目指せランニンググランドスラム(RGS)!

挑戦的ランニングと遊びのランニングを楽しもう。RGSとはマラソン−サブ3・100km-サブ10・富士登山競走を完走する事です。

全体表示

[ リスト ]

16時間ずぶ濡れサイクリング(BRM922東京1000kmええじゃないか伊勢)
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
9月22日(木)秋分の日、午前6時に川崎の等々力アリーナを自転車で出発し、伊勢神宮を折り返し甲府の石和温泉に75時間以内にゴールするブルベに参加した。雨の予報通り、川崎-小田原-沼津-静岡-焼津-御前崎まで雨が降り続き、結局16時間後の午後10時までに240kmを走り、静岡県御前崎港に到着した段階でリタイヤを決めた。
参加申し込み数:96名、
出走者数:50名、
完走者数:22名(内女性2名)
経路地図(ルートラボ):http://yahoo.jp/kpJHSx

雨対策をしてはいたが、ゴム手にはすぐ水がたまり、靴下も濡れ、雨具の中も雨水と汗で不快指数100%。こうなったらゴアテックスもゴム合羽も変わらない。タイヤが巻き上げる水のわずかな重み、水を吸ったレインパンツがペダリングに抵抗をかけるのだろう。予定していた通過時刻よりだんだん遅れてきていた、さらに220km地点で民家の玄関のコンクリートの床に突っ込み右半身を強打し、右肩が思うように上がらなくなっていた。

240kmの御前崎に2時間遅れで到着し、仮眠場所まであと150kmもあり、リタイヤし宿泊することとした。じゃらんnet近くのホテルを幸運にも予約でき直行、スマホの便利さを実感。

ホテルの部屋で着ていたものを干してから、ひと風呂浴びてベッドに座ると身体が倒れていく・・、ふと時計を見たら午前5時で瞬間的に眠ってしまい4時間半もベッドの上で横たわっていたことになる。アラームをかけないといけないと思ったが、気がついたら3時間経っていたが、今度はガウンを着て布団をかけていた。自転車による疲労は、ランニングと違い筋肉痛が無く、疲れていても感じにくい。かえってこわいなと思う。

23日(金)朝食後、体力が回復していると思い込み、御前崎から170km先の甲府石和温泉を目指し10時半に出発、依然雨が降り続き走りづらい。静岡市に近づいた頃にようやく雨が上がり、レインパンツを脱ぐと足が軽かった。
静岡市内に入ったときには6時間経ち16時半になっており、その間60kmしか進んでいなかった。この時初めて自分の身体は、通常の半分しか進めない状態になっていると気づき、新幹線で帰ることにした。

翌日診察を受けると骨には異常はなく、右腿と右肘の内出血の薬と肩の湿布を処方してもらった、二週間程度で回復するとのことだった。

今回のサイクリングで2つのことを決めた。
1) 夜間の雨天は乗らない、道の確認が難しいため。
2) 連続300km以上乗らない、自転車の疲れは感じないので定期的に休息する。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事