ここから本文です
優しいうた smalltown records
ピアニストであり、 ソングライターの雪絵さんとの共同プロデュース・Vol,1 アコースティックバージョンを先行公開します。

書庫全体表示

記事検索
検索

全449ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1




■DRIFTIN' BLUES (ドリフティン・ブルース) ; Charles Brown

http://youtu.be/VD6TuXEx2Y0

俺は漂流している
遠い海に投げ出された船のよう
誰も気にしてくれない
彼女が戻って来てくれれば
有り金全部やった
他に何ができる?
サヨナラ?
もう遅いよ
こんなに離れちまった


(Charles Brown, Johnny Moore and Eddie Williams)

I'm drifting and drifting,
Just like a ship out on the sea.
I'm drifting and drifting,
Just like a ship out on the sea.
Well I ain't got nobody
In this world to care for me.

If my baby
Would only take me back again.
If my baby
Would only take me back again.
I would feel much better, darling,
And at least I'd have a friend.

I give you all my money,
Tell me what more can I do.
I give you all my money,
Tell me what more can I do.
You is a sweet little girl
But I swear you won't be true.

I'm drifting and drifting,
Just like a ship out on the sea.
I'm drifting and drifting,
Just like a ship out on the sea.
Because I ain't got nobody
In this world to care for me.







開くコメント(0)

開くトラックバック

イメージ 1




Hotel Washington 


問題は希望を見出すこと。どうやってその希望をみつけ、信じ、ささえるかっていうこと。
君のためにならない思ったことは、ぜったいにしないこと。


■Hotel Washington 安藤ゆきお

http://youtu.be/sCF0gQCGAFE


Hotel Washington
作詞作曲 安藤ゆきお 

目を閉じると君は オペラグラスにそっと 
ゆびで描く夢はフランス映画のよう 
壊れたベル 町の教会 よりそったこの道 
こごえる君 せつなく抱いた 
君は手をさしのべて 

チェロ弾きは私をみつめ 
君のせいじゃないとささやく 
しろい霧にマントが揺れ 本当の顔 隠すように 
あなたのことを愛していた 
あなたの目が覚めぬように

目をとじると君は 愛に飢えた道化師さ 
ピエロ サーカス メリーゴーラウンド 
シーツの中で踊る 
むらさきのカサノヴァとワインの横に 
振り向いた君は今 戸惑うばかり 

ショールは胸で灯かり消して 
街路に咲いた 野バラ色 
破り捨てた恋文の色 錆びついたドア 涙でかすむ 
あなたのことを愛していた 
あなたとの恋がいま 消えてゆく






開くコメント(0)

開くトラックバック

イメージ 1




■down by law 1994

1994年製作。再録音。


https://www.youtube.com/watch?v=oAp-UqMg27g


ダウンバイロー
作詞作曲 安藤ゆきお

ダウンバイロー 南へ続く道 
手に入れた パスポート 破り捨てた 
街が過ぎてく ふたつの矢印と 
標識を見落として 歩いてた 

マドリードは俺たちの憧れた街へと向かう 
もう帰りたくないけど 
ここでさよなら 
雨のなかで踊る お願い キスして 

ダウンバイロー 悩みを打ち明けて 
お互い ひとつになりたいと 
ダウンオンザロード  
俺の背中にのって 熱いウイスキー 
胸元にこぼして 

夕日がまぶしく燃えた 真夏の危険な恋も 
もう傷つきたくないけど これが最後よ 
二人だけでも生きてゆける 
お願い キスして 

夕日がまぶしく燃えた 住み慣れた町を離れて 
本物の自由 手にして そこで眠ろう 
雨がやんだ 虹の空に 
お願い キスして 
お願い


1994年はどんな年であったでしょう?
まだ年齢的にも、行動的にも、活動しやすく、白髪もなく。(笑)
心の痛みさえもなく、世界をにらみつけるように生きていたかも。
一歩、山を登ると、落としてゆかなくてはならないものがあって、
もう一歩、進むと、先が真っ暗でもう、なにもわからないほど、険しくなった。

3年くらい、友人の死から立ち直るのに時間がかかって、
楽器を手放した。そのあとに、お金を借りて、楽器を集めて、録音したテープが
ありました。もし、それがあきらめることができる内容であったら
ここまでは、こなかったのでしょう。

時間とのたたかいでもあったし、ながく、積み重ねてゆくこと。
目標を目的をしっかり持つこと。

1994年は、そんな道をひらいていった。


開くコメント(0)

開くトラックバック

イメージ 1


自画自賛。。。


handbags and the gladrags(Rod Stewart) by yukio ando 



after the love has gone 2013 / by yukio ando ; smalltown records 




september(earth wind and fire) by yukio ando 




誰より好きなのに (古内東子) by yukio ando 




開くコメント(0)

開くトラックバック


イメージ 1




古くなったレコードを


一枚一枚、買うたびに

水洗いしています。

店頭でごみのように

眠っていたレコードたちを

きれいにしてあげて、

外のビニールケースも

内側の袋も、新しいのに

とりかえてあげます。

ただ困ったことに、置く場所が

だんだんなくなってきた。

寝る場所も狭くなっている。

それでも、デジタル音楽を

聴くよりは、温かい音がします。

わすれている音がありました。


開くコメント(6)

開くトラックバック

全449ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 
今日
全体
訪問者訪問者3389666
ブログリンクブログリンク066
コメントコメント06830
トラックバックトラックバック014

ブログバナー

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)
本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事