弁護士 戸舘圭之のぶろぐ

袴田事件に取り組む弁護士戸舘圭之のぶろぐ

ホーム

すべて表示

明日は京都で袴田事件、刑事司法制度についてお話します。

明日は、京都で法律家のたまご=司法修習生が自主的に企画している研究企画「7月集会」の分科会で袴田事件、刑事司法制度について袴田ひで子さんと一緒に登壇しおはなします。

http://www.7shuu.com/#!cjs/c62v


私が司法修習生だった2007年1月、私もメンバーの一因として活動していた青法協が中心となって企画した修習生の自主的企画「1月集会」で袴田事件の分科会を担当しました(当時は1月に開催されていたので「1月集会」でした。)。

講師には小川秀世弁護士(袴田事件弁護団事務局長)をお呼びして熱の入った講演をしていただきました。当日は、別な分科会の講師で来ていた名張事件弁護団の伊藤和子弁護士も飛び入りで参加していただき、当時決定が出たばかりの再審開始決定が異議審で取り消された門野決定の不当さについて発言いただいたり大盛況でした。

この頃、袴田事件は、第一次再審請求審の特別抗告中で、最高裁に望みをかけていた段階で、正直、先の見えないたたかいの真っ最中でした。

私は、司法試験に合格し、袴田事件のことを多くに人に知ってもらいと思いこのブログを立ち上げたり、1月集会では念願だった袴田事件の企画を担当し、その後、2007年9月からは弁護団として関与するようになり、あれやこれやの紆余曲折を経て、昨年2014年3月27日の再審開始決定が出て袴田さんは釈放されました。


当時は、まさか7年後にこんな事態が訪れるとは夢にも思っていませんでした。

明日、司法修習生の方々に袴田事件のことをお話できる機会を与えていただき感慨深い思いでいっぱいです。


.


みんなの更新記事