すべてが猫になる

カズレーザーに夢中なこのごろ。

最新記事

すべて表示

恩田陸著。文春文庫。 舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿―共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、 ...すべて表示すべて表示

京極夏彦著。角川文庫。 研究所で働く母と夏休みを過ごすため、村を訪れた妖怪好きの少年・淳史。彼が思い浮かべたことで、間抜けな妖怪・豆富小僧は、ぽん、とその場に涌いたのだった!思わぬ事件に巻き込まれる淳史。そのとき、小僧は…?(「豆富 ...すべて表示すべて表示

洞窟の骨/Skeleton Dance ...

2017/2/21(火) 午前 10:38

アーロン・エルキンズ著。青木久惠訳。ミステリアス・プレス文庫。 旧石器時代の遺跡の洞窟から人骨が発見された。調査に協力したギデオンの鑑定により、事態は急転した。人骨は旧石器時代のものではなく、死後数年しかたっていなかったのだ。ギデオ ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

ミステリ読書録

有栖川有栖「狩人の悪夢」/柴田よしき「さまよえる古道具屋の物語」

どうもこんばんはー。三寒四温とはよく言ったもので、ほんとに寒かったり 暖かかったり、一日ごとに気温が上下していて、忙しい天気が続いてますねぇ。 我...

読書の愉楽

フレイザー・リー「断頭島」

 いかにもキワモノっぽい匂いがプンプンする一冊。「断頭島」(ギロチン・アイランド)だって、どうよこのネーミング・センス。これね、原題はランプライターと...

木の葉郵便

ラ・ラ・ランド  監督 デイミアン・チャゼル

女優を目指し、オーディションを受け続けるミア(エマ・ストーン)と、自分の店を開くことを願うジャズピアニストのセブ。(ライアン・ゴズリング)二人の恋と、...

砂時計の読書日記

『春子さんの冒険と推理 あおぞら町』 /柴田よしき

★★★ 春子さんの冒険と推理 あおぞら町   柴田よしき   原書房 2016.8.  元看護師の春子さんの夫は、野球選手の拓郎くん。...


.


みんなの更新記事