ここから本文です
イメージ 1
浜松医学校
(旧浜松町役場・浜松市役所)

浜松市中区紺屋町92
撮影日 1911年(明治44)6月30日
撮影者 不詳
所蔵 浜松市博物館(中区仲谷家寄贈)
出典 浜松市制施行百周年記念誌『ももとせ』

旧静岡県浜名郡浜松町の最後の日に撮られた記念写真。最後の町長になった鶴見信平(初代浜松市長・事務取扱)はじめ全職員30数名が写っている。

翌7月1日に市制を敷き、浜松市になったため、市役所として大正7年まで使われた。その後、市立図書館を新築したが、戦災で焼失した。戦後、電電公社(NTT)の診療所が新設されたが、現在はマンションが建っている。心造寺の北側。

この建物は元は明治7年に開校した浜松県立浜松病院付属浜松医学校の校舎として明治9年に新築されたものである。
 医学校では病院長兼校長の太田用成、一等教員の柴田邵平、三等教員の虎岩武らによってアメリカの医学書『CONSPECTUS of MEDICAL SCIENCE』が翻訳され、
医師試験を受験する医学生向きの概説書『七科約説』として浜松の印刷会社「開明堂」が明治11年~12年に印刷し、丸善などから販売された。発行部数は初版が上編1800部、下編1000部だったという。
 医学校は明治13年に廃校になったため、
県所有の土地と校舎は戸長役場として使われたのち、明治22年に発足した浜松町の役場となった。

この写真は旧浜松町・浜松市の技術系職員(技手)だった仲谷定吉氏方に保存されていたもので、近年仲谷家から市博物館に寄贈され、市制100周年記念誌に掲載された。

イメージ 2
市制施行1周年の明治45年7月1日の消印のある浜松市役所の絵はがき(出典不詳)

イメージ 3
現在の同じ場所(2015年)



この記事に

Kei 陳佳(チェン ジア)
6月19日
中国広州でコンサート!
CDアルバム
「KEI 68」&      
「KEI 68 international」


イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11

数々の名曲が時を超えて輝きだす・・・・」   
・本作”68”は1940年代から2000年代まで
時代を問わず多くの人々に愛されてきた日本の名曲を中心としたカバーアルバム。
           ・類い稀なる歌声を持つ歌手KEIにより珠玉のカバーアルバムに仕上がっている。            
・本作は通常版より中国語バージョンを多く含むインターナショナルです。                

"68"収録楽曲("68internationalも同) 
      ・01.愛燦燦(美空ひばり1986)・ 02.星つむぎの歌(平原綾香2008)
・03.また君に恋してる(ビリー・バンバン2007) ・04.蘇州夜曲(李香蘭1940)
・ 05.夜来香 中国語版(李香蘭1944)・ 06.スカイレストラン(ハイ・ファイ・セット1975)・
 07.つぐない(テレサ・テン1984)・ 08.雨の中の二人(橋幸夫1966)
・09.ラブ・スコール(サンドラ・ホーン1979) ・10.糸(中島みゆき1992)
 ・11.恋人よ(五輪真弓1980) ・12.さよならの向う側(山口百恵1980)

・本作品”68”是從1940年代到2000年代的日本名曲的演繹專集。
這些名曲深受各個年代的人們的喜愛。
KEI憑藉著她卓越的唱功以及稀有的嗓音演繹了這張珍貴的專集。
普通版的”68”與包括了多首中文詞的”68international"同時上架!
「諸多的名曲穿越時空再現輝煌・・・・」 ”68"包括的曲目(與”68international"相同)
 ・01.愛燦燦(美空ひばり1986) ・02.星つむぎの歌(平原綾香2008)
・03.また君に恋してる(ビリー・バンバン2007) ・04.蘇州夜曲(李香蘭1940)
 ・05.夜来香 中国語版(李香蘭1944) ・
06.スカイレストラン(ハイ・ファイ・セット1975)
 ・07.つぐない(テレサ・テン1984) ・08.雨の中の二人(橋幸夫1966) ・
09.ラブ・スコール(サンドラ・ホーン1979) ・10.糸(中島みゆき1992)
 ・11.恋人よ(五輪真弓1980) ・12.さよならの向う側(山口百恵1980)

   本作品僅限日本國內販賣。受各國的海關法,版權法的限制,不保證日本以外國家和地區的送貨到貨。

全12曲収録(青字は中国語バージョン)

01. 愛燦燦
02.
星之韻曲(星つむぎの歌)
03. また君に恋してる
04. 蘇州夜曲
05.
夜来香
06. スカイレストラン
07.
償還(つぐない)
08. 雨中小曲(雨の中の二人)
09. ラブ・スコール
10. 糸
11.
戀人啊(恋人よ)
12. さよならの向う側


ファンクラブ
歌迷俱乐部、歌友会)
KEI'sFanclub International
も発足

5月8日北京で
ランチショー開催!

イメージ 4
天津でのコンサート後の舞台上での記念撮影



イメージ 6


イメージ 5
中国では『桜花之旅』というCDを出しているKEIさん
もう何回も来日しているのになぜか
桜の咲く季節に日本に来たのは初めてとか
今回は録音の合間に
満開の桜を堪能できたようです

イメージ 2
テレサ・テンの後継者で
テレサ・テンの大ファンでもある
KEIさんおすすめの『テレサ本』
テレサ・テンのマネージャーを
晩年の8年間つとめた鈴木章代さんの
『純情歌姫』(角川書店2007年刊)をよむKEIさん

この本はKEIさんのエッセイで紹介されていましたが
残念なことに絶版になっています。
アマゾンでは高値が付いているので
図書館で借りて読みました。


KEI(本名  陳佳)
中国北京出身
3歳から中国中央音楽院教授にピアノを学び、
11歳から中国交響楽団少年少女合唱団に在籍。世界各国の舞台で経験を積む。
その後ドイツ留学、中国銀行勤務を経て
2012年テレサテンの実兄が運営する財団法人テレサ・テン文教基金会(台湾)
と専属歌手契約を結び数々のステージ、テレビ番組で活躍。
清楚なルックスと透き通った美声が
中国国内のみならず世界中の中国語圏で注目されている。
2015年5月渋谷公会堂で開催されたテレサテンメモリアルコンサートでは
ゲストとして出演。
五木ひろし、内田あかり、伍代夏子、夏川りみらと共演する。
2015年12月OFFICE SIXXと専属実演家契約を結ぶ。
(パプリカレコードの解説から)
イメージ 8
中国のwebから

KEI
 陳佳(チェン ジア)
Chen Jia
『問わず語り』
『問わず語り』
歌唱:陳佳(チェン ジア) 
作詞:梶川正道 作曲:中野安兵衛

1
二杯目の紅茶に角砂糖
クルクルまわせば想い出す
あいつと初めて出逢ったのも
淋しがりやのカフェテラス
都会の片隅ひっそりと小さな灯りがともったね  
2
あいつは場末の 弾き語り
私は踊り子よ アンドゥトヮ
絵になる二人と笑っては
肩をよせあう裏通り
心をひとつに重ねれば冷たいベッドもあたたかい  
3
暮らしに决まりがあるじゃなし
風に吹かれて西東
うれない歌でも熱くなる
あいつの横顔 好きだった
出来れば二人でその夢を愛想つくまで見たかった  
4
二人でよく来たこの店も
今じゃすっかり様変わり
ラジオがかなでるメロディも
時の流れを映すけど
今でもかすれたうた声が心のどこかで闻こえてる  

あいつが愛したあの歌を今日は私が歌おうか

《不問自述》
1
在第二杯红茶里放进方糖
搅拌起来 回忆也随之浮现
孤独的露天咖啡厅
占据在都市的偏僻角落
记得第一次遇见他的时候
就是这样微小的灯火
悄悄地燃着
2
他曾在街道一角自弹自唱
我曾是和歌起舞的少女,
数着节拍”1、2、3“(法语)
两个人都曾无忧无虑的笑着
情景美丽如画
肩并肩走在背街的小巷
只要彼此的心紧紧相系
严冬也会变得温暖如春
3
生活也许没有一定之规
无情的命运让我们各分东西
即使是无名的歌也会让人感慨万千
他的侧脸,
我曾无比的留恋
多么希望两个人 能守住那梦想
直到永远
4
当年我们经常光顾的这家小店
如今也彻底变了模样
连收音机里流淌的旋律
也映射着岁月流失的痕迹
直到今天 在内心深处
依然能听到 那往日沙哑的恋歌

他曾爱过的歌啊
今天 就让我来唱吧

テレサテンの歌唱(1987)
アルバム『テレサテン全曲集』(1991)に収録されている。

テレサテンとKEI(チェン ジア)の歌唱比較
1番と3番をテレサ テンが、2番と4番をKEIが歌っていますが、歌い方と声質が似ているので区別がつかないくらいそっくり。

『日文老歌論壇』「毎日一曲」
邓丽君--問わず語り(不问自述 / 自言自语):
http://bbs.javaws.com/forum.php?mod=viewthread&tid=93261

KEIの歌唱(スナップフォト)

作曲者・中野安兵衛(シンガーソングライター)の歌唱
https://www.youtube.com/watch?v=Wlw8_txXaf0&list=PL50uzEI9DSnmvVsxQkBgYhGX-g-90-nJt&index=3

『問わず語り』の元うた『輪廻』(1977)
歌詞が全く違います。『問わず語り』の歌詞が4番まであるのは元うたが四季を歌っていたためのようです。タイトルは思い入れがあるのだろうが、『輪廻』では理屈っぽく感じるので、エンディングにあって印象的な『かざぐるま』或いは『回れ風車』とでもしたほうが良かったかも。

詞・曲・唄 中野安兵衛

輪 廻(りんね)
1
陽炎揺らいで水ぬるむ 若草雪どけ春深し
燃ゆる緑の枝々に 恋の息吹を感じ始めた
光る風を背に受けて 君を追う日ももう近い
2
夕立 行水 盆踊り 七夕 ひまわり 夏深し
夢を語らう恋人達に 夜はあまりに短くて
明日を見つめる暇も無く 時を忘れて愛し合う
3
夕焼け こおろぎ 露しぐれ 三日月 どんぐり 秋深し
思い出繕う人々の 心にぽっかりと鰯雲
「出会いと別れは紙一重」と 窓辺でつぶやく独り言
4
北風 白鷺 雪だるま ゆく年 くる年 冬深し
一人寝の寒さに耐えかねて 帰らぬあなたの名前を呼んだ
終わりを知らない 恋の旅 回れ回れ 風車

終わりを知らない 恋の旅 回れ回れ 風車


blog『ダムオヤジの歌探し、生きがい探し』
2009.5.8
この歌と作詞作曲者、テレサテンについて詳しく語っています。

KEI 陳佳(チェン ジア)のプロフィール
出身 北京
愛称 佳佳(Jiajia)、KEI
英文名 Teresa Chen
学歴 北京・対外経済貿易大学金融学部、
ドイツ・ハンブルグ大学国際企業管理専攻(修士)
職歴 某証券会社投資銀行部
芸歴   3歳からピアノを習い、中央音楽学院付属小学校、中国交響楽団付属少年少女合唱団団員(歌手・ピアニスト)として10年間活動。イタリア、ロシア、アメリカ、日本、香港、マカオ、台湾などを演奏旅行で訪問。ネットで公開した自主制作ビデオがテレサテンの兄の目に留まり、2012年から麗君(テレサテン)文教基金会の専属歌手として活動。2015年5月 、東京で開かれたテレサテンメモリアルコンサートに出演し「北国の春」をソロで、「夜来香」を王静とデュエットした。https://www.youtube.com/watch?v=DaD2kf08Plk
2016年1月 中国で新しいCD『去年、今日』がリリースされ、日本でも4月 29日に新しいCD『KEI 68』『KEI 68 international』がリリースされた。


歌える言語:漢語、広東語、閩南語、日本語、英語、ドイツ語など

1stアルバム:CD『櫻花之旅』(日本未発売)
約30秒間のCMのあと自動的に演奏が始まる。
曲目:
1、晨光下的恋
情(『陽はまた昇る』)
2、恋人よ(戀人啊)
3、雪地上的回憶(『氷雨』)
4、海風(『西海岸から』)
5、風姿花伝(谷村新司『風姿花傳』)
6、愛人
7、前生有緣
8、我和你(『北国の春』)
9、我只在乎你(『時の流れに身をまかせ』)
10、漫步人生路(『ひとり上手』)
11、青色的回憶(因幡晃『おぼえていますか』)
12、問わず語り(不問自述)
13、小村之恋(ふるさとはどこですか)


70年代フォークを思わせるこの歌は、1980年代のテレサテンのアルバムに入っているが、ほとんど知られていない。
テレサテンの歌を検索していて偶然知ったのだが、
こんなによい歌なのに実に不思議だ。
テレサテンを紹介するテレビ番組はたくさんあるが
いつも同じような曲ばかりがかかっているので
たまにはこういう曲も取り上げてほしい。
KEI自身も好きな日本語の歌として「日本海」「西海岸から」とともにあげている。
テレサテンの歌唱もKEIの歌唱も素晴らしいが
原曲を作った中野安兵衛の渋い歌声も味わい深い。
伝説のコッキーポップで入賞した実績を持つシンガーソングライターのようだがそれ以上は判らない。

「陳佳」の北京語読みのカタカナ表示は
youtubeなどでは「チェン・ジャ」
となっていますが
当ブログでは北京語の発音に近い
「チェン ジア」としてあります。
佳〔jia〕は1音節の「ジャ」ではなく、
2音節で「ジア」と表記し、
発音した方が北京語の発音に近いからです。   

 
『港岸之夜 麗君記念コンサート』天津で開催!
2015年12月26日(土曜日)19:30〜
天津・津湾大劇院
天津市和平区解放北路48号(津湾広場)
イメージ 7



2015.12.26 於天津

コンサートの曲目 
第一部:
オープニングメドレー
一見你就笑
心中喜歓就説愛
路辺的野花不要採
甜蜜蜜
初恋的地方
千言万
世界多美麗(世界は二人のために)
原郷人(台湾映画『原郷人』の挿入歌)
難忘的初恋情人(司会の天津交通ラジオキャスター陳歌と共演)
 
第二部:
小城故事(子供と共演
独上西楼
清平調
Can't help falling in love with you (プレスリー『愛さずにはいられない』 が歌い、陳佳がピアノ伴奏)
在水一方(と共演、陳佳が伴奏
的箴言(趙莉と共演)
 
第三部
漫歩人生路(ひとり上手)(広東語)
月亮代表我的心
What a wonderful world(英
星之韵曲(『星つむぎの歌』の中国語バージョン)
 宇宙飛行士土井隆雄が国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」に搭乗するのに合わせ、応援歌として作られた楽曲。
 宇宙航空研究開発機構と山梨県立科学館が中心となって作成された「宇宙連詩」を参考に、詩人で作詞家覚和歌子が最初の句をつむぎ、それに続く1行詞を順次公募して組み合わせて歌詞が完成した。作曲は財津和夫、歌唱:平原綾香

日本の歌メドレー
   情人的関懐(空港)
    雪地上的回憶(氷雨)
    問自己(アカシアの夢)(日本語)
    襟裳岬(襟裳岬)

第四部(リクエスト
北国之春(北国の春)(日本語)
海韵
但愿人
我只在乎你(時の流れに身をまかせ)

エンディング  甜蜜蜜(趙莉と共演)


パプリカレコードからKEIという芸名で
歌手デビュー
2016年1月 から3曲入りミニアルバムのネット配信が順次始まり、
CDアルバムも4月29日に発売。
youtubeに出ているものだけでもすぐにテレサテンのトリビュートアルバムが数枚できそうだ。




第2弾は1.また君に恋してる
2.蘇州夜曲
3.星つむぎの歌(日本語)

VOL.3 (2月28日配信)

「戀人啊(恋人よ)」「糸」「雨の中の二人」

VOL.4 (3月28日配信)

「スカイレストラン」「恋人よ」「さよならの向う側」

          

東京で契約書にサイン!
(Weibo,baidu.tiebaより)

パプリカレコード
http://www.paprica-records.com/

ファンクラブのFacebook

イメージ 1
パプリカレコード=彩椒唱片

2016年1月4日から公開されている「中国の国学振興」のためのビデオ(チェンジアはイメージキャラクターとして古代の詩歌を解説し、歌っている)
ビデオ:『軽談国学歌風雅』第一集

解説「84岁的香港实业​​家冯燊均(Feng Shenjun)创设「冯燊均国学基金会」,将于香港、台北及北京推广弘扬国学,推出「国学推展​​计划」,其中《轻谈国学歌风雅》视频系列,将于2016年1月4日全球启播。
以「中华义理经典教育工程」作为主体,倡导「仁义礼智信、忠孝廉毅和」十大义理,作为中华民族核心价值与道观念。国学基金会致力弘扬此中华十大义理,期望以义理转化人心,改善社会道风气。
统筹人香港中文大学国学中心主任邓立光博士表示:「国学推展​​计划」集中于传统国学,包括经史子集四部、儒释道三家及文史哲三学;除了经典以外,并且借着诗词古文、音乐歌唱书画等作为表达形式。」

 
中国で2016年1月20日に発売された
新しいアルバムのジャケット
曲目:
01 人面桃花 
02 无奈
03 南屏晚钟
04 雨夜花
05 庭院深深
06 心里梦里
07 微风细雨
08 问情
09 明月千里寄相思
10 老曲盘
11 海上花
12 你是否知道
タイトルの『去年今日』とは『去年の今日』という意味。
 唐代の崔護の詩「去年今日此門中、人面桃花相映紅。人面不知何処去,桃花依旧笑春風。」
をもとに創作された1950年代の映画の主題歌で、テレサ・テンも歌っている。


イメージ 3
Kei陳佳のサイン入りポスター

5月8日に北京で
ランチショー開催決定!

2016.5.8 陳佳与君迷共同懐念小姐演唱専場。

会場:小柯劇場一階「麸子餐厅」(798芸術園区内)

時間: 11:30-13:30 入場、自助餐(バイキング)
13:30-15:00 陳佳ショー (15〜20曲+歌友会との2〜3曲)
15:00-16:00 記念撮影、サイン入り中国語の新アルバム及び日本のCD販売予定(未定)
人数:100人 (すでに完売した模様)
食事:西洋バイキング形式
費用:150元(人民元)
注:(1)午前中は798芸術園区を見学可。
       (2)参加申し込み、送金先:老袁(微信号 QQ375221105)。
住所:朝阳区酒仙橋路4号(798芸術園区  小柯劇場)。
アクセス:地下鉄14号線(将台駅)下車。
電話:13161878976 老袁
18515157867 七七


2016.5.8 陈佳与君迷共同怀念邓小姐演唱专场。

地点:小柯剧场一楼“麸子餐厅”(798艺术园区内)

时间: 11:30-13:30 入场、自助餐
13:30-15:00 陈佳演唱 (演唱歌曲15-20首,穿插歌友会节目2-3)
15:00-16:00陈佳与大家互动合影,现场签售华语新专辑及(日本专辑(首发)待定)人数:100人
餐食:西式自助餐
人均费用:150元(人民币)
注:(1)上午可以自由行游览798艺术区。
(2)报名参加人员将票款微信转老袁(微信号QQ375221105)代收。
地址:朝阳区酒仙桥路4号(798艺术区 小柯剧场)。
交通提示:地铁14号线(将台)站,公交线路自助搜索。
联系电话:13161878976老袁
18515157867七七

【好消息】
陈佳-甜蜜蜜 广州演唱会
父亲节礼物-带父亲一起去聆听经典金曲
2016.06.19 周日 19:30
广州市珠江新城马场路36
太阳新天地购物中心8F818乐府Livehourse
预售:220 现场:280

特约嘉宾:广州歌手王闻,发行唱片《男人四十》系列,最磁性的男低音。爵士口琴王子龙登杰与深海森林乐队。

陈佳,邓丽君歌曲最佳传承人,邓丽君文教基金会指定签约歌手。中国大陆发行个人专辑《樱花之旅》、《去年今日》、日本RECORD PAPRICA唱片公司发行陈佳个人专辑《68》、单曲《清平调》(邓丽君未完成遗作)

经过四年的沉淀与积累,以更娴熟的唱功,更动人的姿态展开了巡演之旅。父亲节她来到广州,一起怀旧那些曾走进我们心灵的旋律,那些属于父亲年代的歌。《甜蜜蜜》广州之旅会与大家一起慢慢诉说邓丽君经典金曲《千言万语》、《小城故事》、《初恋的地方》等等,还将用粤语与大家一起共同回忆《漫步人生路》、《忘记他》、《浪子心声》......


演唱会曲目
(一)
甜蜜蜜
小城故事
初恋的地方
你怎么说
漫步人生路(粤)
千言万语
又见炊烟

(二)
路边的野花不要采
独上西楼
但愿人长久
遇见你(粤、日)
微风细雨-《去年今日》
庭院深深-《去年今日》

【与王闻对唱】人生何处不相逢

(三)
浪子心声(粤)
忘记他(粤)
香港之夜
月亮代表我的心
逍遥自在(中、日)
我只在乎你

返场(Encore):
再见我的爱人

何日君再来



この記事に

イメージ 1
 
浜北区貴布祢・平野又十郎邸
 
所在地   浜松市浜北区貴布祢1062
竣工時期  座敷 明治22年(1889)
      蔵、長屋門、中門、塀など 明治前半期
撤去 平成27年(2015年)11月
 
 明治時代から昭和初期まで、地方銀行家として活躍した平野又十郎(1853-1928)の旧邸宅と屋敷林(約4200㎡)。
 平野又十郎は遠州地方の近代化を推進した最有力者のひとりで、26歳の時、遠州地方で盛んだった報徳思想をもとに貯蓄組合「同心遠慮講」を設立し、地域の教育や産業の基礎をつくった。同心遠慮講は、銀行業務を行う永世社を設立、これがのちに永世銀行に発展し、遠江銀行を経て、遠州銀行に併合された。
 一方で平野又十郎は1880年に銀行業務を行う西遠商会を興し、1885年西遠銀行(http://blogs.yahoo.co.jp/yosihei8jp/59097005.html)になり浜松の有力銀行として発展した。その後、竹山謙三(http://blogs.yahoo.co.jp/yosihei8jp/15485179.html)の興した資産銀行と1920年に合併して、遠州銀行になったが、戦時中の1943年に「一県一行」の掛け声の下、静岡三十五銀行等とともに静岡銀行に統合された。(因みに、この掛け声はまやかしで、抵抗した駿河銀行と清水銀行は存続し、浜松には銀行本店が無くなってしまった。)
 平野又十郎は掛塚村(現磐田市掛塚)の廻船問屋川口屋の林文吉の八男として生まれ、幼名は八郎、後に幹造と改名。17歳の時、東京へ出奔、大蔵省監督権頭の岡村義昌のもとに寄食し、勉学に励み、岡村に随行して、神戸へ行き、英語を学ぶ。
 1875年、英国船が遠州灘で座礁した際、通訳を行い英国から感謝される。その時送られたガラス製の水差しが保管されている。
 1877年、平野家の養子となる。
 平野家は又十郎の長男繁太郎(1891-1993)が後を継ぎ、銀行家として活躍し、静岡銀行の頭取を21年間務めている。
 主に接客用に使われたという主屋は明治22年に建設された「近代和風住宅」で、二間続きの座敷を中心におき、南面に観賞用の庭園を配し、長屋門、中門、蔵、板塀、伊豆石造り塀などから構成されている。邸内には松や杉、モミジ、など多種の樹木があり、特に胴回り5mの銀杏の木は樹齢数百年の貴重なものである。
 平成5年に旧浜北市に寄贈され、平成25年度まで「森岡の家」として一般公開されてきたが、現在廃止され、財産の有効活用のため、近く樹木も含めて完全に撤去され、隣接する文化センターの駐車場となる予定だが、生態環境破壊、歴史文化破壊であるとして住民らによる反対運動が起こっている。
『森岡の家 市民の会』http://moriokanoie.com/

以下、市民の会による調査からの引用

【森岡の家に関する事実 1】
市民の大切な財産である、旧「浜松市森岡の家」は柵に閉ざされ、中の様子をうかがうことはできません。
浜松市長の決定により、取り壊されることになっているためです。
私たち市民の会は、その「決定の理由」に疑問を感じ、多くの市民や専門家の方々の協力をいただきながら調査をして参りました。歴史的文化遺産は、失ってしまったら取り返しがつかないものだからです。
歴史的文化遺産は、今を生きる私たちだけのものではなく、過去の人々から受け継ぎ、未来の人々に引き渡すべきものです。万が一にも、不十分な情報に基づいて判断されるようなことがあってはなりません。...
そこで、市民の皆さまに、これまで分かった「森岡の家」に関する事実(fact)をシリーズでお伝えしたいと思います。

【森岡の家に関する事実 2】
浜松市生涯学習課長他が投稿された、昨年12/2の新聞記事によれば、森岡の家を廃止した理由の一つとして、近年では利用者が減少していることが挙げられています。
そこで、近年の利用状況を調べてみました。
浜松市公式WEBサイトの資料には、下記のような数字があります。
平成21年度 372人...
平成22年度 433人
平成23年度 233人
平成24年度 232人
平成25年度 469人
ちなみに、市が行った耐震診断により耐震に欠けるため、平成21年度から貸館業務は休止されており、上記の数字は見学者のみのようです。
貸館業務が行われていた平成20年度以前との比較ができないのが残念ですが、施設の利用ができず見学のみになった後も減少し続けたわけではなく、施設の廃止が議決された平成25年度には前年の約2倍の利用があったことがわかります。

【森岡の家に関する事実 3 】
森岡の家の耐震性について、文化財建造物等の耐震性能評価に用いられる、限界耐力計算法による診断結果をご紹介します。
常葉大学准教授で、浜松市文化財保護審議会委員でもある 土屋和男氏から当会に情報提供をいただいた際の資料です。
資料によれば、診断として十分な耐震性能があり、補強も必要ないそうです。
(この資料は、静岡県建築士会様による解体見直し要望の元となったものです。添付資料は概要ですが、診断の詳細資料も提供いただいています。ご覧になりたい方はご連絡ください。)

【森岡の家に関する事実 4 】
誰が、森岡の家を取り壊すことを「決定」したのかについて、検証してみましょう。
浜松市生涯学習課長他が投稿された、昨年12/2の新聞記事によれば、『廃止について議会の議決もいただいていることから』方針どおり解体すると書かれています。
この議決は、平成26年3月13日に開かれた浜松市議会市民文教委員会で行われました。
議案のタイトルは『第64号議案 浜松市森岡の家条例の廃止について』です。...
つまり、議決されたのは森岡の家の取り壊しではなく、公共施設としての条例の廃止です。
この条例廃止により、森岡の家は、公共施設(=行政財産)から、普通財産という取り扱いになりました。 普通財産になると、即時、取り壊しになるわけではありません。
行政目的を持った財産ではなくなったので、別の活用法を考えるか、取り壊して土地を売却するかなどを検討する手順を踏むことになるはずです。
しかし、その手順がどのように行われたのかは資料が見つかりませんでした。
議会の会議録については、下記のリンクをご覧ください。キーワード検索で『森岡の家』を検索すると、平成26年委員会の会議録があります。
(つづく)
http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/WWWframeBase.exe


 
【森岡の家に関する事実 5 】
前回に続き『議決』について、検証してみましょう。
浜松市森岡の家条例が廃止された、平成26年3月の議会では、森岡の家にかかわるもう一つの議決がありました。
条例廃止と同じ、平成26年3月13日に開かれた、浜松市議会総務委員会で、その議決は行われました。
議案のタイトルは、『第38号議案 平成26度浜松市一般会計予算』です。...
松下正行議員の質問に『主要事業12ページ、施設解体事業に3億円が計上されています。』という発言があります。松下議員は、この事業で行われる解体施設数と施設解体後の土地の活用方法を質問しています。
これに対し、資産経営課長が、解体する施設は11であると答えていますが、具体的な施設名称として、『森岡の家』は出てきません。
また、情報公開請求により私たちが入手した、議会への予算説明資料を見ても『森岡の家』という名称は書かれていません。(予算説明資料を添付します)
情報公開請求では、『森岡の家の解体予算の説明資料』をとお願いしたら、この資料を提供していただきましたので、この施設解体事業に、森岡の家の解体費用が含まれていることは間違いないのです。
浜松市議会は、この説明資料により、施設解体にかかる予算を『議決』したわけですが、議員の皆さんは、この予算に『森岡の家』の解体費が含まれていたことを知らなかった、ということになります。
この議決を持って、議会が取り壊しを決めたと言えるのでしょうか。
大切な市民の財産、議会にも明示せずに取り壊しを決めたのは、誰でしょう?
なお、議会会議録は、下記のリンクから検索できます。キーワードは、『施設解体事業』です。
http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/WWWframeBase.exe…

以下は、平野家から当時の浜北市に寄贈された時の市との約束(条件)だそうです。

「寄附の理由」を読むと、地域の文化発展のために寄附されたのだということがわかります。
-----------------------------------
1 寄附の理由...
故平野繁太郎生前の意思により、浜北市文化の発展に寄与のため。
-----------------------------------
また、建物や樹木の保存が「寄附の条件」として書かれています。
------------------------------------
4 寄附の条件
家屋・長屋門・土蔵及び松・イチョウ等の大径木並びに竹藪等については、保存していただきたい。
家具及び道具類については貴方にて調査願いたい。
-------------------------------------
寄附申込書には、法的拘束力は無いのかもしれませんが、条件として書かれ、当時の森島市長の印が押された書類です。
役所と所有者との大切な約束が、僅か20年で反故にされてしまうとしたら…。
(引用終り)

 20年前、寄付にあたって旧所有者と旧浜北市が交わした約束は、浜松市にも引き継がれているはずだが、利用が減っているとか、耐震性がないなどのいいかげんな理由をつけて、駐車場にしてしまうような政策がまかり通るなら、悪しき前例となり、今後浜松市にこのような文化的資産を寄付しようとする人はいなくなるだろう。

 そもそもこの屋敷を「森岡の家」と名付けたのがおかしい。確かに旧所有者である平野家の人々は字「森岡」いう地名の場所にあるということで「森岡の家」と呼んでいたかもしれないが、周りの一般の住民はそうは呼んでいなかったのではないだろうか。おそらく、「平野家」とか「平野邸」、「平野さんのお屋敷」などと言っていたのではないだろうか。
 「森岡の家」ではこの建物と森がどういう価値を持っているのか、全く伝わらない。字「森岡」はこの邸宅だけで占められていて、たくさんの樹木があることから森岡という地名が付けられたと想像するが、その樹木を全部取り払おうという計画は、自然生態系を破壊するだけでなく、地域の記憶を抹殺しようとするものである。
 
 樹木や屋敷を保存してほしいという寄贈者の意向を尊重すれば、「旧平野又十郎邸」あるいは「旧平野邸」などと名付けて、郷土の偉人の業績を紹介しつつ、貴重な森と屋敷を保存するのが最善の策であろう。
 どうしても駐車場が欲しければ今ある駐車場を立体化すれば解決できるだろう。
 
イメージ 2
 玄関
イメージ 3
 庭
イメージ 4
 蔵
イメージ 5
 室内
 
イメージ 6
10月 14日から行われた現地見学会の外で行われたアンケートでは
ほとんどの人が保存を求めている
 
イメージ 7

反対運動も空しく、2015年11月 までに家屋のみならず、大木もすべて撤去され無に帰した。
結果がすべてなので、これからは文化的価値の有るものは浜松市に寄贈しないようにしましょう。もし寄贈したいと思っても、騙されないように念のため縛りをつけて、寄託くらいにしておくのが安心です。

この記事に

イメージ 1
 
浜松市浜北区貴布祢・木俣千代八邸跡
 
所在地 浜松市浜北区貴布祢99
竣工 明治28年3月 (屋敷門)
   江戸時代に建てられた主屋は平成5年に解体され、
   跡地を利用した「貴布祢ふれあい公園」の一角に
   屋敷門だけが残されている。
 
 
 
 

この記事に

 浜松市城北・上池川の森
イメージ 10
手前ですでに天竜厚生会の老人ホームの建設が始まっており、
もうすぐこの位置からは見られなくなる。
公表されている計画によれば
北側に樹木を借景にした庭園や
地域との交流のための喫茶店など
が作られるようだ。
  
イメージ 9
 
イメージ 7
池川家の楠(市の保存樹木20号)
 
イメージ 1
 
保存樹木・池川家の楠(昭和55年指定 20号)
幹周り 5.3m、 根回り 6.4m、
 高さ 12.3m、 枝葉の面積 95㎡(指定当時)
幹回り 5.6m、 根回り 9m
高さ 14m、 樹齢約350年(平成14年調査時)
 
イメージ 8
ヒノキ
 
イメージ 6
入口付近・左側は池川稲荷大明神跡の森 
 
イメージ 2
 モミジ
イメージ 3
池川邸の正門(邸内非公開)
 
 
 
浜松市城北・上池川の森
所在地 浜松市中区城北1丁目(東上池川町)
 
 戦災で市街地の大半が焼けた浜松市中心部には珍しく、奇跡的に焼け残った屋敷林だが、敷地は約3000坪と広大。地域の鎮守の森となっていて、邸内の巨木は市の保存樹木に指定されている。また竹藪や雑木の整備が地域住民らによって行われている。
 
 町の氏神となっている池川神社の石碑によれば、文化4年(1807)、小倉氏がこの地・上池川村に移り、開墾に従事、業績を上げたため、時の浜松城主から村の名前を氏とすることを許された。池川氏は当初より邸内に「池川稲荷大明神」を奉り、開拓の成功は大明神の守護のおかげとして、篤く奉ってきたという。
 
 昭和36年(1961)、地域住民から「池川稲荷大明神」を地域の氏神にしたいとの要請を受けた当時の当主・池川公彦氏が敷地を提供し、宗教法人「池川神社」が作られた。
 
 その先代の当主・池川乙彦氏はこの地で農園を経営し、主に花卉盆栽の発展に貢献した。同氏は明治34年(1901)生まれで、東京府立園芸学校を大正13年に卒業し、北海道大学植物園(北大植物園は、1886(明治19)年に設置され、札幌農学校、北海道大学の教育・研究の場として活動を続けるとともに、札幌市民の憩いの場、社会教育の場としての役割を果たしている。)に勤務した後、浜松市住吉町と上池川町で池川農園を経営した。
 
 戦後焦土と化した浜松市中心部の田町に、奉仕を兼ね、いち早く生花店「香蘭園」を開き、花や盆栽を並べて復興を急ぐ浜松の街並みに潤いを与えたという。
 
 同氏は浜松愛蘭会(蘭友会)の初代会長を務め、ランの栽培と普及に貢献した。昭和33年(1958)に設立された全日本蘭協会(戦前の帝国愛蘭会〔大正6年(1917年)設立〕の流れをくむ由緒ある団体)の創立委員にも名を連ねている。また、業界の信望厚く静岡県の各種調停委員の公職にもついたという。
 
イメージ 11
池川乙彦氏とランの花(池川家提供・撮影年不詳)
 
イメージ 12
昭和27年(1952)1月 アメリカ・フロリダ州サヴァンナ市で開催された
「世界蘭花展示会」に池川乙彦氏(50)作の
シプリぺジューム種10輪が日本代表として出品された。
池川氏は「世界を花の輪でつなぎ平和の一助ともなればよろこんで…」と語った。
新聞記事は毎日新聞遠州版1957.1.15
 
 
参考:『新浜松の事業と人物』浜松民報 1948年
   『遠江』26号 2003年
   『浜松市の保存樹林・樹木』 1981年
   『文化はぐくむまち 愛称標識』1997年
   『いろはの「イ」 城北地区わが町文化誌』1987年
 
 
    「雲を耕す会」HP 森林や古民家の保存・再生に取り組んでいるNPO法人のホームページ
   (「池川邸を守る会」の活動、竹林整備など) 
 
   「新浜松市の宝箱」HP
   「大場蘭園」HP
        「全日本蘭協会」HP 
 
イメージ 4
「池川稲荷大明神」跡
 
イメージ 5
池川神社

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事