シベリア抑留の悲劇

こんな日本人がいたことを書き上げてゆきます。

瀕死の二十名の日本人を救った吉山小隊長亡くなる・・・。


ブログの書き込みができなくて申し訳ございません。

 
久々にアップしたのは、悲しい知らせがあったからです。
 
平成23年 4月16日夕方、このブログにでている、二十名の日本人の命を救った小隊長こと、
 
吉山秀雄さんが永眠されました・・・・。
 
 
このブログを私が書こうとおもったきっかけは、このブログの主人公元シベリア抑留兵・小保茂さんから抑留時
 
代の話を聞いたのがきっかけでした。
 
 
半世紀以上も、自分の命を救ってくれた小隊長に会いたい。死ぬまでになんとかしたい。
 
この切実なる願いに、心を動かされ、名前もわからず、ただ九州出身という情報だけで捜索をしました。
 
 
 
零下39度、1000人いた日本人が1年後には半分も亡くなってしまう過酷な労働環境で、作業を続けさせようと
 
するソ連兵。
 
 「貴様らに俺の気持ちがわかるか!」とソ連兵を突き飛ばし自らを盾となり二十名の命を救った小隊長。
 
絶対に、これをすれば自分の命はないとわかっていたのに・・・・。
 
まるでドラマにでてくるような出来事が遠く離れたカザフスタンで起こっていたとは思っても見ませんでした。
 
 
日本の心。忘れ去られたこの精神を小隊長から学びました。どんなに辛いことがあっても、小隊長がなされ
 
たことに比べれば、自分に起きてる苦労は大したことはない、と励ましてもらったことは幾たびか・・・。
 
 
 谷ひろゆき参議院議員のおかげで、厚生労働省の大きな壁を破り、名前がわかり
 
 西日本新聞さんの知名度と信用で、奇跡の再会を実現することができました。
 
 
 絶対不可能と思われた再会を実現できて本当によかったと思います。
 
 それと、半世紀以上も前の恩返しをしようと、1日たりとも小隊長のことを忘れなかった小保さんの
 
 上官を慕う心には、忠義の本質を見ました。
 
 
  ただ、心残りは、このシベリア抑留の悲劇を、出版し、小隊長にお届けできなかったのは、悔いが
 
 残ります。
 
  小隊長 お元気で 天国でまた、いろいろ指導してください。ご冥福をお祈りいたします。
 
 
 
 

その他の最新記事

すべて表示

満州との最後の別れ

2010/6/8(火) 午後 7:53

黒河は、国境に位置していたため、関東軍の重要拠点でした。この地には、頑 強な防衛設備が備えつけられ、ソ連を攻め込ませないようになっていました。 そこはまさに最前線。ソ満国境の黒竜江(アムール川)がすぐ見えました。こ の河は、河幅約五〇〇メートル。水が澄んできれいな河でした。この一ヶ月間、 汽車に乗りっぱなしでしたので風呂には入れず体 ...すべて表示すべて表示

さらば満州

2010/4/27(火) 午後 6:35

黒河は、国境に位置していたため、関東軍の重要拠点でした。この地には、頑 強な防衛設備が備えつけられ、ソ連を攻め込ませないようになっていました。 そこはまさに最前線。ソ満国境の黒竜江(アムール川)がすぐ見えました。こ の河は、河幅約五〇〇メートル。水が澄んできれいな河でした。この一ヶ月間、 汽車に乗りっぱなしでしたので風呂には入れず体が汚れて ...すべて表示すべて表示

トーキョーダモイ

2009/12/28(月) 午後 7:22

 近くの駅から汽車に乗りました。貨車に乗せられたので外の景色は見えません。 汽車は北上しているようでした。汽車の中で上官からの伝言が伝えられました。  南方へ行く汽車が不通なので、これから北へ迂回しウラジオストック経由で日  本へ帰国する。  という内容でした。  私は、上官からの指示なので日本へ帰れると思っていま ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事