よっし〜の東京的休日

2015年、心機一転「自分REST@RT!!」で。

全体表示

[ リスト ]

8月16日(月)、阿佐ヶ谷ロフトAで行われた『銀玉桜に浪漫の嵐!ぱちんこCRサクラ大戦2トークライブショウ』。

パチンコ談義で盛り上がった第一部の後、10分間の休憩を挟んで第二部へ突入!
イメージ 1



第一部同様、ゲキテイのBGMに乗って公平先生と岡本麻弥さん、SEGA中山さんが登場。
ゲキテイに合わせて「織姫〜!」コール。
麻弥さん、浴衣から黒のワンピースに着替えておられました。

第二部は「サクラ大戦いろいろコーナー」でスタート!

サクラ大戦に関する全般的な質問に対して答える趣向でした。
・「サクラ大戦で自分が演じたいキャラは?」
(回答:麻弥さん)
 帝都ならマリアさん、巴里ならエリカ、紐育ならジェミニ。自分の性格に合ってると思います、と。
 キャラじゃなく高乃麗さんをやってみたい、とか言ってましたよww

・「どのようなシーン・イベントがお気に入りか?」
(回答:公平先生)
 全部好き。印象に残ってるのは最初の方の舞台。
 『つばさ』でオケピットに入ってる時にスモークがこもって見えなくなったのが思い出深かった。
 間奏でダンサーさんが入ると動きでスモークが拡散されるので見えるようになった。

(回答:麻弥さん)
 南海の魔女でフライングした時、補助の人とタイミングが合わず勢いよく飛び出したこと。
 岩にぶつかったり、向きがおかしくなったりしたことがある。
 ゲームでは七夕のシーンが印象深かった。

・「アメリカでのサクラ大戦はどんな感じ?」
(回答:レッド福井さん)
 『サクラ大戦V』北米版、戦闘服のパッケージで結構売れているという回答でした。
 ……ステージ(縁側っぽい)に呼び出され、「ビールと枝豆」といきなりオーダーw
 福井さん、フリーダムすぎるww

・「サクラ大戦の楽曲を一般の人がライブすることをどう思うか?」
(回答:公平先生)
 招待されたこと無いので見せて欲しい。助言できるかも知れないし。
 サクカラにはサプライズで何度か登場したことがある。
 サクラの楽曲が最近カラオケで少なくなった。セガカラにはいっぱい入ってたのに。
 最近のカラオケは通信になってしまったので音的に今ひとつ。
 サクラの楽曲は音にこだわって作ったので、通信カラオケだとかわいそうな気がする。

そして、「歌謡ショウの思い出話について」という質問から、今回のイベント最大の山場に。
Ustreamでの生中継が始まったタイミングで、公平先生がこの話題を切り出します。

・「織姫さんが突然いなくなった経緯について」
 麻弥さんも、イベントに出演が決まった時電話で「言おうね」と念押しされていたようです。
 「この話をして、『復帰』ということを皆さんに宣言した方がいいんじゃないか」と公平先生。

 会場もこの発言を受けて大歓声!

 「本人からは言いにくいだろうから」と、公平先生が経緯を説明し始めます。
 4・5年前、新春歌謡ショウの稽古前(夏頃)、制作サイドに「正月公演は出られない」という話が来た。
 「夏は出るんでしょうね」と聞いても「よく分からない」と詳細が分からない状態だった。
 ずっとうやむやのままだったのが、先日麻弥さんと会ってこの件の話をした、と。
 麻弥さんは、自分の弱みや辛さを人に見せない人だという前提で(と麻弥さんにバトンタッチ)

 ”体調不良”であったため、歌謡ショウのハードな稽古を続けるのが厳しい状態になった。
 アメリカとの往復をしている時期で、それまでも演出の茅野さんと相談して何とか治まっていた。
 サクラの舞台が嫌いだったわけでなく、辞めたいという気も全くなかった。
 婦人科系の重い病気に罹っていたが、花組のみんなにもそう言う話をしていなかった。

 (公平先生からフォロー)もしこの時その話をしていたらこんな状況になってなかったと思う。
 何も知らされていなかったので「わがままを言って辞めた」と誤解する人が増えてしまった。
 誤解が誤解を生み「一回外したので次も外す」という流れが出来てしまった。

 麻弥さんも、中山さんには話をしていたけれど、ここまで誤解が大きくなってしまったので、
 自ら身を引いた部分もあったそうです。

 今回この話をすると決めた時、まだ誰かが怒っていないかと公平先生は関係者に聞いて回ったとか。
 みんな「大丈夫、そのことは忘れました」「それは全然大丈夫」と言う反応だったと。

 麻弥さんも、みんなと電話してるので仲が悪い訳じゃないですよって言ってました。


婦人病の件はまだ完治していない、と言う話でしたが、ここで「一ついいことが」と公平先生。
「……入籍されました」

真相解明の後、突然のこの発表に会場騒然!
拍手喝采、「おめでとう」の嵐!!

お相手は普通の人だそうです。
「すーくんとは清い関係のままです」なんて言ってましたw
入籍したのは7月7日。織姫の誕生日だけでなく、パチンコの777もかけたそうで。
会場起立して「岡本麻弥さんご結婚おめでとう!」と乾杯!

誤解が生じ、弁明する場もないままだったけれど、みんなとは連絡を取り合っていて、
巴里や紐育のみんなまで心配していたと。
帝都では特に高乃麗さんと田中真弓さんが心配してくれていたそうです。

一通りのショウが終結し、一段落付いた状態での厚生年金会館での帝都ライブ。
「自分の名前を出すのがまずければ織姫で花を出せないか」と相談して、バラの花を贈ったそうです。
入口正面に飾られたお花を公平先生が写メって楽屋で見せて回ったそうです。
その後真弓さんから電話があり、「あたいが嬉しい」と感激されたとか。

ここで、公平先生の「織姫、復帰なんです!」という宣言。
会場からは「おかえり!」の声。そしてこれに「ただいま!」と応える麻弥さん。

サクラ大戦で長らくタブーとされてきた”織姫問題”。
悶々としていた客席のみんなもしこりが氷解し、再び刻が動き始めた瞬間だったと言えるでしょう。


お祝いムードになった会場に、さらなるゲスト。大神隊長役の陶山章央さん!
呼び込まれてきたものの、座る位置がないw
公平先生の脇にスペース作って何とか座りますが、その横でお客さん状態で枝豆食ってる福井さんorz

早速「織姫が出られなくなった時どう思った?」と聞かれるすーくん。
麻弥さんから「新春出られないのは困るなぁ」とか「大喜利とかどうするの」って言ってた事ばらされてますw

ここで隊長向けの生ビールが届き、また全員で乾杯!
一気コールが起こりますが、「みんな、落ち着いてくれ!眠くなる!」ってww

稽古が厳しかった時に麻弥さんに慰めて貰ったり、麻弥さんが降板した後に隊長が連絡したり、ってエピソードが語られました。


キーボード(JUNO-D)がセッティングしてあるということは、歌のコーナーもあるって事で。
 M01. もしも…  (岡本麻弥+田中公平キーボード)

 M02. 私の夏   (岡本麻弥)
公平先生の弾くエレピに合わせて、織姫さんの名曲。
空調効き過ぎたのか感極まったのか、声はちょっと苦しそうでしたが……

織姫の生の歌声、ようやく聞けたというだけでも「Bravo!」ですよね。

「もう一曲聴きたいよね!カラオケ出して!」という公平先生のかけ声で、『私の夏』!
客席も総立ち、サビの所は一緒に歌ったりして盛り上がりました。


気になる今後の展開について。

8月8日文化放送のイベントで発表された「12月のライブ」。
12月10〜12日頃に予定されてるみたい。
巴里組を中心として、出演者のスケジュール交渉中とか。
今回のイベントで正式発表したかったそうですが、確定できなかったので後日サクラ大戦.comでと。

すーくんは、隊長'sで歌った『めぐりあう時』を明後日レコーディングするそうです。
いよいよCDなど新たな展開が見えてくるのかな?

中山さんが”個人的にやりたい”と考えてるのが、ラジヲの新シリーズだそうで。
開始したら「是非出たい」と麻弥さん。

来年はサクラ大戦15周年、CDとか色々大きな事を考えている(でも言えない)と。

ここでレッド福井さんの「言えばいいじゃないですか」って暴走気味な言葉が。
中山さん「さっきは『絶対言えない』って言ってたじゃないですか」とw
ライブのプロットは、広井王子さんから上がって来たそうです。
「来月のファミ通を見ると面白いことあるかも知れないよ。プラットフォームとか…」って思わせぶりな言葉も。

# 『サクラ大戦V』のWii移植版国内発売か?
# それともPS3やXbox360への新展開?? 気になりますよ!


この後、レアグッズの抽選会が行われました。
『新愛ゆえに』の記者発表用湯飲みとかサイン入りポスターとか、色々放出してたなぁ。

カメラマンによる記念撮影も行われました。

最後に出演者のコメント。

陶山さん:
 麻弥さんと一緒にイベント出来るのは涙が出そうです。
 サクラは何かと続くと思うので、今後もよろしくお願いします。

公平先生:
 ゲームも出ずショウもやってないのにこれだけ皆さんがついてきてくれるのが嬉しい。
 織姫も帰ってきてくれたことだし、さぁ新曲だ!

麻弥さん:
 パチンコとサクラ大戦を愛して下さる人が来てくれて嬉しい。
 懐かしい顔もちらほら見えたので幸せでした。
 パチンコ好きが高じて企画から参加して盛り上がったので、ぜひホールで打って下さい。
 またショウでお会いできる日が来ることを楽しみにしています。

中山さん:
 長くファンを続けて下さる人だけでなく、前回のライブでも四割以上が初めてサクラを見たという方だった。
 最近10代の若い方が増えてきたことが嬉しい。
 いいものは長く残るんだなぁと思います。
 これからも皆さん応援よろしくお願いします


ラストはやはりこの曲!
 M03. 檄!帝国歌劇団  (岡本麻弥、陶山章央)
コールはすべて「織姫」!
最初は座って歌ってた麻弥さん・すーくんでしたが、途中でステージに立ち上がって歌ってくれました。

間奏のセリフは「私たち、ドル箱の為なら一歩もひきません!」って感じだったかな。
パチンコのイベントらしいですなぁ(^^)

ものすごい盛り上がりで、真夏の夜の夢は幕を閉じたのでした。


終演後、物販(パチンコのムック本、直筆サイン入り、限定30冊)を行うため、希望者を残して退場。

じゃんけんで勝ち抜け順に30名を決めていきました。
私は今回珍しく(^^;、最初に勝利したので入手することが出来ましたよ。

# 本の値段が所持金ギリギリでかなりアブナイ状況でしたがorz

サインが既に入ったものを販売するのかと思いきや、勝ち抜けて購入権利を得た人が順に列に並び、
30人決まるまでじゃんけんが続いている状況で公平先生、岡本麻弥さん、陶山章央さんが再びステージ上へ。
なんとその場で一人一人サインしてくれるという趣向でした。
イメージ 2

ムック本の代金(2940円)を払い、皆さんにサインして貰いながらお話をしたり。
握手もして貰い、至福の瞬間でございましたよ。

この記事に

開く コメント(13) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事