特選ドキュメンタリー・CBS60ミニッツ(2014年01月08日放映)

イメージ 1
[2012.08.22  ケニア・カクマ難民キャンプ、難民数が10万人を超える](国連UNHCR協会)

司会:ピーター・バラカン、槙あやな

[the lost boys]
南スーダンに住んでいた少年たちが戦火を逃れて、難民キャンプから渡米。アメリカの市民権を得るまでのリポート。

ロストボーイズと呼ばれる少年たちは、それぞれが5〜11才の頃、住んでいたスーダン南部(当時)にイスラム過激派が侵攻。
12,000人がエチオペアに逃れるも、そこから追い立てられギロ川にキャンプを設営。
その後、1992年ケニア国境沿いのカクマに国連が臨時で立てたキャンプに人が集まり始め、ケニアとスーダンの境で細々と暮らしていたが、2000年アメリカが受け入れを表明。

生き残ってアフリカからアメリカに行った方々は、テレビのファンタジーと現実の区別がつかなくてたいへんだったとか。
また彼らにとっては未知の冬の訪れも大変だったそうです。
しかし9・11以降浮き入れは中止。残念な。
苦労を続ける方もいますが、働いて学校にも行き大司教になった方や、25年ぶりに家族の無事を確認した方とか。

2011年7月南スーダン共和国が独立。
元ロストボーイズたちが現在、再建に挑んでいるそうです。

[感想]
少年と言われても全員成人に見える。そして渡米後10年たっても年をとったように見えない。
スーダンのようにぼろぼろにされた国から、教育や就職のチャンスが与えられた人が出るのはすばらしいことだと思います。

が。
2011年当時、南スーダンが独立したと聞いてすごく暗い気持ちになった。
本当はたいへん喜ばしいことだと思いたいけれども、本音を言うと、南スーダンから吸い取れるだけ吸い取って、もう取れるものがなくなったからスーダン(北)はポイッてしたんだろうなーと思う。

スーダン(北)の執着がなくなったから、今のうちにと南スーダンが各国の協力を取り付けて独立をしたように私には見えますが、そうすると今度は国連とかが南スーダンに物資を送ったり、学校などを建てたりするわけですよ。
そうしたら、、、次にやってくるのはやっぱりスーダン(北)の再襲来だろうなと。
2011年7月に独立したのにすぐ紛争が起きてしまっているし。(原因は違いますが)

元々いつ殺し合いが起こってもおかしくないほど仲が悪いみたいだし、考えてもしょうがないけどスーダン(北)との境に巨大な壁(行き来不可)でもあればいーのにと思ってしまう。

諦めずに援助や運動を続けている方はとてもすばらしいと思うけど、でもこのスーダンの問題ってどうすればいいんだろうと考え始めるとため息しかでない。



[Michael Jackson]
マイケル・ジャクソンの死後、遺産管理人ブランカ氏とJ・マクレイン氏が巨大な収入を得ている話し。

リポートを見ると、亡くなる前はスキャンダルなどを抱え、取り扱いに困っていたメディア。マイケルは亡くなったとき5億ドルの負債はあるだろうと考えられていたが、亡くなった事により神格化。
続々とメディア化され現在は、版権などをはじめ4年で6億ドルをかせいでいるそうです。
「浪費する人(本人)がいなくなって」収入が増えたんですね、という皮肉コメントが。

アフィリエイト   私のおすすめ:
カレルチャペック 紅茶店 × CoCo-Hico/カレルチャペック (Karel Capek) ファイブオクロックハーブ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

モダン・ファミリー シーズン4 第1話から

#01[Bringing Up Baby]
誕生日になにもしたくないというジェイ。婿のフィルは気を利かせてジェイをサプライズイベントに連れ出す。

ジェイの妻グロリアが息子マーニーに妊娠したことを話すと「今は忙しいから荷が重い」と、、、。
確かにマーニーはしっかりしていますが、話しを聞いている限り、マーニーの子育てはマーニー自身がやっていたとか。グロリア、、、、。

クレアの二人の娘ヘイリーとアレックスはプロムにでる。翌日けろっとして教師と話したというアレックスに顔がゆがむクレアだが、二日酔いのヘイリーを見て安心する。しかし居間にヘイリーの恋人もいるのを見て、、、。
「自分が学生の頃は(若い頃は)、○○だったわ」と不満を持つのはどこの国も同じなのね。
イメージ 1
(二日酔いでへろへろのヘイリーと、元気なアレックス)

#02[Schooled]
大学に合格するという奇跡を起こしたヘイリー。
入寮のため出発するヘイリーに、お面をつけたままハグした末弟ルークがかわいい。男の子だねー。

荷物の中にコンドームを見つけた父フィルは、クレアが入れたと聞かされる。「妊娠するよりマシでしょ」という意見にまあそうなんだけど、、、ヘイリーは、見ていて心配だし。

クレア&フィルが子離れするのに戸惑うように、ヘイリーもいろいろ感じるところがあるようで泣けました。

ゲイの夫婦ミッチェル&キャメロンは娘のリリーを幼稚園に通わせるとトラブルを起こしてしまい、相手の家族と交流するペナルティを受ける。ところが相手の両親はレズビアンで、、、。
ゲイとレズにはストレートよりも共通点が少ないと話すけど、はたから見ているとよく似ているようですが。

妊娠したグロリアの息子マーニーは、既に老人の父親ジェイと、育児はマーニーまかせだった母を見て、二人を育児教室に通わせる。

でも子育ての不安を訴えるマーニーに、父ジェイが「もう父親役は大丈夫」って。いいシーンだけどマーニーはジェイに会うまで苦労してきたのね。
イメージ 2
(姉ヘイリーとの別れでお面をかぶるいたずらっ子ルーク)

#03[Snip]
アレックス!!
おたく風ファッション(かわいいと思うよ)からゴスロリ風パンクファッションになってる!
それはやめようよ。

どうやらアレックスは友達を作って相手に合わせるということを覚えたようです。もう高校生だものね。

育児のために専業主夫になったキャメロンに働いてほしいミッチェル。キャメロンは養子待ちと言うけれど、話し合いは上手くいかず。キャメロンって天邪鬼なんだね。
ゴタゴタの末、二人はすごく子供がほしいのにどうにもうまくいかず、キャメロンが苦しんでいることがわかり、、、気の毒に。


子供のいない夫婦の生活をうらやんで、パイプカットすることにしたクレア&フィル夫妻。なぜか義父ジェイがついてきて、あげくフィルは恐怖で病院から逃げ出してしまい、そんなフィルにジェイが妻の出産に抱いている不安を話しだす。
妊娠したグロリアは無理に今までの服を着ようとして、息子マーニーに出産を怖がっていることを言い当てられてしまう。

ジェイには成人した子供が二人もいるし、妻グロリアも若いとはいってももう中学生になる息子がいる。それでも二人とも新しい子供が生まれることに不安を持っているんだなー。
大人になれば怖いものはへっていくものと思っていましたが、増えるばっかりよと昔笑われたような。

思春期の子供が3人もいる生活に疲れ果てていたクレアが、ちょっとしたことで子供の愛情を感じるラストに涙。
イメージ 3


アフィリエイト   私のおすすめ:
ブリーズガーデン SPFスプレー 150ml ディアルナ (日焼け止め 虫除け SPF27)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団[American Horror Story: Coven]

イメージ 1

FOXチャンネルでやっていたので見たのですが、エピソード8あたりまで見て切ろうかどうしようか迷い中。
というのも最初はつまらないと思ってても4話目くらいから急におもしろくなったり、最終回あたりで感動する話しって結構あるので、あまり途中で見るのをやめたくない。

アメリカン・ホラー・ストーリーは、ドラマgleeのスタッフが制作したものでアメリカでは高視聴率を獲得、しているそうだ。
とにかくキャストが豪華で、シーズン3「魔女団」ではキャシー・ベイツなどが出演。

シーズン1「呪いの館」は、呪いの館に引っ越してきた一家が崩壊していく様子をシャイニングばりに描いているそうです。(見てないです)

シーズン2「精神科病棟」は、1964年、連続殺人鬼として逮捕された無実の主人公が、不気味な精神科病棟で閉じ込められる話し(見てないです)


シーズン3「魔女団」は、主に現代が舞台。
数少なくなった魔女の生き残りが集まって生活している寄宿舎と、その少女たちをとりまく大人の魔女たちが魔女の代表スプリームという役柄をめぐってどろどろする話し。

見た感想は、、、なんでそっちの方向に行くのかなーというもので。
人間関係のどろどろや古い歴史のよみがえり、連続殺人鬼の幽霊などなど、割とおもしろい設定が一杯あるのに、少年少女の恋愛がからむ青春ドラマや、親子関係の確執でも母娘には絆がありますや、反抗期の子供たちのゴタゴタでも私たち友達よねやら、ここまでゴシックな設定にしておいて、そんな明るいエピソードはいらないでしょう、と思う。

かといってホラー作品としてはどうなのかというと別に怖くもなんともなく、見た限りでは、このドラマではホラー描写=セックス、バイオレンス、グロテスクと考えられているらしい。

なんか違う。

イメージ 2
(左からミスティ、ゾーイ、カイル、コーデリア、クイニーマディソン)

そう思ってたら魔女学校の責任者の夫が、実は魔女狩り一族の跡継ぎだったという展開から急におもしろくなってきた。

バラバラだった魔女たちが、魔女狩り一族相手に団結。
そしてとうとうスプリームを選ぶことに、、、。
と思っていたらそのエピソード13が最終回だった。

盛り上がってきたと思ったら最終回かー。
個人的にミスティというキャラクターが気に入っていたので、最後の扱いは残念。メインキャラクターの中では一人だけ寄宿舎に入らず、独自路線を行っていたり、ちょっと変わっていたところが良かった。

あと最後の最後までどんでん返しを期待していた現スプリームのフィオナ。
散々話しを引っ掻き回した後であっさりいなくなり、訪れたはずの安息の地が、、、。
この最後が一番不気味でした。
この展開が見られただけで、13話見たかいはあったなあ。

アフィリエイト   私のおすすめ:
パニエ バックV リボン ノースリーブ ワンピ ゴシック風 花柄 フラワー ボタニカル柄 Vライン Vネック 服

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

クリミナル・マインド シーズン5 第22話から

第22話「インターネットは永遠に」[The Internet Is Forever]
SNSにはまっていた3人の女性が行方不明になる。

「誰かSNSの魅力を説明してくれ」というロッシの嘆きに失笑。
今週からリードは髪を短く、JJは少しカットして巻き髪に。

被害者宅を調べたところ、隠しカメラが見つかり、残された映像から、犯人が無意識にある特徴を持つ女性を選んでいることがわかるが、それがマスコミにばれてしまい、、、。ごちゃごちゃ。

犯行の様子をチャットルームで共有して、フォロワーを獲得していたデジタルぶりや、共犯者がアナログでなんだかギャップのある組み合わせが印象的なエピソードでした。

遺族との話しで、リードがEメールをしないことが判明。
天才児のリードはどうにもバランスが悪いらしく、映像記憶にすぐれていて、目で見たものを瞬間で記憶したり、速読術にもたけてましたね。前々回では山とつまれた日記をあっという間に読んでいましたが、どういうわけか電子媒体は苦手で、常に資料は紙でもらうという特徴もあったので、その延長線上の設定なのかな、、、。

実はわたしも映像記憶は得意で速読もできますが、それ意外の記憶法は認知症を疑われるレベル。メモが手放せません。
この間、別の用事で病院に行ったら、物忘れ外来の問診までされてちょっと、、、。特に耳から入る情報は文字におこさないとだめ。凡人はなにかが得意だと他が全滅するのか。


イメージ 1

第23話「暗闇の殺人鬼」[Our Darkest Hour]
輪番停電と猛暑のロサンゼルス。
風を通すために窓を開けていた夫婦が殺され、連続殺人とわかり、上司ストラウスの指示の元、現地へ飛ぶチーム。
計画停電は止められず、被害者にも共通点がないことから市民はパニックになる。

2件の事件で被害者の妻、子供が生き残り、チームは目撃者を残すのはなにかのメッセージと分析し、、、さらにくわしく調べるうち、犯人が1984年から長期に渡って事件を起こしていたことがわかってくる。

地元の有名刑事スパイサーは過去の事件に自分の両親も含まれていることを知り、事故死と聞かされていた両親の死に秘密があったことを知る。


この犯人見た目が気持ち悪い。
俳優さんにとっては怪演ということなんでしょうが、画面を見るのがきつい。

最終回だからかゲストが豪華で、なにかのクロスオーバーなのかと調べてしまったが、ただ単に重要な役柄だかららしい。詳しくないなりに、この役者さんて確かなんとかいうドラマの、、、と気になってしまう。

スパイサー刑事の過去がからんでくる展開は衝撃でした。なにも知らずに捜査していて、実は自分がその事件の被害者で生き残りだったなんて、個人的にぐっとくる盛り上がりです。

そしてラストは。
テレビ放り出したくなるくらい下らない最後、というか「続く」でしたね。

まあシーズン最終話ということでクリフハンガーになるのは予想してましたが、今回モーガンが普段なら言う言葉、行動をスパイサー刑事が担っていたので、モーガンのキャラクターがあいまいになってしまった上、ラストで演出上、まるで役に立たないキャラクターになっており、首をかしげることしきりでした。
他の登場人物は出番なし。
それはないんじゃないの。


今回の犯人のモデルは、、、。
リチャード・レイヴァ・ラミレス[Richard Leyva Ramirez, 1960年2月28日-E]
米の連続殺人者。通称ナイト・ストーカー。
1984年からロサンゼルスで無差別に暴行、強盗を働き13人を殺害。

犯行は無差別、手口もばらばらで行き当たりばったりのため、同一人物の犯行と結論付けるのに時間がかかり逮捕に時間がかかった。
絞殺魔ビアンキ(&従兄弟ブオノ)を追跡した特捜班が捜査したそうです。wikipediaによると証拠の指紋照合はNECの日本人SEが徹夜したというトリビアがあった。量刑は死刑12回+懲役刑59年4か月だったが獄中で死亡。

うーん。
なんというか、なんにも考えないで残虐な犯行を繰り返し、証拠をたくさん残し、顔も隠さず出歩いてたようですが、案外そういう犯人が捕まらなかったりする時はありますよね。行動が予測できないというか。

アフィリエイト   私のおすすめ:
【数量限定特価】山善(YAMAZEN) 18cmエアーサーキュレーター ブラック YAS-M181(B)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ゴシップガール シーズン5 エピソード2から

第2話「美女と饗宴」
妊娠したドロータに、妊娠がばれたブレア。
姉妹みたいと純粋に喜びはしゃぐドロータに、複雑なブレア、、、。
ブレアってドロータには誠実だなあ。

自分の小説をヴァネッサに盗まれたダンは、なんとかしようとセリーナに相談するとチャックを紹介される。
嫌われてるチャックを訪ねるダン。無理じゃないのと思っていたら、チャックはなにかトラブルに巻き込まれていて、ダンを受け入れる、、、。
ダン、ネイト、チャックの組み合わせと言うのは新鮮かも。

しかしネイトは前回に続き情けないシーンが。
なんだろう、ネイトって結局見た目だけなので、イメージチェンジをはかってるんでしょうか。

チャックは思ってるよりも深刻な状況みたいですね。
悪ぶる元気もないようで、ダンを見ても腹が立たないとは。

イメージ 1
(左セリーナ、右ニセの従姉妹チャーリー)


第3話「否定の輝き」
前回のシーズンから引っ張ったブレアの妊娠ですが、父親はルイと宣言。イメージ 2
どうでもいいけど。
もしチャックだったらどうしたんだろう、やっぱり産んだんでしょうか。

アメリカは日本より中絶率が低いと聞くので、ルイ(?たぶん)で良かったですね。
このままどんでん返しがなければ。

中絶率が低いのは宗教的な理由「産めよ増やせよ」と、州法で禁じられているところが多いから。
日本が高い理由は、宗教的な理由がないことと、社会的背景としてドロップアウト&カムバックがしにくいため。 男女ともに平均的な履歴書じゃないと、それだけで社会生活が難しくなる。
というイメージだったのですが、、、

今回ネットサーフしたところ、
厚生労働省の発表では、日本の中絶率、平成15年度の数字では11.2%で、これはピークだった1950年から下がり続け、平成23年度には7.8%に。

国際的にも上位にはランクインしていますが、ロシア、スウェーデン、ニュージーランド、フランス、イギリス、カナダに続く7位で、思ったよりも高い数字ではないのね。(ざくっと見た数字なので詳しくはご確認を)

まあどちらにしても、アメリカでは産む選択しかないんだろうなあとおもいつつ。
でも確かコールドケースというドラマでは、闇医者の堕胎の話しとかもあったから、実際はいろいろあるのでしょう。


そんなことをやっているうちに、セリーナの従姉妹チャーリーが、実は存在しない人物と判明。
(今回のセリーナの服、素敵ですが、結局のところこの役者さんが着ているから似合うのでは、、、と)

信託財産をもぎとるためにセリーナの伯母が作り上げた人物で、チャーリーを演じたアイヴィーと言う女性は、LAでセリーナと再会してしまう。
買い物や同居を持ちかけるセリーナ。ごりごりごり押しで金持ちの生活を押し付けてくるセリーナに負けて、気がつくとドレスを着てパーティに出るアイヴィー。
そしてどっぷりと金持ち生活。ああ、気の毒に。

アイヴィーはなんとか逃げようと、「母親(伯母)に弱みを握られているから帰らないといけない」と言い訳すると、ブレアはあっさり「母親に弱みはないの?」
アイヴィーの存在自体が伯母の弱みだと気がつくアイヴィー。
さすがブレア。やられたらやり返す精神でアイヴィーの問題を解決。

肉体的にも精神的にも不感症?になってしまったチャックの秘密を知ったダン。
骨折の痛みも感じず、ダンの存在も気にしないチャックの問題を解決しようと、あれこれがんばる二人が滑稽で、、、気の毒だけど。

ネイトは美人でグラマーの上司に利用され中。
でも結局ブレア軍団の一人として育ったわけで、いかんなく才能発揮中。

イメージ 3
第4話「透明人間ダン」
ダンは自分の小説が出版されてしまったことで、エージェントのアレッサンドラを紹介される。
えーと、日本ではたいていの小説家は出版社と契約しますが(違いましたっけ?)、アメリカでは代理人と契約するみたいですね。日本で言う編集者みたいな役割と契約関係を、小説家にかわって請け負うみたいです。小説家−代理人−出版社の三者で契約という感じでしょうか。芸能人みたいですね。

ダンは友人をモデルにした小説が表に出てしまった事情を説明するために、全員を集めて小説の著者は自分だと発表。
いつもこうすれば伝言ゲームによるトラブルを防げるのでは、、、でも全員とのやり取りはおもしろい。
チャックはダンの窮状がおもしろいらしく、めずらしくご機嫌。

ダンにモデルにされた友人たちは、本を読んで怒り心頭。自分はこんな人間じゃないと怒るが、本人以外は「結構良く書かれているじゃない」との感想なので、実際は本人たちにしかわからないていどの違いなんじゃないのかな。
(それにしても今回のセリーナの服、太って見えるんですが)

しかし内容のせいでブレアは婚約破棄、セリーナは仕事を首になりそうに。
そしてダンは孤独に。
なかなかおもしろい展開ですね、盛り上がってきました。

アフィリエイト   私のおすすめ:
ワコール サルート 10グループ Wacoal salute series10 Artemis アルテミス 女神 ガーターベルト(Mサイズ) セール GTJ610

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]

Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 今日全体
訪問者822208
ブログリンク00
コメント015
トラックバック00
検索 検索

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事