全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2015年5月9日(土)、ゆめプラサロンコンサート「村上敏明と楽しむ初めてのオペラ」が行われました。
イメージ 5

楽しみにしていた、今年はじめてのサロンコンサート。
とっても楽しかった!

イメージ 1
はじめに、ロッシーニの「アルジェのイタリア女」序曲、イケメンのピアニスト仲田淳也さん。かっこよかった〜。見飽きないんだよね。








イメージ 2
同学年のテノール歌手の村上敏明さんは、全くタイプが違うんだよね。
貫禄があるというか・・・・。
ドニゼッティの「愛の妙薬」“人知れぬ涙”、ベッリーニの「清教徒」“愛しい人よ、あなたに愛を”での村上敏明さんの素晴らしい声量には、圧倒されました。





イメージ 3
イメージ 9













イメージ 6イメージ 7イメージ 8









ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」“ああ、愛しい人よ〜見よ、あの恐ろしい炎を”では、第3幕の母親の救出と伯爵への復習の場面を、特別編成のゆめプラサロン合唱団と当日客席にいた6人のお客様をステージに上げ、演技指導と、カーテンコールのときの仕草を手取足取りでのレクチャーがあり、楽しい時間でした。簡易オペラの上演に、お客さまも拍手喝采でした。




イメージ 4
後半では、レオンカヴァッロの「道化師」、プッチーニの「トスカ」、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」、ジョルダーノの「アンドレア・シェニエ」といったイタリアオペラの作曲家の曲を歌いながら、オペラの舞台裏を、スクリーンを通して紹介するなど、とてもオペラを身近に感じた一時でした。






ブラボー(男性1人の場合)、ブラバー(女性1人の場合)、ブラビー(男性を含む複数の場合)など声をかけるタイミングの説明を織り交ぜたトークもとても楽しく、魅力満載のコンサートでした。

by WANWAN

この記事に

2015年5月17日(日) 「トリオ・リベルタ アコースティックライブ」が開催されました。

イメージ 1


リポートはNPOたけとよのまーちゃんです。

「トリオ・リベルタ」をご存知ですか?
神奈フィルのソロ・コンサートマスターのヴァイオリンの石田泰尚さんをはじめとするクラシックの第一線で活躍する人気奏者3人による恐ろしくカッコいいグループです。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4









私がこの魅力的な三人組「トリオ・リベルタ」をゆめたろうプラザに呼びたいと思ったきっかけは、数年前に遡ります。

幸田町民会館に「カルテット・スピリタス」のコンサートに行ったとき、販売しているCDを見て、「あ、ピアソラの曲も演奏するんだ。」と購入したら、「トリオ・リベルタ」というグループの演奏でした。(サックスの松原さんが両方のグループに所属しているのです。)間違って買ったCDでしたが、収録された曲の演奏の素晴らしさに、驚くとともに私のドライブのお供になりました。
ずーっと一人で聴いているうちに、「トリオ・リベルタを武豊町で皆さんに聴いて欲しい!」と思うようになり、企画を提案するためにまずは自分が生で聴いて来なくっちゃ!と思い立ち、東京オペラシティーコンサートホールにコンサートに下見に行ってきました。
(今の時代は便利ですね。パソコンで検索すれば、情報があり、関東方面での活躍がわかります。)
生の演奏を聴いた私は、「やっぱり、生で聴いてもらいたい!この素晴らしさを共有したい!」そんな思いが溢れてきました。(演奏だけじゃないんです、3人の奏でる楽器の魅力・ヴォーカル・演奏スタイル・個性的な姿形・人柄にまで魅了されてしまいました。)

提案した企画が通り、今年度の「一流奏者の音楽を目の前で体験できる公演」として開催が決定しました。早速公演の担当リーダーとなり、本番までより多くの人を集められるよう、各所で宣伝してまわりました。その甲斐あってか、ほぼ満席に近い状態で本番を迎えることができました。

イメージ 5
そして、待ちに待ったゆめたろうプラザ響きホールでのコンサート。
5分前のベルがなり、会場は多くの人で溢れています。
場内が暗くなり、舞台の照明が明るくなりました。さぁ、開演です。(ドキドキ)
最初の曲は、私の大好きな「サマータイム/ガーシュウィン」。
いっぺんで心を持っていかれました。

前半(第1部)は、映画音楽が中心でした。選ばれた曲は映画の情景が浮かんできます。みなさんにとっても思い出の映画が多かったのではないでしょうか。

中岡さんの歌う「愛の賛歌」(フランス語)素晴らしかった。
胸が熱くなります。

後半(第2部)は、お待ちかねのピアソラ特集!
「ミケランジェロ’70」から「タンガータ」まで、興奮の嵐!場内は大盛り上がり!
なんと、スタンディングオーベーションまで!
そしてアンコールが、4曲という贅沢さ!
興奮冷めやらぬ雰囲気の中で、トリオ・リベルタの初の武豊公演が終わりました。

皆さんの拍手や、お帰りの際の笑顔から伝わる感動が、とても嬉しく、コンサートが実現できた喜びを実感できました。

by まーちゃん

この記事に

2015年4月29日(月・祝)
「たにけんのファミリーコンサート」が開催されまました。

今日は待ちに待った、たにけんさんに会える日 大人から子供まで、お客様はワクワクしながら1時間ほど前から会場に集まってきました。まずはTシャツを購入して、早速、長袖の上からTシャツを着ている子が多かったです

130分に開場! 指定席のため、足並みは緩やかでしたが開演時間が近くに近づくにつれてドキドキワクワクが客席の方から伝わってきました。

いつもと違うのは、今日はゆるキャラの「ゆめっちぃ」も遊びに来てくれたこと

イメージ 1


ゆめっちぃも今日のコンサートを楽しみにしていたんだって

会場のお友達のみんなと一緒にたにけんさんを呼ぶと、音楽と共に登場

イメージ 2




















イメージ 3

素敵な歌声とお話で子供から大人まで引きつけていました
子供たちも笑顔で手を振ってくれるたにけんさんに一生懸命手を振っていました





イメージ 6






終わってからのサイン&握手会は長蛇の列でした。イメージ 4
CDも売り切れ、 大人気のたにけんさんでした
またゆめプラに遊びに来てね


イメージ 5


 




この記事に

開く コメント(0)

2015年3月21日(土),芸術と科学のハーモニー特別講演会が行われました。

イメージ 1
 
満員の中,響きホールで行われた講演会,「音楽がある、人生がある 音楽療法の魅力〜ラスト・ソングを求めて」は,佐藤先生の穏やかな語りと,聴衆の皆さんの熱い思いが作り出した豊かな時間となりました。「先生」ではなく「佐藤さん」と紹介して欲しいとの言葉の通り,誰でも分かりやすく話され,聞いている私たちの気持ちを受け入れてくれているようでした。米国での音楽療法の様々な体験を通し,死を目前にしたクライアントとその家族の心温まるエピソードを,時には貴重な映像も見せながら紹介し,音楽療法の可能性と重要性を話してくれました。そこでは,家族で共に歌ったり,音楽を奏でたりすることで,豊かな最期を迎える姿があり,あらためて,「音楽の力」の大きさに気づくことができました。

参加者からの質問の多くは,それぞれの体験をもとに,どうすれば家族やお年寄の残りの時間を支えていけるだろうかという内容でした。一つ一つの質問に丁寧に答えながら,それでも音楽療法が全てではなく,その人その人に合う支え方を求めることが大切であると話されました。佐藤さんの誠実さが強く伝わってきました。講演が終わった時,自分のラスト・ソングは何になるのだろうと考えていました。

余談ですが,会場で話を聞いた地元の中学校の校長先生が,「是非,中学生に『命のはなし』として講演して欲しい」と依頼したところ,快諾を得ることができました。死は誰にも平等に訪れます。その死を見つめることは,よく生きることにもつながると思います。佐藤さんの話を通して,中学生が深い想いを持つことに期待したいと思います。

素晴らしい話をしてくださった佐藤さんと,熱心な来場者の皆さんとが一緒に作り上げた講演会に感謝します。佐藤さんの著書『ラスト・ソング』も是非お読み下さい。

by 高木PAPA

この記事に

2015年2月28日 第六回モーニングコンサートが開催されました。

今年度の最後を飾る今回のコンサートは、ハンガリーの調べというハンガリーの曲に特化したコンサートとなりました。

出演してくれたのはMuzsikus(ムジクシュ)のお二人、立川訓子【たてかわくにこ】さん(チェロ)、久野絵美【くのえみ】さん(ピアノ)、にチョルダーシュ・ジュラさん(MC&アコーディオン)を加えたお三方でした。

イメージ 1


まず、立川さんと久野さんが舞台に上がり早速コダーイのアダージョを演奏。盛大な拍手の中ご挨拶、そしてチョルダーシュ・ジュラさんが久野さんに紹介されて登場しました。

進行役のジュラさんは、曲の説明や作曲者、ハンガリー人の性格など私たちの知らない部分をいっぱい話してくれました。各曲間にたっぷりとお話をしていただいたため、ゆめプラ史上初めて公演時間が30分近く延長され、お客様からは満足の声が非常に多かったです。
しかし、他のコンサートとの兼ね合いもあるので、今後は出来る限り延長しないような運営をしなければなりません。今後の反省点です。皆さんも今回の1時間半が基準と考えないようにお願いしますね。

さて、脱線しましたが、ジュラさん登場後、中盤には、セリフこそありませんでしたが、オペレッタ「メリー・ウィドウ」より「ワルツ」が演奏され、チェロ・ピアノ・アコーディオンのアンサンブルが会場に心地よく響きました。
舞台裏では私始め、みんなが「ワルツ」の演奏で自然と踊りたくなり、体を揺すっていました(笑)
 
その後は久野さんの華麗なピアノソロを挟み、ハンガリーの曲から一息つきます。   日本の歌「冬〜春メドレー」と題し、春よ来い、雪景色、朧月夜などを演奏されました。最後はハンガリー狂詩曲でしっかり締めてくれました。

全体を通して、ほぼチェロとピアノのデュオでしたが、チェロの低音が木のホールによく響いて、ピアノもチェロの音に上手く乗せて相乗効果を生んでいた、そんな印象でした。

ほぼ満席で迎えた今年度モーニングコンサートの最終公演。Muzsikus(ムジクシュ)のお二人、それにチョルダーシュ・ジュラさんによって素晴らしいものとなりました。ありがとうございました。

また来年度も素敵な公演をお届け出来る予感がします。また会場でお会いしましょう!

by LUCKY

この記事に

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事