全体表示

[ リスト ]

今回、噴霧器のメイン基板のデジタル化テストと平行して
スイッチ基板も新しく作り直しました
 
回路や使用パーツは従来のアナログ基板と同様で、
基板を海外調達とすることでコストダウンを図るのが目的です
 
それでも、この噴霧器は大きく原価超過しているのですが・・・
 
イメージ 1
 
既に回路は出来上がっているので
パターンをPCBEで作成して
出力したガーバー、ホールデータをP板ドットコムに送って
基板を作ってもらいます
 
イメージ 2
 
まずはテストで10枚製作しました
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
テスト結果も良好です
回路もパーツも実績があるので、当然といえば当然ですが
 
自信を持ったところで
量産テストします
 
まず50枚作ります
 
ここで問題が発生・・・
基板上のタクトスイッチ(オムロン製、基板一枚に3個使用)をRSコンポーネンツに
発注したところ、(50台分で150個)
5個は数日内に発送予定で、(7/20発注、7/25発送)
残り145個は、なんと11/25日と連絡が来ました
 
イメージ 5
 
WEB上では在庫ありと表示されていたにもかかわらず、
4ヶ月待ち・・・
こりゃ困ったぁ〜
さらっ、と、出荷予定を知らせるPDFファイルがメールで届くだけ
 
他を探しても、現実的な価格で入手できるところはありません
(金に糸目をつけなければ入手できるところが理不尽とも思えますが・・・)
 
ところがところが、残り145個が7/28に届きました
 
イメージ 6
 
 
 
どないなってんねん!という気持ちはありますが
まずは一件落着ってことで

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事