全体表示

[ リスト ]

超初心者セッション。

イメージ 1


昨夜、

吉祥寺のMEGで開かれた、

「超初心者セッション」に行ってきました。

超がつくわりには、お上手なかたが多かったです。

どうやら、超をつけるのは

安心させて、人を集めようという手段みたいです。

皆さん気をつけましょう!



わたしの先生がホストでした。

このY先生は大変器用な人で、

サックス吹きなのに

ピアノがやたら上手なんです。

上手すぎて

左手でサックス吹きながら

同時に、右手でピアノを弾いてました。(奇術師か??)


バッキングは、ピアノ(兼アルト)、ドラムス、ベース。

進行役が、女性のボーカリスト(こてこて関西弁!!)。

参加者は

アルトが四人(二人は女性)、

テナーが一人(女性)、

トロンボーン兼KAZOOが一人、

(この人、トロンボーンよりカズーのほうがうまいという面白い人でした)

フルート姫が一人、

ギターが二人(イケメン!!)、

ドラムが一人、

ベースが一人。

女性ボーカルが一人、

ピアニカが一人、

まあ、こんな布陣でした。

だいたいジャズやってる人は

最近は若い女性とおっさんが相場でしたが、

この日は若い男性のギターとアルトがいて、

盛り上がりました。

若い男の子がジャズってくれるのは、

なんかうれしい。

もう保護者のような気分です。



イメージ 2

マシュケナダを合奏する女性人です。

めちゃくちゃ格好よろしい。


さて、わたしは、

恥ずかしながら、

2曲、吹かせてもらいました。

先日ブログにアップした

「These Foolish Things」と

「In A Sentimental Mood」。

セッションも3回目になると、

(京都オフ会、発表会とこれで3度目です)

少しは落ち着いて吹けるようになりました。

セッションは人前で吹くという緊張感の中で、

とにかく最後まで吹き通すという根性が身につきますね。

演奏内容は別にしてね・・・大汗;


3時間半ほどのセッションの締めくくりは

Cjam Bluesでした。

ソロをみんなで回しますが、

いきなり「はい、パパ」と指差されて、

最初に吹かされたのには驚きやした。

わたし、

いつのまにか、

みんなにパパと呼ばれてます!涙;

若い女性からパパといわれたら、

聞いた人がどんな関係かとカン違いされそうで

とてもうれしいです(爆)。

で、

たいへん楽しいセッションでしたが、

この日一番うれしかったのは

なにをかくそう、

MEGのピアノの上に寝そべっていた

モンローちゃんに会えたことでした。

イメージ 3


おしまい。

この記事に

開く コメント(65) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(1) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事