐりぬけると朝日を見守る人々を照らし感動を与えた。

 本居宣長と吉田松陰を敬愛し自身もマゲを結い、羽織袴のいでたちで一際目立っていた、美しい日本語を伝えようと活動する伝承文化研究所(東京都中野区)の小林隆所長は「心の原点=古事記の原点=伊勢神宮に御垣内参拝するために宇治橋前で待ち合わせをしていたが、偶然の出来事(宇治橋からの美しい朝日)に驚いた」と感動した様子を見せた。

 伊勢市観光協会では宇治橋前で12月22日、「冬至祭」を開催。当日は「冬至ぜんざい」を振る舞う。



伊勢市の宇治橋で『冬至祭』

2008年12月21日(日)、伊勢市の宇治橋で『冬至祭』が行なわれる。冬至の日には、伊勢市の内宮・宇治橋大鳥居中央から朝日が昇る。当日は薄暗いうちから大勢の人たちが待ちかまえる。7:00頃から日が昇り始めハイライトは7:30頃。訪れた人には7:30から「ゆず」を配るほか、「冬至ぜんざい」が振るまわれる(各限定300食)。古代では冬至は1年の始まり、つまり現在の正月にあたる。ちなみに観光協会のふるまいはないが、22日(土)、23日(日)も同時刻にほぼ同じような幻想的な光景を見ることができるので、万一天気が悪いときには敗者復活戦が可能。
宇治橋は2009年11月3日に執り行われる『宇治橋渡始式』(うじばしわたりはじめしき)に向け、掛け替え工事が始まる。宇治橋架け替え作業中は、仮橋を渡ることになるが仮橋の利用期間は、12月27日(土)〜2009年11月3日(祝)。12月27日(土)〜2月1日(日)の期間は、参拝を終え、帰路のみに利用可能。現在の宇治橋は、2009年2月1日(日)まで往復渡橋が可能で、2009年2月2日から通行することができなくなり、仮橋のみ通行するようになる。つまり12月27日(土)〜2009年2月1日(日)の間は、仮橋と宇治橋の両方を渡ることができるチャンス期間。


※ こちらも“プチッ”とお願いします→
↓   ↓   ↓
[http://history.blogmura.com/his_shiseki/ にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ(文字をクリック)]

この記事に

開く コメント(15) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事