ここから本文です
Top Of The YoYo Video
YoYo video review

Davon Jackson (カナダ)
2012年リリース
 
今は無きカナダのメーカーSPYYTeam member Davon Jacksonによる、
同社のヨーヨーSupraを使用したPV

Davon氏の独特なトリックや動かし方に釘付けになってしまします、
また、PV自体も彼の雰囲気にマッチしていて魅力的です。

SPYYPVは使用曲も昨今の流行と違い
ギターポップやインディーロックからのセレクトが多く、
セレクトのセンスも良いのでそちらも注目してみると面白いかも知れません。
 
使用ヨーヨーが欲しくなってしますタイプのとても良いPV

この記事に

March Schumi(フランス)
20141月リリース
 
フランスのプレイヤーMarch Schumi出演。
使用ヨーヨーは同じくフランスのXcube Seed
同社はRiccardo Fraolini氏が使用している事で最近話題になってます。
ビデオ製作はフランス、Emmanuel Gabriel率いるショップ”Black hop.com
 
ヨーヨーのビデオとしては珍しく、音楽にクラシックを使用しています。
どこか物悲しげな映像とマッチして、60年代後期のフランス映画を彷彿し、独特の世界観を生み出しています。
これぞ芸術の国フランスといった感じでしょうか。
いやぁ…おみごと。
 
Black hopの映像作品は他にも素晴らしいものが多いので、機会あればまた紹介していきます。

この記事に

STRIX CHiNPAN Edition

Duncan Crew Japan ワタナベコータ氏(日本)
2014年3月リリース

ヤバイPVがリリースされました。
完成度、内容共にド肝を抜いてしまうクリップです。
様々な分野の表現者立ちによるコラボーレーション

STRIX CHiNPAN Edition YOYOSPACE AS にて限定50個 本日19時リリース

この記事に

YOYOFACTORYxEBK3xBOGDAN BEZUGLY

YOYOFACTORYxEBK3xBOGDAN BEZUGLY
2014年リリース

BOGDAN BEZUGLY(ロシア)の新作クリップ、
冒頭にYYFのロゴ思いっきり使ってますがチームメンバーとかではないようです。
(ヨーロッパ圏(特にロシア)ではスポンサードの有無に関わらずロゴ使用している
ビデオ多いですね。)

肝心のビデオの方ですがロケーション、映像の質感ともに大好きです。
特に0:42以降のハイライト強めの映像…ツボです。

惜しむべくは音楽がやや合ってないのが残念です。
もう少し無機質というか中性的な音楽というか、
透明感のある音楽にしたら更に映像も技も映えるのに…。

しかしながら映像も技もとても私好みの大変良いクリップだと思います。


あとロシアのビデオって総じて映像綺麗な印象なんですが、大気の綺麗さとかあるんでしょうかね?



この記事に

Radical Steez (Mini Edit) - Thomas Keane
2013年11月リリース

アメリカ合衆国テキサス州を拠点とする
新進インディーブランドRadical SeasによるPV
出演はTeam member の Thomas Keane(アメリカ)
使用ヨーヨーは同社のSet Sail

ビデオ自体は39秒と非常に短く、
カメラ1アングル固定と、かなりシンプルなですが大変魅力ある映像です。

ローケーションは
どこか80年代公団の一角を切り抜いた様な風景で懐かしさを感じます。
秋の色調を強めのコントラストで表現し、
Thomas Keaneのヒールな雰囲気にトリックと,曲調がマッチしていて独特の世界観に引き込まれますね。

39秒の短時間でプレイヤー、使用ヨーヨー、メーカーが気になってしまうというタイプのとても良いPVです。

Set Sail…非常に欲しいです。

Radecal Seas

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事