特選ドキュメンタリー・CBS60ミニッツ(2014年01月22日放映)

イメージ 1

司会:ピーター・バラカン、槙あやな

[super 6-1]
1993年10月ソマリアでアメリカの軍用ヘリコプター、ブラックホークがダウン(墜落)した事件について。

wiki「モガディシュの戦闘」にて詳しく
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%82%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AE%E6%88%A6%E9%97%98

この作戦を始めとしてアメリカ兵が18名死亡。
墜落したヘリにいたアメリカ兵の遺体が引きずり回される映像が配信され、アメリカ政府がソマリアから手を引くきっかけともなった。

リドリー・スコット監督のブラックホーク・ダウンという映画で有名ですね。(と書いたら槙あやなさんも仰ってました)
あとはソマリアというと、最近読んだ「謎の独立国家ソマリランド」(著:高野 秀行)とかも。

インタビューを見て番組がどちらを向いているのかわからない、、、。
ブラックホークの残骸が展示されるそうです。
亡くなった兵士は英雄として扱われていますが、よそ様の国でその国にも国連にもどこにも知らせずに、秘密の軍事作戦を行っていたら、それ相応の代価は必要じゃないかなあ。

それにしてもアメリカ軍の陸軍って、作戦失敗ばかり耳にするイメージですが、成功率はどのくらいなんでしょう。


[cosmic roulette]
ロシアのチェリャビンスクに小惑星が落下したインタビューを中心に、小惑星の落下を監視するチームの話し。

ポール・チョーダス氏NASAジェット推進研究所のチームは、地球に接近する危険な小惑星を監視しているそうです。

小惑星の大きさと衝突角度など条件が違えば、クレーターができるていどから地球が消滅するまでいろいろあるそうです。

様々な機械を駆使して監視していますが発見が難しいものもあり、特にロシアチェリャビンスクの場合は、方角と進入角度により墜落するまで気づけなかったそうです。太陽の位置と進入角度の関係により最も発見しにくいタイプだったとか。


このリポートを聞いて不思議に思ったんですが、人間が地球で活動を始めてから1万年くらいとして、それまでの46億年くらい?(諸説ありますが)小惑星は墜落し放題だったわけです。
今更なにを心配するんでしょう。

それとも地震予知みたいなもので、来ることはわかってるけど、そのたった0秒から5分くらいの時間を大事にしたい?
出発点はただ知りたい!とか?

と思ってたら、観測によっては10年以上先の衝突がわかるそうです。
それはすごい。

でもそこからの発想が不思議で宇宙船を衝突させて軌道を変えたりという発想になっている。逃げるという発想はだめなのかな。
私はそれよりスペースデブリ(宇宙ごみ)が気になります。すぐ近くにあって掃除も可能で危険なものなのに、どうしてあんまり手当てしないの。


[Rosie's Run for the Rose]
女性騎手ロージー・ナプラヴニグ氏(Rosie Napravnik)について
1988年生まれの26歳。

ひどい妨害を受けてますね。落馬で深刻な怪我をおったことは一度や二度ではないらしく、見ているほうがハラハラします。"女の子"一人で"男社会"を勝ち抜いているそうです。

走っている姿がなんか職人みたい。堂々とした振る舞いで成績もすばらしく、キャリアを積む人間って精神力が違いそうです。


アフィリエイト   私のおすすめ:
【12/中旬出荷】ドライブレコーダー 暗視機能(赤外線ライトで夜間撮影OK)高画質 自動録画 SDHC32GB対応 ドラレコ 録音 動体検知 ◇ ドライブレコーダーCW

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ゴシップガール シーズン5 エピソード7から

第7話「ビッグ・スリープ・ノー・モア」
アイヴィーが編集長の手の上で転がされて、、、そろそろ正体がばれるころでしょうか。
でも従姉妹だと思っているセリーナをはじめ、あんまり気にしないんじゃないかな。
問題は信託財産くらい。

私小説を発表したダンは、宣伝の旅に出るが酷評され逃げ帰ってくる。父ハンフリーは、自分の若い頃の話しをして励ますが。

ネイトは編集長との仲で迷走中。

ドロータに頼まれたチャックは、ブレアと別れのキスをして、、、
チャックってドロータには優しいなあ。

最後にネイトのおじいちゃん登場。
えーと、思い出せないけど、ネイトの家庭って複雑だったような。
そろそろブレアとネイトの迷走に、セリーナとアイヴィーの立ち位置がわからず、退屈してたころだったので、編集長の正体がわかるのは大歓迎ですよ!

でも編集長がセリーナに執着しているのは、なんででしょうね。


イメージ 1
第8話「すべての美しいネタ」
ブレアのブライダル・シャワーの日。
セリーナは来賓に渡す贈り物を準備し。

ブライダル・シャワーや、ベイビー・シャワーなど、アメリカのドラマを見る限り、結婚式や出産の前にお祝いをするみたいですね。これってポジティブかネガティブかの違いなんだろうか。
ふと思ったんですが日本だと、万が一、破談などになったらと心配だろうから、事後にお祝いするのかなあ。

ダンとチャックはめずらしく意気投合。
ダンを介抱するチャックに言葉を失いました。毛布までかけてあげてる。

ネイトのおじいちゃん登場!
美人編集長はネイトを一人前のビジネスマンにするために派遣された教育係だったと。

え、、、普通に会社にいれて、きたえればいいんじゃないのかな。今のネイトの頭の中って、編集長との仲が進むか進まないかって、どうでもいいことしか入ってないよ。
しかしおじいちゃんはネイトより編集長が目立っているのが気に入らず、強攻策に出る。

ブレアを友人たちから遠ざけようとしたルイ王子は策略をめぐらすが、かえってセリーナ&チャックとの絆を深めてしまい、、、。
ブレアに冷静になれと言われるなんて末期的。

アフィリエイト   私のおすすめ:
クリスマスケーキ2014 クリスマスプランタンヌーボー ロールケーキ ノエル

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

10分カットに行って見た(1,080円)

いつもまとめ髪なので、髪は自分で適当に切ってしまうのだけど、さすがに寒くなる冬にはおろすときもある。

でもザンバラ切りもみっともないので美容院に行こうかと迷いに迷った。

というのも髪の癖がへんに強くて、上手に切ってくれる美容師さんが近くに見つからないからだ。
見つからないから自分で切ってしまう。
段の入ってしまった髪で美容院に行くのは気が引ける、、、悪循環。

たいていの美容師さんは、「こんなの癖に入りませんよ〜」などと言いつつ、きってしまった後、らせんのネジのようにくるくる丸まりだす髪をなんとか引っ張り、「…けっこう、癖強いですね」と、まるで私が悪いかのように、気まずい雰囲気になる。

以前は近所の美容院に、とても上手い方がいらっしゃったのだけれど、その方が辞められてからは、上記のやり取りが続き行かなくなってしまった。


まあでもうまい美容師さんを見分ける糸口にもなっていて、最初に髪をいじったあと、「この癖で後ろにボリューム作っていいですか」や、「丸まりやすいので長めに切りますね」といわれると、この方にお任せしようなどと思う。

問題はその美容師さんたちが近くにいないこと。
知ってる限りでは門前仲町、お台場のほうなどで、近くに用事がない限り、寄ってみる元気もなく。


そんなこんなでいっそ自分で切りたいと思いつつ、冬はセーターのえりなどで、はねやすいので短めに、かつ寒いので首をおおうくらいの長さ、、、となると自分で切るのは骨が折れる。
後ろを切るだけでいいんだけど、、、と思っていたら、なんと、10分でカットしてくれるところがあるというので、ウェブサイトで調べてみたら、10分前後なら、希望通りにきってくれるらしい。
えー、ものすごくニーズに合ってます。


というわけでさっそく行って見た。
入り口に券売機があるので、パスモをタッチしてぴぴっと会計。
後ろだけ切ってくださいと言ったら、何度も確認されたけど(それはそうだろう)、耳の後ろからの髪をざっくり切って、すいてもらった後、10分もかからずに終了。早い!
すごく緊張したけど、前にテレビやラジオがあって、ちょっと余裕ができた。
長さにはすごく気をつかっているみたいで、何度も左右のバランスを確認したり、最中でも聞いてきたりしてました。
とりあえず切ってもらうにはすごく便利ですね。

仕上がりにも満足です。
家に帰った後、左右(前?)の髪の毛を自分でザクザク切る。
後ろの髪とラインをつなげつつ、前だけでもまとめられるよう長さを残して、、、実用的な髪型に。

実用性万歳。


アフィリエイト   私のおすすめ:
ギャツビーGB セルフカット セット カットバサミ&すきバサミ GATSBY

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ゴシップガール シーズン5 エピソード6

第6話「アイ・アム・ナンバー9」

なんかネイトが髪を切って、ホスト風からスポーツ系にイメージチェンジ、、、。

アメリカのドラマって毎週、細かいイメチェンありますが、どういうシステムなんだろう。日本のドラマって最初から最後まで同じ髪型という印象ありますが。

ネイト(大学生)は恋人だと思ってた編集長(49才)に別の男性がいるとわかり、紆余曲折。
イメージ 1

編集長ダイアナを演じているエリザベス・ハーレー(49才)は、とても魅力的なので、大学生と付き合っていても遜色ありませんが、ネイトを演じているチェイス・クロフォードの実年齢が29才ということを考えると、ハーレーが若く見えて、クロフォードが年相応に見えるからなんとか画面栄えするのかも。
イメージ 2
(エリザベス・ハーレー、お美しい、、、)

それでもやはりネイトが、遊びではなく真剣に付き合っているのに違和感。
だって並ぶと肌のはりが、、、。すみません。

前回で編集長の過去が明らかになり、ネイトに近づいた理由がわかったので、今度はネイトが編集長に夢中になる理由を作ってほしいなあ。こじつけでもいいので。



シンデレラ結婚ではしゃいでいるブレアは、子分たちを呼び出して花嫁付添人を選ぶ。

え、、、えええ、子分から選ぶの???

私の乏しい知識では、花嫁付添い人(ブライズメイド)は花嫁の親しい友人・従姉妹などの中から3人選んで、お揃いの衣装とブーケを持たせ、結婚式で介添えをしたような気がするのですが、それを子分から選ぶってどれだけ友達少ないの、、、。

しかも相手はモナコ公爵家(?)だったかな?のルイ王子様。

当然、結婚式も文字通りフォーマルなもので、そんな公の場所に呼ぶ友人が、地元の子分からって、ブレア、、、「ミセス・クリントンになりたい」なんて大見得切る前に、普通の人間関係築こうよ、、、。

でもこの花嫁付添い人が着るお揃いのドレスって残酷だなーと思う。


昔、フレンズというドラマで、確かモニカ役のコートニー・コックス・アークエットが、わき役二人とお揃いのドレスを着るシーンがありましたが、コートニーはスタイルがいい上、たぶんコートニーに合わせたドレスなんだよね、、、。
あの時の残り二人の残念ぶりは、スタイル良くない自分には胸に迫る思いがありましたよ。
そのフレンズの中でも、レイチェルが花嫁付添い人で不本意なドレスを着せられ、、、というエピソードあったなあ。
イメージ 3

こういう明るい感じのがいい。
イメージ 4



チャック役のエド・ウェストウィックの顔がアップになるたびに印象的な顔立ちだなーと思いますが、共演者から「顔も性格もエキセントリック」と言われてて同じ国の人もそう思うんだ、、、と。

この間、「トゥモロー・ワールド」という映画にチョイ役で出ていましたが、すぐわかりました。まるで彫刻のような青年の役でまさに、ぴったり。

今回は飼い犬の散歩をするシーンがありますが、すごく似合わないです。似合わなさ過ぎて、素晴らしい。犬とのシーン増えてほしいな。ある意味、似合っているというか。
イメージ 5




ダンの小説が、セリーナの事務所で映画化するが、脚本の件で意見が分かれ、、、。

事務所が悪役に書かれてますが、そしてセリーナはかかわらなければ一番いいと思いますが、実際のところ、原作者が映画化にどれぐらい口を出すか、または出さないかって、難しいと思う。

永遠の命題と言うか。

ここ10年ほどは、かなり原作に忠実な映画やドラマって増えてきたと思いますが、その前はタイトルくらいしか同じところが見当たらないというほどひどいものも。

近年映画化された、「指輪物語」「ナルニア物語」は映像技術の勝利と思いますが、原作ファンでナルニアンだった自分にも満足いく作品でした。
確かに原作どおりではない部分も多かったけど、見ていて監督が子供の頃読んだ原作はこうだったのかなーというのが伝わってくるというか。

これまでの映像化はがっかり感がとてつもなかったし。

ドラマでは「のだめカンタービレ」というドラマがすごかった、、、。あと「動物のお医者さん」も、まあ。
両方とも映像化のオファーは何度かあったようですが、ずっと断り続けていてようやくドラマ化ということで、原作者が納得のいく話し合いができたのかなーと。

アフィリエイト   私のおすすめ:
静電気 防止 シンプル インナー ペチコート 55cm

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

タイツの毛玉と安全かみそり

衣替えで確認したときは問題ないと思った冬用タイツ。

出先でよく見たらひざのまわりが毛玉だらけだった、、、。

普通つかないような変なつき方してましたけど、洗濯失敗したんだろうか。

ネット検索したら、意外なことに安全かみそりで簡単にとれるらしい。

家に帰ってやってみたら、取れませんでした。
簡単じゃないじゃないか。

力をいれてけずってみると、取れないことはないけどタイツからは離れてくれないというか。
結局、かみそりでけずったものを、ガムテープでペタペタ、、、。
とれました。
役に立ったような立たないような。

出先では試せないので、応急処置として黒の油性ペンでチョンチョンと毛玉隠し。
冬用タイツって厚く作られている分、気がつかないうちに薄くなっていたりして、捨て時に油断ならないなあ。

アフィリエイト   私のおすすめ:
ホットアルファ裏起毛ハイウエストタイツ ブラック

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事