ここから本文です

あなたが未来のよしもとっ子!

書庫全体表示

イメージ 1


こんにちは!採用担当N-1号です!

吉本興業のインターンシップ「よしもと冒険」セカンドシティコースが、本日からスタートしました!

 
「セカンドシティ」プロジェクトとは、アメリカ・シカゴを本拠地とし、数々のスターコメディアンを輩出し続けるコメディ集団「The Second City(セカンドシティ)」との新しいライブコンテンツ&人材開発の取り組みです。
 
今回の「セカンドシティコース」では、「The Second City(セカンドシティ)」と吉本興業で取り組む、日本で初めての新型エンタメショーを開発するプロジェクトの全貌を体験できるというもの。

この日、吉本興業東京本部に早朝から集合した12名の参加者には、初日から「セカンドシティとは何か?」を、よしもとが誇る豪華講師陣がみっちり伝えました。

まずは、現在公演中の「THE EMPTY STAGE」でも演出・構成を務める、後藤ひろひとの講義からスタートします。後藤は自身のお笑いの原体験から、セカンドシティの説明などを交えながら、「今やっていることは、アメリカのお笑い文化であるセカンドシティと日本のお笑い文化の吉本の融合」とこのプロジェクトのコアな部分に触れていく講義に、参加者も目の色が変わります。


イメージ 2

続いては「THE EMPTY STAGE」出演中の2丁拳銃と2700の2組が登場し、それぞれのセカンドシティ体験を赤裸々に語りました。

2丁拳銃・修士は「(日本より)アメリカのお笑いのルールの方がいいんじゃないか、と思う。」といきなりの過激な発言からスタートします。


イメージ 3

続く2丁拳銃・小堀、2700・八十島も「セカンドシティ」が、コンビに与える影響を切々と語っていきます。

なかでも「いま開花中」(後藤)と言われた2700・ツネが「Yes andの気持ちで、すべてを受け入れるようになる」と雄弁に語り、これまでのツネとは違う一皮むけた様子に、参加者も引き込まれていきました。


イメージ 4

また、参加した学生には、このインターンシップの期間にクリアすべき「課題」が与えられました。

この課題を達成するため、次回の「セカンドシティコース」のプログラムはさらに刺激的で、ワクワクするような内容が待っています。

イメージ 5
 
THE EMPTY STAGEのWebサイトはこちら⇒http://the-empty-stage.jp/

(採用担当N-1号)

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事